中島閘門見学…5

(『中島閘門見学…4』のつづき)

175106.jpg
操作室を軒の裏まで眺めまわして、さて、艇に戻る時間も近づいてきました。閘室や関連機器を見て歩きながら、桟橋へぶらぶらと。閘室はすっかり水が抜かれて、水面ははるか下まで下がっています。

前扉室の近くまで来ると‥‥あっ、通航時はよく見えなかった階壁が! しかも、その形がただならぬ香気(?)を発散しているのに吸い寄せられて、思わず駆け寄りました。

175107.jpg
何と、階壁の下流側は優雅なカーブを描いており、しかも角には面が取ってある! 中までムクの石材かどうかはわからないものの、見たところ少なくとも石張りのようです。

ほとんど水面下に隠れてしまうところにまで、意匠的な気遣いがなされているとは! すごいぞ中島閘門! 「テルマエ・ロマエ」のルシウスばりに打ちのめされる船頭。単に私が知らないだけで、他の同世代の閘門も同様なのでしょうか、機会があったら調べてみたいものです。

175108.jpg中島閘門とお別れする前に撮った、銘板二題。こちらはバイパス設備に設けられた、注排水用スライドゲートのそれです。

設備のほとんどが地中にあることとて、銘板を貼り付ける場所に窮したのか、鋼材の短い足を生やし、まるで花壇の立看板のように、ちょこなんと立っている姿が印象的でした。


175109.jpgこちらは後扉室ゲートの扉体にあったもの。復元新製されたとはいえもう16年、ベテランとはいかないまでも、そろそろ中堅いったところでしょうか。

ちなみに佐藤鉄工、我が艇の行動範囲内では、朝霞水門も手がけられています。同社サイト、「水門・鉄管・除塵機」のページをご覧ください。


175110.jpg
名残惜しく中島閘門を辞して、ふたたび「もみじ」で環水公園へ。美しく整備された昭和一桁生まれのマイタゲート、これからも末永く活躍してほしいものです。

桟橋を離れた直後、船長は巧みに舵を切り、放水路の水門ギリギリまで寄せてサービスしてくれました。吸い込まれそうなスリルと、水位差を実感できる眺めの面白さ、運河観光はこうでなくては! と膝を叩いたことではありました。

(27年6月20日撮影)

(『環水公園を眺めて』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 富岩運河 富岩水上ライン 中島閘門 閘門

中島閘門見学…4

(『中島閘門見学…3』のつづき)

175101.jpg
待望の操作盤とご対面。いかにも昔風の計器や、側面に施された装飾など、こげ茶一色の塗装とあいまって重厚そのもの!

水平面は分厚い大理石の板で、左端の角のみ塗料がはげて、白い生地がのぞけています。盤上、ボタンやパイロットランプのみ最近のもので、計器類や大理石のそれと違和感があり惜しい感じがしましたが、見方を変えれば、これは最近まで現役だった何よりの証しなのでしょう。

175102.jpg大理石は軟質で加工がしやすく、熱にも強く湿気も喰らわないとあって、かつては絶縁体として電気製品に盛んに用いられました。模型用電源のトランスも、高級なものになると、大理石のタップ盤をおごったものがあったのを思い出します。

閑話休題、ここまで立派な操作盤とくれば、メーカーが気になります。銘板は‥‥簡単に見つかりました。正面ど真ん中、「芝浦製作所製造」! 現在の東芝ですね。

175103.jpg
計器類は、すべてに説明のシールが貼ってあったものの、針やガラスが失われていたり、あっても無造作にネジで固定されていたりして、ちょっと寂しいものが。写真は閘室の水位計ですが、よく見ると右下、11の目盛のところに「SHAKU」と小さく書かれているのに気づきました。この文字盤、単位が「尺」なんだ!

