5月1日の江戸川…1

(『新砂水門の工事拝見…2』のつづき)

191011.jpg
旧江戸川の道々のことはひとまず置いて、江戸川閘門のゲートが開くところから。閘室から、広大な高水敷と川面をのぞいたときの解放感、初めて訪ねたときと変わらない、この感じは何とも嬉しくなります。

191012.jpg何しろ、「江戸川閘門のディテール…4」や「国府台に魅せられて」でも触れたように、国府台を洗う川景色と、江戸川本流の駘蕩たる雰囲気を味わいたくて、久しぶりに訪ねてきたのですから。

京葉道路・江戸川大橋の朱色の桁をくぐるだけで、心躍るものが。ここ数年、閘門を通ってきても、この線から上流に出ることはめったにありませんでしたから、大げさでなく感慨がありました。

191013.jpg

191014.jpgいや~、いいですねえ! 広大な流路を誇っているにもかかわらず、どこか優しさのある川面の感触。右手にはブイが点々と設けられ、教習艇の練習水面になっているので、徐航しつつまろやかな水面を堪能。

最初の屈曲を回り込み、右手に大型船着場・市川リバーステーションを望むところまで来ると、何やら人だかりが。消防署のクルマが2台いるところを見ると、防災訓練でもあるのかしら。

191015.jpg
轟々と響く列車通過の音が頭上に近づけば、総武線江戸川橋梁をはじめとするトラス橋連続区間。靄にかすむ静穏な好天、汽水域とは違った真水の匂いが鼻をくすぐり、機嫌の悪かろうはずなし。江戸川らしい風景を存分に楽しめそうです。
撮影地点のMapion地図

(28年5月1日撮影)

(『5月1日の江戸川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 江戸川 江戸川閘門 閘門 市川船着場

江戸川散歩…1

(『江戸川閘門スナップ』のつづき)

7039.jpg江戸川本流に入り、行徳可動堰前で投錨して、お昼にしました。エンジンを止めると、鳥のさえずる声と、おだやかな風の音のみ、眠くなるような昼下がりです。

堰柱がまるで艦橋のようにいかつい、「川の巡洋艦戦隊」行徳可動堰も、浮雲が流れる青空の下で、昼寝を楽しんでいる風情でした。

7040.jpg用足しの約束まで、まだだいぶ時間があるので、江戸川を少し遡上して、軽くお散歩してみることにしました。写真は京葉道路、江戸川大橋。

写真右手に、この橋をはさんで上流側が市川マリーナ、下流側に東京パワーボートセンターと、二つのプレジャーボート基地があるため、江戸川閘門は都内の三閘門のうち、もっとも運転頻度の高い閘門となっているのです。
撮影地点のMapion地図

7041.jpg江戸川大橋上流の風景。本流を遡上するのは、本当に久しぶりだったのですが、清々しい川景色と、水面の柔らかさは相変わらずで、何か故郷へ帰ってきたような安堵感がありました。

とは言え、優しげな川景色とはうらはらに、上れば上るほど浅瀬や砂洲が多くなり、航路としては荒廃した状態になっていることは、過去に何度かお話したとおり。(初期の江戸川航行については、『水路をゆく 過去ログ』参照)
関宿を越えて、あるいは利根運河を介して利根川に接続し、栗橋や遠く銚子まで至った、かつての大水運時代の面影はもはやなく、一面、巨大な「航路の廃墟」とも言えるのが、現在の江戸川なのです。

7042.jpg東岸は市川市大洲、北越製紙の工場が見えるあたりに、灯浮標で水面を四角く囲ったところがあるのを発見。

はて、以前はこのあたりに浅瀬はなかったはずですが…。新しく洲ができかけているのか、それとも、沈船でもあるのかしら?
ともあれ、ブイで囲うということは、何かがあるということ。充分避けて通りました。

7043.jpg河道がゆるく右へ屈曲する内側、青いビットを多数並べた、東屋の見える船着場は、市川リバーステーション。規模からして、水上バスタイプの大型船も接岸できそうな、固定岸壁です。

江戸川下流部西岸、東京側には、閘門から柴又までの短い区間に5ヵ所と、船着場が多いのですが、千葉県側はぐっと少なく、この市川と、松戸の2ヶ所です。
撮影地点のMapion地図

(21年6月7日撮影)

(『江戸川散歩…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 江戸川 行徳可動堰 市川船着場