5月3日の橋の裏側

(『5月3日の亀島川…4』のつづき)

151041.jpg久しぶりに、「橋の裏側」だけでまとめてみました。過去に紹介した裏側もありますが、改めて。

右は新月島運河、浜前橋。考えてみると、ここまでフラットな裏側って、都内では少ないかも‥‥。


「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 新月島運河 新月島川 亀島川 月島川 月島川水門 橋の裏側

5月3日の「隅田川橋梁」…4

(『5月3日の「隅田川橋梁」…3』のつづき)

151016.jpg前部の出入口から後部デッキまで、お客さんをぎっしり満載した水上バス、「リバータウン」が下航(タイトルはこの少し前のシーン)。橋の断面と船とのツーショットは、貴重なだけにできるだけ撮っておきたいもの。

下写真、月島側のそれを上流側から眺めて、気づかされたことが一つ。橋脚の真上に当たる側面、濃いグレーで三角形に塗り分けられていますよね。単なる塗り分けなのか、それとも、これから三角錐型の整流カバーみたいなものを取り付けるのか‥‥。

151017.jpg
ついこの間まで、この位置から下流を見ると、旧臨港消防署の建物や桟橋が目に入ってきたんだよなあ‥‥。昨今の水辺の変化の速さ、激しさには、毎度のことながら驚かされるばかりです。

151018.jpg「隅田川橋梁」にお別れして、新月島運河(新月島川)へゆるゆる進入。以下、落ち穂拾い的に何枚か。

浜前水門をくぐって、併設されている浜前橋のフラットな裏側を見上げながら。ムクのスラブとあって、桁裏にはわせる余裕がないためでしょう、パイプやら電路らしいものが、ガードレールと一緒にびっしり並んでいるのが見えますね。わずかな桁側面には、「最高潮面上高さ2m」の文字も。A.P.換算では、4.1mということになるのでしょうか。

151019.jpg

151020.jpg
勝ちどきマリーナの前にさしかかったところで、女性スタッフが出て来られたので、先日、撮影時にお世話なったお礼を言上しつつ微速で通過。

その少し先にもやっていた曳船、「12東庄丸」のファンネルマークが素敵だったので一枚。ペンキ書きでない、抜き文字なのがまたよろしく、まめに手入れされているのか、塗りも鮮やかでした。
撮影地点のMapion地図

(26年5月3日撮影)

(『5月3日の亀島川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川橋梁 隅田川 新月島運河 新月島川 浜前水門 水上バス 曳船 橋の裏側

5月14日の水路風景…2

(『5月14日の水路風景…1』のつづき)

125011.jpgかしまの後ろに並列してもやうのは、護衛艦いそゆき(ハルナンバー127)と、練習艦しらゆき。

はつゆき型には、過去にもたびたび晴海で出会っている(『7月23日のフネブネ…3』ほか参照)ので、親しみを覚えます。光の加減か、はたまた2隻重なっているからか、上部構造やラティス・マストがより重厚に見えて、ベテラン艦らしい魅力を発散しているように感じられました。

125012.jpg

125013.jpg練習艦隊をゆっくり眺めてから、朝潮運河を北上し、新月島運河の集合場所へ。朝凪の時間帯とあって、港内に出ても水面はまろやかで、行き来する船影も少なく、引き続き爽やかな空気を楽しみつつの移動です。

新月島運河の新島橋も、ご覧のとおり架け替え工事が行われており、向こうには鋼矢板が打ち込まれているのが見えますね。


125014.jpg今回の集合場所であり出発地点でもある、勝どきマリーナに接岸。「本橋発動機(株)」の抜き文字を掲げた、渋いクレーンにシビレる船頭。この日は定休日だったのですが、本橋専務自ら出迎えてくださり、恐縮至極でありました。

本橋専務が淹れてくださった、美味しいアイスコーヒーをいただきながらお話をうかがうと、創業実に85年、社名のとおり、かつては舶用焼玉エンジン(!)の製造販売もしておられたのだとか。

125015.jpg大型船のエンジン整備のご苦労話など、船頭的にストライクゾーンど真ん中の興味深いお話ばかりで、楽しく拝聴していたら、間なしにH艇長の艇が接岸。スタッフも到着されて、打ち合わせしつつ出航準備へ。

間近に浜前水門、その向こうに隅田川と築地市場を控え、都心といってよいこの地で盛業されている、「船いきれ」に満ちたこの一角! 都内の水路から、船溜が急速に姿を消していることもあり、この雰囲気がたまらなく貴重に思えたものでした。
撮影地点のMapion地図

(25年5月14日撮影)