ちなみに、右側に少し見える額縁は、皇太子殿下が富岩運河を訪れられた際の写真です。以前、見沼通船堀を見にいったとき(過去ログ『通船堀に寄り道…3』参照)、記念植樹があったのを思い出しました。関心のある分野が近しいだけに、これからも行く先々でニアミス(でも何でもない)するのかも。

175104.jpg

175105.jpgこちらが現在の操作盤です。何ともこじんまりとまとまっていて、81年間の技術の進歩を実感させるものが。計器のたぐいは一切なく、作動ステップは、一番上のランプ群で確認するようですね。扇橋閘門のそれ(『満漢全席小名木川…5』参照)と比較しても、ずいぶん簡素な感じがします。

操作室を出て、他の部屋も見せていただきました。和室の宿直室に、大小のお手洗いとお風呂場、どれもきれいにリニューアルされていましたが、やはり近年まで現役だった建物だけに、厳密な意味での復元ではなさそうです。右の写真はお風呂場で、タイル張りの可愛らしい浴槽のみが、ぽつんと置かれていました。

(27年6月20日撮影)

(『中島閘門見学…5』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 富岩運河 富岩水上ライン 中島閘門

中島閘門見学…3

(『中島閘門見学…2』のつづき)

175096.jpgガイドさんにうながされて、管理橋を渡り操作室へ。管理橋のボロボロ具合は8年前のままで、この年代のRC橋に惹かれる者としては、何とも哀れに思えます。閘門や操作室がきれいに復元されているだけに、なおさら痛々しさが際立つようですね。

それにしても、なぜ橋だけがこんなに劣化したのでしょう。かつては運河を渡る橋が少なく、自動車が頻繁に通っていたなど、何か理由がありそうですね。

175097.jpg
橋を渡っている最中に下を見ると、ザーザーと水音がして、閘室から排水中であることがわかりました。ガイドさんによれば、この後すぐに下流側から通航があるので、それに備えてとのこと。

斜接する扉体の角度、水圧でピッタリとすき間なく密着した水密部など、実働するマイタゲートのディテールが味わえて、これまた眼福であります。

175098.jpg
操作室の前に到着。扉や窓は開け放たれて、中には係の方の姿も見えます。前回は窓越しにのぞき込むだけだった操作盤、ゼヒ見てみたい。

ここで前回、19年8月8日に撮った写真(過去ログ『中島閘門…3』より再掲)と、見くらべてみましょう。

175099.jpg
窓枠周りや壁が一新されたのはもとより、波打ち気味だった屋根瓦の棟もしゃっきりとして、改めて大きな修繕だったことを実感。

「中島こう門操作所」の看板は、枯れた味わいがあってよいものだっただけに、外した後そのままというのは惜しいですね。竣工当時は、看板のたぐいはなかったのでしょうか。

175100.jpg内装も全面的に修繕されたのか、壁の色あくまで白く、新しい木の匂いがします。こちらにも大きな説明板が掲げられていて、復元工事の概要や間取り、建築様式などが解説されており、ガイドさんのお話とあわせて楽しく拝読。平成22年8月に竣工したのですね。

船頭的には、「ガラリ」の解説がツボ! いい響きですよね、ガラリって言葉。建築用語では、下見板状の通風口を主に指すようですが、子供のころに見た、二重の格子をずらして通気を調整できるアレを思い出します。

(27年6月20日撮影)

(『中島閘門見学…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 富岩運河 富岩水上ライン 中島閘門 閘門

中島閘門見学…2

(『中島閘門見学…1』のつづき)

175091.jpg

175092.jpg小瀑布をつくる放水路ゲートを、真正面、しかも低い目線から眺められたのが佳ろし。流速でぐっと振られるまま、艇は左にゆっくり回頭して閘室へ戻ります。みたびの通航、船頭にとっては、人生のボーナスポイントのようなものですわ!

