FC2ブログ

7月12日の運河風景…6

(『7月12日の運河風景…5』のつづき)

253036.jpg恒例の常磐橋復元工事の進捗観察。橋上には足場や養生が見られ、路面や高欄など、細部の仕上げを行っているとおぼしき雰囲気。

そうそう、この向こう、上流側右手にある小さな橋詰テラス、前から気になっていたのですが、今回の進捗で「あっ、もしかして」と妄想(あくまで妄想です、ハイ)させるものがありましてね。


253037.jpg
前回はなかった柵が設けられ、テラスらしくなってきた‥‥のはさておき。中に立てられた錆色のゲート開閉装置らしき2本、錆びたまま濡れたような照りを帯びていて、どうもクリアー塗料を塗られたようですね。

左上にある、宙に浮いたような不思議なマンホールとあわせて考えると、恐らくこれ、下水設備か何かの展示としてあつらえているのではないか、とピンとくるものがありました。かつての地下の様子を、地表から一段下がったここに再現するとすれば、面白いアイデアだとは思いますが、ここに設けた由来が知りたいところではあります(間違っていたらごめんなさいね)。

253038.jpg
上流側から。親柱と袖高欄の乳白色が目立ち、竣工してから渡りつつ撫でまわしてみたい気持ちがむくむくと。コロナ禍もあってか今しばらくかかりそうではありますが、楽しみにその日を待ちたいものです。

253039.jpg
帰路の寄り道は、定番の東雲北運河。木村造船所の前では、上架待ちでしょうか、日本橋消防署の「きよす」の姿が。バックの建屋、木々と緑系が多いところだけに、消防艇の船体色はほどよく目立って、視神経に沁みる感じ。基本的に暖色系の船が好きというのもありますが。

253040.jpgそのまま北上、ハンバーガー店「スキッパーズ」が見えるところまで来たら、ちょうどフライブリッジ付きクルーザーがバウを突っ込んで、品物を受け取っているところに出くわしました。

ここで他艇の受け取りシーンを見たのは初めてということもあり、「スキッパーズ」ファンとしてはすっかり嬉しくなったものです。貴重なプレジャー対応のお店、大いに利用していただいて、盛り立ててゆきたいものですね。

(令和2年7月12日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 東雲北運河 常磐橋 高架下水路 消防艇 スキッパーズ

4月29日のフネブネ…1

250001.jpg
4月29日、軽く近場めぐりをした際に出会ったフネブネを。まずはいつも前を通る、都建設局は潮見分室の船溜をスナップ。

プッシャー+バージのゴミ運搬船「すみだ1号」、手作業船「河清機第26号」が憩う姿。平成19年の記事、過去ログ「河川清掃船たち」と見くらべると、「河清機第26号」は船首側の甲板室にもフロントグラス+ハードトップが追加装備されたのですね。

250002.jpg運河の六叉流に出たところで、右後方、東雲北運河から都港湾局の監視船「いそしぎ」が出てきました。ちょっと遠いけれど、旧「ヒロタキ」の建屋をバックに1枚。

木村造船所で整備を終えて、定繋地に戻る途中でしょうか。きれいにしてもらったのでしょう、遠目にもサッパリした風情です。


250003.jpg
豊洲運河に入ったところで、白い曳船と行逢‥‥おお、押船「UTSUMI60」だ。昨年8月にもここで出くわしましたよね。ご縁があるなあ。ビシッと引き締まった感じの塗色とスタイル、何度見てもいいものです。

250004.jpg日本橋川を上航中、西河岸橋をくぐろうとしたあたりで、先行船がいることに気づきました。近づいてみると、コンベア清掃船です。

作業のお邪魔をしては悪いので、間隔を取ってそろそろと続航していたら、常盤橋の下流で取舵一杯(下写真)、おや、引き返すのかな?


