fc2ブログ

1月7日の水路風景…3

(『築地市場跡の陸閘たち』のつづき)

311046.jpg
陸閘たちを愛でた後は、大きく面舵を取って新月島川へ。片方の堰柱だけ補修されて色が変わり、通るたび、ちょっとかわいそうに思える浜前水門。両岸に高いビルが林立したこともあり、日陰になってしまうのは致し方のないところ。

311047.jpg
水門をくぐって左手、何度かお世話になった本橋発動機(勝鬨マリーナ)さんをふと見ると‥‥。えっ、桜が咲いてる! いや、梅かな? 何分1月もまだ初め、さすがにびっくりさせられました。

311048.jpg
朝潮運河、晴月橋をくぐりざま仰いで。まだ真新しい感じのするきれいな塗装で、「最高潮面上高さ2m」‥‥ああ、いいなあ。

通航艇に向けたメッセージの中でも多く、しかもバラエティに富んでいるのが橋の桁下高表記ですが、書体のせいか、これはほんわかと優しい感じ。この数字からA.P.に換算すると、桁下高はA.P.+4.1mになるのでしょうか。

311049.jpg
豊洲運河と東雲運河の交わるテラスの角、鵜さんが風に向かって、わさわさと得意気に羽を広げていました。しかし、今年の冬は水鳥が少ないなあ。私が通ったときだけで、今は例年どおり、たくさんの鳥たちが川や運河に群れているといいのですが。

311050.jpg東雲運河での恒例、艇の健康維持も兼ねてのトライアルでは、デッドフルで50.7km/h、27.38ktを発揮。まことに快調、1ヶ月ぶりの徘徊としては、まずまず満足できる結果とニンマリ。

帰港後はスクラビスで船底掃除をしたので、次回出港時もコンスタントにこのレベルが出せればいいですねえ‥‥。あとは「フジツボの当たり年」にならないことを祈るばかり。

(令和6年1月7日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 新月島川朝潮運河豊洲運河水辺の鳥たち浜前水門

1月7日のフネブネ…3

(『1月7日のフネブネ…2』のつづき)

311016.jpg
汐留川水門をくぐって浜離宮内水面に入ると、間近に迫ってくるのが「東京みなと丸」の船尾周り。3フロアある回廊は、全体にボリュームのあるゆったりとした造りで、船首側に続く窓配置も流れるよう。間違いなく瀟洒な大型クルーザーなのですが‥‥。

311017.jpg
船首側から見ると‥‥ええ‥‥船名の表記がいろんな意味で、すべてを微妙な雰囲気に引っ張っている気が(ごめんなさい)。

せめて、せめてですよ、アンカーレセスの右上にせっかくスペースがあるのですから、船名表記を移動してはいかがかと愚考するのですが。さらに文字サイズを大きくすればなおよろしいかと。

311018.jpg
新月島川に入って、あっ、そういえばしばらく中断していたなあと、コレを一枚スナップ。森田内燃機さん前の、クレーン車搭載赤錆バージの観察記録です(前回は一昨年10月『9月11日の水路風景…1』)。

一面サビサビなのはお変わりなく。潮位に合わせて水平に浮いているようなので、浸水擱座していないと思われ、人ごとながらホッとするのが失礼ながら毎度のパターン。放置というのとまた違うのでしょうが、こういう状態の船も都内水路からはほぼ一掃されたので、貴重な光景ではあります。

311019.jpg朝潮運河北端近く、東庄丸船隊の船溜で。整然ともやう大小の曳船すべてに、お正月の松飾りがされているのを目にし、清々しい気持ちに。

船首のビット、操舵室の後妻など、場所はそれぞれ異なりますが、一隻も残さず松が飾られているのを目にして、フネブネへの愛情が感じられほっこりとしたものです。年末に出られなかったので、水上の松の内の雰囲気がようやく味わえ、嬉しくなったものでした。

311020.jpg

撮影地点のMapion地図

(令和6年1月7日撮影)

(『1月7日のフネブネ…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 新月島川朝潮運河曳船

9月11日の水路風景…1

(『月島埠頭にて…2』のつづき)