往復分の通航体験を済ませると、「もみじ」は下流に船首を向け、閘門南側、西岸にあるポンツン桟橋へ達着。ここでガイドさんと一緒に上陸して、いよいよ中島閘門の見学であります。

175093.jpg

175094.jpgガイドさんは、まず閘室の真ん中あたりに我々を案内し、掲げられた説明板の図を指しながら、富岩運河、中島閘門の成り立ちについて解説。説明板はサイズ相応に、神通川馳越線工事と廃川地の開発から、富山市街の拡大、運河の復興まで触れた詳しいもの。

お話をうかがいつつ、8年ぶりの再訪にしみじみ。あたりを見回してみると、見学コースである歩道はきれいに舗装され、植木や芝もよく刈り込まれて、前回とはだいぶ様子が違います。中島閘門が運河観光の目玉になっていることを、改めて実感させられました。

175095.jpg
操作室も、改めてこの目線で眺めてみると、かつての星霜を経た雰囲気はほとんど失せて、どこか子供のころユネスコ村で見た、外国の復元家屋のような可愛らしさ。

当時はさぞかし、ハイカラな小建築だったに違いありません。中を早く見てみたいです!

(27年6月20日撮影)

(『中島閘門見学…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 富岩運河 富岩水上ライン 中島閘門 閘門

中島閘門見学…1

(『鼬川取水堰と樋門』のつづき)

175086.jpg
食事を終えて外に出ると、ちょうど「もみじ」が帰ってきました。船体色に合わせた、オーニングのワインレッドが芝生の緑に映えて、環水公園の水辺風景によく似合いますね。

バウに向かってゆるやかに上がってゆく舷側のラインが、排水量船型の静々とした走りぶりとあわせ、優雅な雰囲気をかもし出しています。短距離の水路行には、もってこいの艇でしょう。

午後は環水公園の船着場から、この「もみじ」に乗って、ふたたび富岩運河へと乗り出しました。といっても、岩瀬カナル会館まで下るのではなく、中島閘門で上陸して閘門施設を見学、元の環水公園に戻ってくるコース。せっかく訪ねたのですから、どちらのコースも乗っておきたいと思ったのです。

175087.jpg「もみじ」の船内は、船首側をのぞく三方にロングシートを配したもの。船尾側は船長とガイドさんの席なので、お客さんは両舷のシートに並んで座り、身体や首をひねって外を眺める形になります。

席についてみると、船首側の高さが視界を狭めており、加えてオーニングや支柱もあるので、窓ガラス(?)はすべて跳ね上げてあるとはいえ、眺望はそれなりなのは致し方のないところ。身体をひねらなければならないこととあわせ、オープンボート原理主義者(?!)としては、少々ツラい船行きではありました。

念のため触れておくと、シートは深く背ずりも高いので座り心地は上々、コクピットの深さとあいまって、落ち着ける居心地のよい空間で、小人数でのんびりするには居住性のよい艇といえるでしょう。

175088.jpg

175089.jpg同乗のガイドさんは、午前中に乗った「ふがん」と同じ方。解説の合間に、「このお客さんは午前中にも‥‥」などとたびたびイジられてしまい、何とも気恥ずかしい思い。一日に二度も運河に繰り出す客は、少なくともこのガイドさんは初めてだったようです。

後扉室のゲートがほとんど隠れるくらい、なみなみと水を湛えた閘室を見ながら、ふたたび中島閘門を通航できるこの嬉しさ。

いやもう、何度通ろうが、飽きるなんて薬にしたくてもありえないでしょう! 管理橋の上では、通航シーンを写真に収める人の姿も見られました。

175090.jpg
閘室を出た「もみじ」は、すぐに舵を右に切って、放水路の方へ船首を向けました。管理橋の裏側に施された、補強のI形鋼の様子がよく観察できる角度です。

桁を二重に補強され、下流側には人道橋も併設されて、原形を失ったといってもよい状態ではありますね。閘門や操作室は念入りに復元されたようですが、こちらはそういった予定はないのでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(27年6月20日撮影)

(『中島閘門見学…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 富岩運河 富岩水上ライン 中島閘門 閘門 橋の裏側