fc2ブログ

新造艇の名前は?

315001.jpg
3月31日、4月7日は2週続けて出かけることができました。いわずと知れた毎年恒例、お花見であります。せっかくなので、まとめた方がよさそうなものは、2回分いっしょに垂れ流してしまいましょう。まずは巡視艇から。

汐見運河を西航、墨田川造船本社前を通ったら、ジブチ向け巡視艇が艤装中でした。あれ? 「SAAD OMAR GUELLEH」は辰巳に移動していたはず‥‥。よく見るとハルナンバーはP-16、新造艇だ!

315002.jpgこのときは時間がなかったので一航過しただけ、トランサムの艇名は確認せずじまいでしたが、建屋の中をズームでのぞいてみると‥‥。

あっ、もう一隻建造中の船体がありますね。輸出艇なのか、海保艇なのか‥‥。いずれにせよ楽しみ。続々と新艇が建造されるさまを拝見しているだけで、何だか力が湧いてくるような気がするのですから、不思議なものです。

315003.jpg
帰りに辰巳にも寄ってみると、3月10日にはいた「ぼうそう」と「ひよどり」は姿を消し、「SAAD OMAR GUELLEH」一隻のみに。建造に時間がかかったせいでしょう、喫水線下もだいぶ褪色してきました。

舷側のベコベコ‥‥いわゆる"瘦せ馬"が目立つのは、海保船艇と違って塗色がグレーだからか‥‥。軽量構造を目指すあまり、極端な薄板にしたとか、素人だけに斜め上の妄想をしてしまいました。

315004.jpg
4月7日、気になっていたハルナンバーP-16の名前を知りたくて、東雲北運河を下る形で航過。トランサムをのぞいてみると‥‥。

315005.jpg
え、ええと、「ALI MOHAMED KAKO」‥‥でいいのかな?
字の送りが微妙で、「AL I MOHAMED K AKO」にも見えるのですが‥‥。いずれ検索してみよう(今はしないあたり)。

(令和6年3月31日・4月7日撮影)

(『運河の給油所、解体』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東雲北運河墨田川造船巡視艇東京港

3月10日のフネブネ…1

314001.jpg
3月10日は先月同様、メンテを兼ねた短時間の近場徘徊。雲一つない快晴に恵まれて、爽やかな気分でお散歩を楽しめました。まずはフネブネからまとめます。

おなじみ、曙運河南口‥‥辰巳埠頭東端の沈曳船観察。前回1月と違って、潮位が低いので船体まで見えますね。

毎度同じような感想で恐縮ですが、煙突やブルワークなどの突出部から朽ちて、時を経るごとにフラットかつ、垂直面が透けてくる印象。操舵室が崩壊して原形を失ったら、さすがに悲しくなるかも。

314002.jpg前回は墨田川造船辰巳を訪ねなかったので、今回は真っ先に足を運んで(艇に乗っているのに、この表現も妙ですが)みました。

さて、どうかな‥‥おお、入渠艇はいないものの、桟橋に計3隻の船影が見えますね。なかなか賑やかです、来てよかった。



314003.jpg
海洋大の実習艇「ひよどり」、後甲板にオーニングが張られ、その下にあるウインチらしき機械は厳重に梱包されて、少し印象が変わりました。後ろからまじまじ眺めるのは初めてで、新鮮な感じ。

トランサムは中央が切り欠かれ、開口にローラーが備えてあるのが見えます。オーニング下にあるウインチで、仕掛けや網などを敷設・揚収するためのものでしょう。しかしトランサムのフラットがこう狭くては、船名が入れられず、船籍港だけになるのは仕方がないですね。

314004.jpg
残る2隻は、長い間本社前にいたジブチ向け巡視艇「SAAD OMAR GUELLEH」、そして千葉県警「ぼうそう」。

「ぼうそう」はたびたび修繕でここに滞在しているのを目にしており、常連さんといってもいいですね。最近では、昨年12月に千葉港で会っています。「SAAD OMAR GUELLEH」、船橋が立ち上がって、一気に工程が進んだようで何より。

314005.jpg
さんさんと降り注ぐ陽光に、白い船体を輝かせる「ひよどり」をもう一枚。警察・海保船艇とは違った雰囲気を持つ端正さがあって、よいものです。3月に引き渡されるとのことでしたから、もう就役して、品川キャンパスのポンドにもやっているのかしら。
撮影地点のMapion地図

(令和6年3月10日撮影)

(『3月10日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 警備艇墨田川造船東京港

2月11日の徘徊記録

313001.jpg2月11日は、艇のメンテをするついでレベルで、ほんの軽くですが川走りを楽しんできました。伊勢志摩では、晴れそうで晴れない空模様に悩まされてきただけあって、まあ晴天が身に沁みて嬉しいこと。

