4月8日の神田川

(『4月8日の常磐橋』のつづき)

218046.jpg毎度おなじみ、御茶ノ水駅横の巨大足場を上流側から望んで。左手法面の陽射しに輝く新緑とは対照的に、自らがつくる日陰に黒々と沈んだ姿が印象的です。

河道上の足場、仮設工作物のたぐいは多く目にしてきましたが、高さのみでいえばこれが群を抜いているように思えるのですが、いかがでしょうか。


218047.jpg

218048.jpg一足先に足場が外れて、更新工事が完了した聖橋の下から、青空にぽっかり浮かんだ白い雲を。RCアーチが作り出すまろやかな円弧のフレーム、いいものです。

さて、振り返って初々しい更新直後の質感を愛でて‥‥と気負っていたら、見事に失敗、ゆがみまくりです。聖橋自身が少しはすになっていることもあって、ズームの歪みを考えよく塩梅しないと、何やらフニャフニャになってしまいますのう。

218049.jpg
和泉橋を望んだところで、轟々と複数の爆音が聞こえてきました。PWCのフリートが遡上してきたのです。

いったん和泉橋船着場の前で漂泊し、後続艇を待ってから一群となって、ふたたび楽しそうに遡上してゆきました。暖かくなれば、大川筋も彼らの姿で賑わうことでしょう。

218050.jpg
神田川を出た後は、軽く浅草までお散歩です。好天とあって各船社の水上バス、プレジャーと上下する船も多く、都大路の華やかさが味わえました。

観光汽船の浅草船着場の前を通ると、「アーバンランチ」が接岸中。いよいよこちらまで定期航路が伸びたのかしら、と思ったらさにあらず。オフシャルサイトのインフォメーションを見ると、「浅草周遊『ちょこっとクルーズ』運航中!」とありました。同船着場を発着点に1日3便、約20分近場をめぐるという、小型船ならではの遊覧コース。気軽に楽しめそうでいいですね。

(30年4月8日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 神田川 隅田川 水上バス アーバンランチ

3月29日のお花見水路…5

(『3月29日のお花見水路…4』のつづき)

170021.jpg
少々風も出てきて、波も立ってきたので、お客さまを乗せて港内を突っ切るには、あまり具合のよくない状況になってきました。少し時間がかかっても、目黒川へは運河づたいに向かった方がよいでしょう。

竹芝運河から古川の河口で左折、芝浦運河を南下することに。おなじみ浜崎橋ジャンクションを仰ぐと、桁側面に陽光を反射して、古川の上流に向かって収束してゆく、見事な造形を見せてくれました。

170_022.jpg

170_023.jpg芝浦運河に入り、古川水門をくぐってすぐ右手、新芝浦橋の西詰近くにも桜の一群が。

右の写真は、以前も紹介した南浜橋~浦島橋間のテラスにある桜並木。こちらも3~4分咲きといった感じです。河畔桜の双璧ともいえる、大横川・目黒川には及ばないにせよ、道々の運河畔でも、こうしてあちこちの桜の姿を拾って歩けるのは楽しいものですね。


170024.jpg浦島橋は、芝浦運河地帯でも数少なくなった、リベット組みの鋼桁橋です。架け替えが著しい芝浦ともなれば、腕はまずくともやはり、アップで一枚収めておきたくなるというもの。

写真左手も、テラスの工事がだいぶ進んできましたね。整備が進むにつれて、東京港のバックヤードとして働いてきた運河地帯の面影は、急速に薄れてゆきます。


170025.jpg
港栄橋をくぐって、アーバンランチがやってきました。橋の手前で右に寄せて停止、道を譲って通過を待ちます。

全高を抑えた姿勢に、カタマランならではの旋回性能のよさを考えると、都内ならほとんどの狭水路で運用できそうですね。港湾部だけでなく、江東や隅田川西岸の河川でも、活躍する姿を見てみたいものです。チャーター便で、川めぐりをしたことはあるのかな?
撮影地点のMapion地図

(27年3月29日撮影)

(『3月29日のお花見水路…6』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 古川 高架下水路 竹芝運河 芝浦運河 アーバンランチ 水上バス

7月15日の出船入船

 (『芝浦駆け足散歩』のつづき)

99015.jpgというわけで、辛くも出港に間に合い、4年半ぶりのアーバンランチを堪能することに。前回同様、もっとも眺望のよい、船尾の一段高くなったデッキに陣取りました。

前回と違うのは、肌を刺す寒風に凍えなくともいいということ。まあ、夏の陽射しもツライことはつらいお年頃なのですが、小型遊覧船の白眉たるアーバンランチでの船旅が久々に楽しめるのですから、多少の苦行(でもなんでもない)は、ものの数ではありません。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 芝浦運河 高浜水門 東京港 水上バス アーバンランチ

芝浦駆け足散歩

99001.jpg7月15日は、どういうわけだか、午後になって突然アーバンランチ(過去ログ『アーバンランチで東京港をゆく…1』ほか参照)に乗りたくなったのです。バタバタと準備をして電車に乗り、田町駅頭に降り立ったのが、もう16時を少し過ぎたころ。

次の便の出発まで、30分を切っていたという余裕のなさ、あまりゆっくりと見て歩く時間はありませんでしたが、いつも水路から見上げているこのあたりを、違った視点から眺められるのはやはり新鮮で、短時間ながら楽しい「運河の街」のお散歩となりました。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 新芝運河 芝浦西運河 芝浦運河 アーバンランチ

芝浦運河点描…1

(『高浜水門周辺』のつづき)

13056.jpg高浜西運河から、芝浦運河の南端を見たところ。

ご覧のとおり、東岸は桟橋付きの倉庫や揚搭設備が現存しており、艀荷役全盛時代を思わせる雰囲気なのにくらべて、西岸はここ数年の再開発で、水辺にテラスが整備され、全く対照的な光景です。
一粒で二度美味しい区間と言うべきか…ん? ちょっと違いますか。

13057.jpgまあ、どちらが嫌いというわけではないのですが、どちらかといえば、そりゃオトコに生まれたからには、働くフネブネの舞台となったこちらの方に、興味もわこうというもの。

錆色の艀が舷を接してひしめき合い、沖仲仕の威勢のよい声が飛び交う…。いい意味で殺伐とした、男の仕事場のイメージに惹かれるわけです、はい。

13058.jpgそして対岸。瀟洒な水辺の散策路といった感じで、護岸にも化粧張りが施されるなど、船からの視点も意識して造られているあたり、好感が持てますね。

このあたり、工事中の様子は過去ログ「芝浦の運河めぐり…9」に写真があります、ご参考まで。


13059.jpg
屋上から宙を突く、クレーンのトラスの雄姿、その下に続く各階の荷受の張り出しや、桟橋上屋の切り欠き…。ディテールの一つ一つが、当たり前ですが機能を髣髴させるものばかりで、妄想のおかずとしては充分すぎるほど。

仮に将来、この倉庫が役目を終えて、別の用途に供されるとしても、この外観だけは残してほしいですねえ…。

13060.jpg汐彩橋の手前まで来ると、おりしもアーバンランチ(8月16日からのタイトル参照)がもやいを解き、回頭中。

以前乗ったことがあるのですが、カタマラン二軸船の運動性能は素晴らしく、クルマで言えばキャタピラ車並みの信地旋回…ほぼその場回頭をやってのけます。
撮影地点のMapion地図


(21年8月16日撮影)

(『芝浦運河点描…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 芝浦運河 アーバンランチ