11月20日の川景色…10

(『11月20日の川景色…9』のつづき)

199066.jpg
テラス工事が進行中の横十間川のスナップを2枚。基礎と護岸ができた後は、場所によりますがしばらく土嚢を積んで、盛り土を締めている光景を目にすることができます。

こちらはよほど環境がよいのか、雑草や蔓が土嚢の上に生い茂って、黒と緑のストライプに。このまま放っておいたら、土嚢がすっかり隠れて、草の土手になってしまいそうですね。

199067.jpg
江東水上バスの忘れ形見である、上屋付きの船着場・亀戸乗船場も、いつの間にかテラスに取り込まれた形になっていました。

前進した護岸にもゴムのフェンダーが取り付けられていたので、引き続き船着場の機能は活かすようですが、このままだと、接岸した船と岸壁との間に、大きなすき間ができてしまうので、使い勝手としてはどうでしょう。旧来のフェンダーを撤去して、すき間をなくすなどの工事は、これから行われるのでしょうか。

199068.jpg猿江恩賜公園のあたりまで南下してくると、本村橋をえらい数の人が渡っているのが目に入りました。そのうちの多くは河畔の桟道へと降りて、ぞろぞろとこちらへ向かってきます。

う~ん、何かイベントがあったのかしら? と横目で見ながら通過していたら、ほとんどの人がスマホに目を落としながら歩いている‥‥。あ、「ポケモンGO」で、このあたりがイイ感じのスポットになったのかも。

199069.jpg
この日は珍しく閘門様から荒川に抜けず、再び扇橋閘門のお世話になって、感潮水域に戻ることに。

後扉が上がった直後、水しぶきのカーテンの向こうに見えたのは、カタマランの観光船2隻に、カヤックも数隻と結構な通航量。出てきた観光船のお客さんに、手を振りながら「行ってらっしゃ~い!」と声をかけたのはいいものの、2隻ともUターンして再度入閘。‥‥むう、ちょっと気恥ずかしいですのう。

199070.jpg後半は少し雲が多くなりましたが、秋らしい穏やかなお天気で、よい近場のお散歩でした。最後は運河の柵に憩う、羽づくろい中のトリさんたちの姿を。

この何年かで、写真の黒い鳥、オオバン君がえらく数が増えて、他の水鳥を圧倒しているような気がするんですが、実際はどうでしょう。どこか気の弱そうなしぐさが可愛らしく、夕暮れの川面でクォッ、クォッと聞こえる鳴き声も風情があって、好きな鳥ではあるのですが。

(28年11月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 横十間川 小名木川 砂町運河 江東内部河川 水位低下化河川 扇橋閘門 閘門 水辺の鳥たち

11月20日の川景色…4

(『11月20日の川景色…3』のつづき)

199036.jpg
閘程8尺超ともなれば、例によってやってみたくなるのが人情。
使用前。

199037.jpg
使用後。

あっ、左手、扇橋河川公園の紅葉もキレイ。もっとも、閘門にすべての意識を吸い取られて、気づいたのは写真を見てからというお粗末であります。

199038.jpg側壁の湛水線もはるか頭上に去り、フェンダーは進入時の姿がウソのように長々と伸び、天端は見上げるばかり。閘程をしみじみと実感するひとときであります。

何分オープンボートとくれば、扉体からの雨降り(洗浄水もありますが)が少し落ち着いてからでないと、船頭が無類の閘門好きとはいえ、やはりツラいものがあり。後扉が開け放たれたからといって、横っ跳びに壁を蹴って出閘するわけではありません。周りを見回す余裕はあるわけです。

199039.jpg
平成のはじめ、江戸川閘門を初通航して以来、開け放たれた扉体から外界がのぞける一瞬は、何度体験しても感動的です。

後扉からの滴が、水面につくる一本の線が、まるで水位低下化区間のスタートラインのよう。今日も一回り、楽しませていただきましょう!

199040.jpgそういえば、こちら側からはあまり撮ったことがなかったなあ‥‥と、くぐる直前に仰いで一枚。扇橋閘門を出て二本目の橋、都道465号線四ツ目通りを渡す、小名木川橋。

桁側面に「減速区域」を示す標識が掲げられ、その下に補助標識として「手こぎ優先」の文言が。カヤックやレガッタ、ドラゴンボートといった櫂漕艇の往来が少なくない、水位低下化河川らしい注意喚起といえるでしょう。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 扇橋閘門 閘門 小名木川 江東内部河川 水位低下化河川

11月20日の川景色…3

(『11月20日の川景色…2』のつづき)

199031.jpg工事が続く新小名木川水門をくぐり、さて、両岸の桜並木の紅葉は‥‥と目をやると、残念、一足遅かったようです。

春の開花が、川筋によって大きく差があるのと同様で、近いようでも一方では見ごろといってよい真っ盛り、此方はほとんど落葉して枝が透けるばかりと、まるで時間が早く進んでいるようです。


199032.jpgとはいうものの、高潮位の枝川をゆくだけでもう、どこかそわそわするほど気分が盛り上がっているのですから、安上がりではあります。

マストを立てたままでもクリアできるとはいうものの、桁下は低く迫り、微速の爆音をも頭上間近に反響させて、もうイイ感じ。それがリベットびっしりの復興橋とくれば、なおさら上機嫌です。


199033.jpg
真っ直ぐな小名木川を東へ直進すれば、いわずと知れた扇橋閘門に到着。閘門というだけでも嬉しいのに、前扉を開けて待ってくれているのが、また嬉しさを倍加させます。塗り替えて間がないこともあり、朱の扉体も鮮やか。

閘室の中まで、まるで水あめか菜種油のような、とろりとした水面が続いていて、前扉と後扉を水鏡に映しています。いつもながらこういう水面って、引き波で乱すのがもったいなくなるような気持ちにさせられるんですよね。

199034.jpg
はい、毎度同じような感想で恐縮です、とあらかじめ。「もんぴ君」のあしらわれた水位尺を見やれば、A.P.+150㎝超とヤル気満々(意味不明)! 

