6月7日の水門…1

(『6月7日のフネブネ…5』のつづき)

173026.jpgさて、同日にうろついた道々のスナップです。隅田川経由で、荒川の秋ヶ瀬までひとっ走りしてきました。雲は少し多かったものの、風は爽やかでおおむね陽が射し、初夏の川面を楽しむことができました。

隅田川流頭部、岩淵水門は中央径間が閉鎖され、真ん中から向こうの空が見渡せる格好に。扉体は色がだいぶ褪せて青い塗料が落ち、錆止めが露出しているところも見られます。「青水門」の通称にたがわない鮮やかな色に、再塗装されるといいですね。

173027.jpg
菖蒲川の河口を守る、三領水門の前を通りかかると‥‥。

おお! いつもは水面ギリギリまで下げられている扉体が、二枚とも少し上がっている! しかも、向こうには台船らしき船影も! これは寄り道せずにおらりょうかと、興奮でハフハフしながら減速して舵を右へ。

173028.jpg
相変わらず多い釣り人さんの目線が痛いのと、時間も限られていたのでのぞき込むだけにとどまりましたが、扉体は通航に十分な高さまで上がっていることを確認(以前の様子は、過去ログ『秋晴れの荒川散歩…2』参照)。さらに魚探の感を見ていたら、以前より水深が深くなっているような気が‥‥。浚渫されたのかしら?

釣り人さんの少ない、夜明けあたりを狙って、しかも潮位が高い日であれば、菖蒲川を攻めることも不可能ではありません。工事が終わらないうちに、再訪できればよいのですが!

173029.jpg可航区間最奥部も間近な、朝霞水門(右)と、さくらそう水門も一枚づつ。急速に曇ってきて暗くなってしまいましたが、両水門のどこかSFじみた容貌はなお健在です。

翳る陽射しとともに渡ってくる冷たい風に、さざ波立つ川面も爽やかで、実に気持ちの良い水門風景を堪能。一応航行禁止区域なので、入ったことはないけれど、真下くらいまでは行けるのかしら。

173030.jpg

撮影地点のMapion地図

(27年6月7日撮影)

(『6月7日の水門…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 菖蒲川 隅田川 岩淵水門 三領水門 朝霞水門 さくらそう水門

師走の新河岸川…1

166001.jpg12月30日は晴天を得て、26年度の川走り納めに出かけてきました。日中潮位の高い日と好天、そして時間の余裕と三拍子揃うときはなかなかなく、好機到来ということで、かねてからの計画を実行に移そうと、まずは荒川を遡上。

前を通過しただけながら、久しぶりに見た芝川水門、「調整中」の掲示が相変わらず外れていないのが何とも。右径間が角落としで塞がれていたので、改修工事でも行われるのでしょう。

166002.jpg

166003.jpg岩淵の分流点からいったん隅田川流頭部に入り、岩淵水門をくぐります。こちらも中央径間は扉体を閉じ、足場が組まれて工事中のようですね。いざというときのために、不断の整備が欠かせないことを実感させます。

水門のすぐ下流にいつももやっている、国交省の清掃船「水明号」も一枚。検索してみたら、ロータリーボートと同じ、呉ダイヤの建造なのですね!
(参照:『業務情報・工事実績極洋船舶工業株式会社

166004.jpg

166005.jpg岩淵で左へ180度回頭、水門をくぐってさらに180度回頭と、大きなS字を描きつつ向き直れば、こちらもお久しぶりの新河岸川河口。この日の満潮時は、タイムラグ(湾奥より約1時間)を考えると、およそ45分後とくれば、憩流時も近く流れもゆるいとあって、第一印象はとても穏やか。

水深もご覧のとおり、4.8mと余裕しゃくしゃく。まあ、都内区間はほぼ全てが、実に申し分のない可航環境なのですが、別の意味でいろいろと気遣いが必要な川なのは、ご存知の方も少なくないでしょう。
撮影地点のMapion地図

(26年12月30日撮影)

