最狭水路打通の日!…7

(『最狭水路打通の日!…6』のつづき)

192061.jpg和船の横をすり抜ければ、後の二隻はそこそこの可航幅があるので、余裕しゃくしゃく(いった先から増長ぎみ)。目前に迫った巽橋をくぐったら、大横川との丁字流はもうすぐです。

水平方向の狭さに、意識を持っていかれっぱなしだったこともあり、橋をくぐるのがえらく新鮮に思えるほど。この巽橋、高欄の新しさにだまされがちですが、リベットみっちりで、路面ににょっきり鈑桁が顔を出しているという、魅力的な橋なんですよね。
(『大島川西支川を歩く…4』参照)

192062.jpg
もっとも、すんなり航過したというわけではなく、最後の難関‥‥いや、難関は大げさだな、ちょっと気がかりな場所が一つありました。河口部、船宿さんの釣船と屋形がもやう、ここです。

以前、釣船と屋形の間に一本、船尾どうしを結んだ控えのもやいが渡してあったのを、覚えていたのです。今日はもやいを渡しているのか‥‥。水面下に沈んでいたら、不用意に進むと引っかかるだけでなく、二隻を傷つけてしまいます。あと少しで完走というところまできて、事故を起こしては元も子もありませんから、ここは慎重に一旦停止し、目を凝らして観察。

192063.jpg‥‥よし、大丈夫そうだ! スロットルをコツン、次第についてゆく行き足を感じながら、視界を占めてゆく見慣れたヤマタネ倉庫の壁面。

二隻の船尾角を完全にかわしたところで、堰を切ったように、さっきとは桁違いの嬉しさが、もりもり湧き上がってきました!
ついにこの瞬間が来たのです!

192064.jpg
最狭水路大島川西支川、打通成る!

最初は入ることすら難しかろうと思い込んでいたのが、北側と南側からそれぞれ、恐る恐る出入りできるようになり、そして今日、気長に待ち続けた甲斐あって、通しで艇を歩かせることができた‥‥。思えば初訪から9年、待てば水路の日和あり、であります、はい。

最狭部のヌシたる、あの艇のオーナー様にも感謝。番組中でのお願いを、聞き届けてくださったかどうかはわかりませんが、出港していただいたお陰様で、事故なく念願を成就することができました。ありがとうございました!

192065.jpg
嬉しさで少しおつむに変調を来したのか、練兵衛橋と大島川水門に挟まれた丁字流を、微速で意味なく、3回もぐるぐると回ってしまいました。何か、立ち去り難いものがあったのかもしれません。

一息ついてふと目を上げると、工事中の大島川水門の径間を窓にして、水上バス「カワセミ」の遡上する姿を見ることができました。
撮影地点のMapion地図

(28年5月8日撮影)

(『5月8日の運河風景』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大島川西支川 大横川 江東内部河川 大島川水門

A.P.マイナスの日には…6

(『A.P.マイナスの日には…5』のつづき)

192026.jpg
一つ積み忘れをしました、沢海橋をくぐった直後(『A.P.マイナスの日には…3』参照)、連れが撮った写真。

水管橋が姿を映していた水鏡を、引き波が乱した瞬間に偶然シャッターを落としたもの。アメのようにぐにゃりとした、何とも不思議なカタチが面白く、すっかり気に入ってしまいました。

192027.jpg

192028.jpg桁下端のラインが、戦前風味で格好良い木更木橋。西側河川の橋としては高い方といえる、A.P.+3.7mの桁下高とあって、大干潮時では橋脚も堂々たるもの。

ふと北側の護岸を見ると、足場の近くにヒモでつながれた缶のようなものが。釣りの生け簀にでもしているのか、はたまた防火用水のくみ上げにでも使うのかしら‥‥。


192029.jpg清澄通り、海辺橋(A.P.+3.2m)。シンプルそのもの、高欄の装飾も一切見られないような桁橋ながら、興味を惹かずにはおれないディテールを持っているのが面白いところ。

両橋詰、手前側をよく見てください、護岸上端を掘り込んだような、凹部がありますよね?


192030.jpg
北岸のものを正面から見ると、こんな感じ。どうやら、将来の拡幅を想定して、橋台を造ってあるようですね。道路趣味の方ならきっとご存知でしょう、水上からはいつも同様、ただ興味深く眺めるのみでした。

ちなみに、写真右手に掲げられた白いプレートを読み下したところ、海辺橋の直下A.P.-11.7mに、地下鉄12号線(大江戸線)のトンネル上端があるとのこと。埋設物お知らせの看板でした。
撮影地点のMapion地図

(28年5月8日撮影)

(『最狭水路打通の日!…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 仙台堀川 大横川 江東内部河川 橋の裏側

A.P.マイナスの日には…4

(『A.P.マイナスの日には…3』のつづき)

192016.jpg

192017.jpg相手が茂森橋ともなれば、シャッターを押す回数もいきおい多くなろうというもの。圧倒されそうな数のリベットも、痛々しい縁石の欠落や錆垂れも、腐朽したまま上塗りされた旧橋名板も、ひとつひとつが愛おしくなるディテール。

幹線道路らしい広大な幅と密な桁、これが1車線の幅だったら、すり抜けるにしてもあっというまで、さほどの圧迫感はなかったでしょう。

192018.jpg
上流側から見た東側橋台の様子、もりもりと堆積した泥土が見られるのも、A.P.マイナスならではの光景。

何分、この下流側には、中央径間を残してテラスが出っ張っているのですから、流れが緩くなり、泥もたまろうというものです。

192019.jpg
繰り返しになりますが、下流側は両岸をテラスで阻まれ、上流側もご覧のとおり、太い水管橋が高欄の高さに隣接して渡り‥‥と、改めて、鑑賞するには厳しい環境の橋だなあと、思わざるをえません。

