fc2ブログ

錦絵の中の通運丸

267007_01.jpg
東京名所之内兩國𣘺大花火之真圖
3枚組錦絵、豊原周春画、明治20年発行。「アサクサ区駒形丁四十二バンチ  画工〇(不明)出版人 児玉又七」の表記あり


他所では簡単に紹介したことがありますが、こちらでは初めてと思います。隅田川、両国の花火見物に繰り出した人々や川船たちを描写した大判の錦絵で、汽船原発場や通運丸も絵柄の一部に取り込まれていることから、明治の河川舟運を題材にした史料として知られているもの。

たびたび触れている関東川蒸気船のエンサイクロペディア、「図説 川の上の近代」にも収録されているので、ご存じの方も多いでしょう。

入手して4年ほど経つでしょうか、傷まないようすぐに額装を依頼したので、正確な寸法を測っておけばよかったと後悔したものの、時すでに遅し。貼り込み時のズレもあるでしょうからおおよそですが、710×360㎜くらいと思われます。

有名な錦絵が縁あって手元に来た喜び、それは例えようのないもので、花火の破裂音や橋上を埋める人々(落橋しないか心配になるレベルですが)の歓声、川面を埋めるフネブネの艪音や、豪壮な屋形船の弦歌さんざめくさままで、夜の川面の賑わいが聞こえてきそうな生き生きとした描写に、陶然と見入ったものでした。

267007_02.jpg
初号船の就航から10年、大川筋の華だった通運丸も、舷を触れんばかりに繰り出した和船群に囲まれては、モブシーンの一キャラクターといったところ。

モディファイの度合いも激しく、極端に寸詰められた丸っこい姿は、チョロQやたまご飛行機といった、ショーティーモデルを思い起こさせるものが。どこか可愛らしくて、決して嫌いではありません。ぬいぐるみが欲しくなりますね!

ちょっと首をかしげてしまうのは、左が上流で船首、キセル型ベンチレーターとも左を向いているのに、2本出ている錨綱は船尾のみであること。“モブキャラ”(笑)扱いだけに、このあたりの描写も少々、アバウトに済まされたといったところでしょうか。

まあ、ショーティーモデル風についていうなら、周りに浮かぶ和船たちも、全体的に寸詰まりに描かれているものが多いので、豊原周春の画風というものなのかもしれません。

267007_03.jpg
通運丸の扱いはさておき、史料としてこれは、と注目される描き込みがなされているあたり、興味を惹かれるものが。画面やや左手、レンガの洋館に隣接したあたりに立つ一本の角柱。「郵便御用通運丸定繋杭」、と、はっきり描き込まれているのです。

単なる民間事業でなく、お上の御用であるぞ、というあたりをアピールしているのか、それとも役所から指示があっての、法定表記みたいな設置なのか‥‥。

その右下には「EE通EE」と書かれた、このころの内国通運の旗も見えますね。Eはエクスプレスの意で、通運丸も略同のものを掲げていたはずです。Eの数は用途や時代によってまちまちで、「通」の両側に1つづつから、分社旗などシンメトリカル(つまり左側はヨ)に5つづつもズラリと並べたものもあり、バリエーションに富んでいました。

頂部に風見鶏の方位針のような、真鍮の装飾が設けられたハイカラな塔屋は、原発場の建物ですね。以前紹介した錦絵(『通運丸の複製錦絵から始まる興味深いあれこれ』参照)にも描かれています。この当時の写真があったら、描写の精度を見くらべてみたいものです。

267006_7.jpg
そうそう、先日アップした記事、「川蒸気船の絵葉書5題」で色褪せた台紙貼り写真「東京兩國橋」を紹介しましたが、一つ書き忘れたことがありまして‥‥今回の錦絵にも関連するので、ここで補足します。

左端に見える角材の構造物、どう見ても洋式木造橋の親柱で、相応に丁寧でしっかりとした造りです。少なくとも岸辺の柵や桟橋の手すりみたいな、簡素なものではありませんよね。

「明治の初めには、ここにも入堀か小河川の落とし口があったのかなあ‥‥」と、もやもやと想像するのみでしたが、ふと思い当たるところがあって、額装した錦絵を改めて眺めてみたのでした。

267007_04.jpg
写真の橋があった! 右下の隅、端っこも端っこで、手前は紫色をしたカスミ様の何かに隠されてしまっていますが、確かに洋式木造の小橋梁が描かれていたのです!

