11月20日の川景色…6

(『11月20日の川景色…5』のつづき)

199046.jpg
少し南に目を転じれば、旧小松川閘門も紅葉に囲まれて、どこか華やいだ雰囲気に。西洋の古城のような装飾に、よく似合っていました。

199047.jpg

199048.jpg水際に緑地が設けてあることも手伝ってか、水鳥の姿も多くなってきました。上は飄々とした表情のダイサギ‥‥でいいのかな? 岸近くに打ち込まれた木の杭にも、一羽づつ留まって魚を狙っている風でした。

河道にもところどころに鴨類が群れをつくっており、静穏を乱す不審船の闖入に、皆さんすっかりおかんむり。鳴き声を上げて飛び去られてしまいました‥‥ごめんなさい。

199049.jpg
旧中川の高水敷には、背の低い桜並木がぱらぱらとありますが、どこも紅葉が見ごろで、中でも見事だったのが写真の、総武線橋梁下流にある一群。電車のお客さんも、一瞬ながらその鮮やかさに目を奪われたことでしょう。

199050.jpgさて、ここまで来たら北十間川にご機嫌伺いしなければ、ウソというものでしょう。ハイペースで鋼矢板の旧護岸が撤去され、テラス化が進む本川にあって、東端のここはもはや貴重となった、放置感あふれるジャングル(?)区間。

ここも果たして、他の区間と同様に修景されるのか、それともこのまま、水位低下化以前の面影を留めるのか‥‥。わかりませんが、今はこの川景色を愛でたい気持ちでいっぱいです。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧中川 北十間川 江東内部河川 水位低下化河川 旧小松川閘門 水辺の鳥たち

11月20日の川景色…5

(『11月20日の川景色…4』のつづき)

199041.jpg横十間川との丁字流にさしかかったところで、クローバー橋を仰いで一枚。

いつも同じような角度で見てしまいますが、十字をなすその交点に、ルーバー状の飾りがさも意味ありげに並んでいれば、嫌でも目線が吸い寄せられます。ある意味、通航船からの視線を意識したデザインといってもいいでしょう。


199042.jpg
沿岸に点々と見え隠れする、紅葉した木々を拾いながら東進。静かな川面に、越中島線のトラスが姿を映していました。

小名木川貨物駅も姿を消して久しく、鉄道と水運の接点を物語る遺構は見られなくなりましたが、テラスの整備と同時に、コンクリート堤防がぐっと低められて、水面からもトラスの全貌が眺められるようになったのは嬉しいことでした。

199043.jpg

199044.jpgそれにしても、清々しいばかりに真っ直ぐ、東西に伸びゆく直線水路! かつては幾多の小堀割を従えて、大河川連絡の重責を担ったメインライン中のメインライン。分派していた大小の堀割は、この数十年でほとんど埋め立てられましたが、それがかえって、生き残った小名木川の存在を際立たせたのかもしれません。

おなじみの船路ではあるので、最近ではあまり水深を意識することもなくなったのですが、たまたまこのあたりで魚探の感を撮っておいたので、メモ書きとして。微細な凹凸はあるものの、ご覧のとおり安定しています。




199045.jpg
番所橋をくぐって小名木川と別れ、旧中川に出ると、目の前に広がる大島小松川公園の森が、ところどころ紅葉していてなかなキレイ。ここがスーパー堤防の法面であることを、一瞬忘れさせるような木立ちの濃厚さではありました。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川

1月21日の川景色…3

(『1月21日の川景色…2』のつづき)

187011.jpg
旧中川に出てゆるゆる南下、船番所資料館前の川の駅へさしかかると、見慣れない船が接岸しているのと、何やら人だかりがしているのが目に入りました。イベントかしら?

近づいてみると、ここを泛水地点にしている水陸両用バス、「スカイダック」と略同型ながら、正面窓配置3枚、グレー一色塗装の初めて見るタイプ。新造艇いや新車なのか、それとも他所のバスを、臨時に借り出してきたものかしら。桟橋におられる皆さんは、救命胴衣に加えヘルメット着用だったことから、トライアル中のようでもありました。

187012.jpg閘門様は10年目の大修繕とあって、通れないのはわかっていたものの、工事中の様子も拝見したく、ご機嫌伺いに接近してみることに。稼働中とは違った表情が見られるかもしれませんものね。

屈曲の向こうに後扉室ゲートが見えてくると、扉体は閉鎖され、管理橋の高欄には黄色い横断幕が。そうだ、動かないのだから、ギリギリまで近づいてディテールを拝めるぞ! うひょひょ。

187013.jpg
まずは横断幕から。普段、出入りする際は何より、待機艇や係の方の迷惑にならないよう、そそくさとゲートをくぐってしまうのが常なので、余裕を持って見上げられるのはちょっと嬉しいものが。残念ながら空が薄曇りになって、撮ったときの雰囲気がいま一つではありましたが。

ゲートの直前でしばらくうろうろしましたが、放送で注意されることもなくひと安心。それならと、扉体にもっと近づいてみることに。

187014.jpg

187015.jpgここぞとばかりに、バウがぶつからんばかりの距離まで接近、扉体の巨大な質量を堪能して‥‥と、一つ発見が!
ローラーの軸が抜かれている!
これって、メタルも取り外した後ですよね? 手前軸穴の右上に、パーツの絵がチョーク書きしてあるのも生々しくて佳し。さすが(?)10年目の総点検、ここまでやるんだと大いに感動。いや~、通れなくとも訪ねた甲斐がありました!

