fc2ブログ

3月31日の咲き具合

(『運河の給油所、解体』のつづき)

315011.jpg
さて、本題のお花見とまいりましょう。まずは3月31日から。都内各地の開花情報からして満開はまだ先、この日はまず様子見と思って出かけました。

平久運河から入ろうと白妙橋をくぐろうとしたら(失敗動画はこちら)、海上保安庁の複合艇が十字流を東航してゆくのに出くわしました。海保艇にこちらで出会うのは珍しいですね。お花見シーズンとあって、行逢艇、同航艇ともふだんに数倍するので、通い慣れた水路とはいえ気が抜けません。

315012.jpg
東富橋をくぐって大横川に入ると‥‥まあ、予想できたことながら、枝に花弁の色はほとんど見られず。とはいえ都内は開花宣言後、ちょっとは咲いているだろうと、護岸工事の鋼矢板が途切れたところで、右に寄せてよーく観察してみると‥‥。

315013.jpg
うむ、ポツリ、ポツリ‥‥一分咲きにも届かないレベルですが、咲いていますね。日焼けが気になるほどの上天気に20℃超の気温とくれば、3~4日もすれば満開になりそう。

315014.jpg
目の高さまで垂れた枝を眺めると、ほとんどの蕾が開いていて、あと少しといったところ。毎年のことながら、このはち切れそうな時期って、どこか健気な感じがして惹かれるんですよね。さすが大横川、河畔は陽当たりもよいとあって、順調のようであります。

315015.jpg黒船橋船着場まで来ると、お客さんを満載したエスエスNANO1が出現。舵を取るのはやはりZen船長! 「行ってらっしゃ~い!」と声をかけると、お客さんと一緒に手を振って応えてくれました。

この後調子に乗って越中島橋で反転、「和船友の会」の皆さんに下手な艪漕ぎを披露していたら、戻ってきたエスエスNANO1と再行逢。お客さんに訝しげな顔をされてしまったお粗末でありました。
撮影地点のMapion地図

(令和6年3月31日撮影)

(『4月7日のお花見徘徊…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 平久運河大横川江東内部河川

3月10日の水路風景…3

(『3月10日の水路風景…2』のつづき)

314036.jpg
大横川に入りがてら、改架工事の続く大島川西支川の巽橋をのぞいてみると‥‥。おお、橋台が完成したみたいですね。仮橋の下に見える、真新しいコンクリートの肌が目立っています。工事のフネブネでぎっしりだった水面も少し空いたようなので、あとは橋桁の架設を待つばかりなのでしょう。

314037.jpg
大横川を訪ねたのは、桜の様子を見ておきたかったから。一輪くらい咲いているかも‥‥と期待したのですが、早すぎたようです(笑)。もっともつぼみははちきれそうにふくらんで、暖かな日が3日も続けば、すぐに開花しそうな雰囲気でした。

314038.jpg
出会えば嬉しくてやっぱり撮ってしまう「護岸はっつきチュンさん」! 周囲の環境がスズメの生活に適しているのか、大横川で見かけることが多いですね。

付着した貝にしがみついて、懸命についばむ可愛らしい姿。いや~、愛雀家冥利に尽きます。

314039.jpg
護岸の角には、十数羽ほどの大きな群れがいて、チュンチュンとしきりに鳴きかわしながら、せわしなく場所を変えてはしがみつき、またついばみ始めます。静かな川面は、天敵がおらず見通しも効いて、比較的安全な場所なのかもしれません。

314040.jpg
台場旧防波堤の河津桜も見事でしたが、何度か紹介した汐浜運河、都営塩浜二丁目アパート前も。質量ともに素晴らしい咲きぶりでした。

こちらはテラスがあって、花見客で賑わっているのが台場との大きな違い。すでに葉がちらほら見え、満開もそろそろ終盤といったところ。毎年のことながら、河畔に春の訪れをつげる花々に、水上から吸い寄せられ癒されるのでありました。
撮影地点のMapion地図

(令和6年3月10日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 大横川大島川西支川汐浜運河水辺の鳥たち

