11月20日の川景色…6

(『11月20日の川景色…5』のつづき)

199046.jpg
少し南に目を転じれば、旧小松川閘門も紅葉に囲まれて、どこか華やいだ雰囲気に。西洋の古城のような装飾に、よく似合っていました。

199047.jpg

199048.jpg水際に緑地が設けてあることも手伝ってか、水鳥の姿も多くなってきました。上は飄々とした表情のダイサギ‥‥でいいのかな? 岸近くに打ち込まれた木の杭にも、一羽づつ留まって魚を狙っている風でした。

河道にもところどころに鴨類が群れをつくっており、静穏を乱す不審船の闖入に、皆さんすっかりおかんむり。鳴き声を上げて飛び去られてしまいました‥‥ごめんなさい。

199049.jpg
旧中川の高水敷には、背の低い桜並木がぱらぱらとありますが、どこも紅葉が見ごろで、中でも見事だったのが写真の、総武線橋梁下流にある一群。電車のお客さんも、一瞬ながらその鮮やかさに目を奪われたことでしょう。

199050.jpgさて、ここまで来たら北十間川にご機嫌伺いしなければ、ウソというものでしょう。ハイペースで鋼矢板の旧護岸が撤去され、テラス化が進む本川にあって、東端のここはもはや貴重となった、放置感あふれるジャングル(?)区間。

ここも果たして、他の区間と同様に修景されるのか、それともこのまま、水位低下化以前の面影を留めるのか‥‥。わかりませんが、今はこの川景色を愛でたい気持ちでいっぱいです。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧中川 北十間川 江東内部河川 水位低下化河川 旧小松川閘門 水辺の鳥たち

閘門様のご託宣

(『師走の荒川河口で』のつづき)

81006.jpg閘門様を左舷正横に見ながら、艇首を流れに立てて待機。両岸の対景を横目でにらみつつ、流され始めたらコツンと前進微速に入れ、行き足がつくかつかないかのところでスロットルを戻す…という操作をくり返して、艇をその場にとどまらせるのは面白いもの。川の流速を実感できる、楽しいひとときです。

帆走艇の場合は、錨を下ろさずに帆の操作だけで艇をとどまらせることを、踟躊(ちちゅう)といいますが、機走艇もそう呼んでいいのかしら? まあ、特に技術を要するわけではないので、ヨット乗りの皆さんからはお叱りを受けるかもしれません。

81007.jpg静かな川面で待つこと十数分。流速と微風を相手に遊んでいたら、「ゲートを開きまーす」と放送があり、おなじみのギュルーンという作動音とともに開けゴマ。

今回は一緒に入る他艇もなく、我が木っ端ブネ一隻のみ。何か申しわけないような気持ちになりつつも、勇んで閘室内へ進入です。麻薬のように常習性のある閘門通航の快感からは、逃れられそうにありません。

81008.jpg

81009.jpg排水が始まると、今回は珍しく(?)録音されたご案内を流してくれました。お気遣いありがたや(涙)。そして、排水ももう終わりかけていたころでしょうか、チェーンにつかまりながらキョロキョロしていたら、今度は係の方の声がスピーカーから。

ところが、音量が小さめなこともあり、いま一つ内容が聞き取れません。隣接するマンションに気遣っているのでしょう。「…北十間川……のため……通航できません……小名木川……」本当にそう言っていたかはともかく、まあ、そんな風に聞こえたわけです。

…う~ん、「北十間川が工事か何かで通れないから、小名木川を通るように」との指示であろう、残念だが仕方あるまい…と、深く考えずに勝手に解釈して、またキョロキョロしたり、写真を撮ったり。閘門通過という興奮の渦中にあることを差し引いても、あいかわらず人の話をよく聞いていないのがなんとも。

閘門様のご託宣を拝聴しなかった天罰てきめん、予想がほとんど外れた事態になっていようとは、この後小名木川を西進して、ようやく気付かされることになりました。

81010.jpg
旧中川から仰ぎ見る、旧小松川閘門。周りの木々も葉が落ち、枝を透かして独特の堰柱を見ることができました。
撮影地点のMapion地図

(23年12月10日撮影)

(『小名木川のテラスを見る…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川ロックゲート 旧小松川閘門 閘門 旧中川 荒川 江東内部河川 水位低下化河川