FC2ブログ

秋田港で、ロータリーボートの生存が確認される!


先日、まも(@Kojimamo)氏のツイートを拝読していたら、10月27日にアップされたものの一つに、「秋田港の貯木場に置かれてた曳船。陸に上がったその小さな姿は殺人的可愛さであった。」とありました。

貯木場、可愛らしい曳船…もしや? 何かピンとくるものがあって、写真を拝見してみると、おお、まごうかたなきロータリーボート! 上部構造物はこの現場のオリジナルらしい、立派なエンクローズドキャブですが、タライのような寸詰まりの可愛らしさはスポイルされていません。

過去ログ「究極の曳船! 第十一あかつき」「ロータリーボートだった! 第十一あかつき」ほかで、すでに引退してしまったロータリーボート「第十一あかつき」に惹かれて、早や5年余。

その間、ちょぶさんに「心残りの名古屋港、会いたかったロータリーボート」(がーちゃんフォトアルバム Vol.2)で名古屋に現役艇がいることを教えていただいたり、のち幸いにして、新潟で現役のロータリーボートに出会う(『山の下閘門の筏…2』参照)ことができましたが、その後は全く情報が途絶えていました。

それだけに、今回のまも氏のご報告は嬉しく、もしかしたら他の地方の貯木場にも、現役艇が生き残っているかもしれない…と、ほのかな希望を抱いたものです。まも氏にこの場を借りて御礼申し上げます、ありがとうございました!

(写真は23年8月10日、新潟・通船川にて撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 通船川 ロータリーボート

山の下閘門の筏…2

(『山の下閘門の筏…1』のつづき)

70151.jpgゆっくりと閘室を出てきた曳船と筏に、もう1隻の曳船が寄り添うように近づいて、もやいを取る作業を始めました。

作業の様子を見ていると、どうやら筏の曳航をバトンタッチするようです。理由はわかりませんが、曳船はそれぞれ新潟西港から閘門までと、通船川内部専門という分担が決まっているようでした。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 山の下閘門 閘門 通船川 水位低下化河川 曳船 ロータリーボート

「第十一あかつき」がいた!


まん丸いタライのような、寸詰まった船体、狭い甲板にひしめく上部構造、船首にずらりと並んだ、サメの牙のようなスパイク…。

その珍妙なスタイルが、たまらない魅力となっている極小曳船、旧ブログ以来さんざん騒いで(笑)いた、朝潮運河のロータリーボート、第十一あかつき君(『朝潮運河に行ってみると…2』参照)。

旧ブログ時代、この船に乗り組まれた経験をお持ちの、blueさんからのコメントや、がーちゃんさん(ブログ『がーちゃんフォトアルバム Vol.2』)の調査により、その出自や構造が判明して盛り上がっていた矢先…。今年2月のがーちゃんさんからのご報告、「第十一あかつき」を最後に消息を絶ち、老朽化が激しかっただけに、ついに廃船の憂き目にあったのではと、心配していました。

輸入木材も、原木のままの輸入から、すでに製材されたものを、直接陸揚げするやり方に変わったと聞いています。海上に原木を投下して、筏組みする必要もなくったことから、曳船船隊も規模縮小を余儀なくされたようですので、第十一あかつきが廃船されたとしても、不思議ではありますまい。

残念ではありますが、これも時代の流れと、あきらめていたところ…。

先日、Googleマップの航空写真で、東京港の東側、若洲沖の木材投下泊地を眺めていたら、一隻の木材運搬船が写っているのを発見。

ブイにもやって、その周りでは曳船が群がり、明らかに筏組み作業をしているようです。
もしや、と思って拡大してみると……!

ホンモノのGoogleマップでここの写真を表示

これはまぎれもなく、あかつき!
しかも、原木を押して、筏組みの作業中だ!

この写真が、何年前に撮られたものかはわかりませんが、あかつき君が元気に仕事をしている姿が、よもやこんなところに記録されているとは思わなかったので、ちょっとした感動でした。

原木を積んできた本船が、船首尾をしっかりとブイにもやっているところや、本船の周りをアバ(木材の浮き)で囲って、投下した原木が流れないようにし、その中でロータリーボートが筏組み作業を行っているなど、この仕事のプロセスもよくわかり、実に興味深い写真でもありますね。

第十一あかつき君には、数年前までもう一隻、同型の僚船がいたとのことでしたので、どちらかはわからないのですが…。
ともあれ、恐らく過去のものになったであろう、港内での筏組みの光景が、Google上にできるだけ長く、姿を留められることを、願ってやみません。

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 第十一あかつき ロータリーボート 曳船 朝潮運河

朝潮運河に行ってみると…2

(『朝潮運河に行ってみると…1』のつづき)

2036.jpg晴月橋の橋脚は、ご覧のとおり、クリーム色の素材でくるまれていました。

橋脚の耐震補強工事は、いくつか見てきましたが、このような補強の方法は初めてです。FRPコーティングをしたように見えましたが、いかがでしょうか。

2037.jpg驚かされたのは、この小屋付き桟橋が、ホンモノの丸太を組んだ、筏の上に乗っていたこと。

潮位27cmの干潮のおかげで、潮の引いた砂州の上に桟橋が座り込み、水面下に沈んでいた筏が、あらわになったのです。

さんざん通っていたにもかかわらず、初めて見る光景です。
ここに所属する曳船たちは、筏を組んだり、曳航したりするのが仕事ですから、らしいといえばそうなのですが、ひとかかえはありそうな、丸太の太さにはびっくりです。水に浸かりっぱなしで、何年くらい朽ちずにもつものなのでしょうか?

2038.jpg晴月橋の向こうの船溜…。愛しのあの船は…やはり、姿が見えません。

悪い予感が的中して、すっかり寂しくなってしまいました。そればかりか…。



2039.jpg賑やかにもやっていた小型曳船たちも、ほとんど姿を消しており、写真の「第二豊丸」一隻という状況で、寂しさに拍車がかかってしまいました。

みんな、どこへ行ったのかなあ…。工事が終わったら、戻ってくることを祈っています。

2040.jpg「水路をゆく」の記事が、障害復旧中で落ちているので、愛しのあの船の写真を掲げておきますね。昨年12月30日に撮ったものです。

改めて紹介すると、名前は「第十一あかつき」。海上に浮いた原木を集めて、筏に組むための作業を受け持つ、ローターリーボートという特殊な機構を持った船で、キャブの直下に、360°回転するドライブがついています。

前後を圧縮されたような、丸みのある可愛らしい外観に惹かれて、旧ブログではすでに何回か紹介しましたが、最近は使われていないのか、方々に錆の浮いた、痛々しい姿になっていました。
廃船にされたりしないで、元気に生き延びていてほしいです…。
撮影地点のMapion地図

(21年3月1日撮影)

【22年8月23日追記】第十一あかつきについては、過去ログ「究極の曳船! 第十一あかつき」「ロータリーボートだった! 第十一あかつき」ほかを参照ください。

(『朝潮運河に行ってみると…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 朝潮運河 第十一あかつき ロータリーボート 曳船