5月7日の川景色…1

207001.jpg5月7日日曜日は、「銀座百点」7月号のカラーページ撮影のお手伝いで出かけてきました。おなじみの近場ではありますが、変化や発見を記録がてら、いくつか紹介させていただきます。

鼎談出席者のお勧め川景色は、とのスタッフからの問いにこたえる形で、まずはお二方が挙げられた場所から、順繰りにたどってゆくことに。薄曇りなのがちょっと残念ですが、空はまずまず明るく、風も穏やか。隅田川から亀島川へと入ります。

207002.jpg
南高橋近くの船溜‥‥いや、今やこぎれいになってしまって、「船溜」と呼ぶのもはばかられるような雰囲気ですが。桟橋にもやわれていた曳船、「つくば丸」の放つハードな業務船臭が、いい塩梅にこぎれいさを相殺(?)していて、個人的には少し救われたような気分に。

207003.jpg肥塚由紀子氏の勤められている、カヤックツアーのお店の前まで来て、お隣の「やきとり串八珍」に吸い寄せられる船頭。ここ、窓際の席なら川面がよく見えそうだし、ベランダとかあつらえて小洒落た感じに持って行くより、よほど気楽な感じでいいかも。

‥‥すみません、一人盛り上がってしまいました。幹事の役が回ってきたら、ここにお願いしようかなあ。



207004.jpg
艇から見上げても、桁裏まで塗装が美しいのが嬉しくなります、霊岸橋。都内にある橋の名前では、風情があると同時に、音のせいかどこか厳めしさも感じられて、好きなものの一つ。都心部の橋としては、桁下高がほどよく低いのもポイント高し。

207005.jpg
いくつか巡った後、佃水門から朝潮運河に入りました。水門のゲート直下まで入ると、ご覧のとおり朝潮大橋が見えてくるのですが、ひらがな表記の橋名「あさしおおおはし」の「おおお」が妙で、意識をちょっと持って行かれる場所でもあります!
撮影地点のMapion地図

(29年5月7日撮影)

(『5月7日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 亀島川 亀島川水門 佃水門 朝潮運河

2月19日の亀島川…1

202001.jpg2月19日は、お手伝いで近場を巡ってきました。曇り時々晴れの予報だったのが、一歩好転して嬉しい快晴、寒さもそんなに厳しくなく、気持ちのよいお散歩になりました。

砂町運河と曙・曙北運河の十字流で、反航する作業船を一枚。空とともに水も澄んで、年季の入った外観の作業船も、どことなく爽やかな表情に見えます。


202002.jpg
その後に都港湾局監視船、「はやみ」が続航。いつ出会ってもキレイにしていますね。

202003.jpg
隅田川畔、亀島川との合流点角にある、霊岸島水位観測所。こんなに接近したのは久しぶりで、亀島川水門をバックにしたいいお顔を、ぐっと仰いで一枚。

この筋のファンの方ならご存知のように、その役割を油壺の検潮所に譲って久しいものの、高さの原点となる水位を観測した、近代測量の草分け的施設であった意義を讃えて、ご覧のような意匠となりました。逆三角錐が指す、今は水面下の頂点が、A.P.±0m(今次震災で少し変わったようですが)になります。

202004.jpg亀島川へ進入。白というか淡いクリームでしょうか、冬の鋭い陽射しに照らされると、面積もあって雪目になりそうな扉体の色。

赤といわずとも明灰色とか、も少し眼に優しい色の方が、通航艇の皆さんにはよろしいような気がするのですが‥‥。もっとも、紫外線による色褪せを考えると、白に近い塗色がよいのかも。広大な扉体、塗り替えだけでもえらいコストでしょうからね。

202005.jpg
久しぶりに訪ねたので、まずは大きく変化したところから。旧桜川との分流点であった湾入、最近まで業務船溜だった水面ですが、写真のように立派なテラスが完成していました。

船溜があったころからの変化の様子は、26年5月の記事「5月3日の亀島川…2」で触れています。かつての雰囲気を思い出すのが難しくなるほど、河畔にも大きな変化が押し寄せていることを、改めて実感させる光景ではありました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の亀島川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 隅田川 亀島川 亀島川水門 霊岸島水位観測所

5月3日の亀島川…1

(『5月3日の「隅田川橋梁」…4』のつづき)

