fc2ブログ

10月22日の水路風景…2

(『10月22日の水路風景…1』のつづき)

306020.jpg前後しますが、第一航路を南下した際振り返ってのスナップ。

清々しい秋晴れ、行逢船もないとあって、ついつい行き足もつこうというもの。広い水面で若干の波立ちはありますから、さすがに運河のようなデッドフルというわけにはいきませんが、艇体とエンジンの健康のため、回せるときはできるだけ回しておきたいですからね。

306021.jpg
天王洲南運河に入るため減速したところで、おなじみ品川埠頭のクレーン群を一枚。好天しかも空気が澄んでいることもあり、紅白の塗色が目に染みる鮮やかさ。いいですねえ。

306022.jpg
ここでふと、「ジブの先端って、どんな形をしているんだろう?」と思い、ズームでたぐってアップで。さんざん前を通っておきながら、よく知らない部分があるのはいつものことですが。

先端にはTの字状に取り付けられた、足場みたいなスペースがあるのですね。ジブ上の柵が設けられた通路と合わせ、メンテナンス時以外は人が入らないところでしょうが、見ているだけで足がすくみそうな高さ‥‥。

306023.jpg
天王洲南運河に戻って、これもおなじみ古川組のヤード前で、揚錨船「赤間丸」‥‥あれれ? 一昨年7月に見かけたときは、「第2赤間丸」だったのに‥‥。

帰宅してから、写真でよくよく見くらべてみましたが、同一船体のようです。「第1」が廃船か改名になって、「第2」を名乗る必要がなくなったのかしら。

306024.jpg
天王洲水門をくぐった直後、陽が降り注いでマストが白く輝いているのに惹かれ、「雲鷹丸」を一枚。角度がいまいちになってしまいましたが、3檣バークの帆装は佳きもの。展帆しているところを見たくなります。旧水産大学‥‥現海洋大品川キャンパスの保存船で、明治41年生まれと御年実に115歳。

陸上保存とはいえ、旧商船大の明治丸と並んで、都内に2隻も明治生まれの古豪帆船があるのは、まことにありがたいことではあります。現存している三連成汽機装備(現在は撤去されているようですが)の船としても貴重ですよね。
撮影地点のMapion地図

(令和5年10月22日撮影)

(『10月22日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東京港天王洲南運河天王洲運河

10月22日の水路風景…1

306015.jpg
10月14日に船底塗装を終えて下架し、恒例の東雲運河トライアルはその8日後、22日となりました。ほんの短時間ですが近場の徘徊もしてきたので、その際のスナップも併せて。

306016.jpg今回の結果は27.59kt(51.1km/h)と、令和元年8月下架直後の28.67kt(53.1km/h)には及びませんでしたが、船底塗装後としては十分に満足できる記録でした。

微妙に伸びなかったのは、向かい風と潮の具合もあったでしょうから、過去の実績から見ても、おおむね27ktがベストコンディション時における、我が艇の実力と見て差し支えないと思います。

306017.jpg
さて、秋も深まって朝晩はだいぶ肌寒くなりながら、日中は暖かな好天だったので、多くのプレジャーと行き逢った日でした。七枝橋ではさっそく、PWCのフリートと行逢。

10数隻はあったでしょうか、先頭の艇に出会ってからしんがりまで結構な時間を要するほどで、「おお、大艦隊だな!」と思わず独り言が出たものでした。

306018.jpg
砂町運河といえば、潮見分室の清掃船溜を行きしなにのぞいてみるのが恒例。おなじみコンベア清掃船のほか、初めて見た「なぎさⅡ」なる紺色の艇が。なかなかスマートですが、港湾局の監視艇かな? 検索してもヒットしませんでした。

306019.jpg
こちらは同じ清掃船溜でも、天王洲南運河にある、東京港埠頭(株)の黄色い清掃船が憩うポンド。写真の「清海丸」は、河川を担当する環境公社の船隊でいうと「すみだ1号/すみだ2号」に相当する、いわばゴミ運搬船。

ここから中防までの短い距離を往復するのが仕事とあって、なかなか走っている場面に出くわせないのが残念なところです。ご覧のとおり渋い外観で惹かれるものがありますから、第一航路を波押し分けて走る姿、一度ものしてみたいものですね。
撮影地点のMapion地図

