10月9日の川景色

(『隅田川上流のフネブネ』のつづき)

212041.jpg10月9日、帰路の落穂拾い分といっては語弊がありますが、気になった物件をいくつか。

ちょっとしたことばかりとはいえ、刻々と変わりゆく水路風景の記録として見れば、あだやおろそかにはできますまい‥‥と、例によって暑苦しくスナップした数枚、お目汚しまで。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 隅田川 小名木川 大横川 汐浜運河 源森川水門 新小名木川水門 台船

4月20日の水路風景…3

(『4月20日の水路風景…2』のつづき)

205011.jpg
小名木川に入るとさすが平日、土運船をかたわらに従えて、浚渫船が作業の真っ最中でした。16日にも見た、「61号千羽丸」でしょうか。

205012.jpg
そして扇橋閘門。ああ、こんなに短いスパンで通航できて嬉しい! この日は前扉を上げて待ってくれていたので、水鏡に映るゲートと閘室を撮ることができました。閘室を出て、水位低下化水域に入ってみると‥‥。

205013.jpg
おお、先ほど砂町運河で出会った、「第八兄弟丸」が! 荒川経由で閘門様を通り、恐らく横十間川にバージを届けて、一隻での帰り道でしょう。塗装してまだ間がないのか、乾舷の青だけでなく、船底色も鮮やかです。

205014.jpgテラス工事が進む横十間川、首都高小松川線をくぐった北側で、コンクリートを打っているところを一枚。見たところ、まだ生っぽい感じですが、コンクリでなく砂を充填しているだけかな?

ここ、少し前まで艇庫(過去ログ『ちょっとお散歩…2』参照)があったんですけれど、撤去されて更地になったようですね。


205015.jpg水位低下化河川をひとめぐりし、再び隅田川へ戻ってきたところ。ちょうど大きな曳船が、曳いてきた台船を、小さな曳船にバトンタッチするシーンが見られました。

台船に積まれていたのは、長大な鋼管矢板。小名木川西半部の護岸工事に使う資材に、違いありません。上下航船が引きも切らない中、手際よく曳索を引き継ぐ技、見ていて気持ちのよいものでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月20日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 横十間川 江東内部河川 水位低下化河川 扇橋閘門 閘門 曳船

4月16日のさくらしべ降る水路…5

(『4月16日のさくらしべ降る水路…4』のつづき)

204021.jpg

204022.jpg毎度おなじみ、扇橋閘門を通って水位低下化区間に入るとしましょう。注水待機があったので、船が出てくるかしらと期待したものの、残念ながら向こうへ通航した後だったようです。

遅れて来られたカヤックの皆さんに先に入ってもらい、一緒に排水待ち。外人さん、親子連れの方もおられたので、ツアーでしょうか。ともあれ、他の艇と過ごす閘程は楽しいものです。


204023.jpg
横十間川に入って間もなく、大島橋西詰に満開の一本があり、思わず目を奪われる一同。ええと、妙に白いですが、これも桜の一種なのかしら? 本当に花にうとくて申しわけない。

204024.jpg左手、猿江の公園がある水際にも、ぐんぐん南下してくるテラスの延伸工事。鋼矢板の内側にコンクリートを打っただけの状態ですが、ガレ場や雑草の茂みが見えた岸近くも、すっかり基礎工事が終わっていました。

向こうに見える清水橋、塗装の褪色や剥離が痛々しいので、そろそろ手を入れてあげてほしいですね。貴重な震災復興世代の橋、テラスから見上げられるようになったころには、美しく整備されていたらと願わずにいられません。

204025.jpg
総武線の鉄橋に近づくと、折よく電車が轟音を立てて通過。この前後はテラス造成も途切れ途切れで、旧来の鋼矢板護岸と、密林と化した水辺が少し残っています。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 横十間川 扇橋閘門 閘門 江東内部河川 水位低下化河川

4月16日のさくらしべ降る水路…4

(『4月16日のさくらしべ降る水路…3』のつづき)

