生きている大運河・佐陀川…9

(『生きている大運河・佐陀川…8』のつづき)

115093.jpgこんな肌寒い時季に、水面を飛び回るツバメの姿が珍しく、その行方を追ってゆくと、神名火大橋の桁裏へしきりに出入りしているのがわかりました。桁裏をのぞくと、ちょうど古巣にしがみついて、もしゃもしゃと修繕に余念のないツバメ君を発見。

尾羽が短くて二つに割れておらず、ノドの赤い部分がありません。自宅の近所に渡ってくるツバメとは違った種類のようです。地元の方のお話では、これはイワツバメといって、普通のツバメよりずっと早く営巣を始めるとのこと。その可愛らしいしぐさに、しばし見惚れるトリ好き一名。

115094.jpg

115095.jpgツバメはさておき、神名火大橋の上から河口の眺望を楽しんでみましょう。橋の中央から西側、恵曇港を望んで。幾重にも重ねられた新旧の防波堤と、左側はるかに見える切り立った海岸線が、冬の季節風の厳しさを感じさせます。

河口一帯は、近年かなり改築が進んだと見えて、橋上から眺めたかぎり、歴史を感じさせるものは少なかったのですが、北側(写真右)には、わずかに木造の建屋と、石垣護岸が残されていました。合同汽船が発着した場所も、こんな石組の水辺だったのかも…と、妄想が湧きあがります。

115096.jpg河口南岸は北と対照的で、コンクリートの色も真新しい、フェンダー付きの岸壁が見られ、その向こうも更地となって、工事まだ半ばといった様子。大型の自走式クレーンや、積み上げられたテトラポッドの姿があることから、防波堤改修工事の拠点として使われているようにも見えました。

写真左手奥は、古浦海水浴場のあるところですね。夏休みになると、合同汽船に乗って海水浴へゆくといった記事がありましたが、なるほど港からもほど近く、松江近郊の手軽な行楽地として、人気のあったのもうなずけます。

115097.jpg
すでにタイトルにも掲げましたが、上流側の眺望も改めて。護岸は一部新しくなっているものの、両岸沿いに伸びる古そうな家並が、漁港としての歴史と、佐陀川の果たしてきた役割を象徴しているように思えたものです。

山間を縫って島根半島を縦断し、今なお可航水路として生きる運河・佐陀川! 海跡湖や潟湖の排水を兼ねて、舟運路を開こうと開鑿された水路は全国に数あるとはいえ、ここまでよい状態を保ち、しかも舟航が維持されている例は、ほとんど唯一といってよいのではないでしょうか。駆け足ながら、そんな希少な川景色を、起点から終点まで眺める機会を得られた幸せ、言葉にはいい尽くせないものがありました。
撮影地点のMapion地図

(25年3月16日撮影)

(『合同汽船・佐陀川航路覚え書き』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 佐陀川 水辺の鳥たち

生きている大運河・佐陀川…8

(『生きている大運河・佐陀川…7』のつづき)

115088.jpg武代橋から下流側を眺めていたら、河道の曲がり具合もさることながら、北岸に沿って伸びる道の雰囲気にも惹かれ、この道を利用して、恵曇までの最終コースを眺めてみようと思いました。

道から対岸、武代地区を眺めると、低めの丘陵といってよい高さがあり、こちらの低さが実感されます。やはり開鑿時に、この丘を避けただけなのかなあ…。


115089.jpgもう少し進んだ屈曲の内側に、大きな浅瀬があるのを発見。しかも砂洲ではなく、ご覧のとおりゴロタ石が顔をのぞかせる、ちょっと剣呑そうな浅場です。

こんなに石が堆積しているところを見ると、増水時などは、結構流れが速いときもあるのでしょうか。点々と続く桟橋や船影も、この区間はさすがに途切れていました。


115090.jpg
最初はあったガードレールもすぐに途絶えて、後は駒止めすら設けられていない、まさにさえぎるものなしのスリル満点な水際の道に! しかも、普通車が何とか通れる幅しかなく、加えてカーブとアップダウンもあるのですから、肝の冷えることったらありません。

今でこそ、こうして写真を眺めて「低い丘と家並にはさまれた、いい感じの水路だなあ」と、のんきな感想も出てきますが、当時はそんな余裕はなく、シャッターを押すだけで精一杯でした。

115091.jpg武代から恵曇に入ったあたりで、ようやく道幅が広くなり、ギリギリの恐怖から解放されてホッと一息。両岸も町屋造りの家々が並び、漁港らしい雰囲気になってきました。

岸も、岸壁を兼ねさせたような、がっしりした造りになり、もやう漁船の数も増えて賑やかに。目指す佐陀川河口まであともう少し、向こうには河口をまたぐ最後の橋らしいものも見えて、自然と足が速まります。

