FC2ブログ

2月3日の川景色…5

(『2月3日の川景色…4』のつづき)

217021.jpg
上平井水門をくぐった直後、まばゆい逆光に目を細めながら、第二径間を振り返って。左右の既存桁とくらべて、天地寸法があり外見としては厚みが増したので、竣工後はきっとがっしりとした、たくましい感じになるのではないでしょうか。

217022.jpgそのまま直進して綾瀬川に入り、綾瀬水門から荒川に出るという定番コースでご案内。

堀切橋と、京成線の古典トラスが並列するところまで来ました。ここをくぐれば、左手に綾瀬水門が見えてきます。むっ、堀切橋の桁の下端に、何やらグレーのいびつなボツボツがたくさん‥‥。


217023.jpg
‥‥鳩でした。邪魔はまず入らず幅もいい塩梅、おまけに陽当たり良好とくれば、トリの社交場としては好物件でしょう。堤防にお散歩に来る人の中に、美味しいものを与えてくれる愛鳥家がいるのかもしれません。

217024.jpg

217025.jpg綾瀬水門の前を一航過して進入艇のないことを確認、毎度おなじみ、流れに吸い込まれる軽いスリルを楽しみながら、荒川へ出ました。

おおっと、ちょっとでも気を緩めると、スターンが押しやられて斜めになってしまう‥‥。通い慣れた船路とはいえ、やはり流速のある区間、油断は禁物であります。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川 綾瀬川 上平井水門 綾瀬水門

2月3日の川景色…4

(『2月3日の川景色…3』のつづき)

217016.jpg資材を満載した台船や、ぽつりと寂しげな風情の樋門を横目で見ながら遡上していると、間なしに上平井水門を遠望するところまで来ました。

おや、工事中の第三径間、昨年8月13日に見たときは堰柱の工事中だったのに、巻上機室の桁が架かったようですね! これは記録しておかねばと近づいてみると‥‥。

217017.jpg
第二径間を抜けて、独航艀が下ってきました! さすが土曜日、次々とたたみかけてくる業務船たちとの出会いに、テンションも高まろうというものです。

217018.jpg
2月10日にも掲載したシーンで恐縮ですが、嬉しかったのでもう一度。中川水門(工事中で通航止め)、上平井水門、かつしかハープ橋、そして独航艀と、大好きなモノが一枚に納まった、タマラン「全部乗せ」状態! この土木構造物集中点で、現代舟運風景の代表たる川タンカーを眺められた幸せ。

217019.jpg
しつこいようですが、接近したところでもう一枚。「第十二栄造丸」、中川水門とのツーショット。船首波を白く盛り上げ、下りゆく悠揚迫らぬその姿。折に触れて目にしているこの種の船ですが、間近で拝むとさらに魅力的。どうか道中お気をつけて。

217020.jpgおっと、上平井水門の桁が気になっていたのでした。昨年夏とくらべてみると、堰柱も補強・改築されたようで、既存のものより天端が低くなっています。

これから巻上機室の機械設備や上屋が造られ、その後に扉体周りと進んでゆくのでしょうか。最初に更新されたこの径間が、新しい上平井水門のスタイルを決めるわけで、竣工が楽しみですね。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川 中川水門 上平井水門 独航艀

2月3日の川景色…3

(『2月3日の川景色…2』のつづき)

217011.jpg
首都高小松川線に近づくと、下流側に新たな橋脚が立てられ、傾斜した桁が一径間、孤立して架かっているのに目を引かれました。中央環状線と小松川線を結ぶ、小松川ジャンクションが建設中なのですね。

読者さんのご教示で「小松川ジャンクション 事業の概要」(首都高速道路株式会社)をのぞいてみると、来年、平成31年度に完成予定とのことでした。

217012.jpg

217013.jpg河上の空間を利用した高架道路は数あれど、新たに設けられるジャンクションの、建設風景を眺められるのはそうそうない機会。ここはぐっと寄せて、仰いでいきましょう。

