FC2ブログ

10月14日のフネブネ…4

(『10月14日のフネブネ…3』のつづき)

226041.jpg少し距離をおいて「コスタ・ネオロマンチカ」を眺めていたとき、右から「エスエスSerenade」がゆっくりと近づいてきました。汽笛を鳴らし、手を振って交歓。

巨大客船を間近にして、お客さんも喜ばれたことでしょう。壁のようにそそり立つ舷側、数えきれないほどの舷窓は圧倒的で、きっと驚かれたに違いありません。


226042.jpg
勝鬨橋をくぐると、簡易船着場に「TOKYO WATER TAXI」の一隻を発見。もやいを解いた後、上流に船首を向けたまま、なぜかしばらく進まず、流れのままに流されていました。

デザインが同船社の他の艇と揃えられていたので、気づくのに時間がかかりましたが、船首を見てアッと声をあげました。カタマランの新型艇だったんですね。例の大船隊構想はシングルハルでなく、このカタマラン・タイプで進められるのでしょうか。

226043.jpg
日本橋川河口近くでは、堤防の補強工事が続いており台船や曳船がもやっていますが、その中のクレーン船に掲げられた標語を読み下して、思わず笑いがこみ上げました。

クレーンの後ろに立ってもいい事ないよ by難波
イヤ、難波さん素晴らしい! 工事に携わる皆さん、どうかご安全に。

226044.jpg
同じく日本橋川の工事現場で、クレーン船の対岸にもやっていたこの曳船も味がありました。

船体は明らかに溶接組みなのに、ぐるりと帯金が巻かれたガンネルのみ、大時代なリベット留めなのです。これが無骨かつ古風なオーラを発散しており、舷側の高さの割に低く抑えたコンソールとあいまって、実に好ましい雰囲気。近場を巡っていても個性的なフネブネに出会えるとは、まことに曳船趣味は奥深いものであります。

226045.jpg曳船をもう一隻。汐見運河の船溜で見かけたこれ、色褪せに加えずいぶん錆垂れがひどくて、痛ましくすらあるのが気になってスナップしたもの。船名は「あらた2号」、船籍は神奈川とありました。

曳船の場合、信じられないほどボロボロでも現役だったりするので、一見しただけでは何ともいえませんが、哀愁漂う外観に、何か心惹かれてしまったのでした。

(30年10月14日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 隅田川 日本橋川 汐見運河 曳船 台船

10月14日のフネブネ…3

(『10月14日のフネブネ…2』のつづき)

226036.jpg珍客のいま一隻は特務艇「はしだて」。5年前に軍港めぐりをしたとき、横須賀港内に停泊中の姿を目にしたことがあります。

海自艦艇の中でも唯一の、いわゆる迎賓艇だけに塗色も“軍艦”離れしたツートンで、どこか優しげな感じのする船体ラインが魅力ですね。


226037.jpg
後ろから最微速で航過しつつゆっくり眺めて、斜め前からもう一枚。曇り空に加えて背景が工事たけなわと、グレーと白のフネを眺めるにはいささか適しませんでしたが、質素な中にも品のある外観を堪能できました。

先代、先々代とこの種の特務艇は、駆潜艇をタネ船にした改造だったので、艦橋がもっと中央近くにあり、その後ろに続く甲板室はちょっと窮屈な感じでしたが、「はしだて」はこの任務のために設計された初の新造艇とあって、同規模とはいえ全体的にゆったりと余裕があります。

226038.jpg
優しげな印象を与えているのは、この艦橋周りのラインではないでしょうか。回廊もあわせてまろやかな曲面を描いているのが、直線的な他の海自艦艇にはない雰囲気を醸し出しているのです。手すりには木製のガンネル(?)がおごられているようですね。

ところで「はしだて」は、どういった任務で東京に来たのでしょう。AISをのぞいていたら、過去にも何回かここ晴海を訪れていたのに出くわしたことがあります。例えば、偉い方々が横須賀視察をする際、東京まで送迎するといったこともあるのでしょうか。

226039.jpg
そうそう、帰りに「コスタ・ネオロマンチカ」の船首の前を通ったら、先ほど作業をしていた端舟が、クレーンで吊り上げられて揚収中のシーンを見ることができました。本当に平べったくて、まさにラフトですね。もう少し近くで見てみたかったなあ。

226040.jpgこちらはおなじみ、ジェットフォイルの入港風景。今まで原速でゆるく走っていたのに、タービン音が聞こえると、途端にデッドフルですっ飛ばし、間合いを詰めたくなるこの現金さ。

この「セブンアイランド愛」、竣工は昭和55年という大ベテランで、就役以来4回も船主が変わったのだそう。東海汽船のジェット船隊中でも、もちろん最長老です。

(30年10月14日撮影)

(『10月14日のフネブネ…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 東京港

10月14日のフネブネ…2

(『10月14日のフネブネ…1』のつづき)

226031.jpg

226032.jpg「第一光伸丸」は、こちらに右舷を見せながらゆっくりと回頭、南下して離れてゆきました。豊洲大橋やビル群をバックに、ちょっと格好良いところを一枚。

