FC2ブログ

12月30日のフネブネ…1

(『平成最後の川走り納め…15』のつづき)

229076.jpg以下例によって、平成最後の年末晦日となった12月30日、帰路の道々に出会ったフネブネのスナップをまとめます。

旧綾瀬川河口、おなじみ伊澤造船前にて。青空にそびえる高層マンションをバックに、時が止まったかのような鉄の匂い濃厚な川景色。こちらもおなじみ「伊沢丸55号」、船体がだいぶくたびれてきたような。元気で働き続けてほしいものです。

229077.jpg

229078.jpg上は白鬚橋下流で、テラス沿いの杭にもやっていた曳船。船名はタイヤフェンダーに隠れており、多分「しまだ」かな? 年末も晦日なのに、以上2隻は松飾りが見えないのが気になりますね。

右はプッシャー+バージ型式のゴミ運搬船、「すみだ1号」「すみだ2号」。こちらはちゃんと押船の操舵室後部と、バージのユンボ上に松飾りをされていました。

229079.jpg
力強く上航する、観光汽船の水上バス「道灌」を見送って。冬季、しかも今日は風が少し強めとあって、後部の解放デッキが閉塞状態なのもむべなるかな。

航過後に撮ったせいで、首都高向島線の隅田川道路橋――両国ジャンクションと呼んだ方が通りがよいですね――がすっぽり養生されて、銀色に輝いているさまが背景になり、印象的なシーンとなりました。

229080.jpg
隅田川派川から春海運河へ抜けた時点で、スロットルを一杯に倒しデッドフルで爽快にプレーニング。臨海部で見られる年末の風物詩目指して、エンジンの健康管理もあり、しばし全速航行を楽しむことにしました。
撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『12月30日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧綾瀬川 隅田川 春海運河 曳船 水上バス 清掃船

平成最後の川走り納め…15

(『平成最後の川走り納め…14』のつづき)

229071.jpg上平井水門に近づいて。第三径間はおおむね竣工と見てよいようです。旧扉体の特徴的な構造は、新扉体にも継承されたのですね。

気になる塗色はというと、扉体がグレーに、ブルーは巻上機室の桁に移り、マルーンは細身の管理橋のみと、結果として先代の各色は継承されたものの、面積のある扉体を保護色(?)としただけに、全体の印象はだいぶおとなしめになりました。

229072.jpg
くぐって下流側を眺めたところ。巻上機室とそれを支える桁の天地がぐっと増したので、好意的に見れば、従来より堅牢な感じがするようになりました。しかしマルーン塗りの面積が激減したのは、正直、寂しい気持ちになったものです。

229073.jpg
いったん距離を取って、全景を一枚。う~ん、巻上機室と桁のせいで、従来のスマートさは消え失せて、重心の高い鈍重な雰囲気になったような‥‥。

もっとも工事が完成したら、別の印象を持つかもしれません。ともあれ設備を一新して、高潮からの護りをより長く担えるようになるのは、嬉しいことではあります。

229074.jpg取舵で大きく円を描いて、中川水門によう候。こちらの巻上機室は上平井水門と異なり、別パーツ(?)でなく堰柱と一体のRCですが、すごく肉厚でごつい感じのする外観ですよね。

荒川に出て上り、隅田水門を通って隅田川へ抜けるいつものコースへ。アップで仰いで見ると、のっぺりした躯体や機器の配置のせいか、ちょっと古風な魅力を感じさせます。

229075.jpg

撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『12月30日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川 旧綾瀬川 上平井水門 中川水門 隅田水門

2月3日の川景色…7

(『2月3日の川景色…6』のつづき)

217031.jpg

217032.jpg引き続き道々のスナップを。伊澤造船の桟橋には、都港湾局の監視船「はやみ」の姿が。操舵室上のマストをたたみ、船尾の国旗も掲げていないところから、整備中でしょうか。

隅田川に出て下航していたら、駒形橋の中央径間が、すっぽりとパネルで覆われて養生されていました。側面に点々と窓を開けているやり方、初めて目にしますね。


217033.jpg
いいタイミングでゴミ運搬のプッシャーバージが遡上してきたので、養生の記録を兼ねて一枚。

窓は明かり取りなのでしょうか。塗装ならメッシュ状のカバーで覆うところですが、パネルを使って密閉に近い状態にしたのは、住宅密集地が近いということへの気遣いかもしれません。

