8月13日の川景色…2

(『8月13日の川景色…1』のつづき)

209086.jpg
道々の落ち穂拾い、つづき。おなじみ羽田可動橋の北側桁を一枚。色褪せた側面が、雲の多い空に埋もれがちでいま一つでしたが、長らく使われていない割には、表面に錆が流れているとか、塗装が剥離しているなどの痛々しさがあまりなく、不思議なところではあります。

209087.jpg
連結面(?)のアップ。見たところ、枠の上にある3つの装置から、油圧で棒が突き出してロックする機構のようですね。下に点検用らしいマンホールや、ランボードも見えます。

フェンスや防音壁など相応に古びてはいるものの、海に近く、潮風にさらされるご当地だけに、あまり傷みが見られないのはなぜでしょう。定期的に最低限の手入れはされているのでしょうか。

209088.jpg平和島運河に入り、呑川水門の見えるあたりまで来ると‥‥。あらら、しばらく訪ねなかったら、えらい変わりようですね。

左右に鋼矢板で防波堤(?)を作った中に、繋留杭が打たれて桟橋も備えられ、暫定繋留施設のようなものができていました。



209089.jpg
繋留施設は水門の正面を塞ぐように設けられ、出入りができないとはいわないまでも、近づきがたい印象に。

水門の右側、「防潮堤工事中につき‥‥」なる横断幕が掲げられ、水門の中もなるほど工事中の雰囲気。鋼矢板の防波堤が、いかにもとってつけたような、仮設らしい感じだったことから、工事中のみ中にいた繋留艇を外に出した、というように見受けましたが、どうなんでしょう。それともいよいよ、水路が埋め立てられて、水門も廃止されるのかしら?

209090.jpgお隣の貴船水門前にも、同様の繋留施設が設けられていました。ただ、水門内の工事は終わっているようで、白い肌のコンクリート堤防と、繋留艇の姿も見えましたから、埋め立てるというわけではなさそう‥‥。

先ほど訪ねた南前堀と同じ伝で、水門内の防潮堤を増高・強化し、万が一水門が閉鎖できないときも、内水の堤防が高潮を食い止めるようにする、というパターンのようですね。
撮影地点のMapion地図

‥‥と一人合点して、すっかり安心していたら、帰宅後に冷や水を浴びせかけるようなPDFを発見してしまいました!
東京港の津波・高潮対策について 質疑」(鈴木晶雅前都議会議員HPより)

いわゆる『港南4水門』は、背後の水域が行き止まりで、開閉操作を伴う水門を存続させる必要性が薄れており、新たな整備計画では、4水門を廃止し防潮堤を整備していくこととしている。

詳しくはリンク先をお読みいただきたいのですが、ええと、水門だけ廃止して、内水の防潮堤を高める‥‥という意味でいいんですよね? 水路を埋め立てて、完全消滅させるということではないですよね? 

いや、残念なことには変わりないですが、ヒヤリとしたいうか、ちょっと安心したというか。というわけで、羽田周辺で独特の魅力を醸し出していた、港湾局管轄下の小水門群、お別れのときが近づいてきたようです。

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 海老取運河 平和島運河 羽田可動橋 呑川水門 貴船水門

8月13日のトリさん

(『源森川水門、竣工間近』のつづき)

8月13日の散策で、道々見たもろもろを以下に垂れ流します、お目汚しまで。まずは久しぶりにトリづくしとまいりましょう。

209076.jpg

209077.jpg平和島運河の干潟水路、モノレールが河底トンネルにもぐってゆくケーソンの周りには、コンクリートの防護杭が並んでいます。その1本1本に1羽づつ、水鳥たちがちょんちょんと乗っているのですから、そりゃもうトリ好きとしてはカメラを向けたくなるというもの。

上のアオサギ君のように、飄々と立っているのも佳し、カモメ君のようにまったりツブれるのも佳し。

209078.jpg
使われなくなって久しい羽田可動橋のフェンスは、鵜さんの社交場。クルマも人も通らぬ道端は格好のくつろぎ空間となり、安心してボリボリ羽づくろいする姿も見られました。

209079.jpg
今年はついに、鴨のヒヨコ艦隊に出会わず終わってしまいそう‥‥と思っていたら、今回何とか一つの群れを発見することができました。

もっとも、ポヤポヤの小さなヒヨコたちではなく、親とさして変わらないくらい成長した、若鳥といってもよいサイズのもの。オカの鳥でいったら、巣立ち雛というところでしょうか。それでも、まだ甘えん坊な雛の雰囲気を残しており、可愛らしいものでした。

209080.jpg東雲北運河の北端、京葉線の高架下にある朽ちた丸太の桟橋は、近所の水鳥の休憩所になっているのですが、何度かカメラを向けても、決まってピントが合わない場所でもありました。

今回も鵜たちがびろ~んと羽を広げて乾かしたり、鴨たちがツブれているところを見て吸い寄せられ、カメラを向けたものの‥‥結果はご覧のとおり。ううう(鵜だけに)。

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の川景色…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 水辺の鳥たち 平和島運河 東雲北運河 砂町運河 海老取運河

3月4日の川景色…2

(『3月4日の川景色…1』のつづき)

147006.jpg干潟水路のある南から、昭和島と大森の間、平和島運河に入りました。すっかり面目を一新し、グリーンに塗り上げられた大森避難橋(過去ログ『昭和島をめぐる…3』参照)の向こう、ここも何やら工事中の気配。

近づいてみると、橋の北側から「大森ふるさとの浜辺公園」の対岸に至る昭和島の水辺を、「羽田周辺の船溜めぐり…5」で見たものと同様、石積みの法面護岸に改修しているようです。見た目の柔らかさはもとより、引き波の消波効果も期待できて、一石二鳥といったころでしょう。
撮影地点のMapion地図

