FC2ブログ

12月9日のフネブネ…4

(『12月9日の川景色…3』のつづき)

228116.jpgフネブネの積み残しがまだありました、すみません。
千鳥運河の南岸、日本乳化剤川崎事業所の前あたりで、往路に写真のような船を見かけてオッ、と惹かれるものがあったわけです。

小型船舶の範疇に入るくらいのサイズなのに、業務船然とした無骨なそのスタイルと塗色、これは吸い寄せられない方がおかしいというもの(真顔)。一見して水船か何かかな、と思ったのですが‥‥。

228117.jpg
帰りに改めて眺めてみると、前甲板にあるのは単なるホールドで、蓋もなく開口しているようです。う~ん、どんな用途なんだろう? わかったのは「かわさき」という船名と、トランサムにある船籍港が川崎(そのまんまですね!)ということのみ。

水線の上がり方から、結構な積載量であることはうかがえるのですが‥‥。素性が気になってしょうがない船ではありました。

228118.jpg同じく千鳥運河、前にも紹介した川崎海上保安署の所属船艇で、も少しましな写真もあったので2枚追加。

巡視艇「たまかぜ」、「すずかぜ」型の一隻で、平成22年の就役。小なりとはいえ電光掲示板を掲げ、白煙たなびくプラント群をバックに憩う姿、工業地帯警備の艇らしい引き締まった表情です。

228119.jpg
その向こうは「しおかぜ」。「たまかぜ」と同型ですが、こちらは平成6年の就役で、塗色も旧来のグレーとあって、ずいぶん印象が違って見えますね。個人的には、小型の巡視艇は白よりグレーの方が好みで、より精悍な感じがすると思うのですが、いかがでしょうか。

228120.jpg
口惜しいことにすっかり晴れたお昼過ぎ、隅田川大橋あたりを下航していたら、おなじみ「エスエスSerenade」に出会いました。減速して追い越しながら、ZEN船長に手を振ってご挨拶の後、短声一発で離脱。

光の加減もあるのでしょうが、この角度から見ると、船首のフレアなどエッジが目立って、シャープな感じが強調され、いつもとは違った魅力を発見した気が。お客さんたちもニコニコと楽しそうでした。

(30年12月9日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 千鳥運河 隅田川 巡視艇

12月9日のフネブネ…2

(『12月9日のフネブネ…1』のつづき)

228091.jpg
千鳥運河には、川崎市消防局の桟橋があり、ここを通るたび2隻の消防艇を眺められるのが楽しみの一つ。

この日は「第5川崎丸」一隻のみで、相棒の「第6川崎丸」の姿が見えなかったのですが、後で根本造船所に上架されていたのを目にしたことは、すでにお話しました。川崎市サイト「第5川崎丸」によると、36総t、3舳、18.4kt、放水砲5門。

228092.jpg

228093.jpg川崎の枝運河めぐり…11」で触れた、衝撃的な船影がコレ! 空荷でアップトリムになるのはわかりますが、少なくとも素人目には、ちょっと常軌を逸しているレベル。船尾にロケットがついていたら、宇宙戦艦ヤマトばりにこのまま飛んでいきそうな角度!

左舷後方から見ると、今にも沈没しそうな緊迫感。機械室が浸水しているんじゃないかと思えるほどです。

228094.jpg

228095.jpg水江運河の油槽船溜西端、曳船「きよたき」に惹かれて。塗色やファンネルマークも手伝って、海保船艇を思わせる端正で、かつ風格のあるカタチ。船首楼の舷窓がいいですね。

風格があるといえば、帰路の千鳥運河で見た油槽船らしい「万栄丸」もそう。船橋ウィングや船首ブルワークなど、ラインのそこここに曲線を取り入れたデザインが、どこか古風で優雅に見えて気に入りました。

(30年12月9日撮影)

(『12月9日のフネブネ…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 千鳥運河 塩浜運河 水江運河 消防艇 曳船

12月9日のフネブネ…1

(『川崎の枝運河めぐり…15』のつづき)

228086.jpg
末広運河を奥へ進み、根本造船所に近づきつつあったときのこと。右手に並んだ、上架作業用の台船の上に乗った艇()を見て、思わず
えっ、ここにいたの?
と、ニヤつきながら声を上げてしまいました(誰もいないし)。イヤだってついさっき、
出港前にほぼ同じもの(↓)を見たばかりだったんですから!

228087.jpg
まあ、朝から驚きましたよ。一見してすぐわかりました。以前、瀬戸内でパフォーマンスしていた、「ファスナーの船」ですよね! 航跡の広がりと合わせて上空から眺めると、巨大なファスナーを開けているように見えるという。まさか東京に来ていたとは、思いもしませんでした。

もの珍しさに周りをウロウロしていたら、いいタイミングで「ビックリしたでしょう~?」と、撮影のお手伝いでたびたびご一緒しているH艇長登場。これから開催されるイベントで、隅田川を上下すること、この艇は瀬戸内で走っていたものとは違い、少し小型に改設計した2号艇であることを教えてくれました。

とまあ、まさかその1号艇に出会えるとは思わなかったので、二度ビックリし、かつ嬉しくなったわけであります。ちなみに本艇デザイナーの鈴木康広氏のサイトはこちら

228088.jpgというわけで、以下時系列に戻ります。道々に出会ったフネブネの姿を落ち穂拾い的に。

海老取運河、北前堀の前では浚渫工事が続いており、浚渫船団が河道中央に陣取っていました。土運船「第5号千羽丸」に盛り上げた土の山‥‥ユリカモメたちが一様に風上を向いてみっちり! 寒かったので、少しでも足の冷たくない土の上を選んだということでしょうか。可愛らしいですね。