(令和5年10月22日撮影)

(『10月22日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東雲運河砂町運河天王洲南運河清掃船

3月12日の目黒川

(『3月12日の桜偵察』のつづき)

295014.jpg
12日に目黒川を訪ねて目にした諸々のうち、桜以外‥‥ちょっと気になったものをこちらにまとめました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 天王洲南運河目黒川

7月18日のフネブネ

(『7月18日の浮流物』のつづき)

284022.jpg
ヤードの上下架用クレーンは1基なので、しばらく順番待ちに。船台に乗った艇の上から運河をゆきかうフネブネを眺められるので、退屈はしません。

コンベア清掃船「建河清第2号」が通ったので一枚。船首に乗り組みさんの姿はなく、行き足も速かったので、これから旧江戸川や中川など、東側の河川へ清掃におもむく途中なのでしょうね。

284023.jpg天王洲南運河を東航していたら、水上バスタイプの行逢船が。ジールの「Zea Fleet(ジーフリート)」ですね。

もと荒川水上バス、海洋商船の船隊に属していた一隻で、超ベテランといってよい船齢のはずですが、美しく手入れされていて、見たかぎりでは老嬢といった感じは全くしません。


284024.jpg
皆さんスカイデッキに出て、思い思いに周りを眺めたり、写真を撮ったりと楽しそう。かつての水上バスたちも、痛ましい末路をたどった船がある中で、今なお元気で現役にある姿を見られるのは、嬉しいものです。

284025.jpg

284026.jpg台場ではおなじみ、海保バースの測量船たちにご機嫌伺い。「昭洋」「拓洋」とも結構な錆が目立ち、任務の厳しさを思わせるものが。

右はこれも顔なじみ、海洋大の練習船「神鷹丸」、この日は晴海埠頭にもやっていました。練習船には珍しい、船首楼と船橋にブルーのラインをあしらった粋な装いが効いていて、バックがマンション群の晴海だと、なおさら映える感じがしました。

(令和4年7月18日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 砂町運河天王洲南運河春海運河測量船水上バス

あのクレーンが‥‥

(『古賀オールが新塗装に!』のつづき)

284007.jpg芝浦の運河群を少しお散歩してみたくなり、新芝運河から高浜西運河をたどる定番コースへ。

最近、羽田から飛行機に乗る用事が何回かあり、そのたびにモノレールを利用して、高所からの水路風景を楽しみました。車窓から眺めたばかりの水路をこうして走るのは、記憶が新鮮なうちに両方の視点が楽しめて、えもいわれぬ面白さがありますね。

284008.jpg
「喰われるトラス」芝浦橋もお元気そうで何よりです。このあたりでは数少ない下路式の鋼橋、そして喰いつき、のしかかる高架が醸す圧迫感の魅力。犬を散歩させている男性が、じっととこちらを見ていました。

284009.jpg
新幹線と旧貨物線の高架下区間を抜けて東進すると、左手におなじみの建材屋さんが見えてくるのですが、

あっ‥‥。

284010.jpg
水面に張り出した鋼材組みの架台には、グラブつきのクレーンが主のように鎮座していて、ある種ランドマーク的な存在だったのですが。どうやらクレーン君は引退したようで、架台上にはダンプが一台停まっていました。

過去の写真は平成27年のこれが割とよく撮れているでしょうか。このあたりは準工業用地なのでしょう、かつての運河畔を思い起こさせる、生き残り的な存在なのですが、荷役設備が姿を消したということは、一つの変化といってよさそうですね。
撮影地点のMapion地図

284011.jpg天王洲南運河の西端、目黒川河口の北角の基礎護岸上で、玉のようにまん丸くなってくつろぐ鴨さん。酷暑の最中ですから彼らも同様暑いのでしょうが、ハァハァするには至っていないようです。

そういえば、今年はまだ鴨のヒヨコ艦隊に出会っていないなあ‥‥。子育ての時期はそろそろ終盤なので、この夏は雛たちの可愛らしい姿を見ずに終わるかもしれません。

(令和4年7月18日撮影)

(『7月18日の晴海橋梁』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 新芝運河高浜西運河天王洲南運河芝浦橋高架下水路水辺の鳥たち