8月13日の川景色…3

(『8月13日の川景色…2』のつづき)

209091.jpg

209092.jpg久しぶりにガスミオ運河の風景を一枚。首都高羽田線の両脇を固める一般道、南海橋。色褪せた赤い桁が、なぜか臨海部らしい雰囲気に思えたものでした。

右は京浜運河のスマートな斜張橋、勝島橋。テレビドラマでも何度か見たような気がするなあ。主塔のある橋詰は、桜の名所でもあります。



209093.jpg港内に出ようとお面舵を切って、天王洲南運河へ。貨物線の廃鉄橋をくぐってすぐ右手に見えるのが、ご覧の水船。

本船に清水を供給する船で、東京港埠頭の所属。「すいれん」という船名も水船らしくて惹かれるものが。給水能力やサービス水域については「船舶給水のご案内」(PDF)をどうぞ。妙見島にもやっている、「第三新興丸」によく似ていますね。

209094.jpg
7月10日の水路風景…12」でも紹介した、古川組の船溜。クレーン船「駿河2号」を中心にもやう船、フネ! いつも混沌とした(失礼)感じでイイですねえ! いや、こういう業務船の「船いきれ」がムンムンする場所が、東京の水路からだんだん失われつつあるので、つい暑苦しく愛でてしまうのですよ。

209095.jpg
中防水路の閉塞を見に行ったとき、海底トンネル換気塔の向こうに見えたクレーンが、すごくスマートだったのに惹かれて一枚。

こちらにはあまり来ないので、こんな格好のよいクレーンがいるなんて、知りませんでした。地先も地先、中防の外側なので周りに何もなく、孤立感があるのも魅力を引き立てているのかもしれません。「KAMIGUMI」のロゴから、株式会社上組のものとわかりました。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の川景色…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : ガスミオ運河 京浜運河 天王洲南運河 東京港 クレーン船

8月13日の東雲水門…1

209001.jpg約3カ月、何やかやと悲しいくらい手塞がりで、実に、実に98日間も休航してしまいました。この間、一度だけ艇のメンテに訪れたくらいで、川面を目にすることもまれな日々が続いてしまい、水路分欠乏症で手がプルプルするほど(うそ)。

木っ端ブネにも寂しい思いをさせたと、暖機をしながら汚れを丁寧に拭ってやり、さて、久々の解纜。予報どおり雲が多いものの、ときどきのぞける青空に望みを託し、テンションも高くゴーアヘッド。

209002.jpg
最初の目的地は、お題のとおり東雲水門に定めていたのですが、まずはジャブというか小ネタをおひとつ。

28年9月10日、「業務船で始まる」で紹介したクレーン船ですが、あれから同じ場所にもやったまま、移動した様子がありません。前回も気になっていた点があったのと、この日は警戒船もおらず近寄れそうだったので、改めて撮っておこうと微速前進。

209003.jpg
甲板室の屋根に草が生えている‥‥。

仕事柄、土ぼこりをかぶりやすい台船やクレーン船だと、現役船でも、角っこの溜まった土に雑草が生えてしまっている例は時折見かけますが、これは見事というか何というか。屋根上だけ青々と茂っているのが妙で、凄く目線が吸い寄せられます。

209004.jpgさて、お題の東雲水門です。5月7日にセクターゲート径間が廃止・閉塞された様子を紹介しましたが、お手伝いの道々で落ち着いて眺められなかったので、改めてじっくり観察しようと思ったのです。

こうして距離を置いて見てみると、閉塞された部分のコンクリートが白く目立ち、今さらながら「ああ、もうセクターゲートは無くなったんだなあ‥‥」と感慨にふけることしきり。

209005.jpg
幸いにして、空が明るくなってきました。前にくらべて少なくはなったものの、まだ足場が組まれていて、工事は続いていることを示しています。

左手に見える小さな木、以前見事な咲きっぷりを見せてくれた桜(『東雲水門の桜』参照)にしては、えらく小さい気が‥‥。剪定されたにしては縮み過ぎですから、桜は取り去られて、新たに植えられたものでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(29年8月13日撮影)

(『8月13日の東雲水門…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 東雲運河 東雲水門 クレーン船

2月18日の内部河川…8

(『2月18日の内部河川…7』のつづき)

88041.jpg
テラス既設区間をしばらく東進し、境橋を過ぎると、見えてきました。福神橋の向こうでクレーンがジブをもたげ、盛んに作業をしています。

この橋から東は、水位が高かったころをしのばせる鋼矢板区間。特にこのあたり、ついこの間まで両岸は草ぼうぼうで、大きな木さえ生えていて(『駆け足内部河川…2』参照)、放置感(?)横溢する趣のある区間だったのですが、ついにテラスが延伸されるのですね。