2月11日の徘徊記録

313001.jpg2月11日は、艇のメンテをするついでレベルで、ほんの軽くですが川走りを楽しんできました。伊勢志摩では、晴れそうで晴れない空模様に悩まされてきただけあって、まあ晴天が身に沁みて嬉しいこと。

特筆するできごとはなく、道々はごく平穏だったものの、犬も歩けば‥‥の例えどおり、出かけてみればちょっとした出会いがあるもの。徘徊の記録ということでご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 荒川旧綾瀬川大横川汐見運河東雲北運河水辺の鳥たち隅田水門第一石油販売墨田川造船

9月18日のフネブネ…4

(『9月18日のフネブネ…3』のつづき)

304021.jpgごめんなさい、ちょっと前後します。辰巳埠頭に出る前、大横川を通ったときのスナップを。

石島橋から東富橋にかけての区間は、護岸の耐震補強と化粧板張りの工事が行われていて、クレーン船ほか作業船団が並び、一部の護岸は鋼矢板で囲われていました。台船の繋留による極端な狭窄部はなかったので、通航に支障はありませんでしたが。


304022.jpg
でまあ、目を奪われるのはやはり、豆曳船たちのくたびれつつもキュートなお姿であります。

コンソールが妙に低く、腰かけてもツラそうなあたり、橋の低い江東内部河川向けといえそうなスタイル。エンジンケーシング側面、電路が這わされて見えにくいですが、やっつけたような独特の書体で「第五箱根丸」とありました。

304023.jpg
東富橋近くでかすめた台船、甲板上に立てて並べられた化粧板がたくさん。従来の、なぜか波返しの曲面がついていた護岸も、これを貼って石垣風にあつらえるわけですね。お花見の時期を中心に通航艇も増えたことだし、修景も順次進んでゆくことでしょう。

304024.jpg砂町運河を東航していると、真っ四角な船首で盛大に波を押し分けて進む作業船が、重い爆音を響かせて行逢してきました。いやー、イイですねえ、この船首波の勇壮さ。

あっ、鮮やかなこの色とこのカタチ、思い当たるものが。14号地貯木場北水路、千石橋の船溜でいつも見かける「一号善進丸」の姉妹船じゃないでしょうか?

304025.jpg
やはりそうでした、船名は「三号善進丸」。いつも同じようなことを垂れ流して恐縮至極ながら、暖色系のおフネは目に沁みるようで、快いですなあ‥‥特にこの日のような、快晴で河水のコンディションもよいときには。

微速でもりもりとした引き波をしのぎつつ、その四角くかつ愛らしい姿を見送って、河道の中心に舵を取ったのでした。

(令和5年9月18日撮影)

(『朝潮運河・新しい船着場と橋…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 大横川砂町運河曳船台船

4月1日のお花見…4

(『4月1日のお花見…3』のつづき)

297016.jpg

297017.jpg平久川との変則十字流に出ると、三方をボリュームたっぷりの桜に囲まれて、ゴージャスな気分になれることこの上なし。

正面に建つデイナイスホテル東京、満開の時季に最上階から眺めたら素敵だろうなあ‥‥と毎回同じことを思ってもう幾星霜。枝の下くぐりファイナルを決めてから、右折して平久川を下ります。


297018.jpg
平久橋東詰の一群、わずか数本の規模ながら、満開ぶりはなかなか見事なもの。場所によって少しづつ開花のタイミングがずれているので、ついさっき見た場所で葉桜率が高くても、ほんのお隣では最盛期というパターンはよくあり、またトクした気分になれるものですね。

297019.jpg

297020.jpgお花見のシメは、汐浜運河東端近くのスカパー前と、曙北運河はレールセンター東の桜並木で。どちらもまさに満開ドンピシャ、はらはらと桜小雪舞うさまも風流で、大いに満足できました。

何より今回嬉しかったのは、さくらまつりが復活し、お花見水路の王道たる大横川に賑わいが戻ってきたこと。船影の濃さこそ、街場の川ならではの華にほかならないからです。
撮影地点のMapion地図

(令和5年4月1日撮影)

(『4月1日のお花見…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 大横川平久川汐浜運河曙北運河江東内部河川