FC2ブログ

10月27日のフネブネ…1

(『中防水路の新水門…2』のつづき)

240021.jpg新水門を訪ねた日、道々に出会ったフネブネの姿をまとめて。まずは中防に向かう前から。

辰巳埠頭、墨田川造船の浮きドック前に、二層の甲板室を持つ船がいるのを発見。トランサムの船名を見ると、何と「仁王丸」! 「7月28日の水路風景…2」のとき、墨田川造船前で艤装中だった、松島航路の旅客船ですね。

240022.jpg
客室は一層だとばかり思っていたので、倍増した姿にびっくり。橋の桁下高が低いこともあって、造船所で高さのある艤装はできませんから、こちらで残工事をというわけでしょう。

操舵室、客室とも妻をぐっと前傾させていて、全体に直線的なデザインなのも手伝い、スピード感のあるスタイルですね。

240023.jpg西へ距離を取ってから、振り返ってもう一枚。曇っているのでサエないことおびただしいのですが、立ち寄るたびに新しい出会いのある、楽しいところです。

二隻の巡視艇は、「8月11日のフネブネ」で紹介済みの「あさぎり」および「うみぎり」。位置もそのままに、引き続き艤装を進めているようですね。


240024.jpg
ここからは中防を離れた後のお話。そう、今ごろ晴れてきたんですよ‥‥。何分天の思し召しとあっては、悔しくてもいかんともしがたいのであります。

中防水路西口から第一航路をはさんで対岸、大井埠頭に珍しい巡視船が接岸しており、勇んで近づいてみました。三重県は尾鷲港からやってきた、はてるま型巡視船「すずか」。即位の礼の警備で、陸上では各地から県警の部隊が動員されたのと同様、水上でも普段見られない海保船艇が東京港に集まり、その一隻というわけです。

このサイズの巡視船としては30ktと高速で、警備に軸足を置いた船だけに、外観はまことに精悍そのもの。しかし、舷側排気の汚れが痛々しいですね‥‥。ホームセンターで市販のアルミ製ダクトを買ってきて、排気口に突っ込みダクトテープで固定しながら、マストトップあたりまでズルズル伸ばしてやりたい‥‥。そんな衝動に駆られました!

240025.jpg
船橋から船首周りを見て。滑走船型を思わせる船首から舷側にかけてのライン、甲板上には放水砲と30㎜機関砲が縦列に並び、後傾した船橋と併せて、実に剽悍な印象。

この数日前、仕事で「ヴァンテアン」に乗った際、第一航路の防波堤外に、複数のヘリ巡視船や消防艇が漂泊していたのを目にし、さすが即位の礼、警備の厳重さはけた違いだなと感心したものです。この日もそれを期待したのですが、さすがにヘリ巡視船は姿を消しており、残ってくれていた「すずか」をありがたく拝見したというわけです。
撮影地点のMapion地図

(元年10月27日撮影)

(『10月27日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 巡視艇 巡視船 東京港

7月22日の辰巳埠頭…1

(『砂町北運河の埋め立て区間を訪ねて』のつづき)

221006.jpg砂町北運河を離れた後は南に下り、曙運河を通って港内へ出ることに。日中潮位の高い日ということもあって、浅瀬の多い多摩川方面へ行ってみよう、と考えたのです。第二航路経由で向かえば、フネブネの姿も楽しめるでしょう。

写真は恒例、曙運河南口の角に沈む廃曳船の観察。4月29日に見たばかりなので、前回とあまり変わりはありませんが‥‥。

221007.jpg
曙運河を出たところといえば、墨田川造船の浮きドックと艤装桟橋(?)も見どころ。おおお、今日は珍しく入渠船がいるぞ!

221008.jpg
すでに7月23日からのタイトルにも掲げた写真で恐縮ですが、きれいにほぼど真ん中から写せたのが嬉しかったので、再掲させてください。この浮きドックを初めて目にしてから長いですが、入渠中のところに出くわすのは、初めてだったような。

221009.jpg

221010.jpg入渠している船は「はましお」。巡視艇ではなく、去る4月25日に就役したばかりの測量船(『新型測量船「はましお」 三管本部に就役海上保安新聞)だそう。

浮きドックの左手には、もう一隻接岸している船艇がいますね。艤装中か、修繕中なのか‥‥こちらもご挨拶してゆきましょう。
撮影地点のMapion地図

(30年7月22日撮影)

(『7月22日の辰巳埠頭…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河 巡視船

5月20日の巡視船…4

(『5月20日の巡視船…3』のつづき)

220016.jpg
「やしま」の船尾形状も、「そうや」ほど顕著ではありませんが、緩やかな丸みを帯びたクルーザー・スターン。2隻を一枚に収めて眺めると、違いが分かって面白いものです。