全容を写真に収めるには、くぐった直後を狙って見上げるしかないのですが、むしろそういうあたりが、希少さ、愛おしさを増進している気もするのです。

192020.jpg茂森橋だけで5枚を費やし、思いのたけをぶちまけてからふと右手を見れば、干潮で格子がすっかりあらわになった仙台堀川サイフォンに、何やら数人の人が取り付いているのに気付きました。

どうやら、呑口のの点検を兼ねて、格子についたゴミを清掃しているようですね。大干潮時でなければできない作業、ここでも貴重な光景を拝見できたわけでした。
撮影地点のMapion地図

(28年5月8日撮影)

(『A.P.マイナスの日には…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 江東内部河川 茂森橋 最低橋 橋の裏側

A.P.マイナスの日には…3

(『A.P.マイナスの日には…2』のつづき)

192011.jpg

192012.jpg毎度同じような写真で恐縮な大横川歩き、まだつづきます。イイ感じのカーブの向こう、顔を出した沢海橋と。一杯まで引いたことで、黒い湛水線下が水面上の半分を占めている護岸、沢海橋もA.P.+2.6mの桁下高を感じさせない、ゆったりとした表情。

それよりさらに0.1m低い大横橋をくぐるときも、フロントグラスから頭を出して余裕しゃくしゃく。向こうに望む豊木橋(A.P.+3.3m)に至っては、バンザイをしようと桁裏にさわることがないくらい。

192013.jpg
そうそう、豊木橋に寄り添うような形で設けられ、河道やや下流側に向かってはすに口を開けている、おなじみのコレについて。

192014.jpg今まで、何とはなしに「横十間川親水公園の排水機場」、「木場ポンプ所」などと呼んできたのですが、3年ほど前、このあたりを陸路お散歩していたのを思い出し、アルバムを見返してみたら、施設名称の書かれた看板を撮っていたのでした。正式名称は「木場ポンプ所雨水放流渠及び吐口施設」、都下水道局・東部第一下水道事務所の管理施設だそうです。以降お見知りおきを‥‥。

水深は引き続き安定しており、このあたりで1.5m。A.P.水位がマイナスになろうと、まず安心して舟行きできる可航環境! 適度な狭さに加え、このあたりにも惚れ込む理由があるのです。


192015.jpg
さて、ご本尊たる茂森橋さんにご機嫌伺い。いやもう、この目線から桁裏が見えるという、まったく圧迫感のない姿に、水位の低さを改めて実感しようというもの。手前の水管橋の橋脚に、なぜかかぶせられた青いネット、昨年5月からそのままのようですね。

しかし、新田橋も塗り替えられたことだし、そろそろ茂森橋にお鉢が回ってきてもよさそうなものですが‥‥。方々痛んできていることもあり、昭和初期の貴重な橋を保全するという意味でも、補修の手を入れてあげてほしいものです。
撮影地点のMapion地図

(28年5月8日撮影)

(『A.P.マイナスの日には…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 江東内部河川 茂森橋 最低橋 橋の裏側

A.P.マイナスの日には…2

(『A.P.マイナスの日には…1』のつづき)

192006.jpg大横川に進入した直後の感。何分最徐航区間だけに、よそでは危うく見えるであろう1.3mも、余裕を持って歩かせるに足る水深といえます。通い慣れていて、底状はあまり凹凸なく、安定しているのが知れていることもありますが、河道ほぼ中央の澪筋から外れれば、杭やコンクリ塊などの沈置物は結構ありますから、注意するに越したことはありません。

というわけで、通るたびに同じような写真で恐縮ながら、以下おなじみの諸々を垂れ流しに及びます。平木橋桁側面の河道断面図(下写真)、年々腐蝕して失われていくさまを、訪ねるごとまるで義務のように観察しているので、今回もくぐりざま一枚。



192007.jpg

192008.jpg私設橋だった旧橋をモディファイしたかたちの、魅力的な人道橋・新田橋も水位相応の表情。塗り替えてまだ間もない、真紅の塗装がきれいですね。

昨年「5月3日の西側河川…2」で、平木橋とともに触れましたが、声が天いやお役所に届いたのか、色褪せていた表面も見違えるような鮮やかさ、文字通り大横川狭窄部の「紅一点」の輝きを、取り戻した感があります。よかったねえ‥‥。

192009.jpg
きれいになったことだしと、新田橋の裏側を見上げて。側面に劣らず鮮やかな仕上がり。

荷重の少ない人道橋、しかも管路のたぐいを一切併設していないとあって、裏側のディテールも単純明快。橋台も護岸の一部を切り欠いたような、簡素なものです。

192010.jpg
これもおなじみ、弁天橋向かいを定繋地としている、曳船か通船か類別不明の魅力的な一隻。そうそう、今まで船名に触れるのを忘れていました、「宍倉建設2号」さんです!

年々くたびれてきてはいるものの、もやいはノリや貝がついていないし、来るたびに甲板上の備品が動いているので、現役で活躍中と推察しています。内部河川の通航に特化した、と見立てたくなるような、全高を徹底的に抑えたそのスタイル、しかも鋼船とくれば、今や希少な存在であることは明らか。末永く元気でいてほしいですね。

(28年5月8日撮影)

(『A.P.マイナスの日には…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 江東内部河川 曳船 橋の裏側