9月28日のタイクーン

(『9月28日の中村川…2』のつづき)

135081.jpg横浜の川を訪ねたとなれば、昼食はやはり桟橋付きレストラン、タイクーンに寄らなければウソというものでしょう。到着が13:30と少し遅かったせいか、桟橋にもやっているのは持ち船だけで、すいていますね。他の艇とメザシにならず、桟橋に直接着けられるのは、これが初めてだと思います。

ちょっと暑いくらいの天候でしたので、もちろんテラス席へ。何しろ、目の前に展開されているのは…。

135082.jpg

135083.jpgこんなバージの入れ替え風景なのですから、屋内に入って見逃す手はありません!

左手から正面にかけて、すべてみっちり詰まった黒いバージの群れ、群れ! その間を曳船が排気を噴き上げ、重い爆音を轟々と響かせて、器用に曳き出しを演じてくれるのですから、料理を口に運ぶ手もおろそかになろうというものです。


135084.jpg

135085.jpg楽しいランチを終えて、桟橋で出港準備。例によって、隣接する新山下貯木場閘門の遺構を一枚。蔦の絡むひなびた姿、こちらもお変わりなく。

天気予報は終日晴天のはずでしたが、タイクーンに着いたころからにわかに空がかき曇り、怪しい空模様になってきました。帰りは、ちょっとピッチを上げた方がよいかもしれませんね。
撮影地点のMapion地図

(25年9月28日撮影)

(『曇り空の京浜運河で』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : タイクーン 新山下貯木場閘門 横浜港 曳船

船溜とタイクーン

(『中村川の船影…2』のつづき)

77091.jpg
中村川、堀川を下って港内へ出ました。新山下運河(過去ログ『新山下運河…1』以下のシリーズ参照)の北口も近いこのあたり、橋と首都高の高架が交錯する、独特の景観が味わえる場所でもあります。

写真の中央、桁下にさらに桁を吊り下げているところ、隅田川畔は両国ジャンクションの「吊られる桁」(『吊られる桁 VS 喰われるトラス』参照)に近いものがあって、面白いですね。

77092.jpg山下・本牧両埠頭の間の水面は、港内業務船のひしめく船溜。東京港とは一桁違う活気を、肌で感じられる水面でもあります。

右手にはカラフルな塗装の業務船たちが、ずらりともやってお出迎え。本船に横付けして、真水を供給する水船か、燃料を運ぶ油船でしょうか。


77093.jpg目を左に転じれば、山下埠頭にもやう黒いバージの一群。東京港ではすでに見られなくなった、瀬取りをするための艀船隊です。

これを見ると、横浜に来たんだなあ、という実感がこみ上げてきて、何ともいえないいい気分。この日は天候も穏やかでしたから、なおさらです。


77094.jpg
そんな船溜の奥にあるのが、あまりにも有名な桟橋付きレストラン、タイクーン。食事をしている目の前で、曳船が黒煙を噴き上げつつ、バージの入れ替えをしているのが見えたりするのですから、業務船ファンなら、ボートオーナーならずとも楽しいところでしょう。

この日は山口氏にお誘いいただいたお陰で、タイクーンで久しぶりのランチです。近づいてみると、好天の休日とあって桟橋は大賑わい。一見しただけでもヨット・クルーザー6隻、PWCも鈴なりのギッシリぶり、眺めているだけで楽しくなる「船いきれ」ムンムンの賑やかさですね。

77095.jpg大型ヨットとクルーザーの外にメザシにつけさせてもらい、2隻の甲板を失礼して桟橋へ。

無知とは恐ろしいもので、上陸したときは「鋼製の大型ヨットは珍しいな」くらいの感想しかなかったのですが、この船、8度の単独世界一周を成し遂げた斉藤実氏の、「酒呑童子Ⅲ」だったのです。しかも、その8度目の世界一周航海を、9月17日に終えたばかりなのだったとか。
(『Saito Challenge 2008-2011』参照)

ううむ、そんな偉大な船の甲板を、意識もせず気軽に踏んでいたとは。失礼しました。船体のただならぬ痛み方にも、大洋を渡ってきた苦闘の跡がしのばれます。タイクーンを訪れていた人の中にも、興奮の面持ちで斉藤氏に話しかける人もおり、桟橋やテラスは、ちょっとしたお祭りムードに包まれていました。
撮影地点のMapion地図

(23年10月10日撮影)

(『新山下貯木場閘門の遺構』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 堀川 横浜港 タイクーン