fc2ブログ

8月22日の水路風景…6

(『8月22日の水路風景…5』のつづき)

270026.jpg
この日のイグアナクレーンでは、ちょっと変わった光景を目にすることができました。おなじみ犬機関車はじめ、3輌の入替ディーゼル機と、キヤ2輌編成が線路の東端に寄せられていて、ちょうどイグアナ先生の足下に抱かれているような格好になっていたのです。

270027.jpg
曙北運河に出てから振り返って。お昼近くなると次第に雲が途切れ始め、青空がのぞいてきました。この調子だと午後は晴れそうですね。

レール運搬車がすべて気動車化されれば、機関車たちもいよいよお役御免となるのでしょう。イグアナ先生にまるで雛のように抱かれる、可愛らしいさまを眺めながら、少々うら寂しい気持ちになったことではありました。

270028.jpgいったん帰港して昼食後、ふたたび出ることに。今度はブルーインパルスの展示飛行を見るため、隅田川を目指します。

大横川で、7月22日に見た護岸工事の台船たちですが、ささやかながら興味深い点が一つありました。右手、北岸の護岸を何気なく眺めていたら‥‥。



270029.jpg
数十mに渡って、護岸に付着した貝や海苔がきれいに取り去られ、えらくサッパリした状態になっていました。写真は、貝が取り去られていない区間との境目を撮ったもの。

これから施工する区間を、あらかじめ清掃したということでしょうか。このあたりをテリトリーにしている、護岸はっつきチュンさんたちがさぞ残念がるだろうなあ‥‥。

270030.jpg前回のブルー展示飛行時同様、言問橋上流を目指して、一路隅田川を遡上。前回はスカイツリーと編隊のツーショットがいま一つの仕上がりだったので、今回は少しでもいいスナップをものしたいものです。

道々、通称「手上げ」の小型清掃船と行逢。おなじみの船影ですが、高速航行時の姿はあまり見かけなかったような‥‥。貴重なシーンに思えて、引き波でガブられながら一枚。


(令和3年8月22日撮影)

(『8月22日の水路風景…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 大横川 隅田川 イグアナクレーン 清掃船 江東内部河川

7月22日の水路風景…2

(『7月22日の水路風景…1』のつづき)

269061.jpg
恒例、新月島川の森田内燃機さん前で、干潮時バージが座洲し傾斜したとき(前回はこちら)に、ホールド内のクレーン車をのぞき込んでみるイベント(?)。

今回は手前で十分減速し、一瞬ながらシートの上に立ち上がって撮ってみたのですが‥‥ううん、あんまり以前と変わらないな。自撮り棒の先にカメラをつけて、タイマーで撮るのがいいかしら。

269062.jpg京浜運河、湾岸署水上安全課の船溜を拝見。五輪警備で出動艇も増えているせいか、繋留している艇の数もだいぶ少なめです。

下の写真、6月13日に見たときは4隻がズラリと並んでいた、対五輪増備と思しき既製艇も、この日は2隻のみ。警備は海保中心とはいえ、警察もお忙しいことでしょう。

269063.jpg

269064.jpg隅田川を派川との分流点まで遡上してきたところで、エスエスNANO1が永代橋をくぐろうとしているのを見つけ、もしかしたら‥‥としばらく追尾。

間なしにこちらに気づいて振り向いた顔は、やはりZEN船長でした。手を振りながら取舵に当てて、日本橋川に入るところをスナップ。この酷暑、オープン艇でのご案内は厳しいものがありそうです、どうかお気をつけて。


269065.jpg
永代橋で反転、大横川に入り微速に落とすと、まあ汗が噴き出ること。クーラーボックスの冷たいお茶をラッパ飲みしながら進んでいたら、石島橋~巴橋間で、クレーン付き台船や曳船がおり、明らかに工事中。

艇を歩かせながら見てゆくと、南岸に鋼矢板が打ち込まれており、どうやら護岸の改良工事のよう。ご覧のように幅員は十分あり、通航に支障はありませんでした。
撮影地点のMapion地図

(令和3年7月22日撮影)

(『7月22日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 新月島川 京浜運河 隅田川 大横川 警備艇 台船

お花見水路の道々で…12

(『お花見水路の道々で…11』のつづき)

263056.jpg
あちらこちらとつまみ食いのようではあったものの、お花見水路の様子をひととおり見て回れたので、満足満足。

仙台堀川との丁字流から平久川に入り、南下を再開すると、しばらく河畔の桜並木が途切れるので、クールダウンしながら余韻を楽しむような気分に。鶴歩橋、グリーンの塗装が相変わらずよく似合って、渋めのいい雰囲気ですね。

263057.jpg
先ほど通った、大横川との変則十字流まで戻ってきてみると‥‥う~ん、西側河川北半部のそれを見てきたばかりの目からすると、やはり、やはり大横川南部の桜並木は、ボリュームの桁が違いますね!

