FC2ブログ

令和元年度川走り納め…6

(『令和元年度川走り納め…5』のつづき)

245026.jpg

245027.jpg桁下のほぼ中心線に来たので、仰ぎながら川崎方橋脚を見て。羽田側は橋上に右折車線などがない、往復各1車線ですから、桁幅もスマートですね。次にくぐるときは、これらの橋脚間を思い切りよくひとまたぎする桁が架かり、爽快な橋景色が楽しめることを願っています。

右の写真、南側からの視点で光線が少しましになったので、「作業構台」の全景をスナップしたもの。高い櫓が伸びているため、何かの掘削リグの雰囲気濃厚な外観ですが、これは桁上に上るための、仮設階段を支える構造物のようですね。詰所やトイレ、発電機などが載っているところから、現場の作業拠点らしいことがわかります。

245028.jpg
羽田横断道路の橋とお別れして、海老取川に戻りました。まだ真新しい西側の護岸上では、鷺さんが片足を羽毛の中にしまって、羽をゆるめ日向ぼっこしているところに出会いました。

鷺って、立っているところしか見たことがないように記憶しているのですが、他の鳥のように、べたっと平たくツブれて座り込む、ということは習性上ありえないのでしょうか? ツブれてリラックスしたトリが大好きなので、鷺さんもそうであるならゼヒ見てみたいのですが!

245029.jpg
海老取運河を北上して左折、平和島運河の干潟区間に入り、モノレールの線路を右に見てゆっくり航進。

次々に行きかうモノレールの電車を眺めていたら、そのうちの一編成が、側面全体に「ポケットモンスター」のキャラクターを描いた特殊仕様であるのを発見。先頭車をズームで引き寄せてみると、ご存知ピカチュウがバッチリ入りました。

245030.jpgこの日は大森に沿って唱和島との間の水路に入り、ガスミオ運河から出るコースを取ろうと思い、そのまま直進。

モノレールの線路が東へカーブを切り、箱桁2本で水路をまたぐところを振り返って。太陽と靄にけぶる青空が、二本の線路を透かして見える風景。普通の鉄道ならこうはいかないでしょう。
撮影地点のMapion地図

(元年12月31日撮影)

(『令和元年度川走り納め…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川 海老取川 平和島運河 水辺の鳥たち

令和元年度川走り納め…5

(『令和元年度川走り納め…4』のつづき)

245021.jpg
下流に距離を取ったところで、全景を一枚。順光で眺める、初めて架設された桁の端正な(?)姿を堪能。

245022.jpgさて、反転遡上するわけですが、ふと「せっかく訪ねたのだから、帰りはくぐれないかな?」と思い立ち、最微速でじりじりと近づきながら、魚探の感を確認。

うむ、おおむね4m前後で浅くなる気配なし。高潮位なのも手伝って、十分な水深が確保されているようですね。このまま行ってよさそうです。それでは、舵そのままで、羽田連絡道路橋(名称不明ですが)の初くぐりとしゃれ込みましょう。

例によって頼もしい広報紙「羽田連絡道路だより 第8号」を参照させていただくと、今回架設の桁は全長約70m。富津より、足場を組んだ4000t級台船に載せられて現場まで輸送、干満を利用した「台船一括架設工法」によって、昨年9月30日に施工されたとのこと。


245023.jpg

245024.jpgご存知のように仰いで撮ると、天地のあるものはズームレンズの歪みが目立つので、あまりぞっとしない仕上がりになってしまうんですが、ここはご容赦。

まだ1径間に満たないほんの一部ですが、頭上に迫る初物の桁を見上げて、気分のよいことではあります。橋脚のコンクリートの肌も、桁の塗装も出来立てとあって清々しい感じなのが佳し。

245025.jpg
歩道の持ち送り部分が養生されてよく見えませんが、主構造たる箱桁の表面はつるりとしていて、アイも継手も見えず実にシンプルなのが印象的でした。

今改めて「羽田連絡道路だより 第8号」の記事を読んでみると、「お正月には、橋梁の大部分が多摩川に姿を現すことでしょう。」と意気込んだ一文が、少々痛ましくはありますね。台風による堆砂で浚渫したエリアの河床が上がり、その対応で工期が大幅に遅れてしまったわけですから。これを書いている現在は1月末ですが、進捗はいかがでしょうか‥‥。

(元年12月31日撮影)

(『令和元年度川走り納め…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川

令和元年度川走り納め…4

(『令和元年度川走り納め…3』のつづき)

245016.jpg足場を真横から。橋脚立ち上げ中の前回は、橋脚の上下流に接し挟むようにして足場が設けられていましたが、この上流側1基となり、規模もだいぶ縮小されたようですね。

足場の杭列の間に、川崎側橋脚の足場が小さく見えます。「羽田連絡道路だより 第2号」の図版によると、正式には「作業構台」というそう。勉強になります。

245017.jpg
正横を過ぎて、陽射しを浴びた下流側の側面が姿を現し、ディテールが明らかになってきました。

「羽田連絡道路だより 第2号」を再度参照すると、この橋脚は「P4」で川崎側のそれは「P3」。さらに川崎側の陸上に「P2」「P1」、羽田側の陸上にも「P5」と、5本の橋脚が設けられるとのこと。桁橋ながら、河上はわずか2本の橋脚で、ヤッと渡ってしまうことになりますね。

245018.jpg

245019.jpgさらに下流側へ距離を取り、しばし鑑賞。穏やかさ、静けさはここしばらくでも群を抜いたものがあり、まさに橋梁鑑賞日和。エンジンを1分ほど止めて、この日このときならではの静謐さを堪能したものでした。

