FC2ブログ

7月28日の水路風景…2

(『7月28日の水路風景…1』のつづき)

237006.jpg

237007.jpg曙北運河に入り、恒例のイグアナ先生へご機嫌伺いと北上。西岸の工事で、以前は密生していた背の高い木々が刈りはらわれたため、かなり遠くからも見通せるようになっています。

ためしにズームで一枚撮ってみると、腰を落としてぐっと踏ん張った感じが強調され、接近して仰ぐのとは違った雰囲気ですね。その後左に折れ、いつもの角度からも楽しみました。

237008.jpg汐見運河を西航していると、毎度のことながら気になるのは、京葉線高架の向こうに見える墨田川造船の艤装桟橋。

さて本日は‥‥いました! 寄り道決定です。でも、巡視艇ではないようですね。官船か民間船か、いずれにせよ近づいて確かめようと取舵一杯。


237009.jpg
船首ブルワークに掲げられた「仁王丸」という勇ましい船名が目に入りました。どうやら旅客船のようですね。大きな窓を備えた高さのある客室、乗降に配慮したと思われる造りから、貸切でなく定期船でしょうか。丸みを廃した直線的なデザインが印象的で、スピード感にあふれています。

237010.jpg
船尾から眺めたら、トランサムに書かれた船籍港が松島。10年前、丸文松島汽船(『第三芭蕉丸の船旅…1』ほか参照)に乗りましたが、あの松島航路に就航する船なのですね。

検索すると、松島島巡り観光船企業組合の船隊が「仁王丸」を名乗っており、就航船もよく似た外観なので、こちらの新造船で間違いないでしょう。また、「進水式見学祭のご案内」(PDF・墨田川造船)によれば、7月17日に進水式が行われたのだそう。進水間もない、しかも巡視艇建造所の印象が強い墨田川造船では、珍しい(失礼)民間船の艤装風景を目にすることができて、ラッキーでした。
撮影地点のMapion地図

(元年7月28日撮影)

(『7月28日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙北運河 汐見運河 東雲北運河 イグアナクレーン 墨田川造船

12月30日の巡視艇

(『12月30日のフネブネ…2』のつづき)

229089.jpg辰巳埠頭は墨田川造船の浮きドック周り、複数の保安庁船艇がもやっていることもあって、テンション急上昇。奥の1隻は、巡視艇ではないですね。民間の艇でしょうか。

この他、東雲北運河の墨田川造船前でも、艤装中の巡視艇を拝見できたので、特に一項を設けてまとめてみました。
「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 東雲北運河 巡視艇 墨田川造船

11月20日の川景色…1

(『イグアナ賛歌…4』のつづき)

199021.jpg

199022.jpg墨田川造船の艤装桟橋をのぞいてみると、「10月30日のフネブネ」で見たときとあまり変化はなく、巡視艇「あわぎり」と消防艇「ありあけ」がもやっていました。よく見ると「あわぎり」は船首にハンドレールが取り付けられており、艤装の進捗がうかがえます。

自転車が賑やかに往来するしおかぜ橋をくぐり、汐見運河をそのまま西進。静穏な好天の下、滑らかな水面は両岸の風景を映し、まことに快適な微速航行です。

199023.jpg汐見運河の西口付近、蛤橋にさしかかると、橋脚に足場をまとって工事中の様子。低い桁下高が、なおさら低く見えますね。

低いとはいっても、マストを立てたままくぐれる程度。この時点での推算潮位は、だいぶ高めの159㎝、桁下高はA.P.+3.8mと汐見運河最低橋とはいえ、歴戦のすり抜け経験を有する我が艇からすれば、ものの数ではありません(威張ってどうするか)。

199024.jpg
豊洲運河に出て面舵、さらに西へ。最近まで深川政府倉庫があり、現在は更地となっている一角、ぱらぱらとした感じながら木々が紅葉して、なかなかきれいですね。この様子なら、河畔の紅葉を拾って歩けそうです。

199025.jpg
隅田川派川に入ったところで、さっそくもう一つ。明治丸の山吹色のマストと、紅葉のコントラストに目を奪われました。
撮影地点のMapion地図

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 東雲北運河 豊洲運河 巡視艇 消防艇 墨田川造船 明治丸

10月30日のフネブネ

197001.jpg今回の入渠は少し長引き、帰港は2週間後、10月30日に。往路同様、たまに小雨のぱらつく曇天で、ヤル気のそがれることおびただしいものがあったのですが、道々フネブネの姿を拾って楽しむことができました。

これも往路と同じく、2隻のPWCと江戸川閘門を通って下航開始。厚着をしてきたつもりでしたが、気温も思ったより低く、嫌でも帰路を急がざるをえません。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 旧江戸川 砂町運河 汐見運河 東雲北運河 江戸川閘門 独航艀 監視取締艇 巡視艇 消防艇 墨田川造船

新造消防艇「ありあけ」拝見

(『東雲北運河のロータリーボート』のつづき)

195061.jpgロータリーボートとの別れを惜しみながら離れ、さて、東雲北運河のお楽しみスポットといえば、墨田川造船。

暁橋の桁下を透かしてのぞく桟橋には、すでに赤く塗り上げられた船体が見えています。消防艇ですね。修理なのか、それとも新造艇でしょうか。はやる心を押さえながら、前進微速。



195062.jpg
近づいてみると、河川や運河にも入れる全高の低いタイプです。トランサムに書かれた名前は「ありあけ」。

すでにこの名を冠した艇はありましたから、襲名・代替される新造艇で間違いないでしょう。

195063.jpg
船尾の甲板上に目をやると、シートにくるまれた何かや、構造物を越えて走るホースやコードらしきもの、折り畳み式マストに架けられた脚立と、いかにも艤装中といった雰囲気にあふれていました。

排気管が開口した舷側も、塗装が真新しくまだ汚れていません。

195064.jpg
前方から。甲板室の窓もまだカバーがかかり、放水銃などの装備品も未装着と、竣工まではしばらくかかりそうな感じですね。

船首をほんの少し切り落としたようにして、フラットを作ったあたり、軽く前進をかけて対象の船や護岸にバウづけさせながら、消火活動をすることを考えているのでしょうか。

195065.jpg検索してみたら、「消防艇誕生、進水式を間近から」(日本財団ブログ)なる記事がヒット。7月21日進水、長さ/幅は22.2、5.95m、速力16ktとのこと。ご安航をお祈りしております。

墨田川造船の近く、丸太の廃桟橋上は、カワウ君たちの社交場でした。我が木っ端ブネの接近に、いっせいに首をひょろ長く伸ばし、おかんむりの表情もあらわ。ううむ、トリ大好きな船頭としては、警戒されるのは大いに心外ですが、こればかりは致し方ありません。

(28年9月10日撮影)

(『魚群捕捉!』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲北運河 消防艇 水辺の鳥たち 墨田川造船