水位低下分A.P.-1mを加味すれば閘程実に250㎝、メートルに直すと2.5m! もうセンチでもメートルでもどっちでもよいのでござんすが、つまり水位差が堪能できるのは素晴らしいといいたい。いいたい。

199035.jpg
いつものとおりアナウンスがあり、いつものとおりボートフックで艇を引き寄せながら、いつものとおり下がりゆく前扉を眺め、排水に備えるこのひととき。いや、よござんすねえ。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 江東内部河川 扇橋閘門 閘門

1月21日の川景色…4

(『1月21日の川景色…3』のつづき)

187016.jpg

187017.jpg帰路、久しぶりにクローバー橋にカメラを向けてみたところ、曇り空が玉にキズながら、ドンピシャリ真ん中から仰げていい気分。ここから西側はテラス化工事もすっかり終わり、東京製粉が廃業されたこともあって船影もなく、きれいにはなったものの、ちょっと寂しい風景ではありました。

そして扇橋閘門に再進入、水位低下化区間を出ます。後扉を開けていてくれたので、傘をさすこともなく通れるのは嬉しいところ。

187018.jpg
小名木川を西航すると、雲も切れて再び晴天がもどってきました。高橋の東側で、コンベア清掃船「建河清第7号」を追い越しての一枚。なぜか高橋船着場ギリギリに寄せて微速航行中、大物のゴミでも浮いていたのかな?

187019.jpg

187020.jpg新小名木川水門、2番・3番のゲートが降りて、巻上機室には足場がかかり工事中。管理橋の上を作業員の方々が忙しそうに行き来しています。

開いている1番径間をくぐった向こう、テラス予定地の基礎上にも何やら足場が。水門関連か、それともいよいよテラスの仕上げかしら。日当たりが良いのか、立派なミカンがたわわに実っているのも気になりますね。普段、ミカンなどほとんど食べないのに、こういうときに限って、妙にウマそうに見えてしまうのはなぜでしょう?
撮影地点のMapion地図

(28年1月21日撮影)

(『1月21日の川景色…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 扇橋閘門 新小名木川水門 閘門 清掃船 江東内部河川 水位低下化河川

1月21日の川景色…1

187001.jpg1月21日、近場をめぐった道々に出会ったものを。平日とあって、また日ごろの行いがよいのか(うそ)、休日ではなかなかお目にかかれないシーンに次々と出くわすことができ、楽しい水路行となりました。なぜ平日出港したのかは、後日改めて‥‥。

砂町運河を西進、曙運河・曙北運河との十字流まで来ると、南側に浚渫船団を発見。「汐浜運河の浚渫船団」で見かけたそれと似ています。ここでは横目で眺めるにとどめ、先を急ぐので減速しつつ通過。

187002.jpg六叉流の広大な水面には、宇部の岸壁でよく見かける、緑の独行艀「第五豊和丸」が漂泊中でした。

接岸待ちでしょうか、船首を北に向けて、乾舷ぎりぎりまで喫水を沈め、いかにも満載状態といった感じ。この水面が待機場所になっているのでしょうか、ここで出会うのはもちろん初めてです。ということは、宇部の岸壁に荷役中の船が一隻いるはず‥‥。


187003.jpg
確かに荷役中の独行艀が‥‥いや、それより新しいクレーンができている!

一昨年9月、「宇部のクレーンが…」では、トラス構造の素晴らしかった旧クレーンが消えたのを知り、意気消沈したものです。まさか、同じ場所に新設されるとは思ってもみなかったので、驚き、かつ嬉しくなったのでした(何度か近くを通っているのに、建造中の様子に全く気付いていないあたり)。ダブルリンク式引込みクレーン、まだ真新しいブルーのジブがきれいですね。

187004.jpg
場所はだいぶ飛びますが、小名木川の水位低下化区間に入りました。扇橋閘門前で少し待ち時間ができたので、ときどき前進・後進にかけ、チョイチョイと蹴飛ばしながら漂泊していると、東から都建設局のコンベア清掃船が登場。

船名は「第二みどり丸」、担当水域の作業はもう終わったのでしょう、船上の乗り組みさんものんびりムード。既報のとおり、閘門様が3月25日まで通航できないため、水位低下化水域の作業を終えても、扇橋閘門に戻ってこざるを得ないのです。

187005.jpg
清掃船のお出ましとなれば、閘門もさっそく通閘の準備を始め、豪快な排水シーンを見せてくれました。いつもながらレスポンスの速さには感心します。

朝は爽やかに晴れていたのに、だいぶ雲が多くなってきました。まだまだ平日ならではの風景が楽しめそうですが、天気の方は大丈夫でしょうか。
撮影地点のMapion地図

(28年1月21日撮影)

(『1月21日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 東雲運河 小名木川 江東内部河川 水位低下化河川 清掃船 独航艀 扇橋閘門 閘門