FC2ブログ

消えたマイタゲート閘門、二題

すでに撤去されて久しい、マイタゲートの閘門を写した絵葉書を2枚ご紹介します。いずれも竣工間もないころの撮影と思われるものです。

220086.jpg
ROCKENYA-LOCK AT NEZUMIJIMA
裏面に「大阪若林獨立軒製版印刷」の記載あり。
宛名・通信欄比率2:1、明治40年4月~大正7年3月の発行。


新淀川開鑿を主とした淀川改修工事の一環として、中洲である鼠島に明治43年竣工した、六軒屋閘門を写したものです。扉室両岸に洋装の人物が多く集まっているところを見ると、竣工からさほど日が経っていないときに行われた、記念撮影のように思えます。

「運河と閘門」によると、最小幅10.91m、有効長89.08mで、大正12年に六軒屋第二閘門が併設されたため、以後は六軒屋第一閘門と呼ばれるようになりました。用途廃止は昭和25年3月だそうで、鼠島とともに現在は埋め立てられて面影はなく、「六軒屋閘門」(北摂の街道・道標)によれば、記念碑が立つのみとのこと。

220087.jpg
扉室をアップでトリミングしてみましょう。ゲートの様子からして、開いている手前は後扉室(低水位側)で、六軒屋川の上から写した写真ということになります。閘室の岸は、土のままか、何らかの護岸を施してあるのかはわかりませんが、法面ですね。すでに多数の舟が入閘し、注水を待っているのがうかがえます。

六軒屋閘門の消長については、「ある小さな島(鼠島)の生涯 その6」(なにわ ふくしま資料館)に詳しくまとめられており、私ごときがつけ加えることはありません。ぜひご覧いただきたいのですが、それとは別に、今回大いに驚かされたことが一つ。

絵葉書に書かれた版元名「若林獨立軒」で検索したところ‥‥、「若林鍼灸院のブログ『獨立軒雑記帳』」がヒット。これがナント、獨立軒のご子孫の方のブログなのでした!

業種こそ創業時と違うとはいえ、つい最近まで同じ屋号を名乗って営業されており、しかもご先祖の業績を顕彰されている! 素晴らしいことではないでしょうか。船頭もかくありたいと深く感銘を受けたのでありました。

220089.jpg
志木町商工會(伊呂波橋)横内辰男撮影
宛名・通信欄比率1:1、大正7年4月以降の発行。


右上の写真、3径間の水門に併設されたマイタゲート閘門は、宗岡閘門。新河岸川にもかつて閘門があったことは、「川越舟運」(斎藤貞夫著:昭和57年6月初版・さきたま出版会)を読んで知り、非常に短命だったこともあって、以前から気になる存在でした。

10年前、「新河岸川再訪…4」でも少し触れましたが、直線河道化にともない、長きに渡り「川越夜船」でその名を知られた通船を、昭和6年に禁じられた新河岸川。この宗岡閘門が竣功したのは、驚くなかれ昭和4年! 通船禁止後もしばらくは通航が続いたであろうとはいえ、「悲劇の閘門」と呼んでも、決して大げさではないでしょう。

220088.jpg
宗岡閘門、直線河道化により水深が保てなくなった宗岡村(現志木市)から上流を、堰上げと閘門によって舟航を維持する目的で建造され、工事の労働者には近隣の農民はもとより、失業した船頭たちも参加したとのことです。

ふたたび「運河と閘門」から諸元を引くと、閘頭部幅6.0m、全長37.1m、ゲート間25.76m、扉体は鋼製。躯体は用途廃止後も長らく残っていたようで、昭和53年より閘門部分撤去開始との記述も。ウェブ上では、「新河岸川を歩こう! 6日目 柳瀬川合流点から南畑橋まで」(ハイフィネス・ジャパン株式会社)に、現地の説明板とおぼしき写真が掲載されていますが、それによれば昭和55年に撤去とありました。

写真を目にしてまず違和感があったのは、水門の堰上げの低さにくらべて、閘門がやけに高く造ってあること。素人目には、いずれは堤防や護岸を嵩上げできたら、水門も閘門に合わせて高める計画でもあったのかな、と勘繰ってしまったほど。まあ、このレベルの堰上げで、通船できる水深には十分ということなのでしょうが、それにしても閘門の高さは気になります。