特筆するできごとはなく、道々はごく平穏だったものの、犬も歩けば‥‥の例えどおり、出かけてみればちょっとした出会いがあるもの。徘徊の記録ということでご覧いただければ幸いです。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 荒川旧綾瀬川大横川汐見運河東雲北運河水辺の鳥たち隅田水門第一石油販売墨田川造船

1月7日のフネブネ…4

(『1月7日のフネブネ…3』のつづき)

311021.jpg

311022.jpg有明西運河を通過中、気象庁の観測船、「凌風丸」と「啓風丸」が並んでもやっているのを横目で見ながら、ハッ! と気づいて振り返りました。この2隻もそういえばマックだ! しかも「銀河丸」よりさらにゴツい! ああ、マックの名が復活されることを願ってしまう‥‥。

辰巳埠頭を東航しながら、いいサイズ感の本船たちを眺めるのは楽しいもの。伊豆七島海運「新生丸」、クルマをハッチ上に載せてるの、離島通いらしくていいですよねえ。

311023.jpg
さて、毎度おなじみ墨田川造船辰巳ですが‥‥おや、「はやなみ」一隻になったのはいいのですが、12月3日とくらべ変化が全くなく、船首フェンダーのカバーもそのままです。ずいぶん時間をかけているのですね。

311024.jpg
なんとなく気になって、放水銃周りをアップにしてみました。「かがゆき」型巡視艇は、船首に多銃身機銃が備えられているのが普通だそうで、放水銃装備は珍しいとのこと。就役後の任務が漁船取締りだとすれば、機銃よりこちらの方が適しているのでしょう。

311025.jpg
以前はちょいちょい定点観察していた、辰巳埠頭東端、曙運河南口角の廃曳船を久しぶりに。平成30年7月以来だったかな? 間違っていたらごめんなさい。

強度のないところから錆び崩れて、だんだんとディテールが乏しくなってゆくさま‥‥。もの悲しくはあるものの、容易に消え去ることのない、鋼船の粘り強さみたいなものも感じさせて、興味深くはあります。
撮影地点のMapion地図

(令和6年1月7日撮影)

(『1月7日の水路風景…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 有明西運河墨田川造船巡視艇

1月7日のフネブネ…1

(『第一石油販売が…!』のつづき)

311006.jpg
以下順不同ですが、徘徊時のスナップを垂れ流させていただきます。
京葉線高架の北側からのぞいただけですが、墨田川造船本社前の艤装艇群をズームでたぐってチラ見。ほぼ完成状態の巡視艇「ゆめかぜ」の内側に「ひよどり」なる艇がいました。

どこの艇かしら、と検索してみたら、海洋大の新造実習艇でした。「実習艇『ひよどり』の進水式が挙行されました」(東京海洋大学)をご覧ください。船首が、和船の戸立て造りを思わせるような、大きな逆三角のフラットになっているのが変わっていますね。岸壁へ頻繁にバウ付けする用があるのでしょうか?

311007.jpg
少し引いて、3隻揃った全体像を。後ろのジブチ向け巡視艇「SAAD OMAR GUELLEH」、弊ブログでは確か昨年9月が初出ですが、ずいぶん長い間工事が停滞しているように見えます。どうしたんでしょう?

311008.jpg京葉線をくぐって、汐見運河をそのまま西航すると、すぐ目に入るのがマエカワヤンマー販売さん。水面上に突き出たクレーンはもちろん、側面の波板に大書きされたヤンマーのロゴがキュート。

今日も何隻か業務船がもやっていますね。遠目にも好みのゴツいフネブネなのがわかり、期待して接近すると‥‥。

311009.jpg
おお! 船首のラインとともに、後傾したやたらカサのある甲板室、幾多の接弦に耐えボコボコになったガンネルと、好みばっちりの無骨美にあふれた曳船。排気がエキゾーストパイプむき出しで、ファンネルじゃないところが惜しい!

楽しく愛でながら、「ん?」とひっかかった点が。あれは‥‥。

311010.jpg
操舵室側面に書かれた船名、何で裏返しなんだろう?

警察や消防などの緊急用車輌が、バックミラーに映ったときも判読できるよう"鏡文字"で表記するのはよく知られていますが、業務船で同様の用途はあるのかどうか‥‥。この「鹿島丸」で初めて見たと思うんですけれど、他にも例があるのかしら。
撮影地点のMapion地図

(令和6年1月7日撮影)

(『1月7日のフネブネ…2』へつづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 東雲北運河汐見運河巡視艇曳船墨田川造船