88042.jpgいや、感慨にふけって遠い目になっているどころではありません、今肝心なのは、我が艇が通るに足る幅があるかどうか。

遠目に見たときには、エンジンを止めてボートフックで突っつきながら歩かせれば、あるいはギリギリいけそうかな? とも感じたのですが、さて、間近にしてみると…。

88043.jpg
いやもう無理。絶対無理。

人がピョンと跳んで渡れそうなくらいの幅しかありません。ここは、工事中の風景を目にできたことだけでも幸いと思って、追い風で頭が振り戻されるのに悩まされながら回頭、戻ることにしました。

88044.jpg丁字流から横十間川の神明橋まで戻ってみると、土運船がいなくなったのはいいものの、クレーン船が河道に対して45度くらいに振れ回っており、先ほど通った西側(写真右)は塞がれていました。

う~んと悩んでいると、作業員の方が左に出てきて、笑顔でオイデオイデをしてくれたのです。「こっちギリギリに寄せるといいよ」と誘導してくれ、難なく脱出。ありがとうございました!

88045.jpgさらに横十間川を南下していたら、おおお、浚渫した泥土を満載した土運船が、曳船に引かれて移動中。イベントつづきでクラクラしてくるのう…。

ホーンを鳴らしながら曳船を追い越して、距離をとったところで一枚。
撮影地点のMapion地図


(24年2月18日撮影)

(『2月18日の内部河川…9』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 北十間川 横十間川 江東内部河川 水位低下化河川 曳船 台船 クレーン船

ゲートブリッジを眺めて5年

86013.jpgさる12日に開通した東京ゲートブリッジ…、仮称である「東京港臨海大橋」の方に長く接しているものですから、まだちょっと馴染めない感じがするのですが、まずは無事の竣工をお祝い申し上げます。すでに新しい臨海部の名所として、大いに賑わっているようですね。

優美な吊橋や斜張橋が目立つ長大橋の世界で、私好みの武骨なトラスを主体としたこともあり、またホームグラウンドである運河地帯の、目と鼻の先で展開されるスペクタクルの数々に惹かれて、橋脚の立ち上げからたびたび訪ねたものでした。

以下、すでにご覧に入れたものばかりで、しかも見どころの多かった21年に集中しているのが痛いところではありますが、出会ってから竣工までの写真を並べ、悦に入ってみたいと思います。なお、初出記事は各写真の下にリンクしましたので、ご参照ください。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 東京港臨海大橋 東京ゲートブリッジ 東京港 クレーン船

クレーン船「33号千羽丸」

(『閘門様で遊ぶ?』のつづき)

81080.jpg
一つ忘れていたので、記事を一本追記します。

時間が押してきたということもあり、閘門様を辞し、葛西橋を過ぎたあたり(この上流は繋留船があるから)で行き会い船のないことを確認してから、ぐぐっと増速。
ボートサービスのI社長のアドバイス、「たまには回した方が(エンジンのためにも)いいよ」がふと思い出されたことも手伝い、木っ端ブネとしては珍しく、思い切って全速を出してみることにしました。

油を流したように平らかな水面のお陰で、滑走状態に入ってもほとんどピッチングなし、まさに滑るような息詰まるほどのスピード感。ここでGPSの速度表示を見てみると…。

81081.jpg43.8km/h…ノットに直すと、23.65kt! 流速が加算されて出た数字とは思いますが、鈍速が常態の我が艇としては、新記録かもしれません。

まあ、この程度のスピードがイベントになるあたり、つねの船行きをお察しいただきたく。知人のジェットボート乗りに、最高速度はと問われて「20ktくらいかな」というと、笑われるレベルであります。

81077.jpg
全速で下った甲斐あって、もう信じられないくらいあっというまに荒川河口。速いって素晴らしい(でも寒いし緊張するから、たまにでいいや)。

砂町運河に入ると、先行する台船が。あっ、さっき小名木川で一大スペクタクルを見せてくれた、彼らじゃないですか。航空警戒塗装の煙突をバックに、青空の下、水煙を上げて奮闘する曳船と、悠然と従う台船、絵になりますね。

81078.jpg追い抜きざまに台船の側面を眺めていると、いや、台船というよりちゃんとした(というのも失礼ですが)クレーン船のようですね。既製のクレーンをキャタピラのついたまま載せただけのような印象を持っていましたが、甲板上の装備からしても違うようです。

甲板室(?)側面には手書きで「中川船舶」、「33号千羽丸」とありました。曳船は十二号千羽丸でしたから、これも僚船なのですね。

81079.jpg十二号と、33号の両千羽丸と別れて。縁があったらまた会いたいものです。

千羽丸でふと思い当るものがあって、過去の記事を検索してみたら、一昨年末「年の瀬の荒川…1」で、七号千羽丸にも出会っていました。中川船舶の船隊とは、意外とあちこちで行き会っているのかもしれませんね。


(23年12月10日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 荒川 砂町運河 曳船 台船 クレーン船