5月3日の西側河川…2

(『5月3日の西側河川…1』のつづき)

172006.jpg
平木橋はこのあたりで唯一、桁側面に河道断面図を掲げ航路幅を示しているという、いわば通航艇に向けてメッセージを発している親切な(?)橋。

しかし今回見てみたら、以前にもまして看板の腐食が進んでいて、残念ながら断面図も風前のともしびです。貴重な存在ではあるので、せめて通るたびに記録だけでもしておこう。

172007.jpg寒色系の多い小橋梁の中でも、赤く塗り上げられた新田橋の存在は、一服の清涼剤といってもいいほど。

旧橋を意識した造作とともに、狭い水路幅によく似合う塗色だと思っているのですが、こちらもちょっと色あせてきたようですね。以前の真紅も鮮やかな桁を、取り戻していただきたいものです。



172008.jpg大横川南支川との丁字流近く、例のイイ感じの急カーブの手前には、木製の杭が並び、角材をつなげた素朴な浮桟橋がもやっているのは何度か紹介しましたが、今日はここのヌシである曳船君が休んでいました。

姿を見かけないときもあるので、引退したかしらと心配させられることもあったものの、一見したところまだまだ現役のようです。今や大横川を母港(?)とする唯一の船、原木と筏曳船で水面が埋め尽くされていた時代を、かすかに忍ばせてくれる、これも貴重な存在なのですから。

172009.jpg
曳船‥‥と呼んでいいものか、バウにも小さいながら甲板室があって、胴の間も広く取られ、通船も兼ねていそうな造作ではありますね。フロントグラスは折り畳み式、甲板室はブルワークと高さがさして変わらないほど、めり込んだような造りで、とにかく全高を抑えようという、強烈な意志が感じられます。

昔の木場を写した写真で、この船よりさらに平べったい、まるでつぶれたようなスタイルの木造曳船が、筏を曳いて活躍しているのを何度か見たことがあります。考えてみると、これはいってみれば「江東内部河川型」なのではないでしょうか? 都内の川が、全体的に橋が低いとはいえ、ここまで高さを抑える必要は、江東以外は無いように思えるからです。

172010.jpg
通り過ぎざまに、大横川南支川の弁天橋も。考えてみれば‥‥って、考えてばかりで恐縮ですが(普段は何も考えていない)、両側面の鈑桁で高欄を兼ねた、中路式というんでしょうか、この手の最も簡素な鋼桁橋も、もはや数少なくなってきましたよね。

過去にも触れたように、神田川可航部ではもう絶滅してしまったし、都内にはあといくつ残っているのでしょうか。むしろトラスより、震災復興橋としては希少になっているのかもしれません。
撮影地点のMapion地図

(27年5月3日撮影)

(『5月3日の西側河川…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 大横川南支川 江東内部河川 曳船

洲崎神社周辺を歩く

64005.jpgタモリ倶楽部の収録があった日、少し早めに現地に向かって、洲崎周辺のお散歩を楽しんできました。

水路ではたびたび訪ねているおなじみのところですが、陸路うろつくのは初めてで、ほんの短時間ながら新鮮な水路風景が堪能できました。

まず向かったのは、赤い人道橋・新田橋。

路地の奥まったところに階段が現われる面白さもさることながら、地表よりずいぶん高められた桁の位置に、土地の低さと堤防の高さが感じられ、「洲崎に来たんだなあ」という実感が湧き上がってきました。
撮影地点のMapion地図

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 大横川 大横川南支川 洲崎南水門 江東内部河川

4月2日の川景色…2

(『4月2日の川景色…1』のつづき)

55006.jpgきっちりスクエアな「運河の曲がり角」を左折して汐浜運河へ。水面はますます平らかで、艇首で切り裂くのがもったいなく思えるほど。

天然の鏡面仕上げを波立たせてゆく贅沢(?)を味わいながら、分け入ってゆく臨海部のディープ区間、何度訪れても飽きの来ない水路です。


55007.jpg
「団地銀座」を過ぎて、南開橋から西側をのぞき見たところ。ううん、だいぶ雲が厚くなってきて、暗く撮れてしまった…。

この「団地銀座」、両岸のテラスに沿ってハクモクレンが植えられており、満開の時季である3月半ばには、お花見客で賑わうちょっとした名所でもあります。今年は残念ながら、時季を逃してしまいました。

