なんちゃって閘門・豊水門…2

(『なんちゃって閘門・豊水門…1』のつづき)

11071.jpgよく見ると、背割堤の上はコンクリートのフタをされていたりと、明らかに違う雰囲気を発してはいるものの、この角度からのたたずまい、実に閘門っぽくて、惜しい感じすらするのですが。

排水機場の建物の向こうには、堤防を貫通した樋門があり、小堀川の余水を利根川に排水するしくみになっていました。「なんちゃって閘門」は、排水機場の呑口であったわけです。

11072.jpg小堀川は、堤防と田んぼに挟まれたかたちで、利根川とほぼ平行して流れており、人家からは少し離れているため、水門の周りも至ってのどか。

やはり、ここも穴場のひとつなのか、釣り人さんの姿はちらほら見られましたが、例によって私がウロウロしだすと、いつのまにかいなくなってしまいました。ゴメンナサイ。
いや、大声で騒いだり、走り回ったりなどしていませんよ、決して。

11073.jpg
巻上機室を見上げて。堰柱はコンクリートの地肌のまま、トップのみ白く塗り上げられており、その塗装も少々くたびれているあたり、ひなびた田園の水門らしい雰囲気…。

閘門でなかったのは、さすがにがっかりはしたものの、水の匂いをかぎつつ、水門の表情を眺めるのは、やはり楽しいもの。寄り道してよかった!

11074.jpg…とは言いつつも、まだあきらめ切れていない部分もあり、「なんちゃって閘門」の、閘室になるはず(でもなんでもない)だった部分を、じっと眺めてしまう船頭。

この角度から見ると、フネ通れそうなんだよなあ…イヤ、もういい加減あきらめましょう。


11075.jpg「なんちゃって閘門」の正式名称は、豊水門導水路ゲート。水門を閉じた後も、その上流と下流いずれからも自在に排水ができるよう、考えられた仕組みのようですね。

この閘門バカをかつぐとは、さすが水郷、あなどれない…と、いつもと同じようなことをつぶやきつつ、何度目かの水郷訪問を終え、帰路につきました。


(21年7月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 豊水門 小堀川 水郷

なんちゃって閘門・豊水門…1

(『浪逆浦閘門…2』のつづき)

11066.jpg利根川北岸をいったん下って、小見川大橋を渡り、香取神宮にお参りしてから帰ろうとしていた道々のこと。

水門が視界に入ってきたので、嬉しくなってクルマを降り、まずは高いところから眺めようと、堤防の上へ。
その水門とは…。


11067.jpg
小堀川の豊水門。佐藤淳一氏の「Floodgatesリスト32にも収録されている水門ですが、気になっていたのが、ご覧のように3門のうち、小さい径間のゲートが一つあったこと。

こういう、片寄せて設けてある小径間のゲートは、閘門である公算が高い!
閘門バカ約一名、期待に胸をふくふくと膨らませて、にじり寄ってみると…。

11068.jpg小径間ゲートの向こうに、もう一組堰柱が見える! 
好感度ならぬ、閘門度急上昇!

期待を裏切らない展開に、コーフンして鼻息も荒く、小走りに写真左手の橋へ。

11069.jpg
………あれ?
右径間の水路のカタチが変…。
これでは船が出入りできない…。扉体の前に、何か格子みたいなモノも見えるし…。
脳内をめぐる言葉に、「…」が多くなり、高揚した気分が、ひゅ~と音を立てて急降下。
これはもしかして…。

11070.jpg反対側に回ってみて、こちらのゲート前にもゴミよけの格子が。残念…。

「なんちゃって閘門」でした。
どうやら、排水機場のゲートだったようですね。う~ん、それにしても、まぎらわしいぞ豊水門君!
勘違いを棚に上げて、水門に八つ当たり。気分なおしに、周りを少しお散歩してから帰りましょう。
撮影地点のMapion地図

(21年7月20日撮影)

(『なんちゃって閘門・豊水門…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 豊水門 小堀川 水郷