通船禁止を間近にしての建造といい、首をひねらざるを得ないものがありますが、短命であったがゆえに希少な竣工直後の写真に出会えたことは、閘門好きとして嬉しいことには違いありません。このあたり、新たな史料の発見やご教示に待つところ、大なるものがあります。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 絵葉書・古写真 閘門 六軒屋閘門 宗岡閘門 六軒屋川 新河岸川

12月30日の川景色…1

(『最西端の狭水路・白子川…7』のつづき)

166071.jpg
以下、帰路に拾った師走の川景色です。新河岸川を下って、荒川大橋の手前まで来ると、法面から降りてきたのか、えらい数の水鳥たちがわらわら、といった感じで湧きだしてきました。

冬の川といえば水鳥ということで、トリ好きとしてもここは楽しみたく、デッドスローでそろそろ近づいてはみたものの‥‥。

166072.jpgう~ん、やっぱり。バサバサという羽音を残して、いっせいに飛び立たれてしまいました(泣)。

私の子供のころにくらべると、公園のスズメやムクドリなど、小型の野鳥たちはずいぶん人に馴れるようになって、中には人の手から餌を食べる鳥もいるくらいですが、東京の水鳥界(?)ではまだまだ、人間どもは信用ならない輩のようです。松島の鴨さんたち(『第三芭蕉丸の船旅…8』参照)のように、船までおねだりに来るようになりませんかねえ。

166073.jpg

166074.jpg隅田川に入って間もなく、日本化薬専用渡船の桟橋を久しぶりに見てみたら、桟橋が更新され、周りもすっかり様変わりしていました。以前「5月14日の水路風景…7」で紹介したときは、まだ基礎護岸のみだった水際が、テラスの工事が始まって前進し、その分延長しなければいけなくなったのですね。

渡船たちは西岸、北区側にもやっていました。さすがに会社はお休みでしょうから、年内の運行も、もう終了しているのでしょう。

166075.jpg
今や都内可航部では数少なくなった、鞍馬のようなA字形の橋脚を持つ鋼桁橋・新田橋を見上げて。耐震補強工事をしているのか、橋脚天端周りをすっぽりと足場で覆っていました。
撮影地点のMapion地図

(26年12月30日撮影)

(『12月30日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新河岸川 隅田川 渡船

最西端の狭水路・白子川…7

(『最西端の狭水路・白子川…6』のつづき)

166066.jpg
艇を回さずに、そのまま後ずさって下航。基礎護岸もなく、暗岩や杭などの障害物も見られない、いわば幅いっぱいが安全な可航路なので、大味な操舵でも心配がないというのは大きいですね。

これが大島川西支川(『最狭水路を抜けてみたい!…3』ほか参照)のように、繋留艇で極端に狭い場所があるなど、デリケートな舵取りが必要な区間あったら、無理をしてでも艇を回していたと思います。

166067.jpg

166068.jpgしかし、排水口に生い茂るコレ、本当に印象深いですね。これだけ立派に「育って」いるとうことは、たびたびの増水にも耐えうるだけの、しっかりした根を張っているということでしょう。

右のように、ちょっと引いた目線で眺めてみると、西岸にだけズラリと並ぶ様がわかり、その悪目立ち(?)ぶりも理解できるかと思います。「白子川のアレ」では締まりませんから、何か一言でわかるような、適当な名前がほしくなりますね。

166069.jpg
可航部の屈曲を曲がり切って、落合橋をくぐり新河岸川へ脱出。楽しい白子川の旅を終えることにしました。

他の橋はどれも裏側がフラットだったということもあり、唯一鋼桁の構造を見せてくれる落合橋が、何やら貴重なものに思えてくるから不思議です。ちなみにこの橋、「東京都河川図」によると、白子川可航部最低桁下高だそうです。

166070.jpg今回、魚探の感を見ながら走ってみて、「東京都河川図」に記載された水深とくらべてみると、河口近く(A.P.-0.9~1.0m)はほぼ記載値に近く、溝下橋~成増橋付近(A.P.-0.1~0.2m)は反対に、記載値より0.3~0.4m深い印象でした。

芝浦推算潮位で1m以上のときに出かければ、20ftクラス以下の小型モーターボート(大型艇が入るとは思えませんが!)なら、まず心配はない水深があると見てよろしいでしょう。
撮影地点のMapion地図

(26年12月30日撮影)

(『12月30日の川景色…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 白子川 新河岸川

最西端の狭水路・白子川…1

(『師走の新河岸川…7』のつづき)

166036.jpg芝宮橋をくぐって、そのまま新河岸川を上流へ‥‥というのも魅力的ですが、残念ながら艇は後進をかけ、そのままの姿勢でずりずりと200mほど後ずさり。今回ここまでやって来た目的は、他にありました。

先日も触れた、旧水上警察署作成の「東京都河川図」にも載っていた、都内(? 都県境がジグザクに河上を走ってはいますが!)では恐らく、最西端の可航河川‥‥。そう、

166037.jpg
白子川です!

