4月16日のさくらしべ降る水路…1

えらく気取ったお題にしてみましたが、半ばは桜の見ごろを逃した悔しさであります。

先週9日は満開のタイミングだったにもかかわらず、雨時々曇りですっかりやる気を削がれ、今週16日も芳しくない予報と、毎日曜日の悪天候にくさっていたところ、どうやら持ち直して出港と相成りました。

204001.jpg
昵懇のM艇長ご一家と一緒に、急上昇する気温で靄にけぶる運河上へ出てみれば‥‥。海洋大のカッターが、新砂水門前で帆走準備をしているシーンに出くわしました。

チャージの指揮の下、漂泊しつつマストを立て、索具を張りときびきび動く艇員の皆さん。南風の強い日だったので、沖に出ればだいぶガブったでしょうが、セイリングにはもってこいだったかもしれません。

204002.jpg

204_003.jpgM艇長は初見の新イグアナクレーン。緑の塗色が、周りの新緑と似合ってよい感じです。さてこの右側、都市計画運河橋梁をくぐった向こう、西岸にある一群の桜はどうでしょう。

ああ、やっぱり‥‥と口をついてしまいますが、ほとんど散って葉桜になる前、残った蘂(しべ)の赤味が目立つ、ちょっと寂しい感じ。でも、どこかに少しは名残り咲き(?)があるかもと、探しつつ微速で進むことに。


204005.jpg汐浜運河に入ると、花筏‥‥とまではいかないものの、一面に花びらが途切れなく浮かんで、見つめていると無限に続く地紋のようです。

この日は水のコンディションも良好で、透明度もそこそこあったため、ときおり跳ねる魚の水音に加え、たゆたう花弁も日ごろに増して風情があり、よいものでした。



204004.jpg
平久川から大横川に入ったところで、同乗ご一同から「あっ、あそこあそこ!」と声が上がりました。汐見橋西詰の角にある一本、まだ花を落としておらず、結構な咲きぶり!

いや、ようやくの感がありましたが、風が吹くごとにざあっと散る花吹雪とともに、破顔して見入ったものです。やはり水路の桜は、好天下でこそと改めて思ったものでした。
撮影地点のMapion地図

(29年4月16日撮影)

(『4月16日のさくらしべ降る水路…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 砂町運河 曙北運河 汐浜運河 大横川 イグアナクレーン

2月19日の川景色…2

(『2月19日の川景色…1』のつづき)

202046.jpg
曙北運河を南下し、新イグアナクレーンの横に出たので、正横から側面の姿を一枚。一見、きれいに前後対称形のようですが、トラスの三角をたどってみると、岸壁側の方がわずかに長いようです。

塗色以外、遠目には旧クレーンとほとんど変わりはないものの、運河の新顔を折りにふれて眺めるのは、やはり楽しいものです。

202047.jpg
ぐっと岸壁に寄せて、真下に入ってみました。これができるのも、十分な水深が確保されている、揚搭設備ならでは。同乗の方にも思いのほか好評で、「レールになった気分!」との感想もいただきました。

202048.jpg
しつこいようですが、もう一枚。よく見ると、夜設としてライトが備えられているのですね。

202049.jpg通りがかれば必ずカメラを向けます、ええもう(真顔)。変わらず素敵な古賀オールさん。快晴の下で眺めると、魅力もいや増して写し甲斐もあろうというもの。

この日は、乾舷に高低のあるバージ二隻が、横抱きにもやっていました。頼もしささえ感じる肥えた船型に、重い巻取鋼板を満載している様子を想像するだけで、楽しくなるものが。貴重な艀輸送、頑張っていただきたいものです。

202050.jpg新砂水門はご存知のとおり、新水門の工事中で、警戒船により管制される交互通航。通航量も結構なものなので、乗り組みの方も気が抜けないでしょう、ご苦労さまです。

カメラを向けていたら、鋼製艇らしい進入艇が。遠目には保安庁船艇のようなスタイルです。墨田川造船に向かうのかな? 行き足を止めて、入ってくるのを待つことにしました。
撮影地点のMapion地図

(29年2月19日撮影)

(『2月19日の川景色…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 曙北運河 砂町運河 イグアナクレーン 古賀オール 新砂水門

さようなら、旧イグアナクレーン

船橋港を訪ねた帰りのお話ですが、「イグアナ讃歌…1」ほかの後日譚ということで、とり急ぎ。

旧イグアナクレーンはどうしただろう、あれから一月以上経ってしまったし、撤去作業も終わってしまったかな、と越中島駅を訪ねてみると‥‥。

200_002.jpg

200_003.jpgやはり‥‥。

予想はしていたものの、長年見慣れていたものが消え失せたのですから、寂しいことには違いありません。そのあたりに解体した部材でもまだ置いていないか、岸壁沿いを流しながら探してしまいましたが、一カ月と10日の日にちをあけたればこそ、もちろん欠片もなく。
旧、いやさ、元祖イグアナクレーン、長い間お疲れさまでした‥‥。