ときおり聞こえてくるものといえば、着陸機のタービン音ですが、それすらも微かに感じられるほど、河口の広大さと水面の存在は大きいのです。

245020.jpg
ホンモノのGoogleマップで羽田連絡道路建設現場を表示

Googleマップで衛星写真を開いてみると、橋脚工事中の様子が写っていました。特に川崎側は、干潮時に露出する砂洲があるため、橋脚の周囲を四角く、しっかり浚渫してあるのが見て取れます。羽田側はよくわかりませんが、干潮時1mを切る水深の場所もありましたから当然、工事の船艇が入れるだけの浚渫は、されているとみてよいでしょう。

しかし、ここでみたびの参照となる「羽田連絡道路だより 第2号」によれば、「干潟表土を保管 埋戻しに再利用」という記事があり、浚渫した砂泥は竣工後に河中へ戻されるとのこと。
ううん、川崎側の砂洲はともかく、羽田側の前後はそのままにしていただいた方が、通航船艇の安全航行に役立つのでは‥‥と思いましたが、なかなか難しいようですね。

(元年12月31日撮影)

(『令和元年度川走り納め…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川

令和元年度川走り納め…3

(『令和元年度川走り納め…2』のつづき)

245011.jpg

245012.jpg上の写真は澪筋の屈曲点から、多摩川の下流側を見たところ。鋼矢板は断続しながら下流まで連なっていて、護岸工事が結構な規模であることがわかりました。単なる護岸改修か、それとも他所同様にテラス化されるのでしょうか。

そうそう、澪筋を通って二つ気になったことがあったんですよ。まずは水深です。

魚探の感をチラチラ見ながら微速で歩かせるわけですが、澪筋に出たときの水深が、1.5m! これには驚きました。だって、通過時刻に近い11時時点での推算潮位が、1.41mですよ?。大潮の干潮時になったら、とても通航できる深さはないことになりますよね。う~ん、堆砂で河床が上がってしまったのか‥‥。


245013.jpg
いま一つは灯標‥‥何度か紹介していますが、茶色く塗られた鋼管の上にフラッシングライトらしい灯器を載せた、澪筋を示す航路標識。屈曲の角と出入口に、それぞれ1本づつ設けられていたあれです。

2本のうち、出入口の一本が消え失せて、足場用のパイプを組んだ仮設のものになっていました。先端にはカモメさんが留まって、いい目標になっていますね(笑)。

水深の上昇といい、灯標の消失といい、昨年2度も襲来した大型台風が原因とみて間違いないでしょう。小型艇しか通らないこととて、復旧も後回しになっているのでしょうか。最低、浚渫で澪筋が維持されなければ、高潮位のときしか通れない、非常に使いにくい航路に成り果ててしまう恐れがあります。早期の復旧を祈りたいものですね。

245014.jpg澪筋を出て取舵、微速のまま下流に向けて、穏やかで広大な河口風景を満喫。さて、本日の目的物件が近づいてきました。建設中の羽田連絡道路の橋です。

橋脚の工事風景はすでに何度か紹介しましたが、ついに橋桁の架設が始まったときいて、一度見てみたくなり訪ねてきたというわけ。


245015.jpg
いや~、いいですねえ! しんと静まり返った滑らかな水面に姿を映す桁、逆光も手伝ってどこか現実離れした、幻想的な光景。今月のタイトルは、この少し前に撮ったものです。

この1月に、川崎市建設緑政局から発行されたPDF「羽田連絡道路だより 第9号」によれば、10月12日に東京を襲った台風19号の影響で大量の堆砂があり、工事再開のため大規模な浚渫を余儀なくされたとのこと。海老取川澪筋の現状から、「やはり!」と得心するとともに、建設に携わる皆さんのご苦労が想われたことではありました。

(元年12月31日撮影)

(『令和元年度川走り納め…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川

4月13日の水路風景…2

(『4月13日の水路風景…1』のつづき)

233076.jpg橋脚工事の足場を後に、多摩川を遡上しつつ振り返って。川面は鏡のよう‥‥とまではいかないものの、風も収まって穏やかで、空を映しあくまで青く、航跡で乱すのがもったいなくなるくらいでした。

国際線ターミナルや駐車場を整備しているのでしょう、空港にもクレーンが林立して、このあたりの沿岸も、訪ねるたびに風景が変わってゆきます。


233077.jpg
おなじみ羽田可動橋‥‥東側の桁が陽を浴びてきれいだったので一枚。使われなくなって20年余り、目立った傷みこそ見られないものの、桁側面の褪色も進んで、だいぶ寂しい雰囲気が濃くなってきました。

233078.jpg京浜運河を北上していると、都水道局の京浜運河水道橋のすぐ南、昔からある沈船が目に入りました。大井埠頭、八潮1丁目の西あたりです。

潮が引くと、舷側や甲板がすっかり錆び落ちて、肋材ばかりが目立つ残骸が顔を出します。これも年々崩壊が進んで、わかりにくくなっていますからお気をつけて。写真にも写っていますが、北側にブイがあり目標となっています。

233079.jpg
品川埠頭北端、東京港内ではもはや希少になったこの手の施設、宇部三菱セメントのアンローダー。川崎・横浜のそれらとくらべたら小規模ですが、近づいて仰げばやはり結構な迫力。鉄の息吹が濃厚に匂う一角であります。

233080.jpg
東雲運河まで戻ってくると、東電堀を発した水陸両用バス「スカイダック」と反航。お客さんと手を振りあってのすれ違いです。

少し離れてからカメラを向けたら、あらら、もろ逆光で黒くつぶれてしまいましたね。しかしこうして見てみると、冬とは違った鋭い陽射し、引き波のギラギラとした反射に、もう夏が近いことを感じさせたものでした。

(31年4月13日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川 海老取運河 京浜運河 東雲運河 羽田可動橋