217034.jpg

217035.jpg神田川に入ると、清掃船「建河清第7号」と反航。声を掛け合いながら、きびきびと働く乗り組みさん、ご苦労さまです。よく見ると操舵室の妻板上部に、「IHI」のメーカーズプレートが掲げられているのですね。

和泉橋船着場は、えらい数のユリカモメ君たちで埋まっていました。すぐ上のテラスには人がたくさんいるにもかかわらず、手すりに留まっている子も何羽か見えたことから、定期的に餌をくれる人がいるようですね。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧綾瀬川 隅田川 神田川 清掃船

2月3日の川景色…6

(『2月3日の川景色…5』のつづき)

217026.jpg荒川を横断して、これも毎度おなじみ隅田水門から旧綾瀬川を通り、隅田川に抜けることに。ご存知のようにカーブミラーが備えられているほど、見通しの悪い区間なので、慎重に様子をうかがってから前進微速。

そういえば、通航シーンをつぶさに拾ったことは久しくなかったなあ‥‥と気づき、連続でものしてみることに。何分舵を握りながらのテキトー撮りですので、お目汚しまで。

217027.jpg
長声を鳴らしながら進入開始、おっとと、結構流速が強いですね。向こうのRC橋を、ちょうど東武線の電車が通過中。

扉体の前を横切る人道橋、こうして仰ぐと意外なほど太く、頑丈な印象です。先ほどふと検索してみたら、橋の名前は「千住曙町橋梁」(江東地区の橋めぐり)というそう。緊急車輌も通行できる、河川敷道路の橋なのですね。道理でがっしりしているわけです。

217028.jpg
一つ目の赤信号が備えられた鋼製の梁は、閉鎖時の計画高水位をクリアするための、固定式扉体を兼ねたものといってよいでしょう。天端に手すりもあるので、管理橋の役目もしているみたいですね。

信号は2灯式の灯器が、巻上機室の前面にあるのですが、こうも橋でさえぎられては、一つ目のを補助信号としてつけたくなる気持ちもわかります。それとも、橋が架かる前からあるのかしら。

‥‥と、ここまで書いてから、「待てよ、『隅田川 橋の紳士録』(白井 裕著・平成5年)に写真があったぞ!」と開いてみたら、一つ目信号は架橋前から存在していたことが判明。失礼しました! しかし、赤系の塗色を今に至るも保っている水門って、珍しいですよね。「赤水門原理主義者」なので、このあたりにも惹かれてしまうのです。

217029.jpg
径間に鼻先を突っ込んだところで、少しあおり気味に。扉体の裏側に寄り添うようにして、管理橋が見え、その向こうは堤防上を走る都道449号線の橋、さらに東武線、そのまた向こうにも見えませんが人道橋があり‥‥。

扉体手前の梁も勘定に入れたら、この短区間に、実に6本もの橋が架かっているという橋梁集中点。このすぐ左手上空には、首都高向島線もまたいでいるわけですから、橋の洪水といってもいい過ぎでないところですよね。

217030.jpg抜けた直後、上下線を合わせながら河上にくねり込んでくる首都高、右手には名物カーブミラーと、板状のゴムフェンダーを打ちつけた基礎護岸が見えます。

二つの大河川をショートカットする旧河道、という来歴にも惹かれますが、水門と橋たち、高架がたたみかけるようにして織り成す川景色、そしてちょっとした難所(?)であること‥‥。旧綾瀬川、短くも実に楽しみの詰まった水路であります。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田水門 旧綾瀬川 高架下水路

汐入公園をお散歩

182001.jpgだいぶ戻りますが、8月16日は河畔の公園をお散歩してみたくなり、荒川区の汐入公園を訪ねてみました。

隅田川が180度近い大屈曲をする内側にあり、対岸には旧綾瀬川の合流点が望まれ、水神大橋が架かるなど、水運趣味的にもそそるロケーションの公園ですが、園内にも見どころがいくつかあり、ぶらぶらしながら楽しんできました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 汐入公園 汐入水門跡 隅田川 旧綾瀬川 樋門