7月10日の水路風景…6

(『7月10日の水路風景…5』のつづき)

194026.jpg芝浦運河から新芝運河に入り、新芝北運河との十字流まで来ました。ちょうどモノレールの電車が、頭上はるかの高架上を滑ってゆくところです。

見ておきたかったものとは写真右手、この十字流に面した鹿島橋の架け替え工事。昨年の大晦日、「27年度川走り納め…10」で旧橋が撤去されたのに気づき、愕然としたものですが、進捗状況はいかがでしょうか。


194027.jpg
十字流に頭を突っ込んだところで右に目を向けると‥‥、水路の中央にはフェンスとともに台船が陣取り、橋はまだ足場に覆われて、工事たけなわの雰囲気ですね。

194028.jpg

194029.jpg足場とネットで中央径間はよくわかりませんでしたが、橋台部分はRC製のようです。昨年末に仮橋を見てから約半年で、構造はほぼ完成したみたいですね。

取舵を切り、船尾方向に遠ざかる新橋の全体像を一枚。昭和一桁の橋が失われたのは寂しいものの、竣功したら「初くぐり」の楽しみも待っています。素敵な橋になるといいですね。


194030.jpg
新芝北運河のスナップを。ビルの谷間をモノレールがかすめ、テラスからも車体の真裏が堪能(?)できるという、一見おとなしげながら強烈な個性を放つ狭水路。たまに魚の跳ねる水音を聞きながら、静かな水面を最微速で分けて南下します。
撮影地点のMapion地図

(28年7月10日撮影)

(『7月10日の水路風景…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝運河 新芝北運河 台船

27年度川走り納め…10

(『27年度川走り納め…9』のつづき)

186046.jpg新芝北運河との十字流に接する、香取橋をくぐって。茶色い頭のホシハジロ君はじめ鴨さんたち、お邪魔してごめんなさい。

星霜を経た肌のコンクリート橋、無骨な水管橋が居並ぶ向こうにはモノレールも走ってと、いかにもかつての「東京港のバックヤード」を思わせる光景の中、橋をくぐってみると‥‥。


186047.jpg
鹿島橋が撤去されていた!

橋脚までもはや跡形もなく、ご覧のとおり錆色の鋼矢板や仮桁が視界いっぱいに広がって、いうまでもなく改架工事中。むう、また一つ、昭和初期の鋼橋が姿を消してしまったか‥‥合掌。

186048.jpg
ありし日の姿をしのんで、21年12月13日の写真から(『新芝運河に拾う…2』参照)。古い鋼橋ということで、それなりに意識はしていたのですが、どういうわけだか、呪われたようによい写真がありませなんだ。この一枚は、向こうの船溜が割とよく見えるので、選んでみたものです。埋め立てられて、短くなった水路の終端近くに架かっていたという意味では、砂町北運河の九重橋に近いものを感じますね。

鹿島橋港区HP)によると、昭和5年3月竣工、長さ35.6m、幅17.2m。震災復興計画によるものかどうかはわかりませんが、数ある復興橋と同世代の橋といってよいでしょう。

186049.jpg鹿島橋を失った十字流を背に、田町駅前、新芝橋へ向かって微速前進。狭水路にテラス、両岸に屏風を立てたように連なるビルと、芝浦運河地帯ならではの景観が続く区間。

陽があまり射さないので、少々底冷えはしますが、完璧に整備されたテラスとともに、整然とした「人工の峡谷美」が楽しめるところでもあります。


186050.jpg
前後のほどよい屈曲と、四周を高いビルに囲まれているおかげで、まず風が抜けることはなく、もちろん水面もきわめて穏やか。両岸はテラスが整備されているので、水面下にひそむ基礎護岸や、ガレ場などの危険物もなし。その上、転回も何とかできるくらいの、ほどよい狭水路――ん? これって冷静に考えてみると、艪漕ぎには最適の環境じゃないですか!

以前もお話ししたように、我が木っ端ブネは和船と違って上部構造があるため、艪漕ぎ中はわずかな風でも影響甚大で、頭が風下に落とされてしまいます。流れについてはいわずもがな。操縦性も極端に落ちる(これは、漕ぎ手の技量の低さもある)ので、船底を傷つけるような沈置物や、水面下の構造物も禁物。巡航0.5kt程度という超微速で、行き足を実感するには岸の近い、狭水路がよい‥‥。

いや、ここで艪を漕がなかったのが、ずいぶんもったいないことのように思えてきました。大横川一択はそろそろ卒業して、次は新芝運河で艪声を響かせてみようと、一人妄想してはニヤつくおっさんでありました。
撮影地点のMapion地図

(27年12月31日撮影)

(『27年度川走り納め…11』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝運河 新芝北運河

月刊IKKI 11月号「新・鉄子の旅」に…

105008.jpg先月、「月刊IKKI 10月号『新・鉄子の旅』に…」で紹介した10月号「第30旅」に引き続き、昨日25日発売の「IKKI」11月号掲載「第31旅」も、水路編の後編ということで、引き続きお手伝いさせていただきました。

後編は神田川・日本橋川の定番コースから、運河地帯や港内に出て、イグアナクレーンや晴海線の廃橋梁、レインボーブリッジのループ区間やモノレールの走る芝浦一帯など、おなじみのスポットをご案内させていただく内容です。

