FC2ブログ

8月15日の水路風景…10

(『8月15日の水路風景…9』のつづき)

254061.jpg総武線隅田川橋梁の橋脚を、テラスとの間から見て。一段高く造った基礎に手すりがめぐらされ、独特の雰囲気がありますよね。

ここ、5月にテラスを散歩したときに見て、基礎上にごろりとコンクリ塊が転がされているのに気づき、妙に気になっていたもの。この日も変わらず鎮座していましたが、構造の一部が落下したわけでもないようで、なぜここにあるのかは謎のままです。

254062.jpg
大島川水門の前に架けられたテラスを結ぶ橋、少し変化がありました。「水門開閉状況確認 通航注意」と大書きされた横断幕が両端に掲げられ、さらに中央の凹部には、信号の灯器が設けられていたのです。

254063.jpg
桁下から仰いだ様子はいかがと、くぐりざま見上げて。床板などはまだ施工されておらず、桁のすき間から空が見える状態。未成時ならではの視点でスナップしておくのも楽しいものです。

254065.jpg帰路、おなじみ白妙橋を前にしたところ、潮時もよろしく(?)、その低さは艇を進ませるのをためらうような、実に剣呑な雰囲気。うひょひょ。

直前でいったん停止して深呼吸し、さて‥‥コツンとスロットルを押して最微速前進。すき間が10㎝もないようなギリギリっぷり、しかも後付けの金具やボルトなど、危険な突起物もあるため、茂森橋が優しく思えるほどでした!

254064.jpg
6月7日に見たときは、工事で通航止めだった白鷺橋、この日はフェンスが撤去されて、通航できるようになっていました。それにともない、高欄の横断幕も「航路」「工事中」に替えられていますね。

台船や足場があることは変わりなかったので、これからも動きがあるたび、適宜閉塞されるものと思われます。通航時は最徐航でお気をつけて。

(令和2年8月15日撮影)

(『8月15日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 大横川 平久運河 大島川水門

茂森橋、ついに改修工事始まる!

252126.jpg褪色し、錆び、ひび割れてゆく痛ましい姿をくぐるたびに目にして、いつ補修の手が入るのかと、心待ちにしていた愛しの茂森橋。

過去にも何度か、そんな心配をつぶやいてきましたが、先日8月5日、おなじみZEN船長のツイートを拝見してびっくり!茂森橋の鋼桁径間に、河道をふさいで足場がかかっているじゃありませんか!

いよいよこの日が来たかと嬉しくなりましたが、他ならぬ茂森橋とくれば、この目で確かめてみたくなるのが人情。出がけのわずかな時間を見つけ、さっそく寄り道してきました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 大横川 江東内部河川 茂森橋

6月7日の西側河川…1

(『水上バスとテラスの人道橋と…』のつづき)

252111.jpg

252112.jpg毎度おなじみのコースながら、大好きな川景色を愛でてまいりましょう。

大横川から見た弁天橋、南辻橋が撤去されてしまったとなれば、次はこの橋あたりが‥‥という縁起でもない危惧を抱いているんですが、どうでしょう。大事にされていると思いがちな震災復興世代の橋も、簡素なものからあっさり姿を消したりするのは珍しいことではないので、残ってくれればと祈るばかり。

右はさらに遡上した、平木橋付近の感ですが、水深1.8m! まあ、同じ大横川でも、先ほどの北端部にくらべて余裕があること! タイトルに入れた「西側河川」、竪川も大横川北端部もそうなんですが、河相から見ると別の川のようで、さらに北と南を分けたいくらいです。

252113.jpg
道なりの流れとはいえ、茂森橋さんにご機嫌うかがいするのは楽しいもの。しかし、年々錆だれや褪色が進んでくるのを目にするのがツライ‥‥。補修の予定はないんでしょうか。

252114.jpg
何しろ潮位の低い日ではあったので、さほどのギリギリ感はなかった(個人的な感想です、ハイ)ものの、イイあんばいの圧迫感を頭上にみしみしと受け止めて、もうご満悦。

くぐったところでかがめていた体を伸ばし、舵を左に切って、仙台堀川を西行することにしました。

252115.jpg仙台堀川に入った直後、南岸の露出していた基礎護岸上に、ツブれたカルガモさんが。最初は「カワイイね~」などといっていたものの、ちょっと様子が変です。近づいても逃げず、明らかに具合が悪そう。

よく見ると、翼がごっそりと食い千切られていて、怪我をしているみたい。哀れですがどうすることもできず、「頑張るんだよ!」と声をかけて通り過ぎたのでした‥‥。

(令和2年6月7日撮影)

(『6月7日の西側河川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 茂森橋 最低橋 江東内部河川 水辺の鳥たち

水上バスとテラスの人道橋と…

(『6月7日の大横川北端部…3』のつづき)

