五霞落川の水門…4

(『五霞落川の水門…3』のつづき)

60026.jpg
上流側から見たところ。「五霞水門」と看板が掲げてあるのはこちらも同じですが、堰柱間のコンクリート壁が目立つ分、印象が下流側とだいぶ違って見えますね。

水門を名乗ってはいるものの、その働きから見ると堰と呼んだ方がよさそうです。東側は工業団地ですから、あるいは工業用水の取水も兼ねて堰上げているのでしょう。
撮影地点のMapion地図

60027.jpg水門の左右はご覧のとおり、厳重に金網の柵で囲まれて、水門とのスキンシップをはかるにはいま一つの環境です。銘板があったら探してみたかったのですが、これでは無理そうですね。

しかし、手前に石碑が新旧二つもありますから、これを検分すれば、色々とわかることがあるでしょう。さて…。


60028.jpg左の古い石碑のアップ。「五霞樋門竣功記念」と彫られており、少なくとも5~60年は経っていそうです。五霞水門の先代が五霞樋門だったのか、それとも五霞水門を、かつては五霞樋門と呼んでいたのかしら。

ちなみに新しい方の石碑は、「竣工記念碑」と題し、文末に「昭和五十二年四月二十八日通水」の文字が。内容は、昭和22年9月のキャスリン台風を契機に五霞樋門を造ったことに始まり、河川改修の経緯、昭和51年に現在の五霞水門を建設したことと、水門の構造や用途、かかった金額が記してありました。なるほど、先代の五霞樋門は昭和22年に造られ、現在の五霞水門は51年に竣工したのですね。

碑文によると、増水時の逆流防止と、灌漑期の河道貯水が主目的とありましたから、やはり堰の役割も併せ持った施設のようです。地域開発の期待を担った水門なのですね。

60029.jpg
東岸の工場群とは対照的に、西岸は見渡す限りの美田でした。五霞落川と五霞水門がはぐくんだといっても、いい過ぎではないでしょう。

60030.jpg
川沿いの道も、東岸のガードレールも完備した舗装道路にくらべ、西岸は轍を残して草の茂る未舗装。法面から立ちのぼる草いきれ越しに望む五霞落川水門も、のどかでいい表情です。

旧権現堂堤の周囲をお散歩して、水門たちや記念碑群、そして分流点や古い橋と、陽気の良さも手伝って思った以上に楽しめました。お次は久しぶりに、関宿を再訪するとしましょう。


(23年5月4日撮影)

(『関宿再訪…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 五霞水門 五霞落川水門 五霞落川

五霞落川の水門…2

(『五霞落川の水門…1』のつづき)

60016.jpg裏側から見た水門の全景。表側同様、水辺には釣り人さんの姿がちらほら。

こちらもディテールはあっさりめで、巻上機室側面に、換気扇のフードがひとつ余計にあるのと、樋が走っている程度の違いです。扉体の構造が見える分、むしろこちらの方が水門らしい表情で、どこか安心させられるものが。


60017.jpg西側堰柱に、銘板がありました。五霞落川水門の名のとおり、五霞落川の河口を守る役目を果たしているのですね。竣工は平成7年、まだ若手といっていい水門です。

ちなみに、製造元の日東河川工業ですが、香川ローカルでCMを放映しているようですね。(『ローカルCM・日東河川工業』ニコニコ動画(原宿)より)

60018.jpg
スキンプレート側を見たかぎりでは浅いと思えた水深も、扉体をアップで見てみると、湛水したときの汚れから1m強はありそう。

径間にくらべて天地寸法が少ないせいか、構造は単純明快で、すっきりした造作に見えます。

60019.jpg管理橋の名前も「水門橋」と、外観とたがわず単純明快というか、気持ちがいいほどそのものズバリです。

ディテールについてぶつぶつ言ったものの、傍らにあった「水位伝送器」()なる計器が備えられているのを見て、ちょっと見方が変わりました。
やはり河口に位置するだけあって、地域の水防の要といっていい存在なのですね。募集した絵が掲げられるのも、存在の大きさの証しなのかもしれません。
60020.jpg


(23年5月4日撮影)

(『五霞落川の水門…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 五霞落川水門 五霞落川