fc2ブログ

東京ミズマチをほんの少し

(『すみだリバーウォークを歩いて…5』のつづき)

268026.jpg高架下をくぐって、枕橋北詰に出ました。基部はビヤ樽を模したといわれる親柱、その上に伸びる橋灯も曲線美といってよい瀟洒な意匠で、側面・高欄周りの石張りを含めて、震災復興世代の雰囲気を堪能できるのは嬉しいものです。

橋灯や高欄の手すりなど、鉄製部分がこげ茶系の色に塗り換えられたのは、東京ミズマチの竣工に合わせてでしょうか。令和元年6月に訪れたときは、まだ緑系の塗色でした。


268027.jpg
河畔の雰囲気はいかがと、橋爪からテラスに降りて足を踏み出しました。全体的に落ち着いた色調で、ベンチや植栽のレイアウトもシンプルで清潔感がありますね。コロナ禍もあって人影はまばらですが、各店ともそこそこお客さんが入り、静かな盛り上がりといったところ。

何度も同じことをいって恐縮ですが、あの時が止まったような高架と河畔が、ここまで変わったことに目を見張る思い。かつての面影が失われてゆく寂しさもある反面、水路に気軽に親しむ機会が増えたことは喜ばしく、しみじみしながらのお散歩であります。

268028.jpg
さて、以前から気になっていた掘り込みタイプの乗降施設を、陸側から観察です。

見たかぎり、柵に注意事項や管理者などの表記はなく、扉も南京錠で施錠されているだけで、隅田川の簡易船着場のように、フリーで利用できるものではないことを確認しました。

268029.jpg右は東側からのぞき込んだところ。干満に対応した踊り場(?)を3段あつらえ、さらにそれぞれ水面に向かって降りる段を設けた構造、細やかではありますが、少々使い勝手はよくなさそうな。

各踊り場の境にある柱状のところに、握りを兼ねたポールを立てるなどしたら、より乗降時の安全が図れると思うのですが、どうでしょう。

これが竣工した状態なのかわかりませんが、フェンダーも未装着ですし、まだ手を入れる可能性はありそうですね。気軽に使える施設になるといいのですが。



268030.jpg
行程なかば、源森橋の橋詰まで来てふと対岸を見たら、基礎護岸上で亀さんが甲羅干しをしているのに気づきました。

よく見てみると、なぜか前足をしまって、後足だけだらりと出した形で反り返っています。それが妙に不精ったらしいしぐさに思えて、ほほえましいというか、可愛らしいというか。ズームでたぐって一枚スナップし、さて会合に向かおうと、楽しいお散歩を終えたのでした。
撮影地点のMapion地図

(令和3年6月18日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 源森川

整備成った旧源森川…4

(『整備成った旧源森川…3』のつづき)

266056.jpgこのこげ茶色のお店は‥‥妻に掲げられた看板を見ると、何とファミリーマート。

ちょっと京都のそれを思い出させますが、徹底した色調の管理がテナントに求められているのでしょう。テラスや高架の雰囲気としっくり来ているかどうかは、またお好みが分かれるでしょうが、水面から見ても落ち着いた感じに思えるのは確かです。


266057.jpg
さて、船着場です。名称を小梅橋船着場といって、ご覧のとおりのポンツン桟橋。屋形やポンツンボート程度の観光船を、対象にしたと思われる桟橋全長です。すでにここを発着地に指定している船社もあり、活用されているようですね。

266058.jpg
船着場を東側から。ちょうど素敵な塗装の電車が通ったので、柳の並木やガス灯風の街灯と併せて一枚。整備成った高架やテラスに、スマートな電車がよく似合っています。こちらは水路の幅員が若干広がっているので、離桟後の転回には少しですが助けになるでしょう。

‥‥しかし、ここまで河畔が美しく、そして賑わい豊かに整備されたのを目の当たりにすると、北十間川樋門の閘門化がなされなかったことが、かえすがえすも惜しまれてなりません。

平成24年、「観光文化」213号で記事にさせていただいたとき(『「観光文化」213号はスカイツリー特集』参照。213号のPDFはこちら)は、まだ閘門化計画が進行中だったのですが‥‥。

266059.jpg最近改架された小梅橋の向こうは、鋼矢板で仕切られて、樋門の耐震化工事が続いていました(『旧源森川周辺を歩く…2』参照)。

スカイツリーの櫓下、そして旧源森川と、ここまで河畔の賑わいを創出しながら、樋門で仕切られた水路は転回も難しい袋小路のまま‥‥。大げさかもしれませんが、ここに閘門を造らずしてどこに造るのか、というのがいち水路徘徊者としての正直な気持ちであります。

266060.jpg
帰路、源森橋から西側を望んで。南岸も現在はご覧の状態ですが、北岸に合わせおいおい整えられてゆくのでしょう。柳やガス灯の効果で、いにしえの数寄屋橋あたりを思わせる風情の川景色となり、艇上から眺めていてもよいものでした。

しかし、今回久方ぶりに入ってみて、修景の成果を眺めれば眺めるほど、閘門の計画が頓挫したことについて、残念な気持ちがつのるばかりで、申しわけないですが手放しでことほぐ気にはなれなかったのです。

水路の都大路となるポテンシャルをあり余るほど持ちながら、まことに歯がゆい形でスポイルされた現状を目の当たりにすれば、いかなブログでは楽しいことだけつづってゆきたいと思っていても、今回ばかりは、マイナスの気持ちになってしまうのは致し方がない、と申し上げるほかありません。
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月15日撮影)

(『5月15日のトリさん…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 源森川 北十間川 江東内部河川

整備成った旧源森川…3

(『整備成った旧源森川…2』のつづき)

