仲江間閘門を通る!…1

(『佐原出港』のつづき)

11016.jpg舟は小野川の河口を出て、利根川本流を東北に向けてはすに横断し、仲江間に向かいます。

折からの東風で、向かい波がキラキラと光り、戸立造りの扁平な船首が、足元に波の硬い衝撃を伝える、爽快な大利根下り。はるか遠方には、先ほど電車で渡ってきた、鹿島線利根川橋梁が望まれます。坂東太郎の流れ、かくも雄大なり! 自艇でも走ってみたいものです。

11017.jpg間もなく右手には、津宮河岸の鳥居が見えてきました。香取神宮の浜鳥居で、かつての参詣者は、ここから舟で上陸したのです。

以前、陸路訪ねたときは、節一つない、白木の鳥居の素晴らしさに感動したものでした。鹿島、息栖と水郷三社の浜鳥居は全て訪ねましたが、ここ津宮の浜鳥居が、もっとも美しいように思えます。

11018.jpg大利根を、東風に吹かれながら走ること15分…、仲江間の入口であり、水郷十六島の南の玄関口と称してもよい、仲江間樋管が近づいてきました!

いやもう、視界の限られる胴の間になぞ、じっとしてはおれません。出港直後から船首の甲板に出っぱなし。間近に迫りくる悦楽のひととき(笑)に、全身の感覚を研ぎ澄まして臨まねば!

11019.jpg舟はスロットルをしぼり、草生い茂る高水敷の間を抜けて、いよいよ樋管へ進入。閘門だけでは、利根川の計画高水位より低いため、堤防にもう一つ、ゲートが必要なわけです。
閉まっているところしか見たことがなかったので、やたらと天地寸法の長い、青い扉体が開いているというだけで、すでに感動。

扉体左右のスリットに設けられたローラー、扉体を上下するラックの一本一本など、ディテールが判別できる距離に、水上から接近しているというのもまた、嬉しいわけです。
まあ、もう全部が楽しいわけですわ!

11020.jpg
というわけで…
入らせていただきます!

次回は緊迫(でもなんでもない)の樋管通過。
撮影地点のMapion地図

(21年7月20日撮影)

(『仲江間閘門を通る!…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 仲江間樋管 仲江間閘門 水郷 利根川