8月13日の川景色…4

(『8月13日の川景色…3』のつづき)

209096.jpgこちらの帰り道の落ち穂拾い。たまには、あけぼの水門もちゃんと(何がちゃんとなのかは略)スナップしておこう。「江東5大水門」の一つなのですから。

見通しが悪く、人目も乏しいせいか、東雲水門や辰巳水門に見られるようなスローガンも掲げられておらず、また東京の水門では珍しく、名前がひらがな表記です。格子に覆われてわかりづらいものの、魚のような帆のような、何かをモチーフにした絵柄が描かれている「お絵かき水門」でもあります。

209097.jpg
ここを古賀オールのバージが、手に汗握る思いですり抜けているんだよなあ‥‥。水門をくぐった北側では、鋼管矢板の打ち込み作業中でした。新しい護岸か、テラスでもできるのかしら。

209098.jpg
綾瀬川下流部を通ったとなれば、見逃せない堀切菖蒲水門。最近見学会も催され、多くの参加者があったとのこと。都内の水門の中でも、巻上機室、扉体ともに類を見ない変わり型、維持はその分大変かと思いますが、頑張っていただきたいものです。

209099.jpg
ちょうど陽をさえぎった雲の下で、新イグアナクレーンにご機嫌伺い。

‥‥いや、もう代替わりしてだいぶ経つのですから、「新」は取った方がいいかな。レールをつなぐお仕事がここで続くかぎり、変わらぬ姿で踏ん張っていてほしいもの。

209100.jpg
そして古賀オール、第三工場ヤードクレーン! 都内の運河畔にある荷役設備が数えるほどになった今も、万丈の気を吐くこの揺ぎ無さ! 古賀さんがホームグラウンドである運河地帯に在ってくれることに、ただ感謝のほかありません。

(29年8月13日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河 綾瀬川 汐見運河 曙北運河 あけぼの水門 堀切菖蒲水門 イグアナクレーン 古賀オール

6月14日の曙運河

154001.jpg昨日6月14日は、久しぶりに晴れるとの予報を得て嬉しくなり、早起きして近場回りをしてきました。まずは曙運河を南下。曙運河の水面のうち、多くを占める柵囲いの貯木場跡は、ポンツン桟橋が備えられ、業務船などの船溜になっています。

柵の開口から、ふとのぞき込んでみると、あっ、マルコ・ポーロだ! 都内の河用旅客船数ある中で、最も川蒸気に近いスタイルの、お気に入りの一隻。今はここを定繋地にしていたのですね。

154002.jpg

154003.jpgあけぼの水門をくぐろうと仰げば、京葉線の曲がったトラスが朝日に輝いて、とてもきれい。空あくまで青く空気も澄んで、昨日までの梅雨空がウソのような、秋空を思わせる爽やかさ。早起きした甲斐があったというものです。

水門の向こうは、湾岸道路曙橋、首都高湾岸線ともに上下線、りんかい線、有楽町線と橋がひしめき合う密集地帯。京葉線のトラスや水門の管理橋、運河南口の新曙橋まで含めると、実に9本の橋が架かっています。

154004.jpg運河南口近く、西岸の角にいる廃曳船はいまだ健在(?)。もっとも、望の大潮の翌日とあって、この時点での潮位は180㎝近く。水面に出ているのは、左舷の一部と操舵室のトップだけでした。

沈船、昔は方々に会った記憶があるのですが、最近はすっかり整理され、本当に少なくなりました。都内では2ヶ所くらいかな‥‥。廃曳船の以前の姿は、過去ログ「曙運河南端部」参照。

154005.jpg
そして曙運河南口といえば、黄色い塗装も鮮やかな、墨田川造船の浮きドック。

しかし、朝凪とあって水面は平らか、この時季得がたい好天とくれば、チャンスとばかり沖に乗り出してみたくなるもの。久しぶりに、ゲートブリッジに挨拶してゆくとしましょうか。
撮影地点のMapion地図

(26年6月14日撮影)

(『6月14日の13号地沖』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河 あけぼの水門

超弩級! クレーンバージ船隊…1

14001.jpg8月16日の臨海大橋」で既報のとおり、小面憎い台風のお陰で予定が大幅に狂い、楽しみにしていた一大スペクタクル、有明で組み立てられた臨海大橋トラスの浜出しが見られなくなってしまいました。せめて巨大クレーンバージの威容だけでも味わっておこうと、6日午後出港。

上げ潮で水面が渦を巻く、あけぼの水門をくぐって曙運河を南下、現場へ急ぎます。

14002.jpg曙運河南端で右折すると…。もう見えるよ!
この距離から、貯木場に林立するクレーン群のブームを透かして見ても、桁の違う大きさが実感できる、この質量過剰感!

