FC2ブログ

新装扇橋閘門通り初め…6

(『8月1日の内部河川…1』のつづき)

237081.jpg
コースからすでに決まったようなものでしたが、この日は水位低下化区間からの離脱に閘門様を使わず、帰路も扇橋閘門を利用することにしました。上航時もどこか変化はないか、よく観察しておきたいですからね。

今度は一緒に通航待ちする艇もなく、自艇一隻です。暑熱にうだりながら、しんと静まり返った水面で漂泊していると、放送も何もなく突然、排水が始まりました。以前のドバッ、といった勢いのある排水を期待していたのですが、写真のとおり穏やかなもの。バイパス設備も更新されて、排水がソフトになったのかな?

237082.jpg排水が終わって、扉体が上がり閘室が見えてきたところで、アッと気づかされました。側壁の湛水線で一目瞭然、閘程が最低クラスまで低まっていたのです。

今が大潮の最大干潮時であることを忘れていました。暑さで頭が働かなくなっていたのか、お恥ずかしいかぎり。吐き出す水量が少なければ、噴流もそりゃソフトになろうというものです。

237083.jpg
扉体が上がり切って信号も青になったところで、スロットルを倒して微速前進。正面からいいお顔を一枚。

237084.jpg
前扉室の扉体が開いたところ。何分大潮の干潮時、11:11のA.P.+0.03mにほぼドンピシャとあって、閘程は1mと少し。ちょっと物足りない気もしましたが、帰路の通り初めも無事済んで、暑さに参りながらも楽しく過ごすことができました。

237085.jpg閘室を出て、大横川との十字流を行き過ぎたところで、ちょっと待て、と少し戻って大横川を南下することに。

大潮の干潮時となれば、茂森橋をはじめとする低い橋たちも、鼻歌まじりの余裕で通れる日。引き続きの微速航行で暑さはツライですが、ここは内部河川好きとして、通っておかねばウソというものでしょう!

(元年8月1日撮影)

(『8月1日の内部河川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 大横川 扇橋閘門 閘門 江東内部河川 水位低下化河川

8月1日の内部河川…1

(『8月1日の旧中川…3』のつづき)

237076.jpg
雑なタイトルで帰路の落ち穂拾いをまとめてみました。まずは旧中川の杭列に並んだ鵜さんたちのスナップから。

草いきれ濃厚な暑さにうだる水際の茂みで、4羽揃ってハァハァする気の毒ながら可愛らしいさま。鴨なら露骨に嫌そうな顔をし、すぐ逃げる体勢に入るところですが、この点鵜は肝が据わっていて、微動だにしません。いや、暑すぎて動く気にもならないのかしら。

237077.jpg
北十間川東端近く、小原橋の改架現場を一枚。先々代、先代橋とも橋脚基部はそのまま健在。足場の方は昨年1月に訪ねたときと、見たかぎりあまり変化はありませんでした(暑さで見逃していただけかも)が、工事は着々と進んでいるのでしょうね。

237078.jpgそのまま北十間川を西航していたら、福神橋の手前で北岸に、幟がずらりと並んでいるのを発見。紫色に白く文字を染め抜いた幟はなかなかきれいで、よく目立ちます。

近づいて読んでみると「吾嬬神社御祭禮」とありました。テラス上に浜鳥居を立てて、船からもお参りできたら楽しいだろうな‥‥と妄想。

237079.jpg
左折して横十間川を南下するいつものコース。急ピッチで進んだテラスの造成は基礎がほぼ出来上がって一段落し、路面や柵などの設備はこれからといったところ。

水が溜まった未舗装のテラス上は、この暑さもあって夏草がもくもくと生い茂り、野鳥たちにとって格好の隠れ家を提供しているようです。艇が近づくと、鴨やスズメがガサガサと飛び出てきて、びっくりさせられたこともしばしばでした。

237080.jpgまあ、帰路にこのコースを取ったところでほぼ決まったようなものでしたが、帰りも扇橋閘門を利用させてもらうことにしました。せっかくの供用初日、よく見ておきたいですものね。

シレッと書いていますが、ほとんど風を受けない微速航行続きでのぼせ上り、半ば本能で舵を取り、スロットルを操っているといってもいい過ぎでない状態でした‥‥。
撮影地点のMapion地図

(元年8月1日撮影)

(『新装扇橋閘門通り初め…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 旧中川 北十間川 横十間川 小名木川 江東内部河川 水位低下化河川 水辺の鳥たち

8月1日の旧中川…1

(『新装扇橋閘門通り初め…5』のつづき)

237061.jpg
風は微かで、前進している分、止まっているより若干ましとはいえ、おつむがうだることに変わりはなし。帽子のツバの先まで汗を沁みとおらせながら、ひたすら艇を歩かせます。

越中島線のトラスをくぐって少し進んだころ、ブゥォーンとディーゼルらしい爆音が背後から聞こえてきました。もしや! と振り返ったら、うおお、レール運搬列車のお通りだ!