写真の撮影時からおよそ10年以上を経て、水際も恐らく石垣などで護岸され、土盛りもなされたのでしょう、橋詰から河畔側へはみ出す形で、家屋が建てられています。汽船原発場ができたことで、このあたりも整地、開発がなされたことが感じられ、興趣大いに深まったことではありました。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 川蒸気船 通運丸 隅田川 絵葉書・古写真

川蒸気船の絵葉書5題

267006_9.jpg久方ぶりに通運丸、銚子丸の絵葉書を愛でて悦に入りたくなり、手元にある古い絵葉書や写真から、5点を選んでみました。

何分風景の一部として撮られたものが多いため、史料としてはいま一つと思われますが、水運時代の雰囲気を味わうよすがとしては、自分の目から見ても大いに堪能させるレベルではあります。しばしお付き合いいただければ幸いです。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 川蒸気船 通運丸 銚子丸 隅田川 利根川 霞ケ浦 絵葉書・古写真

コミック上で川蒸気が大活躍! 「ゴールデンカムイ」24巻

昨年4月のことです。ツイッターのこちらのスレッドで、y2_naranja氏にコミック「ゴールデンカムイ」(野田サトル・集英社)で、石狩川にかつて就航していた川蒸気船・上川丸が登場しているシーンのあることを教えていただきました(ありがとうございました!)。

「ゴールデンカムイ」を読んだことはありませんでしたが、明治時代の北方文化や民俗の描写が精緻かつ、ストーリーも巧みなことで高く評価されている方も少なくないこと、ウェブ上でもたびたび話題になっていることは知っていました。

コミックに川蒸気が登場するのは、恐らく初めてのこととあって、川蒸気ファンとしていてもたってもいられなくなったことは、いうまでもありません。まず検索してみると、「ゴールデンカムイ上川丸と江別港を見に聖地巡礼!チョウザメが沢山いる?北海道江別市!」(江別・野幌情報ナビ えべナビ)に、当該234話の数コマが掲載されているのを発見。

まあ、感動しましたよ。素晴らしい! この数コマを拝見しただけでも、恐らく当地を訪ねてきちんと取材され、川蒸気を理解したうえで描かれていることが感じられました。レプリカの存在も、正確な描写に大いに力があったのはいうまでもありますまい。
即断で既刊のコミック全巻を購入、「ゴールデンカムイ」の世界に肩まで浸かりながら、234話の収録されたコミック、24巻の発売を心待ちにしたのであります。

259037.jpg
さて、12月も後半となり、待ちに待った24巻を発売と同時に横っ飛びに入手。さっそく拝読してみると‥‥。
アイヌの宝の手掛かりを探して旅をしてきた杉元、アシリパ、白石の3人は、白石の提案でぬかるんだ陸路を避け、川蒸気・上川丸に乗って江別まで下ることに。

ここで、樺戸監獄への交通確保のため航路が設けられたこと、囚人が石狩川の航路整備に駆り出されたことを、白石が解説してくれるのは「もと囚人だから、そのくらい知っててもおかしくないな」と思えるのですが、次のセリフ、

外輪式蒸気船は両側の水車で水面を掻いて進むから スクリュー船と違って浅い川とかで走るのにいいのよ
脱獄王のくせに何でそんなにフネに詳しいんだ白石。

艀を曳いて石狩川を下る上川丸のゆく手に、2隻の小型和船が。船長は船の乗っ取りをたくらむ賊と判断、舵さばきで一艘を蹴散らしたのはいいものの、残ったもう一艘から杉元らの探していた刺青のあるもと囚人、海賊房太郎が乗り込んできて船を乗っ取られ、海賊一味と船員、拳銃を持った老郵便配達夫もまじえての大乱闘に。

259038.jpgこの下りの見せ場は、兵士を乗せた行逢船「神山丸」(フィクション)とのチェイスシーン。発砲音に気づいた兵士が、神山丸を後進させて上川丸を追跡し始めます。

それに気づいた賊・海賊房太郎、船長を押しのけ上川丸の舵輪を自ら握って、初めてとは思えない見事な舵さばきで、神山丸の外輪に捨て身の体当たり! 行動不能に追い込んで逃走に成功します。

