4月29日の巡視艇

219001.jpg4月29日はぜひ艇上から見たいものがあって、短時間ですが鼻息も荒く出動してまいりました。まずは曙運河を南下、貯木場(今はクレーン船溜りですが)の柵が近づいたところで、舵を右へ。

運河南口角に昔から放置されている廃曳船、ちょうど干潮時とあって、船体まで露出していました。煙突など凸部はだいぶ崩壊したものの、甲板室はまだ原形を保っていますね。

219002.jpg
そして角を曲がり切ったところには、おなじみ墨田川造船の浮きドックと桟橋があります。

今日はどんな船がもやっているかな‥‥と楽しみにしていたら、おお、昨年11月26日に見かけたスリランカのハルナンバー501と、その向こうは3月28日に艤装中だった「いせゆき」でしょうか、2隻がもやっていました。

219003.jpg
2隻のサイドビューを。501、船橋構造の後ろに、天蓋つきのフライブリッジを設けたのですね。船体の線図は国内向けと略同のように思えますが、細かい艤装の違いにお国柄が現れるようで、興味をそそられます。

219004.jpg

219005.jpg「いせゆき」は、上構が生地のままなのは変わりませんでしたが、足場を組んでマストの組み立て中でした。形からして、折りたたむ構造にはなっていないようなので、橋や水門のないここでの艤装が必要なのでしょう。

一方は竣功すれば遠路スリランカへ運ばれるので、ここで2隻並ぶのも最初で最後。国籍は違えど兄弟船、心あらば、こもごも語り合っていることでしょうね。
撮影地点のMapion地図

(30年4月29日撮影)

(『クレーン船「富士」との再会…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河 巡視艇

駆け足お花見水路…2

(『駆け足お花見水路…1』のつづき)

218006.jpg作業中の曳船とお別れして左折、毎度おなじみ、イグアナクレーンにご挨拶。

古賀オール同様、平日となれば荷役風景が拝めるかもと期待したのですが、バージも曳船もおらず、イグアナ君も定位置のまま、ひっそりと静まり返っていました。そうだ、墨田川造船はどうだろう。新造船はいるかな?



218007.jpg
おお、いました! PC125「いせゆき」、進水からまだ間もないのか、船底塗料の朱も鮮やか。上部構造物もすべて生地のままで、午前中のさわやかな空気とあいまって、清新な雰囲気に満ちていました。

最高速度36kt以上を誇る韋駄天、「かがゆき型巡視艇」(Wikipedia『かがゆき型巡視艇』)の一隻なのですね。

218008.jpg

218009.jpg引っかかってばかりでしたが、少ない時間を割いて桜を見に来たのでした。汐見運河から平久川を北上し、平久橋東詰の一群でようやく初お花見。いいですねえ、咲き誇ってますねえ。

導入部たる大横川との変則十字流もご覧のとおり満開。右手にあるホテルの最上階から大横川を見下ろしたら、さぞ絶景でしょう。

218010.jpg
ああ‥‥イイ! この水面近くまで枝をさしかける、お花見水路・大横川ならではの素晴らしさ。

何分この1週間の急激な気温上昇で、満開が例年より大幅に前倒しとなり、週末には散ってしまうだろうといわれていましたから。たとえわずかな時間でも、来てよかったですわ‥‥。
撮影地点のMapion地図

(30年3月28日撮影)

(『駆け足お花見水路…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 東雲北運河 平久川 大横川 江東内部河川 イグアナクレーン 巡視艇

11月26日のフネブネ…1

214001.jpg11月19日のお話は少しお休みして、26日に入渠の道々、出会ったフネブネを紹介します。おなじみの顔ぶれから珍しい船まで、いくつか掲げて悦に入りたいと思います。

古賀オール前、バージ「第七高取丸」の船首をアップで。陽光を浴びて反射するブルワーク、光の加減で、少しやせ馬が目立つ舷側にも、ベテラン船なりの味がありますね。

214002.jpg曙北運河から左回りに、汐見運河経由で東雲北運河をのぞくと、京葉線の高架の向こう、墨田川造船の桟橋に艤装中の艇が!

巡視艇に似ていますが、どこか様子が違いますね。昨年6月に見たような、海外向けの沿岸警備隊船艇でしょうか。これはゼヒ拝見したいものです。


214003.jpg
予想どおり、海外向けの艇でした。ハルナンバー501、舷側には「SRI LANKA COAST GUARD」と大書きされています。スリランカ向けの巡視艇なのですね。

この表記を見て、スリランカが「スリ=ランカ」であったことを、初めて知り一つお利口になった気分。さておき、進水からさほど時間が経っていないのでしょう、船底塗料も鮮やか、ハルの白い塗装も輝かんばかり。ハルナンバー後ろのストライプも、異国情緒あふれてよいものです。

214004.jpg
船橋周りをアップで。生地のままの上部構造物、保護フィルムを貼ったままの舷窓と、艤装中らしい雰囲気満点。扉からダクトが出ているあたり、内部の塗装でもしているようですね。