「コスタ・ネオロマンチカ」に戻ると、大型船となれば、例によって気になってしまうのは装載艇群。アラートオレンジも鮮やかな、まん丸く肥えた救命艇にまず目を引かれました。

226033.jpg
船尾方向に目を移してみると、こちらは救命艇というより、テンダーですね。寄港先で沖掛かりした際、上陸客を乗せて往復するあれでしょう。

二軸船で幅を広く取り、長いスケグを突き出した船底形状が印象的です。舵の羽板が、ひしゃげているように見えるのは気のせいか‥‥。

226034.jpg

226035.jpgとにかく舷側の広大さと、舷窓の数にはただただ圧倒されるばかり。こうして切り取ってみると、何か現実感のないSFチックなナニカに見えて、吸い込まれそうな気分に。

船尾はまろやかで量感があり、密閉式の展望デッキとあいまってなかなか魅力的です。煙突が三角形配置というのも珍しいですね。

(30年10月14日撮影)

(『10月14日のフネブネ…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 東京港 独航艀

10月14日のフネブネ…1

(『10月14日の川景色…5』のつづき)

226026.jpg以下、10月14日に見かけた船影アラカルトとまいりましょう。何分雨もぱらつく曇天だったので、写真がサエないことおびただしかったのですが、それでも楽しい出会いがありました。

東雲運河を走っていたら、はるか前方に東電堀発の水陸両用バス「スカイダック」が。港内に出てから追いつき、お客さんと手を振りあって別れました。

226027.jpg晴海埠頭には珍客が2隻おり、嬉しく拝見。まずは大型客船「コスタ・ネオロマンチカ」(57,150総t)から。

50,000t超となれば、さすがに見上げるような大きさですね。船籍港はイタリアのジェノヴァで、昨年より日本発着の近海ツアーに就航しているそう(JTBコスタ・ネオロマンチカ』参照)。


226028.jpg
晴海埠頭での恒例、真正面からのいいお顔を一枚。カメラを構えたところ、ちょうど本船だけに陽が射すという僥倖に恵まれました。ありがたや。

あっ、船首のムアリングホールから細いロープが垂れていて、先端に赤い旗がゆわえてありますね。何のサインだろう?

226029.jpg
影になっていたので一瞬気づくのが遅れましたが、小さなボートが水線に張り付いて、二人の乗り組みさんが何やらゴシゴシと作業中でした。赤い旗はこのためだったのですね。お掃除でしょうか。

本船の端舟でしょうか、小さな船外機をつけた、ハンドレール一つないやたらと扁平なカタマランで、これも珍しく拝見。舟というよりラフトに近い印象です。

226030.jpg
舷側には独航艀が横付けしており、作業が終わったのか、爆音を高めて離れるところでした。船名は「第一光伸丸」、油船かな?
撮影地点のMapion地図

(30年10月14日撮影)

(『10月14日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 東京港 独航艀

10月14日の川景色…5

(『10月14日の川景色…4』のつづき)

その4 :橋とトリさんと‥‥
226021.jpg
豊洲市場開場とともに、架橋以来10年の長きに渡って不遇をかこっていた豊洲大橋も、ようやく供用のスケジュールが発表されて何より。曇り空とて、グレーの桁が保護色になってどうもいま一つですが、エッジの立った魅力的な桁を仰いで一枚。

あれ? この日ようやく気付いたのもうかつでしたが、橋脚がグレーに塗り込められている‥‥。平成20年7月の架橋時、「春海運河スペクタクル…2」のときは少なくとも、石で化粧張りが施されていたのですけれど、いつからこうなったんだろう。

226022.jpg

226023.jpg上は晴海埠頭で見かけたウミネコの群れ。くるんと首を突っ込んで丸くふくらまり、やはり寒そうです。今まで暖かだったのに、急に気温が下がりましたからね。

右は神田川、和泉橋下流の堤防上で出会ったウミネコさん。ボリボリと羽づくろいしているところを撮ったつもりだったんですが、カメラを向けたら「ん? 何撮ってんだ!」といった風情でにらまれてしまいました。


226024.jpgそうそう、珍しいお客さんがありました。神田川を遡上していたら、和泉橋上流でトンボさんが飛来、そのままご乗船に。

羽をゆるめて休んでいるようだったので、驚かさないようにそ~っと艇を歩かせて、しばらく水路行にお付き合いいただきました。くつろいだ様子がとても可愛らしかったです。

226025.jpg
清洲橋は主塔までメッシュですっぽり養生され、遠くから見ると「リアルドット絵」といった雰囲気。

昨年「10月9日の川景色」で、白髭橋が同様の状態になっていましたよね。隅田川の橋梁群でも、曲線の多い下路式の震災復興橋は特にリアルドット絵になりやすい(?)ようで、面白くはあります。
撮影地点のMapion地図

(30年10月14日撮影)

(『10月14日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 神田川 隅田川 豊洲大橋 水辺の鳥たち