286051.jpg
道々目にしたものを落穂ひろい的にいくつか。まずは不定期観察、新月島川は森田内燃機さんの前にある、クレーン車を積んだ赤錆バージののぞき込み記録を。干潮時のころあいもよろしく、大きく傾いでいます。

おっ、傾斜度もあってよく見えるかも‥‥と思ってスナップしたら、昨年6月とあんまり変わりなかったような。でも後端にある「UNIC」のかすれたロゴは確認できたので、よしとしましょう。

286052.jpgここでちょっとした航路情報を一つ。新月島川から見た朝潮運河の丁字流近く、左手は工事中で台船が張り出し、右寄りを進まなければなりません。

逆光で見えづらいですが、右手護岸沿いに洲が露出し、先に小さな赤い旗を掲げた棹が2本、澪標として立てられているのがわかるでしょうか。


286053.jpg
通り過ぎてから振り返った方が、光の具合もあってよく見えるだろうと一枚。洲というより、石やコンクリ塊を多く含んだガレ場といってよいもの。台船ギリギリまで寄せて、このくらいの近さに迫った感じでしたから、潮位が高く、水面下になるときはゆめご油断めされぬよう。

286054.jpg
7月23日に触れた、朝潮運河に架橋中の新しい人道橋ですが、う~ん、前回とあまり変わっていませんね。いや、橋脚の前後に、まるで門松みたいな形の防護工ができていました。

なんでもトラス橋になるとのことですから、どんなスタイルになるのか今から楽しみ。他の橋でも見られたように、どこかで組み立てた半完成品を台船で運んできて、ヤッと一気に架橋してしまうのかしら。

286055.jpgこちらは長らく工事の続いている、亀島川水門。塞いだ左径間の堰柱に足場が掛かっていますが、これ、堰柱を撤去して、左径間は完全に閉塞するんですかねえ‥‥。

東雲水門、新小名木川水門と、閉塞され径間を減らされた水門を見てきましたが、次はいよいよ‥‥。2径間を半分にするとなると、4~3径間あった前の2例より、ずいぶん思い切ったことをするなあという感じがします。
撮影地点のMapion地図

(令和4年9月11日撮影)

(『9月11日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 新月島川朝潮運河隅田川亀島川水門

6月18日のお散歩で

282001.jpg
ご無沙汰しております。6月18日は母港に用事があったためお休みをいただいて、せっかくなので2時間ばかり近所をお散歩してきました。その折のスナップを少しお目にかけて、生存確認的な小更新とさせていただきます。

曇り空の上靄もかかり、空気がもったりと重そうに感じる天候でしたが、水面は穏やかで走りやすいのが何より。曙運河を南下し新曙橋まで出ると、フェンスで囲った西側橋脚の向こうに土運船「68号千羽丸」の姿が。橋脚の向こうから、泥土をすくったユンボがニュッと顔を出しました。浚渫作業中だったのですね。

282002.jpg浚渫は水路徘徊者にとっての慶事、ニヤつきながら面舵を切って、おなじみ墨田川造船辰巳をのぞいてみたら‥‥。

ううん、今回も艤装・入渠艇なし。端境期なのか、寂しい状態が続いていますね。複数の船艇で賑わうさまをたびたび目にしてきただけに、残念でしたが、こればかりは致し方ありません。

282003.jpg
港内に出てから隅田川を遡上したところ、浜前水門が閉じているのに気づいて減速。おや、左側の堰柱は色が変わっていますね。耐震補強工事のようです。

向こうには、クレーン船らしいジブが突き出しているのが見えますね。水門に隣接した勝どきマリーナは、閉鎖のため出入りが不便になる上、作業船の碇泊で河道が手狭になり、工期中は大変だろうなあ‥‥。

282004.jpg日本橋川から亀島川に入り、一周する形で亀島川水門をくぐろうとしたところ、ちょっとした事件が。鳩が溺れていたのです!

