FC2ブログ

平成最後の川走り納め…11

(『平成最後の川走り納め…10』のつづき)

229051.jpgコンクリートの白い肌が、まだ若さを感じさせる三輪橋。バルコニーのラインや橋灯のデザインもお洒落ですね。あら、桁側面はハトさんがズラリ‥‥陽当たりがよいので、きっと暖かなのでしょうね。

下写真、細田橋は例によって人道橋併設の橋ですが、桁のみならず橋脚も汚れて、くたびれぶりは痛々しいほどですね。こちらも架け替えが近いのでしょうか。

229052.jpg

229053.jpg高砂諏訪橋をくぐったところで、中川本流との分流点に到達。左手に広大な流路と、青砥橋のシルエットが見えてきました。

ここから上平井橋までの蛇行区間は、浅瀬やガレ場が多く、よほど通り馴れていなければ緊張を強いられるところ。ただこの十年ほど、テラス化や護岸改良が盛んに行われ、浚渫など河道整備も進んだようですから、以前よりは随分ましになったはずです。

229054.jpg
とはいうものの、さっそく右手に意図不明のブイが数個出現したりして、不安をかき立てられるものが。ここは用心して魚探の感を確かめながら、微速でそろりと歩かせるとしましょう。久しぶりに通るので、沿岸の変化が観察できるのは楽しみではあります。
撮影地点のMapion地図

229055.jpg
護岸の工事は続いているようで、分流点から業務船の姿がいくつか見られたのですが、左手に見えたこれはコンクリート打設用らしい設備を載せた台船に、数隻の曳船がもやったもの。蛇行する河道の軸線が風向と合ったからでしょう、写真のように白波が立ち、陽光が乱反射する川面をゆっくりと下ります。

(30年12月30日撮影)

(『平成最後の川走り納め…12』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新中川 中川 曳船

平成最後の川走り納め…10

(『平成最後の川走り納め…9』のつづき)

229046.jpg

229047.jpgもう一つの中川放水路橋梁、こちらは新金線のそれに迫って一枚。光線の塩梅もよろしく、リベットがくっきり浮き出た構造美を堪能。

裏側もいいですね。新金線は単線の貨物線ですが、ご覧のとおり用地は複線分確保されているようで、上流側に同じ形の橋脚のみが建てられていました。


229048.jpgおお、また錆色の仮橋が。ここは八剱橋(やつるぎばし)があったところです。

以前通ったときは、そんなに古い橋と思えなかったのですが、もう架け替えなのですね。人道橋が車道橋と別に併設されていたので、1本にまとめるということでしょうか。


229049.jpg
下流側にいたクレーン船にもやう曳船、「東庄丸871」に惹かれて。機械室の後ろに操舵室を配した端正な姿。船名の抜き文字がつくる陰翳が素敵。黒い船体色は引き締まった感じで、手入れも行き届いておりいい雰囲気でした。

229050.jpg
旧八剱橋の橋脚と橋台が、まだ撤去されずに残っていました。こちらは車道橋の橋脚でしょう。「東庄丸871」の写真の左にも、切断された車道橋の桁と、人道橋の橋台周りが見えますね。次に訪れたときには、どんな橋が架かっているでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『平成最後の川走り納め…11』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新中川 曳船 橋の裏側

平成最後の川走り納め…9

(『平成最後の川走り納め…8』のつづき)

229041.jpgクレーン船のすぐ上流にあった、松本橋の仮橋。むらなく錆びた鋼材の桁と、高欄の白さが対照的です。仮橋とはいえ街灯も備え、自転車が盛んに渡っており交通量は少なくありません。

旧橋はすでに橋脚、橋台とも撤去され跡形もなく、強い風が吹いたらゆらゆら揺れそうな、細身の仮橋のみが頼りなげに架かっている、といった風情でした。

229042.jpg
小岩大橋はリベット組みに加えて桁幅もあり、ギリギリまで迫ってから眺める持ち送りズラリの物量もあって、重厚な印象。スラブの小口にはタイルも貼ってあるのですね。