55008.jpg
大横川南支川を守る、洲崎南水門に通り過ぎざまごあいさつ。
だんだん錆の面積が増えてきて、ちょっと痛々しくなってきましたが、無事のようでひと安心。昨年夏、水門右手にあった木(こちら参照)が切られてしまい、ちょっと寂しくなってしまいました。ちんまりしたこの水門とのとりあわせ、なかなか風情があって良かったのですが。

左手の繋船杭が倒れているのは、地震の影響でしょうか。この他にも、いくつかボッキリいってしまっている杭が見られました。

55009.jpg汐浜運河と平久川平久運河の十字流にある臨海部のオールドタイマー、白妙橋。
しばらく再塗装工事中(昨年8月29日の写真参照)でしたが、久々に訪ねたらさすがに足場も取り払われ、美しいチョコレート色に塗りあげられていました。

雲がますます厚くなってきて、お化粧直し後の姿を十分にお伝えできないのが残念。近いうちにリベンジしたいものです。
撮影地点のMapion地図

55010.jpg艪漕ぎと桜の様子見が目的なので、ここで右に折れて、平久川を遡上し大横川…旧大島川の区間に進入とまいりましょう。

垂直護岸など撮って、何のつもりだろうと思われるかもしれませんが、イヤ、潮の引いたときの護岸て、何だかワクワクしませんか? 

自分にとって、この貝のこびりついた黒い腹を見せている護岸は、低い橋の連続する内部河川も自由自在に船行きできる、月のうちにそれこそ何度もない(日曜か休みのとれた日だけですから、多くても5~6日!)幸せなひとときを示すサインに他ならないからです!

この日も嬉しさのあまり、やたらと護岸の写真を撮ってしまいました。そのうち機会があったら、干潮時の護岸の写真だけウンザリするほど集めて、自分一人が悦に入るための記事を作ってもいいくらいですわ!

(23年4月2日撮影)

(『4月2日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐浜運河 大横川南支川 平久川 洲崎南水門 江東内部河川

マニアパ的水路行…2

(『マニアパ的水路行…1』のつづき)

16006.jpgここでプチ航路情報。洲崎南水門から大横川南支川をのぞくと、屋形船の繋留が復活していました。

西洲崎橋の架け替えや、護岸改良工事終了後も、しばらく繋留船の見られなかったここですが、これで旧来の姿に戻ったことになります。通過できないのはちょっと残念ですが、業務船の憩う「生きた水路」であることは、水運趣味的に見て、やはり嬉しいことには違いありません。

16007.jpg汐浜運河と平久川平久運河の十字流を右折、平久川から大横川へと、ここからは前回(『水門先生と江東運河地帯…3』参照)とほぼ同じコース。

次第に水路幅が狭まり、橋の桁下高も低くなってゆく、ドキドキ感を味わっていただけるかしら…と思っていたのですが、バドン氏のテンションは、そんな俗世の瑣事を超越したところにあり、沿岸に現れる建造物の、魅力的なパーツを次々と発見しては、一つ一つに論評を加えてゆく手連の早業。
ちょっとしたディテールも見逃さない、そのまなざしはまさに猛禽類、ハンターの眼と言っても過言ではありますまい!