250005.jpg
「建河清第1号」、基礎護岸ギリギリまで寄せて、くるくると器用な回頭ぶり。いや~、何度か目にしていますが、旋回半径の小ささには毎度驚かされますね。転回が終わって、河道右側が空いたところで、声をかけながら微速で通過。いつも本当にご苦労さまです。

(令和2年4月29日撮影)

(『4月29日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 豊洲運河 日本橋川 高架下水路 清掃船 曳船

竣工間近な常磐橋

(『4月4日のフネブネ』のつづき)

249036.jpg復元工事の竣工も近づいたとあって、最近は出るたびに訪ねている明治生まれの純粋石橋・常磐橋。くぐりつつ進捗を拝見するのも楽しいですが、渡ってみたい気持ちが強くある橋でもあります。

今回は4月4日だけでなく、同月29日の写真とともに2回分をまとめてみました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 日本橋川 高架下水路 常磐橋

ひたすら満開の桜…6

(『ひたすら満開の桜…5』のつづき)

249026.jpg
日本橋の橋詰広場にも、一本のみながらボリュームのある桜が咲き誇って、華麗な装飾で知られる親柱と覇を競い合っている感が。袖高欄の直下、凹部の淀みには浮いた花弁が渦を巻いて、花筏まであと一歩。水面まで春めいているのはいいですね。

249027.jpg
鎧橋の橋詰にも1本。あれ、もう葉桜がずいぶん‥‥と思ったら、下から蔦に絡まれているだけでしたか。浸食されて枯れてしまわないか、ちょっと心配になります。イカした高欄、先代橋から引き継いだレンガの橋台、そして証券取引所と一緒に。

249028.jpg
湊橋上流の桟橋横にも、数本レベルですが桜並木があって、もやうフネブネにチラチラと花弁を降らせ、いい雰囲気ですね。

249029.jpg
顔なじみの曳船「第一たか丸」も、枝を差しかける真下でお花見しながら憩う姿が見られ、何とものどかで春らしい川景色であります。

249030.jpg
日本橋川を出て右へ舵を切れば、佃島の堤上に横一線となった大群が咲き乱れ、派川の川面に彩りを添える例年通りの風景。時節柄、桜に誘われてそぞろ歩く人影もまれで、水路を行きかう船もぐっと少なく、この点寂しいものがありましたが、好天の下、元気な桜たちの佳い表情が堪能できて、出かけてよかったと思えたのでした。

(令和2年4月4日撮影)

(『4月4日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 隅田川派川 高架下水路 曳船

ひたすら満開の桜…5

(『ひたすら満開の桜…4』のつづき)

249021.jpg
おおお‥‥。高さがこれだけありますから、大横川とはくらべるべくもないものの、並木としての規模は大きく、左に走る高架の影とコントラストをなして光り輝くさまは、本当に素敵。

249022.jpg
ボ~ッと見上げてばかりいると、知らず知らずのうちに右に寄せてしまい、基礎護岸にぶつけてしまいますから、ゆめご油断召されぬよう。

期待した桜吹雪とまではいきませんでしたが、常にチラチラと花びらが舞い、水面に水玉模様を作ってゆく、静かで風情のある川景色を演出してくれました。

249023.jpg
振り返ってから見たこれの方が、光線の塩梅はいいかな。高架のつくる影が、陽光を受けて白く光る桜並木と美しい対照をなし、素晴らしい効果を発揮していると思ったのですが、いかがでしょうか。

249024.jpg
桜ではありませんが、錦橋下流の東岸に、深紅の燃え立つような一群が目に留まったのでスナップ。このあたり詳しくないのですが、鶏頭でしょうか? 実に鮮やかで川面から見てもよく目立ち、桜とは違った美しさ。丹精された人の地道なお世話が想われたことでした。

249025.jpg
こちらは気象庁の近く、枝ぶりもまばらではありましたが、わずかながら水面上にも枝を張り出してくれていたので、スナップしたもの。川徘徊の道々、愛でられる桜を拾いながら下航してまいります。

(令和2年4月4日撮影)

(『ひたすら満開の桜…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 高架下水路