水を含んだ重そうな翼でバチャン、バチャンともがくさまは哀れで、早速ゴースターン。堰柱にぶつかりそうになるのをだましながら艇を寄せ、「ほら、こっちだよ」と声をかけながら両手で引き上げてやり、何とか水難救助に成功。写真は救難直後、放心状態の鳩さんです。

282005.jpg
よく見てみると、出血は止まっていましたが左の肩に怪我をしており、ぶるぶる震えてもいたので、乾いた古タオルのウェスで拭いてからくるんでやり、まずは保温。河上でカラスにでも襲われて“撃墜”され、落水したことでかえって捕食はまぬがれ、命だけは助かったのかも‥‥と想像。

体力を消耗していたせいか、身じろぎもせず包まれていたものの、行き足を上げるとしきりにもがくので、エンジンの音や振動が怖いのだろうと速度をしぼったところ、おとなしくなりました。鳩さんをいたわるため、スローでの帰港であります。

帰港してから、さてどうしよう、しばらく家で保護した方がいいかしら‥‥と考えながら片付けていたら、羽毛が乾いてふっくらとし、体力も回復してきたのか、全力で暴れ始めたのです。

せっかく助けたのに、また落水したら元も子もありません。心配ではありましたが、暴れる鳩をなだめながら、木や下草の茂った公園の緑地まで連れて行ってやり、放鳥することに。意外としっかりした足取りで、草むらへ消えていったのを見送って、艇に戻ったのでありました。

(令和4年6月18日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 曙運河新月島川亀島川浚渫船浜前水門墨田川造船水辺の鳥たち

早起き近場散歩…7

(『早起き近場散歩…6』のつづき)

274031.jpgそろそろと歩かせてマリーナの奥、森田内燃機さん前の桟橋には‥‥好みど真ん中の無骨な曳船が。

星霜を感じさせる、ペンキを塗り重ねた肌の風合いが素敵。機械油の匂いが漂ってくるような"鉄の魅力"に惹かれて、少々近づきすぎたきらいはありますが、ぎりぎりまで間近に迫って、もう心ゆくまで堪能させていただきました。


274032.jpg
四隅を丸めたHゴムのハメコロシ窓と、角ばったアルミサッシというちぐはぐな操舵室の窓配置もさることながら、左手のご丁寧にヒサシと格子まで備えた、小さな丸窓が配されているのも泣かせるものが。

甲板や舷側の黒だけでなく、水線の船艇色も褪色が進んで、年季の入り方が半端ではありません。操舵室側面に掲げられた船名板も、元はニス塗りか何かだったのでしょうが、辛うじて判読できる程度に。名前は「十五三宝丸」でしょうか。

274033.jpg
後付け装備や電線で賑やかな、エンジンケーシング周りの味わい。左端、なぜか緑に塗られた操舵室後妻はHゴムのハメコロシ窓。ファンネルマークがないのは惜しい気がするものの、オレンジの煙突は紅一点といった風で映えますね。

丸めた上端に沿って鎖のハンドレールが渡され、側面には二つのヒサシ付き丸窓、なぜかこちらは格子なし。三菱のロゴ入りステッカーは、この無骨なディテールの中で浮いていますが、ご愛敬といったところ。

274034.jpg
この船尾から眺めた角度が、情報量が圧縮されたこともあってか、感動が実に深いものでした。

以前見た大正末建造の保存曳船「第一芝浦丸」同様の、鎖で縛着した円筒形ゴムフェンダーをまとった船尾周りのたたずまい。そのまろやかな曲面とともに、古典的な滋味にあふれているじゃないですか。大した面積のない後妻へ、律儀に丸窓がうがたれているのもぐっと来ますね。

274035.jpg今年7月22日以来となりましたが、新月島川通航時のルーチン(?)であるバージ観察を。今回は干潮時でないので、ホールドの中はのぞけませんでした。

今さらの感想で恐縮ですが、水線付近の腐朽がただごとではないのですね。船首近くには大きな穴が‥‥。まあ、左舷を浅場に軽く擱座させているようなので、浸水したとしても大ごとにはならないでしょうが。

(令和3年11月14日撮影)

(『早起き近場散歩…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新月島川曳船