(『5月14日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 新月島運河 護衛艦 浜前水門

7月23日の川景色…1

(『7月23日のフネブネ…3』のつづき)

69016.jpgちょっと戻って、新月島運河(新月島川)で見たものをいくつか。

ここでの楽しみの一つが、石垣護岸を存分に眺められること。一本北の月島運河(月島川)とくらべて、繋留船が少なくちょっと寂しい部分はありますが、その分護岸の鑑賞には具合がよく、古い埋め立て地であることが感じられ、いいものです。

写真のような、水辺に立てられた神社が艇から見られるのも好きなところ。ちなみに船乗りからも崇敬された、住吉さんだそうです。さすが。

69017.jpgまた、木々が水面に張り出しているところもいくつかあり、それが街路樹や桜並木でなく、私有地から生えているものがほとんどであるところも、興味深いものがあります。

ご多分にもれず、大区画の建物が多くなってきましたが、昔ながらの民家が、のびのびと葉を茂らせた大樹とともにたたずむ姿も見られ、石垣護岸によく似合う、しっとりとした水辺風景の魅力がありますね。

69018.jpgほぼ中央に架かる、清澄通り・新島橋をくぐったあたりから、浜前水門を望んで。

数年前とくらべても、だいぶ繋留船が減った気が…。今や、勝どきマリーナの桟橋周辺だけになってしまいました。




69019.jpg
浜前水門をくぐって。管理橋が薄べったいせいか、信号や電光掲示板は左右の堤防上に追いやられ、左右の堰柱にそれぞれ階段があることも手伝って、賑やかな感じがします。

ちなみに浜前水門、佃~勝どきの隅田川東岸では、唯一都港湾局の管理下にある水門で、他の佃水門、月島川水門は、都建設局・江東治水事務所管理の水門です。

69020.jpgやはり気になる旧臨港消防署の庁舎…跡。護岸ギリギリのこの角度から眺めると、陸側の建屋と上部構造が撤去された跡が生々しく、いかにも廃墟のおもむきです。

しかし、何でこんな中途半端に撤去したのでしょう? 再利用するあてがあるのか、それとも単に堤防の切り取り部分で、計画高水位以下になるところができるからか…。そういえば、ここに架橋計画があるとのことですが、着工はいつごろになるのでしょうね。
撮影地点のMapion地図

(23年7月23日撮影)

(『7月23日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新月島運河 浜前水門 臨港消防署

7月23日のフネブネ…3

(『7月23日のフネブネ…2』のつづき)

69011.jpgマスト、煙突、ミサイル発射筒架台と、中央部の上部構造を眺めていると、装載艇の下に一人のオフィサーが現れて、こちらを見ているのが目に入りました。

「こんにちは!」と手を振ってあいさつすると、あちらも笑って手を振り返してくれました。乗組員の皆さんは全体にリラックスして、艦上はのんびりムードです。一般人の姿が見られないところから、見学や体験航海ではなさそうですね。

69012.jpg艦首をかわすと、岸壁上の様子が見えてきました。歌手なのか、一人の女性が艦を背にして歌っています。対するお客さんの方はあまり人数がいないようでしたが、どういうイベントなのでしょうか。

まわりにはテントがいくつか張られ、陸自のトラックの姿の姿も見えます。テントに立てられた幟には、「自衛官募集」の文字があったので、あるいは隊員募集のための広報イベントかもしれません。

69013.jpgやはりこの角度から眺めると、甲板の微妙なラインが強調される上、ちょっと大きめな上部構造物もいい具合に隠されて、より格好よく見えます。このクラスが登場した当初は、「強そうなフネができたものだ」と頼もしく思ったものですが、今や二線級の老艦といっても言い過ぎでない時代になってしまったのですから、早いものですね。

あっ、後ろの「雲取」のスパッド、ここから見た方が、その傾きぶりがはっきりわかりますね。

69014.jpg
やはり撮りたい真っ正面からのいいお顔。ううん、こう曇っていては、いまひとつパッとしませんね。しかもねずみ色の空をバックにした軍艦色とくれば、なおさらです。

69015.jpg春海運河を離れて、原速でゆるゆると朝潮運河に入り、石垣護岸やフネブネを見たくなって新月島運河へ。

北西端付近、勝どきマリーナの近くで桟橋代わりになっている、赤錆びたバージを眺めて。こういう、いつからもやっているのかわからないようなバージは、以前はそれこそ至るところで見られたのですが、今となっては貴重な風景となってしまいました。
撮影地点のMapion地図

(23年7月23日撮影)

(『7月23日の川景色…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 護衛艦 浚渫船 春海運河 新月島運河