思わぬ発見に気をよくした後は、周囲をキョロキョロと物見高く見まわして、点検用デッキのパンチングメタルなど、普段じっくり見られないディテールも併せて堪能し、気分よく小名木川を西行したのでした。
撮影地点のMapion地図

(28年1月21日撮影)

(『1月21日の川景色…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川 荒川ロックゲート 閘門

4月29日の内部河川…1

171001.jpgというわけで、閘門様を通って久しぶりに訪れた、江東内部河川・水位低下化エリア。旧中川南端の穏やかで、開けた川景色を目にすると、どこかホッとした気持ちになります。

番所橋船着場の対岸、旧小松川閘門近くの水際は、長らく工事をしていますが、この日も台船が一隻接岸し、クレーン車が盛んに動いて作業中です。見たところ、機材や土嚢を片付けているようですね。工事も終盤でしょうか。

171002.jpg船番所資料館前、川の駅は結構な人出で、スカイダックがちょうど発車してゆくところ。その手前では、カヤック教室でも催されているのか、プラ製のポンツン桟橋が出されて、横付けした艇に乗り降りしている人が見られました。

この北側では、両岸に沿ってズラリと球形ブイが打たれ、ブイ列の岸側をカヤックが右側通行で、行儀よく並んで漕いでいるさまを見ることができました。我が艇は水路中央やや右寄りを、引き波を立てないよう最微速でそろりそろりと進みます。

171003.jpg
京葉道路、中川新橋をくぐってみると、見慣れないものがぶら下がっていてびっくり。何ていうんでしょう、こういった車輌式の足場が使われているところ、初めて見たなあ‥‥。

職員の方が、桁の側面をハンマーでコツコツと叩いて、打音検査中でした。お疲れさまです。

171004.jpg水位低下化河川とくれば、やはり北十間川でしょう。愛すべき鋼矢板と灌木のジャングルが、わずかに残る最東端の区間も、テラス整備が秒読みに入ったとなれば、のぞかずにはおれません。

空は薄く雲が覆ってはいるものの、陽射しが透けてくるのか割と明るく、最微速では暑いくらい。写真映えのしないのは致し方のないことではありますが、気温もそこそこあり穏やかで、陽気は決して悪くはないのです。

171005.jpg
新小原橋を前にしたあたりで、向こうに台船らしき船影が! ううん、テラス工事は休みなく続いているようですね。北十間川の可航幅を考えると、河道を塞いでいる公算が大きい‥‥。

ええいままよ、通れなければ後ずさって出直すまでと、舵そのままで小原橋跡に突入。しかし、後ずさるといっても、旧小原橋の橋脚が残った狭窄区間、両岸は浅いし、後進で抜けられるのか?
撮影地点のMapion地図

(27年4月29日撮影)

(『4月29日の内部河川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧中川 北十間川 江東内部河川 水位低下化河川

小原橋跡を訪ねて…4

(『小原橋跡を訪ねて…3』のつづき)

153016.jpg

153017.jpg仮橋から東側を眺めたところ。錆色の鋼矢板、もくもくと繁茂する草木‥‥。もはや駆逐されつつある、旧来の北十間川の姿が息づいていました。向こうには、旧中川に架かる江東新橋の姿が見えていますね。あちらから小原橋跡を眺めたくなって、旧中川畔へ向かうことに。

南岸を歩いていると、コンクリート堤防の側面に、色あせて錆びたプレートを発見。塗料もほとんど剥離して、何とも読みづらいのですが、この下A.P.-14.65mに、下水管が埋設されているようですね。

153018.jpg

153019.jpg旧中川を代表する橋、江東新橋。端正にして重厚、といったらひいきの引き倒しになるでしょうか、いかにも鋼橋らしい魅力を発散していました。陸路訪ねるのは初めてなので、橋の裏側も一枚。桁裏を貫く、管路のたぐいは意外と少ないですね。

おっと、江東新橋でなく、北十間川東端からの眺めを見に来たのでした。さて、どんな風に変わったでしょうか。少し水際の藪を漕いで、首を伸ばしてみると‥‥。

153020.jpg
いや、仮橋の強烈さは想像以上で、周囲の雰囲気を一変させてしまったように思えました。こうして見ても、トラスはなかなか格好良いし、「橋の下に橋がある」面白さも加わって、あのうらぶれた空気を吹き飛ばしてしまったようです。

もっとも、水面まで枝をかざす木々(左のそれは、この間の大雪で倒れたのかな?)や鋼矢板のおかげで、放置感はまだまだ健在ではあります。しかし、可航幅をギュウッとしぼってくる、あの独特の緊張感が失せてしまったことは、やはり、何ともいえない寂しさが‥‥。北十間川から「辺境」が消える日も、そう遠くないことを実感して、河畔を後にしました。
撮影地点のMapion地図

(26年5月18日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川 小原橋