ええ、何ていうんでしょう、肌色というかピンクというか、この塗色がいかにも昔の鋼橋という感じがして、嫌いではないんですよね。

229043.jpg
そして辰巳新橋。明和橋、大杉橋と並ぶ新中川の重鎮(?)で、空が抜けていることも手伝い、まあ魅力的な表情。近づいてから仰いだ様子も素敵だったので、1月1日からのタイトルに掲げさせていただきました。

229044.jpg

229045.jpg長さがいい塩梅で惹かれるトラス、総武線中川放水路橋梁。ちょうど向こうを快速電車が通過してゆきました。

さらに進むと、上一色橋の下流でみたびのクレーン船が出現。今度も橋の改架工事と思っていたら、手前の台船にコンクリートスラブらしきものを載せているのが見えました。どうやら、堤防の法面を整備する工事のようですね。
撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『平成最後の川走り納め…10』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新中川 クレーン船

平成最後の川走り納め…8

(『平成最後の川走り納め…7』のつづき)

229036.jpg首都高をくぐり、新椿橋から見た上流側の水面は、一変したといっても大げさではありませんでした。まあ、この流路幅にしては、意外なほどの波立ちです。

写真が不鮮明で恐縮ですが、波長は短いもののうねりがあり、波頭は砕けて、一部に白波が立っているほど。新中川は西へ緩やかに曲がっているので、風向と河道がぴったり合致した結果、この荒れ模様になったのではと推測。

229037.jpg
繋留場も断続していることから、行き足はもとよりしぼりがちにしていたのですが、これではさらに徐航せざるをえません。それでも、ズシン、ズシンという衝撃とともに盛大にしぶきが上がり、フロントグラスはたちまち白くなってゆきました。

229038.jpg
斜張橋、大杉橋を見上げて。初めて新中川を通ったときから、どこか惹かれるところのある橋でしたが、冬の青空をバックに近づいて仰いでみると、大げさでなく神々しいほどでした!

剣を思わせる鋭いエッジの主塔が陽光を浴びて輝き、天端から降り注ぐような放射型ワイヤーのグリーンも美しく、舵を握りながらほれぼれと見上げたものです。

229039.jpg新中川の「標準型」たる鋼鈑桁橋、鹿本橋。橋脚のアーチ状にくり抜いたデザインも、時代を感じさせて良いですね。

その向こうに見える鹿骨新橋は、橋脚ごとに路面から下がったバルコニーを持つ眺望重視タイプといってよいもの。ううん、水深に不安がなく、沿岸も割と単調(失礼)なので、やはり「橋づくし」になってしまうなあ。

229040.jpg
西岸にクレーン船が現れました。側面に港興業の社名が入り、船名はわかりません。このすぐ上流、松本橋の改架工事に出動したのでしょう。
撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『平成最後の川走り納め…9』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新中川 クレーン船

平成最後の川走り納め…7

(『平成最後の川走り納め…6』のつづき)

229031.jpg
新今井橋を振り返ると、上流側に瑞穂大橋同様の横断幕があり、橋が停止線代わりになっていました。残り5径間、工事の先は長そうですね。

229032.jpg持ち送りズラリが魅力的な瑞江大橋。川に対してほぼ45°の角度で渡っているため延長があり、当然持ち送りの数も多く、遠目に見てもよく目立ちます。

今井水門で防がれていた北西風が吹き付けるようになり、川面に立つさざ波も、それにともなって波高を増してきました。速度は落としていても、硬い衝撃が艇を襲ってくるように。

229033.jpg
そして新中川の顔役たる擬古典調、明和橋。抜けるような蒼穹をバックに、変わらぬ構造美を見せてくれました。

229034.jpg

229035.jpg春江橋の裏側。恐らく時期を同じくして整備されたのでしょう、鋼管むき出しの橋脚を備えた簡素な桁橋で、下流側に人道橋を併設。新中川ではよく見られるタイプです。

しかし、ますます風は強く、波もより硬質になってきました。上下流を新椿橋・南椿橋に挟まれた首都高小松川線の向こう、白波が立っているような‥‥?
撮影地点のMapion地図

(30年12月30日撮影)

(『平成最後の川走り納め…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新中川 橋の裏側