252106.jpg
竪川水門から隅田川に出て、ようやく行き足分の風で涼しく過ごせるようになり、一息つきながら下航。すぐ下流の新大橋では、観光汽船の「リバータウン」、水辺ラインの「こすもす」が行逢するシーンに出くわし、しみじみしたものです。

252107.jpg
「こすもす」を十分追い越してから左、東岸寄りに出て停止、上航してくる「さくら」との離合をものしようと待ち構えての一枚。ちょっとタイミングを逸していま一つでしたが、二隻揃って大川筋を上下する瞬間を撮れたのは、嬉しいものでした。

なぜしみじみしたかというと、コロナ禍で長らく水上バス船社が休航を余儀なくされており、静まり返った大川筋の寂しさを休日にテラスから望見していたので、賑わいが戻ったことを目の当たりにして、まあ、トシがいもなくウルッとしたわけであります。

もちろん乗客はまだ少なく、完全に旧に復したわけではありませんが、やはり都大路はフネブネの姿と引き波が絶えない川面あってこそ、との感を新たにしました。

252108.jpg
下って、大島川水門前へ。橋脚が設けられてから長らくそのままだったテラスをつなぐ人道橋の工事、ついに桁が架設されたのでした。

桁の両端に階段が設けられるのか、築堤状の取付道路をあつらえるのか不明ですが、派川筋をまたぐ人道橋の架設は画期的なこと。河畔をお散歩する楽しみもさらに広がって、かつ変化のあるものになるでしょう。

252109.jpg橋がはすに架設されているのと、ズームのゆがみも手伝って、何やら水平の基準がわからない写真になってしまいましたが、桁上の床板は未施工のようで、陽が差し込んでいました。

しかし、水門の全景とはこれでお別れということになりますね。せっかく“統一デザイン”に改装して間がないのに、ちょっと惜しいような気もしますが、今度は橋上から間近に愛でられるのだ、と思うことにしましょう。

252110.jpg潮位が低いこともあり、西側河川の低い橋たちの様子もちょっと見ておきたくなって、そのまま大横川へ直進。断面図のある橋、平木橋を一枚。

下端から少しづつ腐食していって、いずれ見られなくなるであろう断面図を、折りに触れてこうして記録していますが、そろそろ並べて変化を見られるくらい数が揃ったかしら。
撮影地点のMapion地図

(30年1月21日撮影)

(『6月7日の西側河川…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 大横川 水上バス 大島川水門 江東内部河川

6月7日の大横川北端部…3

(『6月7日の大横川北端部…2』のつづき)

252101.jpg行く手を塞ぐ台船に近づいてよく見ると、右の台船が親玉(?)でスタッドもついて大きく、左に資材を積んだ小さい台船が横抱きにもやっていて、手前には曳船も一隻見えました。

普通なら、この小さい台船が縦にもやわれて、航路を確保してあるものだがなあ‥‥と内心ぼやきながら、あきらめきれずさらに近づいて、左のすき間を検分してみると‥‥。

252102.jpg
いやもう無理。絶対に完璧に無理。

北十間川のこのときみたいに、一見無理そうでも実は通れた、という風な淡い期待を抱いていたのですが、まあ完膚なきまで瞬時に打ち砕かれましたわい。

252103.jpgカラフルな安全標語の横断幕を、恨めしげに眺めながら転回、撤退です。

まあしかし、仮に小名木川から入ろうとしたら、この状態ですぐあきらめたでしょうから、竪川から入ったのはある意味ラッキーだったかも、と考えることにしました。何より、南辻橋が撤去されたことも知らずに過ごしただろうからです。

252104.jpg
というわけで、元来た道を引き続きそろそろ歩きで戻ったんですが、竪川の積み残しを2つ。三之橋南詰近く、かつて下水道局のポンプ所があった(過去ログ『竪川…1』参照)場所、舟入を想わせる凹部。

ご覧のとおりポンプ所の建物は撤去され、更地になって向こうが見通せます。ストリートビューで道路側から見たところ、「ポンプ所施設の再構築工事を行っています」という看板が見られたので、再建の予定があるのかもしれません。

252105.jpg
その並びにあった、何ていうんでしょう、杭で囲んだ中に石を積んで、荒い法面をあつらえた一角。2か所ありました。水鳥や水生動物のためでしょうか。

これが日本橋川なら、この季節だと亀たちが競って上陸し、重なり合うように甲羅干しをし、カルガモがお昼寝をしていたりするでしょう。残念ながら竪川にはいずれもいないようで、“入居者”の姿はありませんでした。
撮影地点のMapion地図

(令和2年6月7日撮影)

(『水上バスとテラスの人道橋と…』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 竪川 江東内部河川 高架下水路 台船