船橋港の水門と水路めぐり…8

(『船橋港の水門と水路めぐり…7』のつづき)

200061.jpg
海神水門の右手、東側にはご覧のような水面が広がり、船溜になっていました。北岸は石垣の法面で、漁舟が思い思いに杭を打ち、艫を並べて槍付けしており、南岸や奥は基礎護岸上に船台を設け、上架されている舟もあったりして、埋め立て前の漁村風景がそのまま封じ込められたような、別天地のおもむきでした。

奥の方には橋も見られたので、こちらも小河川か澪筋の名残かしら。奥まで探索してみたかったのですが、残念なことに写真右の上架艇から、左手にかけてロープが張られており、よそ者の進入を阻んでいました。

200062.jpg船橋の水路初訪の一つ目は、大満足の結果に終わり、勢いを得てお次の水門・水路へと向かうことに。栄水門を出て東航しましょう。

左手に伸びるコンクリート堤防、凹凸や目立った継ぎ目のない、胸のすくような一直線。向こうに高い建物が見えないのも手伝い、スクエアぶりが際立って見えます。



200063.jpg
これがお隣の水路の入口、日の出水門と日の出排水機場。例によって、水門の諸元を「管内概要」の一覧から引用すると、純径間12m、敷高A.P.-3m、昭和46年竣工とのこと。

向こうには大きな工場建屋や倉庫も見えて、沿岸の建物も楽しめそうですね。

200064.jpg
グリーンの扉体を仰ぎながら、進入とまいりましょう。すでに繋留するフネブネの姿が目に入り、「船いきれ」が感じられるのが嬉しくなります。

200065.jpgくぐった直後に振り返って。「きけん スピードおとせ!」の看板から、プレジャーの通航が多そうですね。

さてこの水路、暗渠さんぽさんの記事「ダイナミック・チバの暗渠と軍跡 船橋駅前編」によると、旧海岸線から上流部を山谷澪、下流部は本海川と呼ばれているそうです。「船橋市河川一覧表」では、本海川は362mとごく短く、ハテ? と思うところもなくはないのですが、海神川同様、間違いであれば訂正するとして、ここでは仮に本海川でタグをつけさせていただきましょう。
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

(『船橋港の水門と水路めぐり…9』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 船橋港 海神川 日の出水門 本海川

赤水門で赤信号

写真を整理していたら、珍しいシーンが見つかりました。一昨年、平成20年12月に撮ったもので、水門は先日も「日の出水門のウラ事情」ほかで紹介した、芝浦東運河は日の出水門の、しかも赤水門時代。

う~ん、しつこいですが、やっぱり水門は赤くなくちゃあ! いや、個人的な好みはさておき、どこが珍しいかというとですね…。


水門手前に架かる新日の出橋には、水門の信号が設けられているのですが、それがすべてになっている! しかもその手前には、2隻の通船が信号待ち中です。

水門の信号が、赤を示しているというだけでも珍しいのに、信号を守って、実際に停まっている艇がいるシーンには、なかなかお目にかかれません。すっかり嬉しくなって、夢中でシャッターを切ったことを思い出しました。

右の写真は、上の写真の数秒後に撮った一枚を拡大したもの。(クリックすると、別窓で拡大画像が開きます。)
2隻の通船が肩を寄せ合って、「まだかなあ…」とぼやいている風情なのも微笑ましいですが、注目したのは橋の高欄に掲げられた、電光掲示板の表示。

「一方通行」とありますね。

右の扉体が少し下がっていたので、「点検のための運転か何かで、水門の扉体を開閉しているから、赤信号で一時通航止めとしたのだろう」と思っていました。しかし、掲示板の表示を見たかぎりでは、ちょっと違うようですね。

台船のような大型の船が、水門をくぐって出てくるとか、何か別の理由があったのでしょうか?


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦東運河 日の出水門

日の出水門のウラ事情

(『芝浦東運河の橋台』のつづき)

20091.jpg日の出水門の右径間をくぐって、振り返って裏側を一枚。
塗り替えて間もないとあって、きれいではあるのですが…。
…。

ん? あれは何だ!



20092.jpg
絵が描いてある…。
幼稚園くらいの小さい子が、クレヨンか何かで描いたとおぼしき絵がプリント(?)されているのですが、失礼ながら、その異様さに息を呑みました。

是非はひとまず措くとして、構造の奥まった影のような場所に、あのような小さい絵を掲げても、その、ちょっと…。しかもですよ…。

20093.jpgここはご覧のように、ゆりかもめの高架の影になった場所。海岸通りの日の出橋からも、かなり離れており、この小さな絵を鑑賞するには、ただでさえ、具合のよろしくないところなのです。

公共物である、水門の扉体に描かれた絵となれば、何らかの公募を経て、選ばれて掲げられたものなのでしょう。理由はどうあれ、これは考えてしまいました。下品な勘繰りをすれば、「苦肉の策」のようにも思えますが、これではやってもやらなくても、あまり変わりがないのではないでしょうか。

20094.jpgこれを見て思い出したのは、以前、目黒川水門の裏側に、同じような小さな絵が掲げられていたのを見たときのこと。塗り替えた際、スキンプレート表面に大きなクジラの絵を描いたことで話題となった水門です。

このときも、まあ、何と申しましょうか、困ってしまった覚えがあるのですが、ご覧のようにまだ眺めやすい位置に掲げられているので、日の出水門のそれにくらべると、はるかにマシな扱いをされているように思えてしまいます。