風が少々ありますが、幸い風向は北東、これなら運河から港内に出ても、さほど波に悩まされずに済みそう。雲も少なくよく晴れ渡って、絶好の巨船観賞日和と言えそうです。

14003.jpg
東側から、トラスを前にしたクレーンバージ船隊に接近。逆光の中に、ブームを高々とかざした巨体が黒々と浮かび上がり、さざ波の乱反射がキラキラと目にまばゆい、印象的な初対面。

…しかし、あの圧倒的な存在感を誇っていたトラスが、こんなに小さく見えるときが来るなんて…。
国内最大級の実力を誇る巨人が、3人も居並んだこの迫力の前には、どんな巨大建造物も、こうべを垂れるしかありますまい。

14004.jpg
これだけの大事業、さぞかし警戒も厳重に違いない…。と思いつつ近づくと、キラキラ波の向こうに、やはり遊弋中の警戒船が。

もっと接近して眺めたい気持ちはあるのですが、迷惑にならないように、充分間合いを取りながら微速で移動。光線の向きが観察に具合が悪いので、周りを半周するような形で、ゆっくり流しながら西側に出るとしましょう。

14005.jpgこれだけの巨体が鎌首をもたげていれば、わずかな風波でも影響は相当なもので、つねにワイヤーや錨綱の張力を調整し続けなければならないのでしょう、船隊からは絶え間ないエンジンの鼓動が聞こえ、触れれば弾けるような緊張感が伝わってきます。

光線だけでなく、風向きからも、落ち着いて観賞するには風裏に回った方が良さそうだな…。
少し増速して、船隊の西側へ。
撮影地点のMapion地図

(21年9月6日撮影)

(『超弩級! クレーンバージ船隊…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港臨海大橋 クレーン船 あけぼの水門 曙運河 寄神建設 海翔 吉田組 第五十吉田号 深田サルベージ

臨海大橋を見にゆく…2

(『臨海大橋を見にゆく…1』のつづき)

2006.jpg一瞬、キョロキョロと目で探してしまうほど、風景に変化がありませんでしたが…対岸、中防の方をよく見ると、「あ」…あった。
一径間だけ。

ニュースであれだけの扱いをされているのだし、クレーンバージ「富士」も出動したようだから、きっと何径間も架かっているに違いない…。と思っていたので、これにはちょっと、肩透かしを喰らった気がしました。

2007.jpg嬉しいような、がっかりさせられたような、複雑な気分でしたが、せっかく来たのだからと、濡れそぼりつつ周囲を散策。

自然石を積み上げた、豪快な感じの護岸越しにみる橋脚群は、まるで巨石文明の遺跡のよう。艇から見上げるのとは、また違った楽しさがあります。





2008.jpg橋脚群と防波堤のあるところから、サイクリングロードを少し沖の方へ歩くと、15号地信号所があり、電光掲示板に「F」の信号が現示されていました。

この信号所は南棟で、もう一つ同名の北棟もあり、臨海大橋の建設で信号の視界がさえぎられるため、もともと一棟だったものを、二棟に分けて最近新設したものとのこと。(参考:『15号地信号所新築工事東京都港湾局



2009.jpgマリーナに戻って、うらめしそうに降る雨を眺めながら、少し早めの昼食をとっていたら…次第に空が明るくなり、雨もどうやら止んできました。このチャンスを逃すまじ、それっとばかりに準備にかかって、おっとり刀で出港。何とか、本年初出航にこぎつけました。

この日は、干潮が13時31分、潮位27cmだったので、久しぶりに江東内部河川でも周ろうかと思っていたのですが、今にも降り出しそうな空模様では、のんびりできなそうです。予定変更、臨海大橋を見にゆくことにし、曙運河を南下。

2010.jpg左側、第一径間が工事中のあけぼの水門。最初に見た時は、どちらの信号も赤でした。あれ、通れないのかな? と、近づいてみたら、右径間の信号がいきなり青に。ははあ、交互通航のようですね。

おまけに、水門のスピーカーからは放送が!
「あけぼの水門は現在工事中です。航行中の船舶は充分注意してください」
おおお、閘門でない、普通の水門での放送を体験できるなんて、そうそうありません。これは幸先がよいかも…。
撮影地点のMapion地図

(21年3月1日撮影)

(『臨海大橋を見にゆく…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港臨海大橋 曙運河 あけぼの水門

曙運河


大きな地図で見る

曙運河
所在地:東京都江東区辰巳1~3
延長:1.6km
最小水深:A.P.-3.0m
最小桁下高:A.P.+6.0m
メモ砂町運河赤印)中央部から南方に分岐する運河。北半部西側の水面は、コンクリート柵で囲まれた貯木場跡、および台船の泊地となっているため、航行不可。曳船・プレジャーボートの航行が多い。高速湾岸線北側に、あけぼの水門(青印)がある。
水路をゆく 過去ログ」で曙運河を検索
水路をゆく・第二運河」で曙運河を検索

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 曙運河 あけぼの水門