‥‥狭い。幅のわりには護岸がものすごく高い。河口からしていきなり曲がっていて、奥が見通せない。怖気をふるわざるを得ない第一印象。もしやこれは、「呼ばれていない」のでは?

166038.jpg
芝浦の推算潮位、11:14時点で164㎝というゴキゲンな高さに背中を押されて、わずかでも不審な点があったら、横っ跳びに後ずさる気まんまんで最微速突入。

第一橋、落合橋をくぐってみると、逆光に黒く沈んだ先ほどのコワモテとはうらはらに、護岸の反射のせいかポカポカと暖かな、平穏極まる雰囲気。

166039.jpg狭いのは緊張するけれど、これならイケル! と一人合点して、屈曲に合わせ忙しく舵を操りつつ、続けて前進。あれ、右手の護岸に何かぶら下がっているものが‥‥。

消火器でした。

町内会申し合わせの備え付けにしては、ヒモが長すぎる気がします。壁面に刻まれたブラブラの跡が妙におかしく、緊張もだいぶほぐれたような。白子川、はなからかましてくれます!



166040.jpg
後ろを振り返って。屈曲の影に隠れて、たちまち見えなくなる落合橋。新河岸川の川面とも、しばしのお別れです。

写真右手上のラッパ、水位観測施設でしょうか。細流を集め、丘陵を流れ下ってきた川だけに、豪雨時に下流部の急激な増水は、避けられない地勢だからでしょう。
撮影地点のMapion地図

(26年12月30日撮影)

(『最西端の狭水路・白子川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新河岸川 白子川

師走の新河岸川…7

(『師走の新河岸川…6』のつづき)

166031.jpg
ここは瀬替え前の名残りか、河上を県境がジグザグに走るところ。笹目橋からここまで、我が艇は東京都と埼玉県を、3回も行ったり来たりしたことになります。

前方に見える5径間の桁橋は、芝宮橋。今までの1径間でひとまたぎする橋たちにくらべて、ぐっとローカル色豊かになってきました。

166032.jpg幅もだいぶ狭まってきて、両岸も土留めの鋼矢板は打ってあるものの、半ば崩れかけていたり、洗掘を防ぐため小型のテトラポッドがごろごろと積んであったりと、明らかに二線級の河相を呈してきました。

この上流に朝霞水門(『年の瀬の荒川…7』参照)があるので、大した流下能力を求められていないこともあるのでしょう。

さて水深は、いったん2m台まで浅くなってから、川幅が狭まると3m、4mとぐんぐん深くなり、芝宮橋の直前では5.2mを数えるまでに。狭い川幅による、流速のせいなのでしょうか。そういえば、狭い区間に入ってから、少し流速を感じるようになりました。


166033.jpg
芝宮橋をくぐって。基部の前後、わずかな高さのみに水切りを設けた四角い橋脚、その向こうに広がる風景は、冬枯れの土手と、ぱらぱらと鉄塔や煙突が顔を出すだけ。

ここだけ切り取ってみると、とても東京近郊とは思えない川景色です。どこか、宮城県の福地運河(『福地運河の水門…4』参照)を思い出させるものがありました。

166034.jpg

166035.jpg芝宮橋の裏側を仰いでみると、I形鋼の桁に波形鋼板の床板を乗せた、単純明快な構造。管路、電路のたぐいも一切見られません。河川敷の管理道路を渡すために造られた、コストを抑えた橋といったところでしょうか。

くぐったところで魚探を見てみると、橋の下では3m台までふたたび浅くなり、橋を過ぎるとまたも深くなってゆくという、凹凸の激しい状態でした。

橋脚を避けて浚渫でもした名残りなのか、それともテトラポッドなど沈置物の影響で、むらのある洗掘が起こっているのか‥‥。いずれにせよ、可航域としての整備がされていないことを感じさせたものです。
撮影地点のMapion地図

(26年12月30日撮影)

(『最西端の狭水路・白子川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新河岸川 橋の裏側