11月1日の運河風景…2

(『11月1日の運河風景…1』のつづき)

137006.jpg曳船がほぼ正横に来たところで一枚。チョコレート色に塗り上げられた船体が珍しく、船長は天蓋から身を乗り出して、後ろに続くクレーン船を注視していました。船名は「兄弟丸」。

クレーン船、二基搭載の結構な大型…と思ったら、2隻を背中合わせに繋いであるようですね。ジブをすでに上げているところから見ると、橋のある京浜運河には入らず、干潟の澪筋をぐるりと4分の3周し、京浜南運河から港内へ出るのかもしれません。

137007.jpg

137008.jpg海老取運河に入ると、羽田水上派出所の桟橋にエンジンをかけた警備艇「あじさい」と、乗り組みの警察官の姿が。塗り替えたばかりなのでしょう、艇の赤い船底色と白い船体のコントラストが美しく、目に沁みるよう。

休日なら、艇こそもやっていても、人影なく静まり返っているのが普通ですが、これも平日ならでは、生き生きと活動する水上派出所の姿を目にすることができました。


137009.jpg
デッドスローで海老取川に入り、空港間近とは思えない静けさを堪能しながら、稲荷橋を振り返って一枚。

秋の低い陽射しに照らされた、オレンジ色の桁がきれい。このタイプの橋脚を持つ橋も、都内の可航水路ではだんだん見られなくなってきました。
撮影地点のMapion地図

137010.jpg例のごとく海老取川澪筋をうねって抜け、多摩川本流へ出てしばらく下るわけですが、川崎側に横たわる浅瀬を示す澪標の列、ご覧のとおりその大半がちびてしまっており、遠目にはほとんど視認できないものもあって、まあ、その怖いことったら。

もちろん微速で、エンジンは半ばチルトアップし、魚探の感とGPSのログを、交互ににらみながらのそろそろ歩き。何度も通って、なじんでいればこそ何とかだませるものの、初めての艇が通ったら、座洲をしかねないでしょう。海老取川澪筋のように、恒久的な航路標識の整備(過去ログ『海老取川澪筋に灯標新設』参照)が望まれるところではあります。


(25年11月1日撮影)

(『11月1日の運河風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 平和島運河 海老取運河 海老取川 多摩川 曳船 台船 水上派出所

多摩川から富士山が…

5月19日は、京浜運河方面を中心に近場回りをしたんですが、手がふさがっていて、写真があまり撮れませんでした。気になったところを3枚だけ。

海老取川澪筋を抜けて、多摩川本流に出てみると…。

124001.jpg
何と、富士山が! うっすらとではありますが、この季節にここで見るのは初めてなので、思わずカメラを向けてしまいました。

この日は午後から風が強くなり、雨もぱらつく旨の予報があったため、ちょっと心配だったのですが、予報を裏付ける富士山の出現に、帰港時間をさらに繰り上げることを決心。

「東京湾奥から富士山が見えたら、じきに北西の強風が吹く」というのは、船乗りや釣り師の間に、古くから伝わる観天望気だからです。いや、これは冬の話だったかな? 水路づたいに移動するため、よほどの強風でなければまず不安はないものの、安全第一の小心船頭としては、妙に気になったのでありました。

124002.jpg
帰路、呑川を久しぶりに訪ねてみました。繋留艇にはオーナーの姿が見える艇も少なくなく、いかにも休日の船溜といった感じがして、よい雰囲気です。

もっとも、富士山の一件もあって、ゆっくり最奥部まで見て回る気にはなれず、第一橋の旭橋で転回、最下流部をつっついただけという小心ぶり…。
撮影地点のMapion地図

124003.jpg
空模様を見ながら都心部まで戻ってきて、内心ドキドキしつつもまだ大丈夫そうと、神田川に寄り道です。

最近、御茶ノ水駅直下に鋼管の杭が打たれ、土運船らしき船が繋留されるようになったので、変化の記録として一枚。丸ノ内線橋梁下流の護岸工事のためか、この上流で行われている浚渫に使っているのか…。あ、聖橋の改修工事の準備だったかな?

ちなみに、風は強くなったものの、幸いにして雨にはたたられることなく、無事帰港できました。


(25年5月19日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川 呑川 神田川

5月4日のフネブネ

(『光射す高架下水路・古川…11』のつづき)

120101.jpg
5月4日、道々に出会ったフネブネの姿をいくつか。

京浜運河の北口近くでもっとも目立つ船といえば、レストラン・クルーズ船のレディ・クリスタル。就航から20年以上を経た、ベテランといってよい船ですが、エッジの立った外観はいささかも衰えを見せておらず、背後のビル群ともよくなじんでいます。

この船と初めて出会った、対岸に定繋地があったころは、テラスはもちろん、運河沿いのビル群もまだ少なく、東品川清掃作業所(過去ログ『桜探しに出かけてみたら…2』参照)にバージ群がもやっていたりと、いかにも港湾然とした中に、ぽつんとたたずんでいた感があったものです。清掃作業所もバージの扱いを止め、周囲もすっかり様変わりした今、むしろこの船を見ると、昔を思い出すようになったのですから、不思議なものですね。

120102.jpgこちらは多摩川で見かけた、FRP船体らしいカッター。澪筋から外れた、神奈川県側に近い水面で櫂を上げて、しばらく漂泊していました。教官の訓示を聞きながら休憩中、といったところでしょうか。

ズームでたぐり寄せて撮ってみると、艇員の皆さんは上半身裸で、長躯力漕してきたことがうかがえます。海洋大品川キャンパス(旧水産大)の艇かな?


