fc2ブログ

10月22日の水路風景…4

(『10月22日の水路風景…3』のつづき)

306030.jpg
隅田川といえば、旧築地市場前で気づかされたことが一つありまして。長きに渡った桟橋の撤去がほぼ終わったようで、コンクリート堤防が本来の姿を露わにしたところで、陸閘がズラリと並んでいることにようやく気づいたのでした。

今年7月、「7月9日の水路風景…4」で鋼管杭が撤去中だったころにもすでに見えていたのですから、相変わらずの注意散漫ぶりですが、堤防がこうして完全に白日のもとに(?)さらされると、陸閘の存在感もまた違って見えてきます。

306031.jpg

306032.jpg昔の水門同様、塗色は赤なのも目に染みてよいものでしたが、何より注目したのが、開口部の両側にナンバリングされていたこと!

書体もちょっと独特だし、惹かれるものがありますよね。テラスになった後も、築地市場の遺構として、非可動ながら残されたりするのかしら。今後がちょっと気になる物件ではあります。

306033.jpg
特にあてなく近場徘徊しているとて、通る水路は限られていますから、恐縮ながらこれもおなじみ、亀島川へふらりと。

降り注ぐ陽光に、両岸にみっちり並んだビル群が水面とともに輝き、明朗な街場の水路といったうららかな表情。都心近くにもかかわらず繋留船群の姿があって、寂しくなりがちな河道を賑わせているのも、この川のよいところでしょう。

306034.jpg
秋から冬にかけての風物詩の一つ、オオバン君もついに大挙飛来する時期となりました。さっそく艦隊(!)を組んで、黒くつやのある羽毛を見せながら母港のポンドを遊弋するようになりました。つい先日と思っていた酷暑も遠くなり、冬の足音を感じさせる水路風景であります。

(令和5年10月22日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 隅田川亀島川水辺の鳥たち

7月9日の水路風景…5

(『7月9日の水路風景…4』のつづき)

301046.jpg

301047.jpg亀島川水門をくぐって亀島川へ。長らく工事中の亀島川水門、更新から10数年しか経っていない第二径間の巻上機室が撤去されたことで、新小名木川水門同様の減径間かと思わせるものがあったのですが、耐震補強工事だとか。

前後ともがっちりと鋼管矢板の囲いで止水されたさま、まだまだ工事は終わらない雰囲気がリアルに伝わってきて、当分落ち着かなそうではあります。

301048.jpg
ゆるゆると最微速で歩かせていると、霊岸橋手前、カヤックツアーで知られる「Tokyo Great Tours」前の階段状護岸から、数艇が出発しようとしているところでした。

カヤックはもとより、パドルボード、お客さんがぎっしり乗ったインフレータブルのラフトと多彩な船団で賑やか。迂回して通り過ぎながら「行ってらっしゃい!」とご挨拶。

301049.jpg

301050.jpg日本橋水門も同様、第一径間が鋼管矢板で閉塞されて長期工事中。同じく耐震工事だとしたら、巻上機室の撤去まで至らない理由は、どのあたりにあるのでしょうか。

日本橋川の川面から見ると、第一径間の管理橋上に警備の方が椅子を出して座り、監視中でした。酷暑の中、本当にお疲れさまです‥‥。
撮影地点のMapion地図

(令和5年7月9日撮影)

(『7月9日の水路風景…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 亀島川亀島川水門日本橋水門

6月18日のお散歩で

282001.jpg
ご無沙汰しております。6月18日は母港に用事があったためお休みをいただいて、せっかくなので2時間ばかり近所をお散歩してきました。その折のスナップを少しお目にかけて、生存確認的な小更新とさせていただきます。

曇り空の上靄もかかり、空気がもったりと重そうに感じる天候でしたが、水面は穏やかで走りやすいのが何より。曙運河を南下し新曙橋まで出ると、フェンスで囲った西側橋脚の向こうに土運船「68号千羽丸」の姿が。橋脚の向こうから、泥土をすくったユンボがニュッと顔を出しました。浚渫作業中だったのですね。

282002.jpg浚渫は水路徘徊者にとっての慶事、ニヤつきながら面舵を切って、おなじみ墨田川造船辰巳をのぞいてみたら‥‥。

ううん、今回も艤装・入渠艇なし。端境期なのか、寂しい状態が続いていますね。複数の船艇で賑わうさまをたびたび目にしてきただけに、残念でしたが、こればかりは致し方ありません。

282003.jpg
港内に出てから隅田川を遡上したところ、浜前水門が閉じているのに気づいて減速。おや、左側の堰柱は色が変わっていますね。耐震補強工事のようです。

向こうには、クレーン船らしいジブが突き出しているのが見えますね。水門に隣接した勝どきマリーナは、閉鎖のため出入りが不便になる上、作業船の碇泊で河道が手狭になり、工期中は大変だろうなあ‥‥。

282004.jpg日本橋川から亀島川に入り、一周する形で亀島川水門をくぐろうとしたところ、ちょっとした事件が。鳩が溺れていたのです!