228089.jpg
同じく海老取運河、背後のクレーンと塗色を揃えた、この曳船「SALLY」の魅力に惹かれて一枚。塗って間もないらしい塗装もきれいですが、船名の抜き文字の書体も味があります。

228090.jpg千鳥運河西側、南岸にある官船の船溜のうち、川崎海上保安署の桟橋をスナップ。林立するプラントを背景に憩う船艇、ご当地らしい根拠地風景でよいものです。

左から巡視艇「たまかぜ」、監視取締艇「ふぇにっくす」。帰路に通った際は、二隻とも出動して不在でした。ご苦労さまです。
撮影地点のMapion地図

(30年12月9日撮影)

(『12月9日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 末広運河 海老取運河 千鳥運河 巡視艇 曳船 水辺の鳥たち

川崎の枝運河めぐり…13

(『川崎の枝運河めぐり…12』のつづき)

228071.jpg

228072.jpg水路を半ばまで進み、油槽群が途切れたあたり、護岸のきわまでびっしりと林立している錆色のプラント。ちなみに北東岸一帯は、JXTGエネルギー川崎製造所の敷地だそう。

このあたりから左手に少し幅が広がり、通船や釣船らしいブイ繋留船がちらほら見えてきました。奥には屋形船も何隻かもやっています。


228073.jpg
最奥部は、南西方に向けてポンドがあり、三方は横付けできる岸壁になっていました。塗色を揃えた釣船が横抱きにもやい、岸壁上には釣りをする人も見えて、のんびりした空気が漂っています。期待したとおり、街場に間近い旧海岸線の雰囲気がありました。

228074.jpgブイ繋留の船が見えたあたり、護岸は石垣で、水際はゴロタ石のゆるい法面になっており、ちょっと妙なつくりだなと思ったのですが、Googleマップで見ると、この手前には鋼矢板が打ってあるのですね。いわば基礎護岸の一種といわけでした。

高潮位時には水面下になるらしく、ご覧のとおり「浅瀬注意」の看板が何枚か立てられていました。生活環境局という設置者名が珍しいですね。自治体の土木部門が名前を変えたのでしょうか。

228075.jpg
夜光運河とお別れして、千鳥運河を東へ。川崎のおおむね東西方向に伸びる枝運河の中で、唯一袋小路にならず、貫通しているのがありがたいところ。

もっとも、橋台地のように土堤が両岸から伸びていて、ちょっとしたことで閉塞に至ったかも、と思わせるような地勢ではあります。鈑桁の管路橋が架かる左手、岡本太郎ばりの絵柄が描かれた太平洋セメントのサイロが、よい目標になっていますよね。
撮影地点のMapion地図

(30年12月9日撮影)

(『川崎の枝運河めぐり…14』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 夜光運河 千鳥運河

川崎の枝運河めぐり…1

(『川崎の運河群へ向かう…2』のつづき)

228011.jpg多摩運河を出て十字流を直進、千鳥運河を過ぎ次の十字流で左へ折れ塩浜運河を南下、京浜運河に出たら西へ向かい、次の十字流で池上運河へ入り‥‥といったコースで、まずは第一の目的地を目指して先を急ぎました。

写真は千鳥運河の狭窄部・千鳥橋付近を振り返ったところ。名物の派手なセメントサイロも健在です。

ちなみに川崎港の運河の名称と区間については、「かわさき区の宝物シート 川崎港・運河」(PDF)に掲載されています、ご参考まで。埋立地の造成にともなう、運河成立の歴史が一枚のシートによくまとめられています。

228012.jpg
重苦しい雲が途切れない中、未踏破区間の1本、池上運河に入りました。入口である南西角地に、ランドマーク然と威容を見せるのは、東洋埠頭川崎支店の橋型クレーン群。「MISATO K」なる巨大ばら積み船が接岸中。

野積場に盛り上げられた真っ黒な山は、石炭のようですね。もし荷役中だったら、粉塵で真っ黒になるかも‥‥と覚悟してきたのですが、クレーンは先端を跳ね上げており、操業はしていないようで胸をなでおろしました。

228013.jpg東洋埠頭の質量過剰ぶりに圧倒されながら、初めましての池上運河を一枚。

何分この天候とて、ご覧のとおり暗く沈んだ水路風景になってしまうのが残念ですが、「枝運河」と呼ぶのがはばかられるような、広大な幅員を有する本船運河。奥には小型の本船の姿も見えて、十全に機能を発揮していることがうかがえました。

228014.jpg
曇天がつくるモノトーンに少し辟易していたのでしょう、マストを警戒色に塗った、カラフルな曳船を目にして、ホッとさせられるものがありました。船名は左から「竜神丸」「第二ふじ丸」。

228015.jpg
右へ入江崎運河が伸びる十字流の北東角、本船がそのまますっぽり入る、「超弩級舟屋」の出現にテンション上昇。船が入れる巨大上屋というだけで、すごく惹かれますよね。

ここまで極端ではありませんが、東京も有明に似たような施設があるので、鉄鋼系の荷役設備かなと想像していたら、やはり、「JFEスチール東日本製鉄所京浜地区」の工場の一角みたい。接岸していた青い本船も、ファンネルマークがJFE。船名は「マドカミヤ」、定繋港は今治でした。
撮影地点のMapion地図

(30年12月9日撮影)

(『川崎の枝運河めぐり…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 千鳥運河 池上運河 曳船