200_004.jpg
まあ、塗色のほかは外観もほとんど変わない新クレーンが、新造されて代を重ねたというそれだけでも、東京の舟運施設としては、まったくもって稀有なこと。寂しさと同時に、艀輸送が続いてゆくことの安堵感もまた、あるわけです。

目に沁みるような冬の蒼穹を背に、先代と変わらぬ姿でふんばり始めた新・イグアナクレーン! これからも運河の名物として、行き来するフネブネに乗る人々の目を楽しませるに違いありません。
撮影地点のMapion地図

(28年12月31日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 イグアナクレーン

イグアナ讃歌…4

(『イグアナ讃歌…3』のつづき)

199016.jpg
旧クレーンの真正面を‥‥と、少しずれてしまいましたが、新クレーンとみくらべて、どうでしょう。四肢の関節(?)のあたり、旧の方が新より少し線が細い感じが‥‥。塗色のせいで、新のそれが膨張して見えているのかもしれません。

199017.jpg
いずれにせよ、旧クレーンとの逢瀬も、これが最後かもしれないと思うと、しんみりしてしまいます。できるだけ近寄って、ぐっと仰いだところもスナップ。

「イグアナクレーン」で検索してみると、もはや固有名詞でなく、港湾部でコンテナを荷役しているものまで、用法は広がってしまっているようですね。
しかし、レールセンターの彼に一躍脚光を浴びせたのは、「うまい!」と思わずヒザを叩くくらい、ピッタリのニックネームを発案された、佐藤淳一氏のおかげと申してよろしいでしょう。初出は「イグアナ・クレーン」(Das Otterhaus)。一部で誤解されているように、タモリさんが名付け親ではありません。

199018.jpg
ああ、次に訪ねたときには、もう撤去されているかもしれないのですから、まあ、立ち去りがたいですのう‥‥。新旧イグアナ、両雄居並ぶシーンを岸壁にぐっと寄せた目線から。

クレーンが更新される場面を実見して、レールの艀輸送は当面継続される、と勝手に理解していますが、本当のところはどうなのでしょう。詳しい事情をご存知の方、間違いがありましたらご遠慮なくご指摘ください。

199019.jpg

199020.jpgしつこいようですが、後ろ髪を引かれもう一回振り返って。港湾にある近似種(?)と違い、どこか哀愁が感じられる遠目から見た姿。江東運河地帯のアイドルとして、新クレーンにも大いに活躍していただきたいものです。

岸壁を離れようかと舵を切ったところで、後続艇が一隻追い越してき、東雲北運河へ入ってゆきました。そうだ、墨田川造船に寄って、新造艇を拝見しましょうか。

(28年11月20日撮影)

(『11月20日の川景色…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 イグアナクレーン

イグアナ讃歌…3

(『イグアナ讃歌…2』のつづき)

199011.jpg
しばらく見ているうちに、当初の興奮も少し冷め、落ち着いて眺められる余裕が出てきました。東の側面から岸壁に沿って流しつつ、じっくり堪能してまいりましょう。

新クレーンは作業中ですので、あまり寄せるのははばかられますから、迷惑をかけない範囲で、という但し書き付きではあります。

199012.jpg
旧クレーンでは定番の、正面からいいお顔を初ショット。細部には違いはあるのでしょうが、四肢の太さといい角度といい、本当に瓜二つですね。

旧クレーンにいつもしていたように、微速航過しながら変わりゆく表情を仰ぎ見るにつけ、レールの艀輸送が続けられることになって、よかったなあ‥‥としみじみ。揚搭設備が廃止され、実用舟運の船影が消えてゆくのを、この10年いくつか見送っただけに、感慨も深いものがありました。

199013.jpg

199014.jpg地表から伸びる二組の足場はちょうど、四肢の付け根の真下あたりにあり、継手の作業をしているのでしょうか。レールを吊り下げるトロリーは、まだ取り付けられていないようです。

過去にも何度か見かけた、ブチの犬の絵柄をあしらった小型ディーゼル機関車。今日は岸壁近くの線路にいるようで、ボディがよく見えますね。キャブがずいぶん高く造られているのは、何か理由があるのでしょうか。

199015.jpg
ディーゼル機に視点を据えたまま、ズームをぐっと引いてみたところ。旧クレーンの腹の直下に、ブチ犬機関車が休んでいるという、ちょっとのどかな感じの光景。

小型機関車とはいえ、結構なかさのあるこれが、イグアナクレーンの下では豆粒のよう。港湾の超巨大クレーンとはくらべるべくもない規模ながら、そのスタイルといい、存在感といい、運河においては間違いなく、彼が王様でありました。

(28年11月20日撮影)

(『イグアナ讃歌…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 汐見運河 イグアナクレーン