(『師走の新河岸川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 隅田川 新河岸川 芝川水門 岩淵水門 清掃船

新芝川再訪…6

(『新芝川再訪…5』のつづき)

74031.jpg
水面に浮かぶブイ列をアップで見たところ。ブイが回って、はっきり読めないものもありますが、左から1個に一文字づつ「」「」「」「」とありますね。なぜ「進入禁止」でないのかは謎です。

74032.jpgまあ、これが堰や魚のヤナなら、気持ちの上でもあきらめがつくのでしょうが、見てくれもお手軽なフェンスに可航水路を阻まれるというのは、理由があってのこととはいえ、やはりどこか納得できないものがあるのでしょう。こうして目前にするとなおさら、悔しい、残念な気持ちになります。

実は今回が初見でなく、何年か前にクルマで近くを通った際、橋の上から眺めて気づいたのですが、設置された本当の理由は何なのでしょう、ご存知の方がおられたら、ぜひご教示いただきたいものです。

74033.jpg
逆光に浮かび上がる新芝川の華、芝川マリーナ水門と南平大橋。バックの群雲が陽光を反射してキレイ。こうして見ると陽の陰った川景色も、悪くありません。

74034.jpg久しぶりの新芝川、なかなか楽しめました。荒川の川面から、新芝川排水機場と芝川水門をペアで一枚。

あらら、今ごろ晴れてきた…。日ごろの行いが良くないせいかしら。



74035.jpg岩淵で昼食後、帰路は例によって隅田川経由で。岩淵の河川敷では、バーベキューでしょうか、色とりどりのテントが多く張られ、家族連れで賑わっていました。

岩淵水門の中央径間を通って、隅田川を下ります。岩淵水門も元気そうで何より。
撮影地点のMapion地図


(23年9月25日撮影)

(『9月25日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新芝川 荒川 隅田川 芝川マリーナ水門 芝川水門 新芝川排水機場 岩淵水門

年の瀬の荒川…9

(『年の瀬の荒川…8』のつづき)

46041.jpgここを訪れると、お約束のようにズームの倍率を一杯にしてカメラを向けてしまうのが、秋ヶ瀬橋の約500m上流にある秋ヶ瀬取水堰。秋ヶ瀬橋から先は、動力船は入れないきまりなので、間近に眺められないのが残念なところ。

荒川と、武蔵水路によって補われた利根川の水を、水道水や河川の浄化用水として利用するために造られた可動堰です。このあたり、相互リンク先であるフカダソフトさんの「秋ヶ瀬取水堰」に詳しいので、ぜひご覧ください。

46042.jpg
びゅうびゅう鳴る冷たい風と、ゴツゴツした感触のさざ波に抗しながら望む、4径間の可動堰。
手前に2個浮いているオレンジ色のブイ、何でしょう。水中にフェンスでも張られているのでしょうか。

久々に見る、荒川可航域最奥部の川景色を眺めながら、魔法瓶の熱いお茶で一服。

46043.jpg艇を反転させて帰途につくと、流速に加えて順風となるので、当たり前ですが走りの軽やかなことったら! 

エンジンへの負荷も減るためビビリ振動も消え、何より顔が痛くなるような寒風を、ほとんど感じずに済むというのがありがたく、陽射しでぽかぽかと暖かくなってくるほど。この落差も、冬の川走りの面白さかもしれません。

46044.jpg河口から22km地点、東北本線のトラス橋を上流側から。いかにも星霜を経ていそうなこの造作、惹かれるものがありますね。

くぐってすぐ左側には、川口リバーステーションがあり、隅田川との分流点、岩淵も約1㎞下流と間近です。


46045.jpg
例によって、帰路は岩淵水門をくぐって隅田川へ。こちらも中上流部はしばらく訪れていませんから、ご機嫌伺いとまいりましょう。年の瀬らしい川景色が見られるでしょうか。
撮影地点のMapion地図


(22年12月29日撮影)

(『年の瀬の隅田川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 秋ヶ瀬取水堰 隅田川 岩淵水門