151021.jpg
前後しますが、最近亀島川を通っていないことに気づいて、様子を見てゆこうと寄り道してみました。久しぶりなので、改めて全体のディテールを垂れ流しに及んでみます。

リニューアルして早5年余、まだ新しい感じのする亀島川水門の全体像を眺めて。右手の張り出しに設けられた、管理棟兼排水機場の建屋はほぼ昔のままだけに、水門の下ろしたて感とは裏腹に時代を感じさせます。

151022.jpg

151023.jpg旧両国橋から一径間のみ移設され、命ながらえる明治の橋・南高橋。河口に架かる第一橋であることも手伝い、亀島川の主役を張る橋といってもいいでしょう。こちらからは、排水機場の張り出しがあるので、全体を見渡せないのが残念。

上の写真にも写っていますが、基礎護岸のスロープに、鴨さん夫婦がお休み中。そんな斜めのところで踏ん張りながらお昼寝していると、疲れないかしら? そういえばそろそろ、可愛いヒヨコたちを連れて、川面に遊ぶ姿が見られる季節ですね。

151024.jpg
南高橋をくぐると、う~ん、以前にくらべて、ぐっと繋留船が少なくなったなあ‥‥。わずかに、通船と曳船が一隻づつという寂しさ。

亀島川は、流頭部と河口を水門に守られているだけあって、高い堤防もなく、都心でも最後まで業務船・プレジャーボートの船溜として利用されてきました。船艇の達着を考えた階段状護岸が、ほぼ全区間に渡って設けられているあたりにも、かつての賑わいが想像されて、よいものです。

151025.jpg最近新設された、写真のポンツン桟橋の整備に関連して、ひしめいていた繋留船も一掃されたようですね。

ご覧のとおり、もちろん無断使用は禁じられていますが、輻輳水域で引き波が絶えず、小型艇での利用が難しい隅田川の簡易船着場より、一本入ったこちらの方が、水面も穏やかでずっと着けやすそうですね。緊急時の避難場所として、チェックしておこう。
撮影地点のMapion地図

(26年5月3日撮影)

(『5月3日の亀島川…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 亀島川 亀島川水門 曳船 水辺の鳥たち

11月3日のフネブネと川景色…1

44001.jpg11月3日の道々に見た、水路風景とフネブネの姿を。

砂町運河を西に向かっていたら、曙運河・曙北運河との十字流で、さっそくコンベア船に出会いました。

10月11日に妙見島で見たそれとくらべると、ぐっと小型の船ですね。大型船を見た後ということもあり、全長が短いせいかキャブがやたら大きく感じられ、何かアンバランスな、寸づまったような印象を受けました。

44002.jpg同じく砂町運河、七枝橋の東側では、杭打船やら台船がもやって、テラス護岸の工事を続行中。

ここ数年で、大型マンションが増えたことも手伝っているのか、運河畔の整備も急ピッチで、景色も目まぐるしく変わってゆきます。


44003.jpg
豊洲運河に入ったあたりで、今度は清掃船隊のフラッグシップ(?)、ゴミ運搬船・第一すみだ丸とすれ違い。

いつもは隅田川・厩橋の基地にもやっている姿しか見たことがないので、航行中の姿は初めてです(過去ログ『河川清掃船たち』参照)。この日は休日とはいえ、お仕事ブネにとっては平日同様。まだまだ面白いものが拝めそうと、ますます上機嫌に。

44004.jpgおなじみ「江東五大水門」のひとつ、豊洲水門も、11月の低い陽射しを浴びて、天端をギラリと輝かせ、実にいい表情。

この時季は空気が澄んでいるせいもあるのでしょう、水門の輪郭もくっきりとして見え、ディテールのつくる影も鮮やかに感じられます。水門を愛でるには、もっともよい季節かもしれません。

44005.jpg
隅田川派川を抜け、亀島川水門から亀島川に入ります。

近年、扉体を含む上回りを、すっかり更新して「近代化改装」された亀島川水門ですが(過去ログ参照)、新しい扉体の塗装は、ビル街に溶け込む保護色を思わせる薄いグレー。陽射しの鋭いこの季節、目にはあまり優しくなさそうですね。
撮影地点のMapion地図


(22年11月3日撮影)

(『11月3日のフネブネと川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 豊洲運河 亀島川 清掃船 台船 豊洲水門 亀島川水門 杭打船