214005.jpg
斜め後方から。ハイドロジェットのノズルが突き出すトランサムにも、「501」とハルナンバーが。艇名は特につけず、番号のみなのでしょうか。

検索すると、JICAのサイトに、昨年7月1日付けで「スリランカ向け無償資金協力贈与契約の締結:巡視艇の供与を通じ、海難救助、海上犯罪予防などの海上安全能力の強化を支援」という記事がありました。納入先はスリランカ沿岸警備庁、ODAの一環として供与される巡視艇は2隻。全長30m、約100t、27kt以上のスペックだそう。一月経ちましたし、そろそろ仕上げ・トライアルに入っているころでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(29年11月26日撮影)

(『11月26日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙北運河 東雲北運河 巡視艇

8月13日の巡視船艇

(『中防水路西口の様子』のつづき)

209041.jpg引き続き、道々のもろもろは飛ばして主だったモノを先に。中防水路を訪ねた後、第二航路を経由して左へ、13号地貯木場(今はクレーン船ほか業務船の船溜)を右に見て北上。

低く垂れ込める雲をバックに、グラブ式浚渫船を一枚。峰岸浚渫の「第二十八周宏丸」。「12月31日の運河風景」で紹介したときは土運船の影になっていましたが、今回はきれいに正横を撮れました。

209042.jpg
さて、お題の巡視船艇です。おなじみ辰巳埠頭東端にある、墨田川造船の浮きドックには、艤装中の巡視船がもやわれていました。ハルナンバーはPS34、「しぎら」。

小型とはいえ、巡視艇と違って船橋の高さがありますから、進水後にここまで引き出して甲板室を載せ、マストや空中線のたぐいを重ねてゆくのでしょう。

209043.jpg
後ろから見ると、2軸あるウォータージェットのノズルが目立ち、その太さから俊足であることがうかがわれます。

本船は「しもじ」型に属し、同タイプ全船が宮古島保安部に配備されるとのこと。遠く南方での厳しい任務が控えている就役前の姿を眺め、ご安航を祈らずにはおられませんでした。

209044.jpg
同日の午後、墨田川造船の本社の前を通ったところ、2隻の巡視艇が艤装中でした。PC41「しまぎり」と、PC42「みちなみ」。

「しまぎり」は甲板室の下塗りが済んだのか、側面のハッチをのぞきグレー一色です。「みちなみ」はまだ生地のままでした。

209045.jpg
同型2隻が並んで艤装しているところを目にすると、いかにも続々建造中という感じがして、頼もしく思えるものですね。「ことなみ」型に属し、墨田川造船ではすでに5隻を建造、就役させているとのこと。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の新砂水門』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 浚渫船 巡視船 巡視艇 東雲北運河 東京港

堀川口防潮水門…3

(『堀川口防潮水門…2』のつづき)

206036.jpg
水門を正面にして、初めて見えたものもありました。ポンプ所の影に隠れていた、名古屋海上保安部の巡視艇基地が姿を現わしたのです。

マイタゲートの向こう、岸壁に切られた船溜の凹部に、たくさんの船艇がもやっていました。写真右、接岸している放水銃を備えた巡視艇は、PC23「あゆづき」。消防能力を強化した艇ですね。

206037.jpg5径間のうち、唯一のローラーゲートがこの「排水水門」。全開で水面からの高さがご覧の状態ですから、この径間の通船は考えられておらず、その名のとおりあくまで全閉時の排水を担う径間です。

水門の内外に水位差のある、水圧下での開閉が難しいマイタゲートは、どうしてもこのような「ひと手間」が必要になってしまうのは、致し方のないところ。今なら、セクターゲートで両者を兼ねさせることもできるでしょう。

206038.jpg
こうしてアップで眺めてみると、寄る辺のない水面にぽつりと孤立する姿は、寂しげな中にもどこか可笑しみがありますね。このゲートが真ん中に立っていることが、この水門に独特の魅力を醸し出しているように思えます。

206039.jpg
たびたび水門から離れてしまい、恐縮です。すぐ上流側の東岸に、こんな横堤があるのが目に入っていました。コンクリートの風化具合と、大きな木が生えてしまっていることから、使われなくなって長い時間が経ったことをうかがわせる、廃墟然とした雰囲気。気にならないはずはありません。

岸壁としては、防潮堤がそのまま岸から伸びて、基部を巻いているあたり、形がちょっと変。防波堤としても中途半端だし‥‥。先端の形からして、この先に桟橋でも伸びていたのかしら。

下写真、対岸である西側にも、気になる横堤が。こちらは半ば崩れているようでもあり、この横堤を挟んで、一つづつ橋台跡のようなものが見えるのも気になりました。う~ん、これは何かがかつて、ここにあった(あたりまえだ)痕跡のようですね。

206040.jpg帰宅後に検索してみて、まあびっくり。これは、旧港新橋の橋台跡だったのです! 先代橋は、私の好みど真ん中の、何と単葉式跳開橋! 写真は「堀川を行く4-宮の渡し跡~名古屋港」をご覧ください。

上記サイトによれば、昭和7年竣工とのこと。「当時の面影はありませんが、かろうじて 名残をとどめる橋脚の基礎が残っています」とあり、写真から判断して、東岸のものが跳開橋の橋台のようですね。いや、嬉しい余禄でした。

(29年5月3日撮影)

(『堀川口防潮水門…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 堀川口防潮水門 堀川 巡視艇