fc2ブログ

淀川畔を歩いて…2

(『淀川畔を歩いて…1』のつづき)

305053.jpg淀川本流から大川への分流点を見下ろして。川面に映る空や雲が美しいですね。中央から左が毛馬水門に至る導流堤、右が毛馬閘門からの出入りに用いる通船路です。

枚方ゆきの水上バスに乗って、ここを通り本流の雄大さを初体験したのが平成21年、もう14年前になるんですなあ‥‥と遠い目に。

305054.jpg
時間が押してきているので、そろそろ戻らなければなりませんが、以前通ったよしみ(一度だけですが)もあり、毛馬水門・閘門をちゃんと見ておこうと少し速足で。径間の下は堤防道ですっかり隠れていますが、ゲートを間近に拝めるのはありがたいもの。

305055.jpg
やはり大写ししておきたくなるのが、大阪ローカル(?)を感じさせるひらがな物件の最右翼(??)、「毛馬こうもん」と扉体一杯に記された閘門ゲート!

久しぶりだね、また来たよ、と声をかけたくなるような、親しみすら覚える一度見たら忘れないこの思い切りのよさ。褪せた塗りムラもそのまま、ご健勝のようで何よりです。

305056.jpg
自己主張が激しい(‥‥)のは、常時開で人目につく制水ゲートで、肝心の閘門、前扉室ゲートは橋との間から下をのぞき込んで、やっと見えました。思ったより天地が低いのですね。

305057.jpg
せっかく来たのだからと、銘板をキョロキョロと探してみたものの、発見できたのは目の前の堰柱に掲げられていた、この一つだけでした。

「毛馬閘門1号充水ゲート」‥‥径間1.5mとあるので、閘室に注水するバイパスゲートのことですね。製作は平成2年、メーカーは酒井鉄工所とありました。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月30日撮影)

(『東横堀川散策…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 淀川大川毛馬閘門閘門

旧毛馬第一閘門を訪ねて…1

305001.jpg9月30日は、業界の集まりで大阪へ。朝東京を出て、夜に最終の東京行き「のぞみ」で帰ってくるというあわただしさでしたが、会合は昼からだったので、早めの便で大阪へ着き、午前中少しだけお散歩してきました。

ほんの3時間弱で見て回れる物件となると、おのずと限られてきます。超のつく有名物件ながら、未訪だったあそこを置いて他にあるまいと、淀川と大川の分流点を目指したのであります。

305002.jpg
予報では雨が心配された空模様も、幸い好天に恵まれ、気温も上がって暑いほどに。まず降り立ったのはここ、毛馬閘門。平成21年、枚方行きの水上バスで通って以来(『毛馬閘門…1』参照)、実に14年ぶりの再訪であります。

305003.jpg‥‥しかし、まだ新しいフェンスのこの厳重さ、鑑賞には具合がよくありませんね。よじ登るのを防ぐためか、網目も縦長で狭く、コンデジの鏡筒が入らないのです。

閘門だけでなく橋を含めた川景色も撮りたかったのに、周りにフェンスより高い場所もなく、早々に引き上げるか‥‥。とあきらめかけていたところ、ほぼ正面に、一つだけ何とか網目を通して撮れそうなものが!


305004.jpg
砂船の船溜です。14年前も、淀川を続々と下航してくる砂船たちに行逢(『砂船づくし…2』ほか参照)し、現役で盛業する"河川内舟運"の姿に感動したことが思い出されます。

行逢時はデッキを河水が洗うような満載状態でしたが、空船で憩う姿もまたよいものですね。船底塗料を塗った喫水線が、思ったより下にあるのが意外な感じがします。以前見た状態、ものすごい過積載だったのかな‥‥。

305005.jpg
大川を渡って対岸へ。本日の主たる目的地は、史跡として保存されている旧毛馬第一閘門です。天下の淀川に設けられた閘門のはしりという、超有名物件ながら今まで訪ねるに至らず、ようやくこの地に立つことができて、まことに感無量といったところ。