以下前回の続きということで、ご一緒した際のスナップをいくつか掲げさせていただきます。


「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 東京港 新芝北運河 消防艇 警備艇 曳船 新・鉄子の旅 IKKI 小学館

6月3日の芝浦運河地帯…1

(『三菱倉庫の解体工事』のつづき)

95037.jpg午後は芝浦運河地帯をひとめぐりしてみようと、まずは新芝運河へ。午前中にくらべてだいぶ雲も途切れ、気温も上がってきましたが、すこし風が出てきました。この日は望の大潮の前日で、16時54分の満潮に向けて上がる一方でしたから、すでにテラスが目線より低く、いい感じです。

写真は新芝運河の北口付近ですが、右側の大きな区画がフェンスで囲まれており、ビル工事の最中でした。

95038.jpg
芝浦運河地帯を訪ねると、やってみたくなるのが「一筆書きで運河めぐり」。最初の丁字流で左へ曲がり、モノレールがビルの谷間をすり抜ける、短いけれど独特の風景が楽しめる水路・新芝北運河へ。
撮影地点のMapion地図

95039.jpg芝浦西運河へ出たところで、船溜にいたのがこのボート。流線形のエンクローズドキャブ、尾翼やエンジンポッド(?)までついた、ふた昔前の遊園地の乗り物を思わせる、何とも楽しいカタチの艇です。

同型艇を雑誌か何かで見た記憶があるので、びっくりはさせられなかったのですが、都内でお目にかかれるとは思いませんでした。


95040.jpg
芝浦西運河を南下していたら、後ろから釣り船が追い付いてきました。「一筆書き」の途中でもあるので、右へ曲がって新芝南運河へ入ればやり過ごせるかな…と思っていたらさにあらず、釣り船も面舵を切り、同じ針路をとってきます。

必死に逃げて(うそ)いたら、釣り船は八千代橋手前で減速、接岸の準備をはじめました。ここの船宿さんの持ち船だったようです。
撮影地点のMapion地図

95041.jpg高浜西運河を下っていたら、タイミングよく新幹線の電車に遭遇。そういえば、ここに来ると宙を突っ切るモノレールの方に吸い寄せられてしまい、新幹線はあまり意識してこなかった気が…。

しかし、高架の側壁に車体が隠されて、鑑賞にはあまり具合がよいとはいえませんね。電車より、背後に建つNTTドコモ品川ビルの、耳のような造作が気になってしまいました。


(24年6月3日撮影)

(『6月3日の芝浦運河地帯…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝運河 新芝北運河 芝浦西運河 新芝南運河 高浜西運河

古川に袖にされる?

(『「喰われるトラス」と芝浦運河地帯』のつづき)

38026.jpg芝浦西運河に出て、上下線にわかれた橋・渚橋をくぐろうとすると、北西側橋詰近くのテラスに船着場ができていました。ポンツン桟橋の立派な船着場です。

う~ん、いつの間に。例によって、近くを通っても気づいていなかっただけかもしれませんが…。船着場名や竣工年などが気になります。


38027.jpg船着場の横を過ぎ左折、前回も触れたように、運河地帯を一筆書きするかたちで新芝北運河へ。

通るたびに意識していた物件、橋脚下に寄り添うように設けられた、屋根付きホイストのあるバラック桟橋に目をやると…ううむ、桟橋の腐朽が進んだようで、小屋が後ろに倒れていました。このひなびた風景が見られるのも、あとわずかのようです。
(平成18年に撮った以前の姿は、過去ログ『芝浦の運河めぐり…9』参照)

38028.jpg新芝北運河と新芝運河の丁字流、霞橋橋詰に接して設けられた、これも名物・モノレールの逆三角橋脚(早口言葉のよう)前でスロットルを緩めると、幸いお二人には好評だったようで、なぜか胸をなでおろす船頭。

数少ない変わり型の橋脚なのですから、何か愛称をつけてやりたい気がします。いや、鉢氏や田村氏は、もうすでにステキな名前をつけておられるに違いない、と勝手に妄想。


38029.jpg
芝浦運河を出て左折、おなじみ船ギッシリの通向き高架下水路・古川(『古川探訪…1』ほか参照)に入りました。その濃厚な魅力を堪能…することももちろんですが、厳しい陽射しにあぶられてきた身としては、やはり日陰で涼をとれるのは嬉しいものです。

潮時も悪くないし、この日はあわよくば、一の橋あたりまで行ってみたいものと、もくろんでいたのですが…。

38030.jpgJRの橋の下に入る前に、後続してきた船宿のテンダーに合図して、追い越してもらったまではよかったのですが、狭い橋脚間の水路を抜けるあたりまで行くと、巨大な屋形船が出港準備中。しかも、さらに奥でも何やら動きが!

何分お他人様のお庭先、船宿街区間のクリアが難しいとなれば、大事を取って撤退した方がよさそうです。お二人にお詫びしつつ、転回もしないまま、後ろ手に舵を取り最微速で後ずさり脱出。
やはり、古川に微笑んでもらうのは難しいと、一人凹む船頭でありました。
撮影地点のMapion地図

(22年8月29日撮影)

(『小型トラスたちを味わう』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦西運河 新芝北運河 新芝運河 古川 高架下水路