あまりストーリーを垂れ流すと差しさわりがあるので、ここまでに留めておきますが、急転舵で突入する上川丸の航跡、外輪から上がった水しぶきが2条、白く描かれているあたり、まことに見事としかいいようがありません。

ストーリーの流れの上での舞台の一つに過ぎないとはいえ、船のディテールや船内の様子、外輪の動きなどなど、ファンの目から見ても満足のいく描写で、きしみ、のたうつ船体の悲鳴や、外輪の打つ水音が聞こえてくるようです。このシーンのもう一つの主役は川蒸気、といっていい過ぎでないと思えるくらい。野田サトル先生の観察眼と想像力、筆力に、改めて感服した次第です。

そして何より、川蒸気が恐らく初登場したコミックで、これだけの活躍の場を与えられたことを、大いに喜びたいと思います。舞台となったことで、上川丸だけでなく、川蒸気そのものへの関心も高まることも期待したいもの。ご興味のある向き、ぜひご一読を勧めします。

なお実物の上川丸については、弊ブログの過去記事「上川丸の絵葉書が!」もご参照ください。

ちなみに石狩川の汽船航路の経営はきわめて苦しく、船社は4回もの変遷を経たのち、日露戦争直前の明治35(1902)年からは、国からの補助金により民間の受命者が運航を委託される、「命令航路石狩川線」となりました。舞台となった明治末の石狩川航路は、いわばほぼ国によって維持されていた時期にあたります。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 川蒸気船 ゴールデンカムイ

新潟の川蒸気・安進丸の「*」は‥‥

248032.jpg
新潟の川蒸気史覚え書き」の冒頭に掲載したこの1枚。萬代橋北詰にもやう、安進丸とみられる外輪川蒸気の写真で、外輪カバーの「『*』に見える文字は、社章など何かのシンボルだろうか?」と疑問を呈して、そのまま調べもせず(ごめんなさい)早や8年。
ちなみに上に掲げたものは、「新潟の川蒸気ふたたび」に再録した、同じ写真の高解像度版です。

新潟訪問の際にも資料をご案内いただいてお世話になった、新潟市歴史博物館・みなとぴあのTwitterを先日、たまたま発見。興味深く拝読していたところ、いきなり8年来の謎が解明して、躍り上がったのであります!

「*」が社名の上と外輪カバーに!! 旗も掲げられている!
この扱いから見て、社章と思って間違いないでしょう。8年来の謎がおかげさまで氷解、みなとぴあのウェブご担当様に、厚く御礼申し上げます!

絵柄からして、最初、引き札か何かと思っていたら、この一つ前のツイートによれば、明治22年刊の「北越商工便覧」掲載のものだそう。

明治の中ごろとて、社屋も普通の商家らしい造りで、道ゆく人もほとんどが和装のようですね。しかし、この単純明快な社章の由来を知りたいものです。意外と「外輪のスポークから採った」とか、意匠にたがわずシンプルな理由だったりして。

過去のツイートを追って拝見してゆくと、安進社の社章がもう一つ見つかりました。こちらは初代の五姓田芳柳(生没年:文政10年~明治25年)による、北詰から見た萬代橋を描いた絵画。橋を渡る一人一人の仕草や装い、親柱の文字一つ一つ、それに遠くの川面には川蒸気船もと、細部まで描き込まれていて、眺めているだけで楽しくなりますよね。

こちらの絵が嬉しかったのは、安進社の社章の色が赤かったことを、今に伝えてくれたことです。安進社は、明治19年に安全社と彙進社が合併してつくられた船社ですが、当時の経営者たちは、企業のイメージカラーというべき真っ赤なアスターリスクに、どんな想いを込めたのでしょうか‥‥。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 信濃川 川蒸気船 絵葉書・古写真

新潟の川蒸気ふたたび

248026.jpg
久しぶりに、新潟の川蒸気たちの姿を愛でて楽しもうと、絵葉書のアルバムを繰って選んだ8点をご覧に入れます。

新潟の川蒸気史覚え書き」をアップした8年前とくらべて、ブログサービスのアップロード容量もずいぶん余裕ができたこともあり、うち2点を前回の再録とし、いずれもサイズを大きく、より堪能できる解像度とさせていただきました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 信濃川 川蒸気船 絵葉書・古写真