残念ながら機関車は逃しましたが、タタン、タタンと渡ってゆく長物車たちをとらえることに成功。一番乗りを狙いながら、心ならずも二番手となり傷心の船頭を慰めてくれるため、川の神様が遣わしたに違いない‥‥。暑熱のせいか、そんな心持ちになりました。

237062.jpg小名木川も東端近く、旧中川との丁字流を望む位置まで到達。警戒船の横断幕を掲げたプレジャータイプの艇が、旗を振っていました。

おお、あれはニッサン・サンキャット7.7‥‥市販小型艇としては珍しいカタマランですね。30年ほど前ですか、発表当初ボートショーで見て、大いにあこがれたものです。

近づいて艇名を読んだら 「第七でんでん丸」! 何と、新砂水門の現場でお世話になっている艇たちと同様、でんでん丸船隊の一隻でしたか。

237063.jpg前回も触れたとおり、旧中川の北端区間を再訪ということで、左へ舵を切りました。

まだ塗装の肌も黒々とつややかな、中川大橋の向こうに見えるのは、これまた最近になって面目を一新した都営新宿線・東大島駅。側壁の窓が大きくなって、川面への眺望がぐっと向上したようです。外見も清々しい感じでいいですね。

237064.jpg
旧中川で最も風格のある鋼橋、江東新橋には足場が架かって、どうやら補修工事中のようでした。隅田川の橋もそうですが、オリンピックに向けてなのかどうか、最近は橋の大規模な補修が多いですね。

237065.jpg
ここでいつもなら、左へ折れて北十間川へ入るところですが、今回はそのまま北上。屈曲区間の水際には、柵列と葦の茂みが交互に配され、トリさんたちが潜むのには格好の環境です。

暑熱ますます厳しく、少々判断力が鈍ってきたような気が‥‥。舵を一つ当てるにしても、頭を振り立てて構えなければなりません。スロットルをしぼり、ここは慎重にまいりましょう。
撮影地点のMapion地図

(元年8月1日撮影)

(『8月1日の旧中川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 旧中川 江東内部河川 水位低下化河川

新装扇橋閘門通り初め…5

(『新装扇橋閘門通り初め…4』のつづき)

237056.jpg

237057.jpgハシゴを引っ掛けていたボートフックを外し、護岸を一突きして出閘です。この、排水が終わってホッとしたのと、閘室を出るときの後ろ髪を引かれるような気持ちが、ないまぜになった感じを味わうのも久しぶり。暑さでうだっていることもひととき忘れられ、機嫌の悪かろうはずなし。

扉体からの滴がポツポツいう音を聞きながら、後扉室をくぐって東側へ出ました。後扉室は3月31日、ロケハンの道々でほぼ完成した姿を見ていますが、スキンプレート側を目にするのはもちろんこの日が初めて。

237058.jpg
従来のままだった閘室と違い、ゲートの外側は護岸も更新されていたのは、前扉室と同様です。

左側、高層マンションと思われるビルの建設が続いていますね。「閘門ビュー」のお部屋が一気に増えるわけで、ある種うらやましく思う反面、騒音などのクレームにも気を遣わなければならなくなりそう。いい方へ解釈すれば、閘門の存在を知る人が増え、周知と理解につながるチャンス、と見てよいのかもしれません。

237059.jpg

237060.jpgカヤックの皆さんに「お先に失礼します」と挨拶して追い越し、閘門を離れたところで振り返り一枚。今日は帰りも、扇橋閘門を通って出よう‥‥。

そのまま小名木川を直進、しばらく訪ねていなかった、旧中川の北端部を目指すことにしました。微速でも前進していれば、風が当り涼が取れるのはありがたいところ。焦げそうな陽射しに辟易しながらも、水位低下化河川を楽しんでゆくことにしました。
撮影地点のMapion地図

(元年8月1日撮影)

(『8月1日の旧中川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 扇橋閘門 閘門 江東内部河川 水位低下化河川

新装扇橋閘門通り初め…4

(『新装扇橋閘門通り初め…3』のつづき)

237051.jpg一つ忘れもの。後扉室が開く前、目の前の前扉室ゲートにゴイサギ君が飛来。扉体の上からいかにもうろんげな表情で、じっとこちらを見つめていました。

しばらく船影を見なかった水面が、突然賑やかになったので、きっと不審に思ったのでしょうね。もしかしたら「オレの縄張りに変なのが入ってきたせいで、おちおち魚も捕れやしない」と、ぼやいていたかもしれません。

237052.jpg閘室内から見上げた操作室棟。各階に回廊を備えた3階建てで、3階と前扉室の巻上機室を直接結ぶ階段が設けられているのが目新しい点です。

先代のタイル張りのような装飾はなく、全面コンクリート生地で質素な感じですが、エッジの立ったデザインは新ゲートとお揃いで、悪くありません(偉そうに)。



237053.jpg
前扉室を閉める旨放送があって、洗浄水の水煙を立てながら扉体が降りてゆきます。

しかし、巻上機室の回廊、張り出した幅が結構ありますよね。回廊の通路幅に余裕を持たせたということは、操作室棟から直接行き来できる階段があることを考えると、開放日の見学コースにも盛り込んでもらえるのかしら。ぜひゲート上から、通航風景を眺めてみたいものですね。

237054.jpg
さて、この日の閘程ですが、朔の大潮ということもあり、11:11の最大干潮時、A.P.+0.03mに向かって急速に引いているところ。よって閘程はおよそ1.6mと、少々物足りない結果になりました。

おなじみ「もんぴ君」の水位尺、せっかくのゆるキャラ(?)が、色褪せと汚れで見る影もありません。そろそろ取り替えてあげてほしいところですね‥‥。

237055.jpg
後扉室ゲートが開きはじめました。カヤックの皆さんが固まって待ち構える向こうに、陽光を反射して輝く東側の水面。

私と我が艇にとって平成29年4月20日以来、実に2年3ヶ月余ぶりの通航が果たされようとしていると思うと、大げさですが感慨深いものがありました。

(元年8月1日撮影)

(『新装扇橋閘門通り初め…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 扇橋閘門 閘門 江東内部河川 水辺の鳥たち