115092.jpg
海鳥が舞う最終橋、神名火大橋に到着。川幅も先ほどの屈曲部と異なり、再び広がっていかにも河口らしい、開けた川景色に。まだ少し冷たい海風が、日本海側に出たことを実感させます。

あれ? 海鳥だけでなく、ツバメの鳴き声も聞こえてきますね。ご当地のツバメは、こんなに早く渡ってくるのでしょうか?
撮影地点のMapion地図

(25年3月16日撮影)

(『生きている大運河・佐陀川…9』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 佐陀川

生きている大運河・佐陀川…7

(『生きている大運河・佐陀川…6』のつづき)

115083.jpgさらに下って、鹿島町武代付近、南岸から上流側、佐陀本郷を望んだところ。左手の削り取られた山は、新道工事のためでしょうか。水辺にはふたたび木製の桟橋が増え、繋留船が見られるようになってきました。右手の水際の道、柵もガードレールもなく、曳船道を思わせる雰囲気なのがそそりますね。

佐陀川の竣工によって、江戸時代、宍道湖沿岸各地から舶載された藩米は、ここ武代の川方役所に設けられた米蔵に集約され、恵曇から廻船で出荷されたとのこと。地域の物産輸送のみならず、全国的な物流網に組み入れられたわけで、ここが曳船道だったとすれば、曳き舟人夫の掛け声で賑わった時代も、あったかもしれません。

115084.jpg
ここに架かるのが、地名を冠した武代橋(たけだいばし)。ご覧のとおり、なかなか雰囲気のあるRC桁橋で、ぐっと反った中高の造りが、舟航河川を感じさせてよいものです。

川幅がここでぐっとしぼられる、いわば狭窄部であることも、他とちょっと違った雰囲気を感じさせる一因かもしれません。かつては汽船の寄港地でもあった武代、船着場はどのあたりにあったのでしょうか。

115085.jpg北岸から見た武代橋。土地の標高が低いせいか、取り付け道路は結構な急勾配で、クルマにとっては少々難儀なところ。沿岸にもやう漁船、鹿島マリーナを母港とするプレジャーボートを含めて、通航船もかなりの数にのぼるとなれば、フネ優先の造りもうなずけようというものです。

親柱には「1971.6竣功」の銘がありました。遠目にはもう少し古そうに見えましたが、どうやら合同汽船の走っていた当時のことは、知らない橋のようですね。

115086.jpg武代橋の上から、佐陀川を眺めてみたくなり、上流・下流とも一枚づつ。右はすでに先日のタイトルで掲げた、上流側です。靄でかすむ山あいに、ささやかな平野が広がり、その真ん中を佐陀川が一直線に貫いている、胸のすくような運河風景!

ちなみにこの佐太本郷一帯、大昔は「恵曇陂」(えとものつつみ)という池だったとのこと。なるほど、この平らかさ、水際のひたひたな標高の低さと、かつてが沼沢地であったことを感じさせますね。

115087.jpg
そして下流側。繋留船や桟橋の多さが、恵曇漁港が近いのを感じさせる…ことはさておき、目を見開く思いがしたのは、一見して実にわざとらしく(笑)、水路が屈曲していたことです! 季節風による吹き寄せや、波浪の被害を防ぐため、人為的にクランク区間を造ったのでは? …と思わせる雰囲気だったのです。

先に紹介したPDFでも、94~95ページにこの蛇行について触れられており、いわば実物で復習をしたかたちになりました。もっとも記事では、「…と考えられており」とぼかされていて、確証となる史料はなさそうなニュアンス。見方によっては、単に微高地を避けたか、または旧河道をなぞったとも取れなくもないので、この点確かめようがなければ、謎のままなのかもしれませんね。
撮影地点のMapion地図

(25年3月16日撮影)

(『生きている大運河・佐陀川…8』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 佐陀川

生きている大運河・佐陀川…6

(『生きている大運河・佐陀川…5』のつづき)

115078.jpg
鹿島町名分付近、鹿島中学校のある丘の下から上流側を見て。水際にすとんと落ち込むようだった山肌が次第にひらけて、手前では、ささやかながら住宅や畑が見られるようになりました。かつてはこの奥あたりが、いわば分水界だったのでしょう。

いやしかし、舟行きしたくて、こうウズウズするような運河風景ですね! 何度も同じようなことを繰り返して恐縮ですが、山間を貫く、しかもイイ感じに屈曲した、先の見通せない水路! それが小さな谷間の細流や、ゴロタ石の洗う急流河川のような、見るからに舟航できなさそうな川などでなく、満々と水を湛えた可航水路なのですから、そそるのもむべなるかなであります。
撮影地点のMapion地図

115079.jpgほぼ同じところから振り返って、下流側に目を転じると、向こうに桁橋が架かっているのが見えます。よく見ると、橋脚の配置がちょっと妙。左端の径間だけ、なぜか極端に短くなっていますね。

