堀川口防潮水門…3

(『堀川口防潮水門…2』のつづき)

206036.jpg
水門を正面にして、初めて見えたものもありました。ポンプ所の影に隠れていた、名古屋海上保安部の巡視艇基地が姿を現わしたのです。

マイタゲートの向こう、岸壁に切られた船溜の凹部に、たくさんの船艇がもやっていました。写真右、接岸している放水銃を備えた巡視艇は、PC23「あゆづき」。消防能力を強化した艇ですね。

206037.jpg5径間のうち、唯一のローラーゲートがこの「排水水門」。全開で水面からの高さがご覧の状態ですから、この径間の通船は考えられておらず、その名のとおりあくまで全閉時の排水を担う径間です。

水門の内外に水位差のある、水圧下での開閉が難しいマイタゲートは、どうしてもこのような「ひと手間」が必要になってしまうのは、致し方のないところ。今なら、セクターゲートで両者を兼ねさせることもできるでしょう。

206038.jpg
こうしてアップで眺めてみると、寄る辺のない水面にぽつりと孤立する姿は、寂しげな中にもどこか可笑しみがありますね。このゲートが真ん中に立っていることが、この水門に独特の魅力を醸し出しているように思えます。

206039.jpg
たびたび水門から離れてしまい、恐縮です。すぐ上流側の東岸に、こんな横堤があるのが目に入っていました。コンクリートの風化具合と、大きな木が生えてしまっていることから、使われなくなって長い時間が経ったことをうかがわせる、廃墟然とした雰囲気。気にならないはずはありません。

岸壁としては、防潮堤がそのまま岸から伸びて、基部を巻いているあたり、形がちょっと変。防波堤としても中途半端だし‥‥。先端の形からして、この先に桟橋でも伸びていたのかしら。

下写真、対岸である西側にも、気になる横堤が。こちらは半ば崩れているようでもあり、この横堤を挟んで、一つづつ橋台跡のようなものが見えるのも気になりました。う~ん、これは何かがかつて、ここにあった(あたりまえだ)痕跡のようですね。

206040.jpg帰宅後に検索してみて、まあびっくり。これは、旧港新橋の橋台跡だったのです! 先代橋は、私の好みど真ん中の、何と単葉式跳開橋! 写真は「堀川を行く4-宮の渡し跡~名古屋港」をご覧ください。

上記サイトによれば、昭和7年竣工とのこと。「当時の面影はありませんが、かろうじて 名残をとどめる橋脚の基礎が残っています」とあり、写真から判断して、東岸のものが跳開橋の橋台のようですね。いや、嬉しい余禄でした。

(29年5月3日撮影)

(『堀川口防潮水門…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 堀川口防潮水門 堀川 巡視艇

12月31日の運河風景

(『船橋港の水門と水路めぐり…16』のつづき)

200146.jpgおっと、積み残しがあった‥‥。しつこいですが、抜けるような青空と、風穏やかな冬の天候は、舟行きにとって宝物といっても、いい過ぎではありません。文字どおり、目に入るものすべてが輝いて、どの水路を通っても、曇りの日の数倍(当社比!)は素晴らしく見えるのですから。

というわけで、船橋探索の帰り道に眺めた、大晦日のフネやら橋やら、もろもろをまとめてみました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 東京港 東京ゲートブリッジ 辰巳水門 辰巳運河 東雲北運河 巡視艇 浚渫船

11月20日の川景色…1

(『イグアナ賛歌…4』のつづき)

199021.jpg

199022.jpg墨田川造船の艤装桟橋をのぞいてみると、「10月30日のフネブネ」で見たときとあまり変化はなく、巡視艇「あわぎり」と消防艇「ありあけ」がもやっていました。よく見ると「あわぎり」は船首にハンドレールが取り付けられており、艤装の進捗がうかがえます。

自転車が賑やかに往来するしおかぜ橋をくぐり、汐見運河をそのまま西進。静穏な好天の下、滑らかな水面は両岸の風景を映し、まことに快適な微速航行です。

199023.jpg汐見運河の西口付近、蛤橋にさしかかると、橋脚に足場をまとって工事中の様子。低い桁下高が、なおさら低く見えますね。

低いとはいっても、マストを立てたままくぐれる程度。この時点での推算潮位は、だいぶ高めの159㎝、桁下高はA.P.+3.8mと汐見運河最低橋とはいえ、歴戦のすり抜け経験を有する我が艇からすれば、ものの数ではありません(威張ってどうするか)。

199024.jpg
豊洲運河に出て面舵、さらに西へ。最近まで深川政府倉庫があり、現在は更地となっている一角、ぱらぱらとした感じながら木々が紅葉して、なかなかきれいですね。この様子なら、河畔の紅葉を拾って歩けそうです。

199025.jpg
隅田川派川に入ったところで、さっそくもう一つ。明治丸の山吹色のマストと、紅葉のコントラストに目を奪われました。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 東雲北運河 豊洲運河 巡視艇 消防艇 墨田川造船 明治丸

10月30日のフネブネ

197001.jpg今回の入渠は少し長引き、帰港は2週間後、10月30日に。往路同様、たまに小雨のぱらつく曇天で、ヤル気のそがれることおびただしいものがあったのですが、道々フネブネの姿を拾って楽しむことができました。

これも往路と同じく、2隻のPWCと江戸川閘門を通って下航開始。厚着をしてきたつもりでしたが、気温も思ったより低く、嫌でも帰路を急がざるをえません。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 旧江戸川 砂町運河 汐見運河 東雲北運河 江戸川閘門 独航艀 監視取締艇 巡視艇 消防艇 墨田川造船

27年度川走り納め…17

(『27年度川走り納め…16』のつづき)

186081.jpg最後に墨田川造船をのぞいて帰ろうと、汐見運河を少しうろついてから、東雲北運河へ。

久しく使われていないであろう、原木をつないだだけの桟橋が連なる前を微速で通過していると、羽を休めていたカワウ君たちがいっせいに伸びあがって、警戒態勢に入るのが見えました。黒一色だけかと思ったら、頭の白い子もいるんだなあ。


186082.jpg
さて、墨田川造船の様子は如何‥‥おお、二隻いますね! いずれも新造艇のようで、嬉しくなりました。

手前は「みやこ」、都章を掲げていること、放水銃を備えていることから、港湾局の監視船でしょう。高さを抑えた一層の甲板室、後部の広く取った作業甲板には、オーニングのフレームが取り付けられているのがわかります。

186083.jpg
トランサムは中央が切り欠かれ、スリップウェイとなっていました。港湾局の監視船は、たいてい油防除の装備をしているようですから、これもそのための設備ではないでしょうか。

妄想するに、オイルフェンスをスリップウェイからぞろぞろ繰り出すのかな‥‥。左舷に寄せて設けられた甲板上のユニックは、オイルフェンスの回収用でしょうか?

186084.jpg
いま一隻は、保安庁の巡視艇「さつかぜ」、20mタイプの「すずかぜ型」に見えますが、いかがでしょうか。間違っていたらごめんなさい。

CL01のハルナンバーを掲げているところからすると、新型艇かしら? ご存知の方、ご教示いただければ幸いです。

186085.jpg
ほぼ正横から。塗装して間もない船体が白く輝いて、新造艇らしい清々しさが感じられ、実によいものです。大晦日の川走り納めのシメにふさわしい、新造艇のいる運河風景を後に、大満足で帰港したのでした。
撮影地点のMapion地図

(27年12月31日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 東雲北運河 巡視艇 水辺の鳥たち 墨田川造船