147007.jpg

147008.jpg

147009.jpgふたたび京浜運河に入り北上中、清掃船「第三清海丸」と出会いました。一昨年、「9月9日のフネブネ…1」で、旧綾瀬川の伊沢造船に上架中の姿を見かけましたが、相変わらず元気そうです。

高浜運河、海洋大品川キャンパスの西には、木の肌も新しい繋船杭や桟橋を並べて、船宿の船溜が新設されていました。しばらく通っていなかったので、風景が一変した思い。このあたり、テラス護岸の凹部があって、何かいわくありげだと思っていたら、こういうことだったのですね。

147010.jpg
京浜運河北口で変針、第一航路を横断しようとすると、はるか向こうにプレーニングで飛ばしてゆく艇が。あっ、湾岸署警備艇部隊のフラッグシップ、「ふじ」だ! 

航行中の姿を見るのは、これが初めてかも。最大の艇とあって、島嶼部まで守備範囲にしているそうですが、この日はどちらへ出動したのでしょうか?


(26年3月4日撮影)

(『3月4日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平和島運河 京浜運河 高浜運河 東京港 清掃船 警備艇

11月1日の運河風景…2

(『11月1日の運河風景…1』のつづき)

137006.jpg曳船がほぼ正横に来たところで一枚。チョコレート色に塗り上げられた船体が珍しく、船長は天蓋から身を乗り出して、後ろに続くクレーン船を注視していました。船名は「兄弟丸」。

クレーン船、二基搭載の結構な大型…と思ったら、2隻を背中合わせに繋いであるようですね。ジブをすでに上げているところから見ると、橋のある京浜運河には入らず、干潟の澪筋をぐるりと4分の3周し、京浜南運河から港内へ出るのかもしれません。

137007.jpg

137008.jpg海老取運河に入ると、羽田水上派出所の桟橋にエンジンをかけた警備艇「あじさい」と、乗り組みの警察官の姿が。塗り替えたばかりなのでしょう、艇の赤い船底色と白い船体のコントラストが美しく、目に沁みるよう。

休日なら、艇こそもやっていても、人影なく静まり返っているのが普通ですが、これも平日ならでは、生き生きと活動する水上派出所の姿を目にすることができました。


137009.jpg
デッドスローで海老取川に入り、空港間近とは思えない静けさを堪能しながら、稲荷橋を振り返って一枚。

秋の低い陽射しに照らされた、オレンジ色の桁がきれい。このタイプの橋脚を持つ橋も、都内の可航水路ではだんだん見られなくなってきました。
撮影地点のMapion地図

137010.jpg例のごとく海老取川澪筋をうねって抜け、多摩川本流へ出てしばらく下るわけですが、川崎側に横たわる浅瀬を示す澪標の列、ご覧のとおりその大半がちびてしまっており、遠目にはほとんど視認できないものもあって、まあ、その怖いことったら。

もちろん微速で、エンジンは半ばチルトアップし、魚探の感とGPSのログを、交互ににらみながらのそろそろ歩き。何度も通って、なじんでいればこそ何とかだませるものの、初めての艇が通ったら、座洲をしかねないでしょう。海老取川澪筋のように、恒久的な航路標識の整備(過去ログ『海老取川澪筋に灯標新設』参照)が望まれるところではあります。


(25年11月1日撮影)

(『11月1日の運河風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平和島運河 海老取運河 海老取川 多摩川 曳船 台船 水上派出所

11月1日の運河風景…1

137001.jpg11月1日はお休みをいただいて、ふたたびの横浜行きとなりました。前回に懲りて海路は避け、手堅く内水路ロングランコースで、おなじみの運河・川づたいに横浜を目指します。

今回お付き合いいただいたのは、船頭が公私ともにお世話になっているM艇長。往路東京側はM艇長に舵をお願いし、穏やかな秋晴れの下もやいを解き、東雲水門を通って南下開始。道々の運河風景をスナップしつつまいりましょう。

137002.jpg第一航路を横断し、京浜運河に入ろうと品川埠頭北端をかすめたところ、住友大阪セメントの岸壁で本船が荷役中でした。

写真ではよくわからないかもしれませんが、円筒形のバランスウェイトがついたアンローダーが、ホールドの中に深々と差し込まれ、もりもりと荷揚げをしています。平日ならではの見ものですね。



137003.jpg
その西側、湾岸署別館前の警備艇溜。手前二隻の小型警備艇、「あじさい」「だいば」が排気煙を上げて、出港準備中。これから水路巡邏に向かうのでしょうか、ご苦労さまです!

137004.jpg
大井埠頭の区間に入ったところで、周囲に誰もいなくなったのを見計らい、ぐっとスロットルを倒してもらいました。

舵は1級免許保持者のM艇長におまかせしているとあって、安心しきって写真撮り放題。低い目線でウェーキをねらい、普段に倍するスピード感を味わうなど、甘えさせていただきました。

137005.jpg昭和島南方、平和島運河の干潟区間に出て、ブイを90°曲がったところで曳船が出現。羽田可動橋の上からジブを突き出すほどの、大きなクレーンを載せた台船を曳いています。

おおお、これは結構デカいですね、などと話し合いながら、艇を杭列ギリギリまで寄せ、重々しい爆音とともに迫りくる二隻を避航。澪筋の可航幅が、ちょっと足りなく思えるような大きさです。
撮影地点のMapion地図

(25年11月1日撮影)

(『11月1日の運河風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 京浜運河 平和島運河 曳船 台船 警備艇 東雲水門