これ、実はもと水門で、堰柱や扉体を撤去して、管理橋だけ残したという変わり種の、いわば「水門遺跡」。左端の狭い径間には、閘門も備えてあったようで、閘門ファンとしては、失礼ながら少々残念な物件でもあります。


115080.jpg通り過ぎざまカメラを向けてみると、橋脚の上流側に戸溝が残っているのが見えました。ここにあった水門は、「佐陀川(さだがわ)水門」(中国四国農政局)といって、中海・宍道湖淡水化事業の中止を受け、中海に設けられていた中浦水門とともに撤去されたそう。

二つの湖の汽水環境を守るため、という趣旨は理解できるのですが、高潮や津波など、万が一の逆水防止のことを考えると、佐陀川水門のみ常時開で残しておいてもよかったような…。淡水化事業が中止されたため、日常の維持管理の予算も出なくなった、ということなのでしょうか。

115081.jpg水門跡からさらに下流側へ移動、松江市役所鹿島支所の近くから上流側を望んで。山肌はだいぶ遠ざかり、狭いながら平野のおもむきになってきました。船影は少ないものの、それでも岸にはぽつり、ぽつりと繋留船が見られます。

写真に写っている舗装道路、実は県道37号線の廃道で、現道は左側の、小高い場所に少しづつ移設工事の最中。地元の方の話では、旧道は水面に近すぎて、増水時に冠水してしまうことも、たびたびあったとのことでした。

115082.jpg
そして、鹿島マリーナ! 櫛形桟橋を備えた、ご覧のとおり実に立派なマリーナで、なだらかな山塊がバックに広がる、風光明媚なところでもあります。ある種、現代の佐陀川を象徴する施設といってよいかもしれません。

東京にいてこそ、運河や川を利用したマリーナは珍しくありませんが、他府県でこのような、運河の懐深くに広がる、これだけの規模のマリーナは、いくつあるでしょうか。
水運と舟遊び、かつてと用途こそ違え、今なおこれだけのフネブネが、この水路を利用している…。「生きている運河」をリアルに実感できた光景でした。
撮影地点のMapion地図】 (←地図に新道が描かれていないので、このあたりかな?)

(25年3月16日撮影)

(『生きている大運河・佐陀川…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 佐陀川

生きている大運河・佐陀川…5

(『生きている大運河・佐陀川…4』のつづき)

115073.jpg
佐太橋の上から南側、上流方向を望んで。奥から手前に向かうにつれて、次第に深くなる谷間を切り開くように(まさに切り開いたのですが)、蛇行しつつ流れ来る川景色!

この両岸の山々に抱かれたような川が、現役の可航水路なのですから! 関東ではまずお目にかかれないタイプの運河風景だけに、感動もひとしおです。

115074.jpgそして嬉しくなるのが、左手、東詰に設けられた桟橋と、そこにもやうFRP和船たち。全長の半ば、山の迫る区間に達してなお、桟橋と艇が、しかもさりげなく在るこの充実感(涙)。

桟橋周りも艇も、手入れが行き届いていて、うらぶれた感じが微塵もしないのが素晴らしい。右側、鋼矢板のある部分は、コンクリートの肌がまだ新しいですね。道路が最近拡幅されたためでしょうか。

115075.jpg
振り返って北側、下流方向の眺め。この先でさらに山が迫っているあたり、切通しの雰囲気が濃くなってくる、水上から眺めてもまさにハイライトといってよさそうな区間。

このあたりはかつて鵜灘といい、地盤が極めて軟弱で地滑りを起こしやすく、開鑿しても一夜にして埋没してしまうため、この区間を放棄して他のルートを迂回する案も、一時は検討されたほどだったとのこと。佐陀川開鑿の中でも、もっとも難工事であったことがしのばれます。
撮影地点のMapion地図

115076.jpg目線をひゅっと吸い寄せられたのが、この民家に接して設けられた桟橋。表に回って確かめなかったのが悔やまれるのですが、このお宅、旅籠っぽい造りに見えますね。

かつては宿坊か、それに近い参詣者のための旅館だったのかも…。佐太神社の例大祭の日には、船で訪れる参詣客で賑わった桟橋かもしれないな…、などと、妄想をたくましゅうさせる外観ではあります。

115077.jpg佐太橋の下にも降りてみると、そこには伏せられた小舟が。艇庫として有効利用されているようですね。橋脚はご覧のとおり耐震補強済みで、落橋防止のチェーンもしっかりと。

帰宅後に検索してみると、何と、この工事を施工された建設会社、カナツ技研工業株式会社のブログがヒット。「耐震補強工事レポート 第一弾!『佐太橋レポート』」以下第五弾まで、工事の様子のみならず、神社の祭礼や佐陀川の歴史まで、わかりやすくレポートされています。

(25年3月16日撮影)

(『生きている大運河・佐陀川…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 佐陀川