閘門を含む公園地の入口には、ご覧のような古びたRCアーチが。眼鏡橋‥‥またの名を長柄運河頭部橋梁といって、新淀川開鑿時に出る土砂搬出のため設けられた、長柄運河をアーチによってまたいでいたもの。

あれ? 以前各所で見た写真の印象と違って、だいぶ傷んでいるようだし、草ぼうぼうで茂った木の枝がかかるなど、手入れの行き届いていない印象です。ともあれ、この古豪橋を渡って、いざ閘門鑑賞とまいりましょう。
撮影地点のMapion地図

(令和5年9月30日撮影)

(『旧毛馬第一閘門を訪ねて…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 毛馬閘門閘門大川砂船

橋の裏側…3

9月の大阪・京都訪問の際に撮った、橋の裏側をご覧に入れます。

170022.jpg大川、源八橋。

モスグリーンの塗装が美しい鋼桁橋。背後の緑地ともよくマッチしています。




170023.jpg
淀川、城東貨物線・淀川橋梁(赤川鉄橋)。

左が鉄道、右が人道橋です。ぷにょさんの「まちかど逍遥」の記事、「淡路から赤川鉄橋へ」に、橋を渡る貨物列車の写真が掲載されています。貨物列車を間近に見ながら渡るなんて、楽しいでしょうね。

17024.jpg淀川、豊里大橋。

A字形をした支塔の脚が、橋桁を貫いて橋脚に乗っているあたり、歩道はぐっと幅を広げて、テラスを兼ねているようです。



17025.jpg
淀川、大阪モノレール・淀川橋梁。

線路が細いので、頭上の青空がよく見えます。タイドアーチの構造が上空はるかまで望まれる、奥行きのある裏側風景。

17026.jpg土佐堀川、天神橋。

構造の高い密度が、この橋の抜きん出た重要さを物語っているようです。

(21年9月11~12日撮影)


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大川淀川土佐堀川橋の裏側

浪花濃厚水路…15

(『浪花濃厚水路…14』のつづき)

15236.jpgナニワの水の回廊を一周して、大川・天満橋は八軒家浜前に戻ってきました。フローティングダック君の、キュートなおケツ(笑)を眺めながら、残りわずかとなった大阪の水路との逢瀬に、名残を惜しみます。

無線で連絡でも入ったのか、船長さんより「桟橋が空くまで、少し時間待ちをします」とのアナウンスが。堂島川に入るまでは、「遅くなると、橋がくぐれなくなるので、ちょっと飛ばしますよ!」と、結構なスピードで行程を消化していたので、ゆっくり走るのはかえって新鮮なくらいでした。

15237.jpg厚い曇り空の下、漂泊と微速航行を繰り返して待っていると、さすがに肌寒くなってきました。大阪城港に到着すると、なるほど、まだ水上バスが離岸作業中。「水都大阪2009」のお祭り中とあって、桟橋も大忙しのようですね。

2時間に渡った大阪中心部の水路めぐりも、これでおしまい。いや、閘門あり、最低橋ありの目眩がするような濃厚さ、あっという間の2時間でした。

15238.jpg船長さんにお礼を言って船を降り、大阪城新橋を渡っていると、我々が乗っていた「アクアmini」が、早くもお客さんを満載して、ふたたび出港! ご繁盛ぶりは何よりですが、船長さん、大変だなあ…。

驚いたのは、この直後、遅い昼食をとろうと食堂に入ったとたん、外は土砂降りになったこと!
我々が降りるまで、天気を持たせてくれた、大阪の水路の神様に心から感謝。…しかし、「アクアmini」の船長さんや満員のお客さん、本当にお気の毒でした…。風邪などひかれていないといいのですが。

15239.jpg
今回「水の回廊コース」に乗って、嬉しかった特典(?)が、この通航証明書がいただけたこと。
ご覧のとおり、東横堀川・道頓堀川の両閘門の、タイル画風の絵をあしらったパウチカードで、閘室での注水待ちの際、船長さん自ら配ってくれました。