204016.jpg水門をくぐって、小名木川西端の桜並木区間に出てみると‥‥。ううん、こちらも日照など条件がよろしいのでしょうか、手前ほど葉桜のパーセンテージが上がっている状態でした。

しぼったスロットルを少し開いて、両岸をきょろきょろと探しながら前進。南にある各河川にくらべて、桜の密度がだいぶ粗いせいか、水面に浮く花びらもあまり見られません。あ、左に見える高橋船着場、元はこの向こう、東にあったのが、橋の西へ移動したんだ。

204017.jpg
‥‥と、高橋北詰に、まだ満開に近い一本を発見! 遠くから、ざあっと花吹雪を舞い散らせているさまが目に入り、急いだものの着く前に風がぱたりと止んで、「あ~あ」とタメ息が漏れはしましたが、一同大いに盛り上がりました。

204018.jpg
高橋をくぐった東側、北岸には、ご覧の浚渫船がスパッドを下ろしていました。なるほど、高橋船着場を移転したのは、この工事のためだったのですね。中川船舶の「61号千羽丸」でした。

204019.jpg目を転じて南岸は、護岸の前に錆色の鋼管矢板が、びっしり打ち込まれていました。

一見した様子からして、一段低めたテラスを造るとか、そういったレベルのものではないようです。護岸のさらなる強化、耐震化といったところでしょうか。これが徐々に東西へ向けて広がってゆくとなれば、繋留船たちにとっては厳しい環境になりそうです。


204020.jpg
さらに進むと、クレーン船を中心に、曳船や台船がひとかたまりにもやった、工事船団が出現。河道の3分の2近くを占める、結構な規模です。

一番外側にいるのが、鋼管矢板を俵積みした台船。その長大なこと、堅固な地盤まで達する深さを実感させるものが。横を通るときは、曳き波で揺らすとゴロンと崩れてきそうで、首をすくめながら最微速にしぼったものでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 江東内部河川 浚渫船 台船

4月16日のさくらしべ降る水路…3

(『4月16日のさくらしべ降る水路…2』のつづき)

204011.jpg
ちょっと戻って。黒船橋のS字屈曲を曲がり切れば、当然見えてくるのが大島川水門。更新工事もついに竣工、久方ぶりに二径間揃って解放された姿を見ることができました。

工事成ってからくぐるのは、これが初めてです。新装開店後のくぐり初めとまいりましょうか!

204012.jpg
渋めな塗色に、更新前とは正反対の雰囲気でまとめられた、どこか硬派な感じのする巻上機室。もう少し目立つ色を取り入れて、自己主張してもよさそうな気がしますが、これも嫌いではありません。勘亭流もどきのアンドン銘板(?)は、ちょっと笑いを誘うけれど(ごめんね)。

足場で覆われ、角落しで塞がれて、台船がデンともやうあのわさわさした空気にも惹かれますが、静けさを取り戻し、こざっぱりとした表情の水門と向き合うと、やはりホッとさせられます。

204013.jpg光の具合があまりよくないので、表は少し引いて一枚。管理棟(左手)も併せてリニューアルされたのがわかります。扉体の色が‥‥いや、せっかくの竣工後初くぐり、無粋なことはいいっこなし。

これで、26年7月20日以来、通りがかるたびにスナップしてきた、更新工事の進捗観察も終わりと思うと、何やら感慨深いものが。特に親しんできた水門だけに、どこか格別の思いがあったのでしょう。


204014.jpg

204015.jpg水門と別れて隅田川に出たところで、ほぼ正面に望めるのが対岸、新川一丁目あたりの河畔公園。あら、遠目に見たかぎり、こちらはまだあまり散っていないような。

この日は最初から、スカイツリーの櫓下を訪ねてみようと考えていたので、迷わず小名木川へ。新小名木川水門も更新工事中ですが、前回、昨年11月20日とくらべてみると‥‥ううん、パッと見あまり変化がないような。外からはわからないところで、工事はどんどん進んでいるに違いないのでしょうが。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 隅田川 小名木川 江東内部河川 大島川水門 新小名木川水門