水を含んだ重そうな翼でバチャン、バチャンともがくさまは哀れで、早速ゴースターン。堰柱にぶつかりそうになるのをだましながら艇を寄せ、「ほら、こっちだよ」と声をかけながら両手で引き上げてやり、何とか水難救助に成功。写真は救難直後、放心状態の鳩さんです。

282005.jpg
よく見てみると、出血は止まっていましたが左の肩に怪我をしており、ぶるぶる震えてもいたので、乾いた古タオルのウェスで拭いてからくるんでやり、まずは保温。河上でカラスにでも襲われて“撃墜”され、落水したことでかえって捕食はまぬがれ、命だけは助かったのかも‥‥と想像。

体力を消耗していたせいか、身じろぎもせず包まれていたものの、行き足を上げるとしきりにもがくので、エンジンの音や振動が怖いのだろうと速度をしぼったところ、おとなしくなりました。鳩さんをいたわるため、スローでの帰港であります。

帰港してから、さてどうしよう、しばらく家で保護した方がいいかしら‥‥と考えながら片付けていたら、羽毛が乾いてふっくらとし、体力も回復してきたのか、全力で暴れ始めたのです。

せっかく助けたのに、また落水したら元も子もありません。心配ではありましたが、暴れる鳩をなだめながら、木や下草の茂った公園の緑地まで連れて行ってやり、放鳥することに。意外としっかりした足取りで、草むらへ消えていったのを見送って、艇に戻ったのでありました。

(令和4年6月18日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村
クリックお願いします

タグ : 曙運河新月島川亀島川浚渫船浜前水門墨田川造船水辺の鳥たち

9月20日の川景色…2

(『9月20日の川景色…1』のつづき)

272046.jpg

272047.jpg亀島川の屈曲部に架かる、毎度おなじみ亀島橋。両岸は階段状護岸に植え込みを設けて、低い目線で見ると橋詰が埋まったように思えるほどの茂りっぷり。しかし、これではせっかくの階段状護岸が活かされていないような‥‥。

植え込みの及んでいない旧来の護岸上では、鴨さんが休憩中。あんまり草を生やし過ぎると、水鳥たちにとってもとっつきにくい川辺になったともいえそうですね。

272048.jpg
流頭部、日本橋水門は引き続き工事中で、霊岸橋と水門の間の狭い空間を、足場が埋め尽くしたような状態。右径間は通航できません。

272049.jpgちょっと微笑ましかったのが、この信号。足場にさえぎられ、水門本体に設けられた信号が見えにくいため、いわば遠方信号として特設されたのでしょうが‥‥。

灯器をさらに足場が囲んでいるのは、遠くから見えればいいんだからまあ‥‥と思ったものの、この直前には霊岸橋が迫っているので、見づらいことには変わりないのでした。う~ん、何で橋桁に取り付けないんだろう?

272050.jpg
日本橋川に出て遡上。好天とあって、名物江戸橋ジャンクションも格好良さが当社比三割増し。川風もさわやか、鼻歌が出そうな気持ちのよいお散歩を続けます。
撮影地点のMapion地図

(令和3年9月20日撮影)

(『9月20日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 亀島川日本橋川日本橋水門水辺の鳥たち高架下水路

9月20日の川景色…1

(『9月20日の神田川奥部…4』のつづき)

272041.jpg
フネブネのお話と前後しますが、9月20に愛でた道々の川景色を落穂拾い的に。

272042.jpg辰巳桜橋、光線もよろしく主塔とケーブルが秋晴れの青空に映え、背景のタワーマンション群とあいまって、胸のすくような眺め。高い上部構造を持つ下路式橋の面目躍如といったところであります。

右は“橋梁標”と呼ばれる航路標識の一つ、センターラインを示す中央標。本船航路の橋で見られるものですが、運河内の橋であるここにあるのが、以前から不思議に思っていました。設置される橋の基準はどのあたりにあるのでしょうね。

272043.jpg
朝潮運河と新月島川の分流する角地、月島倉庫跡地の再開発は、実に目を見張る急ピッチで、通るたびニョキニョキ、といった感じでビルが高さを増してゆきます。護岸も順次手が入ってきたようですから、竣工後はここもテラス化されるのでしょう。

272044.jpg
先日こちらで少し触れた、ウォーターズ竹芝のワンピース100巻発行記念の展示。愛読者として、しかも水辺に展示されるとあっては見逃すのは名折れとばかり、勢い込んで訪ねたのでした。

20ftコンテナ6個を使い、コミック100巻の背の絵柄を並べて見せるというアイディア、コルゲートの凹凸が本のそれを思わせて、実にいいですね!

もっと近くで眺めたかったのですが、左は観光汽船の水上バス船溜、右はウォーターズ竹芝船着場が迫り、近寄るのははばかられたのでズームでたぐってスナップ。9月17日から26日まで展示されたとのこと。

272045.jpg亀島川経由で日本橋川に出ようと、亀島川水門をくぐって。薄いクリーム(?)の扉体が陽射しを受けると、まあまばゆいこと。

右径間、長らく工事をしていますが、巻上機室の上屋が取り去られ、機器類が露天になってずいぶん経ちますね。素人考えながら、さびなど手入れがたいへんだろうなあ、と気になってしまうものが。
撮影地点のMapion地図

(令和3年9月20日撮影)

(『9月20日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 辰巳運河朝潮運河汐留川亀島川亀島川水門