上流側左手、ランプ部分の工事もなかなかの見もの。橋渡しにしたトラスの仮設桁で支えていますが、たわんでいるように見えるのは気のせいでしょうか。


217015.jpg

217014.jpg小松川橋をくぐったところで、グリーンの塗色が渋い業務船と行逢。油船でしょうか。船名は船首ブルワークのものはフェンダーに隠されて読めず、船尾のものは撮影に失敗しわからずじまい。

そのすぐ後には、作業中の清掃船を追い越しました。都建設局「建河清第6号」。次々と現れては去ってゆく業務船、久しぶりに中川へ入った甲斐があったと、ほくそ笑む船頭。さらなる出会いが期待できそうです。

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川 清掃船

2月3日の川景色…2

(『2月3日の川景色…1』のつづき)

217006.jpgコースが近づき、「徐行」の看板を立てたポンツンまで至っても、警戒艇は姿を現わさず。どこかキツネにつままれたようでもあります。

ここで、「レースが始まる前、つまり開場前なので、競艇場所属の業務船群もまだ立ち上がっていないのでは」との推測に至り、一人納得する船頭。先ほど独航艀も下ってきたことだし、このまま通っても差し支えあるまいと、続けて前進。

217007.jpg
下流側のフェンスも解放されており、特に飛ばすことなく、原速のままずるずるとコース内へ。こんなに緊張感のない通航は初めてです。

217008.jpg右手護岸近く、ようやく警戒艇がお出まし。しかし増速して向かってくる気配もなく、注意も受けずそのままスルー。

いや~、拍子抜けしてしまったのも事実ですが、この競艇場にあるまじき(?)ユルい雰囲気は本当に新鮮です。肩透かしを食らいながらも、かえってそれが楽しく思えてきたのでした。

217009.jpg
色とりどりのポール、人影のない観覧席と、存分に眺めまわしながらゆっくり遡上。いや、全速で抜けながら撮っても、あんまり変わりはない気がするものの、この瞬間の雰囲気は何物にも代えがたい、初体験の空気。ありがたく噛みしめてまいりましょう。

217010.jpg
スタート/ゴールのポストと、あの時計みたいなの(ごめんなさい疎くて)、競艇場らしさを盛り上げるパーツたちが、原速で正横を過ぎゆく貴重な時間。競艇好きならずとも、たわむれにちょっと一周してみたくなるものがありました。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中川 江戸川競艇場

2月3日の川景色…1

217001.jpg
1月21日につづきお手伝いということで、近場回りをしてきました。晴天だったものの、ちょっと靄がかかってシャープさには欠けましたが、寒さは前回より少し和らぎ、穏やかな川走り日和ではありました。

まずは中川へとのことで、荒川に出て河口を横断。ちょうど中川の河口から独航艀が出てきて、クランク状に舵を切り浅瀬を避けてから、荒川の河道中央で舵を戻し、まっすぐ下ってきました。「第八富士宮丸」、僚船には何度か出会っていますよね。

217002.jpg

217003.jpgほぼ正横に見たところでもう一枚。肥えた船型らしい、船尾波のまろやかな盛り上がりが快く、そびえる煙突をバックに格好良いところを。

中川へ舵を切ると、背割堤の先端近くに建設中の船着場、「臨海リバーステーション」にクレーンの姿が。昨年10月9日、「荒川河口のフネブネ」でも紹介しましたが、まだ工事は続くようですね。

217004.jpg
中川河口で、魚探の感が跳ね上がるスリルを味わって、久しぶりの最下流部へ。背割堤上にさあっと伸びゆく中央環状線の高架、ゆるく屈曲する見通しの良い川面と、胸のすくような風景を楽しみつつ遡上。

背割堤の上では、法面の改良工事でしょうか、ところどころで建機の姿とともに、真新しいコンクリートの肌が見られました。

217005.jpg分厚くがっしりとした印象の、都営新宿線橋梁まで上ってきたのですが‥‥あれ? いつもならスッ飛んでくるはずの、江戸川競艇場の警戒艇が姿を現わしませんね。

まあ、接近すれば何らかのリアクションはあるであろうと、戻したスロットルを倒してふたたび前進。指示に従って全速でコースを抜ける、あの緊張感を思い出しながら進入。
撮影地点のMapion地図

(30年2月3日撮影)

(『2月3日の川景色…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 中川 独航艀