桜探し散策で…5

(『朝潮運河の浚渫風景』のつづき)

27046.jpg花川戸あたりの様子も見てゆこうと、隅田川を遡上。

川面から見ると、清洲橋の真ん中に、あつらえたように墨田タワー…もとい、東京スカイツリーが収まるのですね。これはなかなか美しい。水上の新名所になりそうな予感です。



27047.jpg隅田公園前に到着…したものの、桜より山谷堀跡の水門に吸い寄せられてしまうなど、相変わらず桜探しの自覚が薄い船頭。

ここが可航水路として残っていたら、袋小路とは言え、なかなか風流な水路行ができたと思うんですがねえ…、と、相変わらずせんのない妄想が脳内をぐるぐると。

27048.jpgで、対岸を見やると、やはりここにもスカイツリーの勇姿が間近に迫り、目を奪われます。

この角度から見ると、何だかきもち歪んでいるように見えますが、これはもともと南側が末広がりに造られているからか、それとも斜材の並び方のせいで、目の錯覚が起きているのかしら。


27049.jpgすみません、少しは桜も観察します。東武・花川戸橋梁付近の早咲きを数本。

毎年、ここの早咲きに吸い寄せられている気がするんですが、幸い誰も見ていないので、シレッと通り過ぎてしまおう。




27050.jpg
…やはりスカイツリーの吸引力に抗し切れず、北十間川にずるずると吸い込まれてしまいました。

源森川水門の径間越しにのぞいてみると、枕橋の量感あふれるアーチと、東武線の古典的架線柱も併せて楽しめ、なかなかそそる眺めとなりました。
撮影地点のMapion地図

(22年3月22日撮影)

(『桜探し散策で…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 北十間川 江東内部河川 枕橋 山谷堀 源森川 東京スカイツリー