220017.jpg
ヘリ巡視船のしんがりは「だいせん」。つがる型PLHの中でも最若手‥‥とはいっても平成13年竣工ですから、もうベテランといってもいい過ぎではないでしょう。ちょうど陽が射してきて、いい表情が撮れました。

220018.jpg就役17年とはいえ、先の2隻とくらべると、年次が新しいなりの、どこか引き締まった感じを受けました。

目を奪われたのは、左舷にずらりと並んだ装載艇。前から救命艇、高速警備救難艇、複合艇と、色も外観も三者三様で目立ちますね。「だいせん」の担当は日本海側、任務の多様さと厳しさも感じられたものでした。


220019.jpg先輩2隻とも船尾の形を拝見したので、せっかくですからこちらも。トランサムは平面ですが、舷側からの突き合わせは丸みを付けていて、同クラスの先輩たちより優しい感じに。

この角度から眺めても、装載艇の並んださまは目立ちますね。反対舷も3隻ありますから合計6隻、ちょっとした舟艇母船の感があります。

220020.jpg
最後は巡視船ではありませんが、水産庁の漁業取締船「はまなす」。一見して、すごく優美な、どこか古典味を感じさせるラインだなあと、ほれぼれしてしまいました。特に船首楼周り、ブルワークを船首から船橋下まで伸ばしたあたりの、流れるような処理がいいですね。高さを抑えた甲板室と船体の、バランスのよさも好印象です。

装備てんこ盛りの巡視船を眺めた目からすると、船橋やマスト類はずいぶんあっさりとした印象ですが、船橋上には探照灯2基にLRADと、取締船ならではの装備も見えて興味深いものがありました。

(30年5月20日撮影)

(『5月20日の築地川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 巡視船 東京港

5月20日の巡視船…3

(『5月20日の巡視船…2』のつづき)

220011.jpg
「そうや」をいま一度左舷後方から。老体に鞭打ってのご奉公は、同情を誘うものがありますが、こうして相まみえたのも長寿命化工事あればこそ。御身ご大切に、ご安航をお祈りします。

220012.jpg

220013.jpg残念ながら曇ってしまいましたが、次に控える巡視船「やしま」を堪能。ヘリ2機搭載型のはしりたる「みずほ」型の2番船で、登場時は「世界最大の巡視船」とうたわれ、大いに注目したものですが、もう30年以上前になるのですね。

「そうや」とは異なる印象の鋭く、かつ乾舷の大きな船首。「PLH22」のハルナンバー、フレアに合わせてずいぶん斜めにレタリングされているのですね。

220014.jpg

220015.jpg兵装から船橋周り。いかにも長途の航海に耐えそうな、幅の広い船橋が本級の特徴。トップや中段の回廊にはパイプ椅子を並べている最中で、準備に慌ただしい雰囲気です。

右はヘリ格納庫を後方から。海自の「はるな」・「しらね」両クラスが引退してからは、これだけかさのあるオンデッキの格納庫は、大型巡視船でしか見られなくなったもの。手前角の舷側近く、フルート奏者の女性が練習中で、いい音色が聞こえてきました。

(30年5月20日撮影)

(『5月20日の巡視船…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 巡視船 東京港

5月20日の巡視船…2

(『5月20日の巡視船…1』のつづき)

220006.jpg最微速で近づきながら、「そうや」のディテールを拝見させていただきましょう。

砕氷船としての性能に、巡視船としての速力を求められ、工夫された船形と聞いています。なるほど近くで眺めてみると、まろやかさとシャープさを併せ持ったような船体のラインが実感でき、他のヘリ巡視船と一味違った存在であることを再認識したのでした。


220007.jpg
40㎜単装機銃をアップで。銃身の左右に見える、蜘蛛の巣型の環形照準器がグッときます。

「そうや」は7年前に大規模な延命工事を終え、オーバーホールや装備の追加を行い若返ったそうですが、兵装は更新されなかったのですね。氷海で活躍する本船ですから、機側操作の機銃はツラそうではあります。いや、むしろ遠隔操作タイプにすると極低温で故障の恐れがあり、旧来の武器がよしとされたとか、何か理由があるのかしら?

220008.jpg
やはり押さえておきたい「PLH01」のハルナンバー! 栄えある新造ヘリ巡視船、第一号の証しであります。ちなみに南極観測船を務めた先代「宗谷」はPL107。

220009.jpg

220010.jpg船橋周り、煙突直前に張り出した減揺水槽が目を引きますね。マストは自衛艦にくらべてセンサーのたぐいが少ないせいか、こじんまりと重心の低い印象です。

船尾の曲面がまた、ハートわしづかまれるものがありました。後続船の「つがる」ほかが採用した、四角いトランサムとは対極の、撫でまわしたくなるようなクルーザー・スターン! 高速と砕氷性能を両立させた数ある工夫の一つが、この形だったと聞いています。

(30年5月20日撮影)

(『5月20日の巡視船…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 巡視船 東京港