テラスから河上に張り出し、水面近くまで枝を垂らしたさま、また密度はもちろん、舟行きしながら眺めて満足できるほど良い延長という点で見ても、都内可航河川ではダントツの首位であることを、改めて実感した次第であります。

263058.jpgさらに南下して辰巳運河へ。そうそう、辰巳水門がある防潮堤、単に雑木が繁茂しているように見えますが、ここも何本か桜があって、緑の中にモクリ、モクリといった感じで顔を出しており、彩りを添えているのですよ。

他の季節だと、木々に埋もれて気づかず通り過ぎてしまうのですから、春の水路徘徊は、意外なところに桜を見つける発見の旅、といってもいいくらいです。

263059.jpg辰巳運河を出て左折し、辰巳埠頭の全長を使って、エンジンの健康を考えてデッドフル航行。

48.8km/h‥‥26.3kt。さすがに一時期のような27ktオーバーは成らなかったものの、胸のすく快走ぶりで、満足のゆく成績でした。


263060.jpg
スロットルを戻し、船影も見えず寂しいかぎりの墨田川造船辰巳をのぞいてみると、浮きドックの中にグレーの何かが。入渠艇かと色めきだって東側に回ってみたところ‥‥あらら残念、船ではなくポンツンでした。
撮影地点のMapion地図

(令和3年3月31日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平久川 大横川 江東内部河川 辰巳運河 墨田川造船

お花見水路の道々で…11

(『お花見水路の道々で…10』のつづき)

263051.jpg

263052.jpg桜にはさまれたトラスが撮りたくなり、福壽橋をくぐってから振り返って。ここまで南下すると枝ぶりも控え目になり、葉桜も見られて密度は粗くなりますが、静かな川面から愛でる桜とトラスは、まこと乙なもの。

帰路は仙台堀川も見ておこうと、丁字流を右へ折れて西航。まず目についたのは木場公園大橋あたりの一群。少し散り気味なものの、まだまだ十分イケるレベルでした。

263053.jpg干潮のピークを目前にしているとあって、場所によっては基礎護岸の鋼矢板が露出しているところも。決まってハトや水鳥が群れていて、餌をついばんでいました。

中に一羽だけ、鷺さんがいたので見ていると、やにわにかがんで狙いを定める姿勢に。お魚を見つけたのでしょうね。


263054.jpg
仙台堀川の桜並木は、亀久橋以西が主力(?)なので、平久川との丁字流を過ぎてそのまま西進。木々の一本一本は大横川のそれより小ぶりなものの、こちらもまだ盛りといってよい見事さ。

流れがゆるいせいでしょう、凹部などに花筏がひと固まりしたようなさまは見られなかったものの、川面には花びらのつくった水玉模様がまんべんなく広がり、ひと風吹けば花筏に成長しそうな雰囲気でした。

263055.jpg
転回して亀久橋に向き直ったところで、一陣の風が抜けて、おお‥‥と声が出てしまうくらいの桜吹雪に。例によって、写真がまずいのでうまくお伝えできないのがもどかしいのですが、古豪トラスの中でも個性派である亀久橋をバックに眺める桜吹雪、素晴らしいものでした。
撮影地点のMapion地図

(令和3年3月31日撮影)

(『お花見水路の道々で…12』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 仙台堀川 江東内部河川 水辺の鳥たち

お花見水路の道々で…10

(『お花見水路の道々で…9』のつづき)

263046.jpgいったん途切れた護岸工事の区間は、東深川橋の東側でふたたび鋼管矢板が両岸に並び始め、その奥ではこれも先ほど同様、浚渫作業中の様子。

工事で徐航や交互通航の区間が設定されるのは、一見面倒なように思えますが、趣味者の視点ではいうまでもなくごちそうの部類。平日でなくては拝めない光景ですからね。

263047.jpg
接近中に、ユンボがガバーッと水しぶきを上げ始めたので、ズームでたぐって一枚。いいシーンがものせたとニンマリです。拙者、浚渫大好き侍に御座候‥‥。

263048.jpg大横川との十字流に至れば、扇橋閘門も間近。最近通閘していないし‥‥と吸い寄せられそうになりながら、本日のお題はお花見と、後ろ髪を引かれる思いで面舵。

前扉室の手前では、一人のんびりと開扉を待つカヤックが。水位低下化区間の桜も、ちょっと見てみたかったなあ。


263049.jpg
この日の干潮は、12時43分にA.P.+0.08mという推算潮位。通航時刻は12時を少し過ぎたところで、低い橋の連続する大横川を通るには、まこと格好の潮時というわけです。

263050.jpg
いや、このボリューム感! 練兵衛橋~東富橋間の濃厚さ、枝の低さには数歩譲るものの、この小名木川以南の南北に走る区間も、大いに堪能できる美しさと量感を備えていますよね!

(令和3年3月31日撮影)

(『お花見水路の道々で…11』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 小名木川 大横川 江東内部河川 扇橋閘門 閘門 浚渫船