266051.jpg
気になる物件なので、東側からもう一枚。階段が右下がりで、左上にゲートが配されているあたりは、隅田川の簡易船着場と同様のレイアウトですが、干満にそなえて踊り場毎にそれぞれ、手前に降りる段も造っているところが異なります。

看板のたぐいが何も見当たらなかったので、どういった扱いになるのかわかりません。もし、申請なしでフリーに利用できるような施設になれば、本流から1本入った落ち着いた環境と、商業施設に隣接していることも手伝い、都内水路で最も使い勝手のよい船着場になるのではないでしょうか。

266052.jpg高架は少し前から、鋼桁よりRC桁に変わり、それにつれて桁の表記とナンバリングも変化しました。

写真の「R 6 業平橋」といった風に、先ほどの自己主張ぶりよりだいぶ引いた、実用的な感じに。それでも、テラスを散策する人から見られることを、意識してのものではあるのでしょう。


266053.jpg

266054.jpgRC高架で桁下に余裕ができた分、店舗も二階建てに。ガラス張りのここは、「WISE OWL HOSTELS RIVER TOKYO」だそう。ホステルというからには、洋風の民宿みたいな宿泊施設でしょう。

この不思議な漢字ともつかないロゴマークは、えーと、もしかして、頭文字のW・O・Hを漢字風に組みなおしたもの? (ぐぐれ)気になって、つい目を引かれる存在になりそうですね。

266055.jpg
奥に旧源森川の東端、小梅橋が見えてきました。あっ、橋の手前の北岸に、ポンツン桟橋の本格的な船着場がありますね! これはぜひ拝見しておかねばなりますまいよと、続けて前進。
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月15日撮影)

(『整備成った旧源森川…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 源森川 江東内部河川

整備成った旧源森川…2

(『整備成った旧源森川…1』のつづき)

266046.jpg

266047.jpg枕橋を振り返って。河道内に前進させて造られるテラスの常で、橋の両端が隠されてしまうのは仕方がないのですが、側面の装飾を間近に愛でられるスポットと見れば、また楽しからずやであります。

美しくリニューアルされた高架橋とテラスを前に、定番の角度でスカイツリーを一枚。あの古色蒼然とした高架、樹木が繁茂した河畔も好きでしたが、まさかこんなに垢抜け、明るく変身するとは思ってもいませんでしたから、やはり嬉しいものです。

266048.jpg
高架の鋼桁、RC橋脚とも、美しく補修・再塗装されて新品と見まがうばかり。下に並ぶお店は、外壁に使う色数や面積が指定されているのか、どれも派手過ぎず落ち着いた感じです。

よく見ると、鋼桁や橋脚の側面に、何か書いてありますね。アップにしてみましょう。

266049.jpg
鋼桁側面には「隅田高架橋 8/10」 「SINCE 1930」 、橋脚には左から「RP10 業平橋」「RP11 業平橋」とありますね。前回、工事中だったころに入ったときは、まだ書かれていなかったと思います。

桁も橋脚も、いわばナンバリングしてあるわけですね。字のサイズが少し小さいように思えますが、このくらいが見た目にもうるさくなくて、かえって良いのかもしれません。書体は出力そのままな感じで、個人的にはもう一工夫あってもよかったように思えるのですが。

266050.jpgお久しぶりです「源森川」…2」でも触れた堀込みタイプの乗降施設、完成状態を拝見。

ここだけ化粧板を施されず、護岸から少し出っ張った形に造ってあること、本流ではない波静かな支派川筋に設けられたことも併せて考えると、本物の簡易船着場より、使い勝手がはるかによさそうですね!
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月15日撮影)

(『整備成った旧源森川…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 源森川 北十間川 江東内部河川

整備成った旧源森川…1

(『供用された常磐橋』のつづき)

266041.jpg隅田川を浅草まで遡上してみたところ、テラス護岸工事で長らく通航止めだった旧源森川、進入禁止の横断幕が取り去られていました。ついに開放されたようですね! 常磐橋につづいての供用開始に出会え、相好も崩れるというもの。

まだ工事半ばだった平成31年4月に、今考えてみるとたまたま開いていたときに出くわして入って以来ですから、嬉しくなりました。

266042.jpg

266043.jpg水門越しに見る、蔦の絡んだ枕橋もお久しゅうござんす。ここから眺めると一見、前回からさほどの変化はないように思えますが‥‥。

入ってから左側へ目をやると、護岸に自然石風の化粧板が貼られ、橋上からの景観に配慮した感じが。この様子だと、奥の区間もきれいに整備されていることだろうと、続けて微速前進。


266044.jpg
枕橋をくぐると‥‥おお。左側、北岸は先ほど同様に化粧板が貼られ、右側の南岸も無装飾ながら、新たに護岸が築かれこざっぱり。かつての放置感濃厚な、昔の雰囲気を残した船溜の袋小路だった時期(『「源森川」で吸われる…1』参照)を知る者からすれば、変化の大きさに目をみはるばかりです。

266045.jpg
背後の高架線も橋脚、鋼桁を含めてすっかり改修されて、竣工年を感じさせない美しさに。高架下にはお店が並び、テラスも高欄の塗色や植栽、ガス灯風の街灯までバランスよく配され、瀟洒で落ち着いた雰囲気の散策路に変身していました。

ご存じのように、源森川北岸のこの区間は東京ミズマチとして、先般開通した人道橋、すみだリバーウォークと併せて再開発されたエリア。スカイツリー周辺の北十間川に続いて、墨田区が力を入れる河畔開発の本気度が伝わってくるような景観であります。
撮影地点のMapion地図

(令和3年5月15日撮影)

(『整備成った旧源森川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 源森川 江東内部河川 源森川水門