120103.jpg多摩川からの帰路に撮った、大井北埠頭橋東詰にもやっていたクレーン台船。側面には「K-17号」とありました。キャタピラのついたままクレーンを載せたタイプでなく、小兵ながらホンモノ(?)のクレーン船のようですね。

大井北埠頭橋は、橋脚に足場がかかっていたので、この船も耐震補強工事にたずさわっているものと思われます。

120104.jpg南風で波の高くなってきた、午後の晴海沖を横切っていると、水辺ラインの「さくら」が、お客さんを鈴なりにしてやってきました。

船尾に高々とウェーキを盛り上げ、船首に白波を砕かせる勇壮な走りぶり。船首をもたげてぐいぐい進むさまを見ていると、軽荷状態で全速航行したら、滑走艇ばりのプレーニングができるのでは…と、妄想させるものがあります。

120105.jpg
砂町運河、夢の島大橋の下で行き会ったこの曳船! 三面に折れたキャブ妻板と、その傾斜ぶりが好みど真ん中!

巨大な台船を曳いていたのですが、傾斜したキャブのせいで、ウンウンと力んでいるように見えて、寸詰まりな船体とともに曳船の魅力十分。船名は「春日丸」、またどこかで会ってみたいものです。


(25年5月4日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河 多摩川 砂町運河 東京港 水上バス 曳船 台船

5月4日の六郷水門

(『5月4日の鉄塔澪筋』のつづき)

120036.jpg水位の高い日となれば、浅い水路の奥にある物件こそ訪ねてみたくなるもの。葦原をくねる水路の向こうにたたずむ、レンガの水門・六郷水門を久しぶりにくぐってみることに。

住宅地に接しているせいもあって、堤防道を走る自転車も多く、散策する人、釣りを楽しむ人と水門の周りは程よく賑やか。大河川に面した水門の中では珍しい、人いきれにまみれたというか、「地先」感(?)がないところが特徴といえるかもしれません。

120037.jpg
おっと、風でちょっと横流れしてしまいました。猫耳のある扉体、レンガやコンクリートの肌も変わらず美しく、よく整備されているようですね。

あっ、正面にいくつか、設備が追加されたんだ。20年9月5日に撮った写真と、くらべてみましょう。

120038.jpg
こうして見くらべてみると、向かって右側の電光掲示板、そして径間上部、例の「ロ×9+郷」の紋章が3つ掲げられた高欄の中央に、監視カメラほかの機器類が追加されたのがわかります。
(過去ログ『六郷水門…1』『六郷水門…2』参照)

120039.jpg右の写真は、くぐりざま見上げたところですが、二つの監視カメラはわかるものの、他に使途不明なものが…。

右の、パンチングメタルのカバーで覆われた、ラッパが下を向いているのは、音響式の水位計測機? 中央から突き出た金具の先に取り付けられている、黒いスリットの入った箱は、水門閉鎖時に締め出された艇とやりとりするための、マイクといったところでしょうか?



120040.jpg水門や護岸のレンガの肌を楽しみながら、船溜で反転、ふたたび水門をくぐりつつ眺めた、葦原の水路。

多摩川の流路がいきなり広がっているのでなしに、短いながらも高水敷を割った、草深い水路の奥にあるあたりが、この水門の魅力を倍加させているように思えます。時刻はすでにお昼近く、水門を出たら、澪筋から外れた浅瀬に錨泊して、お弁当を広げることにしましょう。
撮影地点のMapion地図

(25年5月4日撮影)

(『夕凪橋の架け替え工事』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 六郷水門 多摩川

5月4日の鉄塔澪筋

(『5月4日の海老取川』のつづき)

120031.jpg日中潮位の高い日は、水深の浅い川に「呼ばれて」いる日…というわけで、下流部だけでもお散歩してみようと、お久しぶりの多摩川です。この日は、11時の時点でA.P.+1.31m、浅瀬が広がり、動力船にとって澪筋の限られる大師橋上流も、魚探をのぞいてみても2.7mと、まずは余裕の水深。

とはいっても、澪筋からひとたび外れれば、たちまち感が跳ね上がる厳しさではありますから、そろそろ歩かせるにしくはありません。まだ少し冷たいですが、穏やかな風に背中を押されながら、回転数を抑えてゆるゆると遡上します。


120032.jpg

120033.jpg
いつみても格好のよい、ツートンに塗り分けられた河中の高圧鉄塔。あれ? 以前は側面に掲げられていた、「送電線注意」の文字、なくなっていますね。

そうそう、鉄塔だけでなく、澪筋を示す航路標識にも変化がありました。
撮影地点のMapion地図

120034.jpg以前あった、赤二つと青一つのブイはなくなり、右のようなオレンジ色のブイが、100mくらいの間隔でしょうか、下の写真の赤矢印の位置に点々と設置されて、航路を示していました。つまり、このブイ列に沿って大田区側を走れば、まず危険はないというわけです。前より、だいぶわかりやすくなりましたね。

下の写真、右端のブイは沖掛かりした繋留船に半ば隠れていますが、ズームでたぐったため近くに見えるだけで、船とブイの距離は充分あります。
(旧ブイや澪筋の詳細については、過去ログ「多摩川こわい…2」、「多摩川こわい…3」参照。)

120035.jpg

(25年5月4日撮影)

(『5月4日の六郷水門』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 多摩川