fc2ブログ

令和2年度川走り納め…6

(『令和2年度川走り納め…5』のつづき)

260026.jpg
10年ぶりの新大場川水門。扉体は褪色が進みハケ目が目立ってきましたが、叢雲の流れる冬空をバックに、変わらぬ威容を見せてくれました。右径間の向こうに、点々と竿が立てられているのを見ると、南側は以前同様浅いみたいですね。

260027.jpg水門の対岸にある、垳川排水機場と樋門を一枚。「垳」の字にわざわざ「がけ」とルビを振ってあることでもわかるように、「垳」はご当地の地名にしか使われていない、珍しい字なんだそう。

東西とも水の行き来のみで、通航はできない閉塞河川ですが、河道の形は乱流していたいにしえの姿を思い起こさせ、個性的な名前とともに、訪ねるたび目を向けてしまうのです。

260028.jpgこちらもお久しぶり、三愛石油の東京オイルターミナル。独航艀たちの目的地で、石油製品の荷役をするための桟橋と油槽が設けられています。「第八富士宮丸」はすでに着桟し、もう一隻荷役中の船も見えます。

企業情報 沿革」(三愛石油)にありますが、この東京オイルターミナル、開設は平成10年11月と、川の荷役施設としては若い部類。この部分でも興味が注がれるわけです。

260029.jpg
いったん上流へ航過してから転回し、荷役中の2隻をスナップ。右手奥、堤防の向こうにロゴをあしらった油槽群が見えますね。

右、上流側にもやうのは「第十一福祐丸」。左の「第八富士宮丸」とくらべると、荷役も進んだのか、だいぶ乾舷が高くなっているのがわかります。

260030.jpg
「第十一福祐丸」をほぼ正横から。実にこの日、6隻目の独航艀。生きた河川舟運を目の当たりにできた嬉しさとともに、三愛石油の盛業ぶりを実感したものでした。
何しろ、舟運以外の代替手段がなく、結果的に細々と命永らえたような「生き残り」でない、平成に入って新設された、若い河川航路ですから、輻輳ぶりもうなずけようというものです。

繋留、蛇管の接続と安全確認が終われば、荷役はポンプアップですから乗り組みさんはしばし休憩できるのでしょう、船上はのんびりムードですね。
撮影地点のMapion地図

(令和2年12月29日撮影)

(『花畑運河再訪…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川 独航艀 新大場川水門

最強可航河川・中川散歩…2

(『最強可航河川・中川散歩…1』のつづき)

30021.jpg屈曲区間を抜けて、中流部に入り北上開始。写真は中川橋、低い土手と広い空を楽しみながらの遡上です。

気になったのは、どういうわけだか魚探がまったく効かず、測深ができないこと。細かい気泡が多く含まれているとか、水質の問題でしょうか。中上流部については、比較的水深が安定している中川ですから、そんなに不安はありませんでしたが、帰途は潮位が低い時間帯にあたるため、浅瀬の多い屈曲区間ではちょっと心配です。

30022.jpg
花畑運河の入口、六ツ木水門の前まで来ました。(過去ログ『花畑運河を走る…1』ほか参照)

電光掲示板の水位表示は、1.3m。余裕で橋をかわして通れる水位で、「おいで、おいで、楽しいよ!」と誘われているようにすら感じられたのですが、この日はなるべく上流まで行ってみたい気持ちがあったので、誘惑を振り切って通過しました。

30023.jpgこちらもお久しぶりの新大場川水門。お変わりないようで何よりです。

大場川は浅瀬の多い場所で、特に右径間のあたりはほとんど砂洲のはずですが、扉体についた汚れだけ見ると、結構水深があるように見えますね。増水時に閉鎖した時の水位でしょうか?

30024.jpg三愛石油・東京オイルターミナルの桟橋を眺めていると、下流から爆音を響かせて疾走して来たPWCの艇隊が、次々と追い越してゆきます。

このあたりは、トレーラー搬送のPWCに下架場所を提供してくれるマリーナも多いためでしょう、PWCのメッカと言ってもいいくらいの賑やかさ。中流部から上は完全に真水になるため、上架後のエンジンの水通しもしなくてよいのだとか。

30025.jpg過去ログ「中川…5」で訪れたときは、まだ工事中で仮橋が架かっていたここも、ついに橋が完成したようですね。もっとも、クルマや人の通行が見られなかったので、まだ道路としては竣工していないのかもしれません。

検索してみると、埼玉県HP「道路施設担当について」にある、県道松戸草加線の仮称・新中川橋というのが、これみたいですね。橋長600m、有効幅員22mとありました。
撮影地点のMapion地図

(22年5月4日撮影)

(『最強可航河川・中川散歩…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川 花畑運河 花畑川 大場川 六ツ木水門 新大場川水門