16008.jpg平久川から、大横川に入った直後の北岸にそびえ立つこの団地は、バドン氏の琴線をいたく刺激したようです。団地ながら、屋上に西濃運輸の大きな看板が掲げられているのも珍しいですが、地上階も西濃運輸のトラックヤードになっているのですね。

ご指摘いただかなければ、いつものようにスルーするところでした。今まで、いかに漫然と水路行をしていたか、思い知らされます。
撮影地点のMapion地図

16009.jpg木場公園横の南北に延びる区間に入ると、さすがに大型の建物は見えなくなりましたが、小さなアパートや民家にも、換気口やちょっとした造作など、カッコイイ部分を目ざとく発見しては楽しまれる、バドン氏の驚異的な眼力。

いやもう、ここまで喜んでいただけるとは、お付き合いいただいた船頭としても、まったく嬉しい限りなのですが…、もしかしたら、バドン氏が茂森橋に気づかないまま通り過ぎてしまうのではという、一抹の不安が芽生えたことも、否定できません。
佐藤氏ご提唱の「最低橋Tシャツ」計画は、水辺の団地の圧倒的存在感の前に、露と消えてしまうのか?

16010.jpg
狭い艇上にぎゅっと詰まった人々(狭くてすみません)、それぞれの思惑をよそに、おなじみ茂森橋がもう目前まで迫っていました。神様は…イヤ違った、復興局そして地盤沈下は、人々の頭上にひとしく最低橋をお遣わしになる…団地趣味界の雄にも、水門写真家にも、そして水路バカにも。

戯れごとはともかく、今まで、お菓子の森に迷い込んだ子供のようだった、バドン氏のテンションが急降下し、他の同乗者とともに、口々に通過への不安を漏らされるまでに。
その地味な外観にもかかわらず、一瞬で観衆のハートをわしづかむ茂森君。やはり君は偉大な最低橋だ!


(21年9月20日撮影)

(『マニアパ的水路行…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 団地 汐浜運河 大横川南支川 大横川 洲崎南水門 茂森橋 最低橋 江東内部河川

水門先生と江東運河地帯…4

(『水門先生と江東運河地帯…3』のつづき)

12016.jpgウハハハ!低いですねえ、ワハハハ!」F氏が壊れたようにバカウケ(笑)。そう、想像を超える光景を目前にすると、人はもう笑うしかないのです!

偉そうにかく言う私も、嬉しくてやに下がり、ぐふふとブキミな笑い声をもらすていたらく。隣の佐藤氏はきっと、気色が悪かったに違いない…。

12017.jpg低いとは言っても、まだここは、フロントグラス上端から顔が出せる余裕があります。静かな水路で、ひとり星霜を重ねる橋の古さを味わう余裕も…。

私、以前も書いたように、国内初のエンスーなプレジャーボート、GT-TUG20に大いに魅せられている一人なんですが、ご覧の通り、ブリッジの背が高い…。このすり抜けの快感を捨て去らなければならないことを思うと、まことに残念ながら、乗り換える気持ちにはなれないわけです(今のところ、ね)。

12018.jpg大横川南支川の南端、洲崎南水門をくぐってから転回して、ふたたび大横川に戻ることに。小さすぎず大きすぎず、イイ塩梅(?)の大きさ、周囲の静かなロケーション、いつくぐっても感じのよい水門です。

今でこそ運河畔にはテラスが整備され、正面から水門をゆっくり眺められますが、佐藤氏が初めて訪れたころは、垂直護岸に囲まれた近づきがたい一角で、撮影にもずいぶん苦労されたとか。
撮影地点のMapion地図

12019.jpg大横川に戻り、都内随一の急カーブ区間を曲がりきると、沢海橋(A.P.+2.6m)が出現。ええもう、ドンドン低くなりますから。

高欄だけ見ると、左にねじれ下がっていて、くぐる人(あまりいないと思われますが)の不安をあおる外観になっているのもイイ感じですが、桁下は水平なので安心です。(何が安心だ?)

12020.jpg今までの橋と違うのは、永代通りを渡す橋だけあって、幅もぐんと広いこと。割と最近の橋ではあるので、リベットの出っ張りはなく、下面がフラットではあるものの、その圧迫感は相当なものです。

佐藤氏は伏せるように前傾し、私はリンボーダンスのように後ろに反ってのすり抜け。いや~、佳境に入ってまいりました!
撮影地点のMapion地図

(21年8月9日撮影)

(『水門先生と江東運河地帯…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川南支川 洲崎南水門 大横川 弁天橋 江東内部河川