通航した日付のところに、パンチ穴が開けてあるあたり、昔の都電の切符を思い出させて、懐かしい感じが…。裏面は、「水都大阪2009」のポスターで話題になった、平松大阪市長と橋下府知事が、水面から顔を出している例の写真が載っているという、楽しい雰囲気のカードになっていました。

15240.jpg
長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。船頭の大阪~京都、土木・水運観光旅行のお話は、これでおしまいです。

最初にも書いたように、まるでお菓子の家に迷い込んだ子供のようで、見るもの聞くこと、楽しいこと、興奮することばかりでした。また、本やサイトの上ではわからない、まさに「百聞は一見にしかず」を実感した新発見もあり、どれが一番、というわけではないのですが…。あえて、中でももっとも印象深かったことを挙げるとすれば、やはり、淀川遡上の際、下ってくる砂船の船団に出会えたことでしょうか。

舟運路として、長い歴史を誇る淀川に、今なお息づく現役の河川水運! この貴重な川景色が、いつまでも失われないことを願って止みません。


(21年9月12日撮影)

【9月11~12日の項の参考文献】
市立 枚方宿鍵屋資料館 展示案内 枚方市教育委員会
子供の科学 昭和7年6月号 誠文堂新光社
京都インクライン物語(田村喜子 著)山海堂
国土づくりの礎 川が語る日本の歴史(松浦茂樹 著)鹿島出版会
日本の戦艦 上(泉 江三 著)グランプリ出版
写真で見る 大阪市百年 財団法人大阪都市協会
鋼製ゲート百選(水門の風土工学研究委員会)技報堂出版
日本百名橋(松村 博 著)鹿島出版会
東京の橋(伊東 孝 著)鹿島出版会
大阪城・道頓堀コース 水都号アクアmini(案内リーフレット)大阪水上バス

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大川寝屋川淀川砂船フローティングダック大阪水上バス

浪花濃厚水路…3

(『浪花濃厚水路…2』のつづき)

15151.jpg
船長さんの気遣いでしょうか、商都の中心地たる中之島の先端と、ナニワの名橋の一つ、天神橋の堂々たる三径間鋼アーチの雄姿を、二つ同時にド真ん中で観賞できるとは!

分流点や合流点の、特に鋭角に交わる先端部、「鼻」が見える川景色に弱い私としては、まさに一粒で二度美味しい風景です。

15152.jpg中之島の「鼻」の先っぽには、「噴水注意」の看板が掲げられ、何やらスリットのある箱が。

聞くところによると、あのスリットから高々と噴水が噴き出し、夜はライトアップされて、それはキレイなのだとか。


15153.jpg船はやや左に舵を取り、土佐堀川へ入ります。天神橋の支承部が間近に迫り、内部の構造も垣間見えて、これまた大迫力。

径間の異なるアーチが並んでいるのって、あまり見たことがない気が…。頭上の重みを伝え合う二種類のカーブが、水際で角突き合わせる光景、いかにも複雑な力が一点に集中していそうで、興味深い眺めですね。

15154.jpg天神橋をくぐったところで、船はさらに左へと針路を転じ…。
ここだね?ここへ入るんだね?(嬉)

低い橋の上に、さらに高速道路が覆いかぶさる水路、というシチュエーションに、ナニか懐かしさを感じて、やに下がってしまうのはナゼだ。
脳内の期待圧力計が急速に上がり、ぐふふと不気味な笑い声をもらす船頭。船上の治安は、不気味なオトコ一人のお陰で、逆に急降下したかもしれませんが。

15155.jpg
大阪を代表する(…かどうかは知りませんが)高架下水路、東横堀川の第一橋は、葭屋橋。

高欄にズラリと取り付けられた標識に、目を奪われます。禁止標識が多いせいか、「あれもダメこれもダメ」と、まるで息をする以外は、全て禁止されたような(笑)気分に。
…アレ? 左上の一枚は、道路標識だった! 川を歩いて横断する人は、さすがにおりますまい。
撮影地点のMapion地図


(21年9月12日撮影)

(『東横堀川閘門…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大川土佐堀川東横堀川大阪水上バス高架下水路