20095.jpg
街中の水門ともなると、色々と大変だなあ…と一人ごちつつ、ちょっと遠回りして様子を見てゆこうと、新芝運河に進入。

ビルの谷間にある区間が多いので、この時季は少々冷えますが、いい具合の狭さと安定した水深で、軽いお散歩にはもってこいの水路です。
撮影地点のMapion地図

(4枚目のみ20年3月30日、ほかは21年12月13日撮影)

(『新芝運河に拾う…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日の出水門 目黒川水門 芝浦東運河 新芝運河

芝浦東運河の橋台跡

12月13日航行時のお話を再開させていただきます。順番で言うと、「富士見橋架橋成る」から「南前堀…1」のあいだの航程になります。

20086.jpg
東京港を横断し、日の出水門にヨーソロ、延長300mに満たないミニ運河、芝浦東運河へ進入。
今まで紹介し忘れていたのですが、ここにもちょっとした見どころがあります。

20087.jpgこれ、橋台跡ですね。かつて竹芝・日の出・芝浦の3埠頭を貫いていた、東京都臨港線の鉄道橋跡です。

北側のこちらは、橋台近くにわずかながら築堤も残り、柵も立てられて、廃線跡らしい雰囲気を残していますね。


20088.jpg対してこちら、南側はビルが立ち、背後の土地はすっかり様変わりして、ペラペラの壁のような状態の橋台が、さびしく取り残されていました。

臨港線については、その道の愛好家によって語りつくされた感があるので、詳しくはそちらに譲りますが、現役時代・昭和49年の航空写真「CKT-74-15」(GIS国土情報ウェブマッピングシステム)を見ると、接岸する船や艀の数とともに、鉄道の貨物ヤードの広大さ、貨車の多さにも驚かされます。このころはまさに、この3埠頭が、東京港の中心だったことが実感できますね。

20089.jpg
そういえば、このあたり、戦前の臨港線を写した絵葉書があったなあ…と、探してみたら、ありました。もっともこれは、芝浦東運河ではなく、古川河口の竹芝運河の光景ですね。橋は、これも橋梁ファンや鉄道ファンの間では有名な単葉跳開橋、古川可動橋です。(竹芝運河の写真は『古川再訪…1』参照)

跳ね橋の魅力もさることながら、通航する和船群のディテールが、人着写真としてはよく写っているのに惹かれて買ったものです。橋が開くのを待っていたフネブネが、本船の瀬取りに向かわんと、いっせいに漕ぎ出す様子が、活き活きと映し出されていますね。

参考まで、キャプションを抜き書きしておきます。タイトルは「芝浦臨港線ハネアゲ橋」。全長30m、重量8萬貫、工費¥160,000-。「東京大十六橋」というシリーズものの一枚です。

20090.jpg
昨年こちらで触れましたが、保護色カラーに塗り替えられて、ちょっと残念な日の出水門を通過。

新日の出橋が迫っているので、12月27日からのタイトルや、この写真のような撮り方しかできませなんだ。
日の出水門には、びっくりさせられたことがもう一つありました。次回ご覧に入れましょう。
撮影地点のMapion地図

(22年12月13日撮影)

(『日の出水門のウラ事情』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦東運河 竹芝運河 日の出水門 古川可動橋 絵葉書・古写真

11月15日の川景色…1

(『11月15日の臨海大橋…2』のつづき)

18011.jpg11月15日に散策した水路の表情を、いくつか拾ってみました。

臨海大橋観賞の後は、船影がないのをいいことに有明西運河を飛ばし、西側水面へ。
西寄りの風のせいか、低いうねりが入ってきており、軽くピッチングしながらの高速航行。薄もやのかかっていた前回と違い、視界は良好、鮮やかな港内風景が楽しめました。

18012.jpg
港内を横切り、芝浦に寄せてから隅田川に入ろうとしていたら…。あっ、つい最近まで赤い扉体だった、芝浦東運河日の出水門が、青く塗り替えられている!

しかも、例によっていかにも保護色っぽい、淡いブルー…。う~ん、遠くから見ると、ビルや橋の間に埋もれてしまうような…。通航する船舶にとっては、視認しやすい色に塗っていただいた方が、安全面からも良いと思うんですがねえ。

18013.jpg隅田川から日本橋川に入り、例のごとく高架下水路と、古い橋たちを楽しみながらの遡上。

雉橋をくぐったとき、中天に達した陽射しが首都高のすき間から射し込み、何ていうんでしょう、橋台の水際にある球形の装飾をくっきりと照らし出して、造形の美しさを再認識。この時代の橋って、本当に、水上からの視線を意識したデザインになっているんですよね…。

18014.jpg
神田川に入って、本郷台の堀割区間に至ると、すでに木々の葉は紅く色づき、ちょっとした紅葉狩りの気分でした。

18015.jpg日が短くなったこの時期は、日陰の多い神田川に入ると、底冷えがしたものですが、この日は幸いにして小春日和の暖かさ。心ゆくまで街中の渓谷美を満喫できたのは、何よりでした。

前日まで降雨があったにもかかわらず、水も比較的きれいで、艇上から魚が泳ぐ姿も見られるほどの透明度。文句なしの川走り日和といったところです。
撮影地点のMapion地図


(21年11月15日撮影)

(『11月15日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 有明西運河 芝浦東運河 日本橋川 神田川 日の出水門 東京港 高架下水路