fc2ブログ
東雲運河

1月7日の水路風景…3

(『築地市場跡の陸閘たち』のつづき)●陸閘たちを愛でた後は、大きく面舵を取って新月島川へ。片方の堰柱だけ補修されて色が変わり、通るたび、ちょっとかわいそうに思える浜前水門。両岸に高いビルが林立したこともあり、日陰になってしまうのは致し方のないところ。●水門をくぐって左手、何度かお世話になった本橋発動機(勝鬨マリーナ)さんをふと見ると‥‥。えっ、桜が咲いてる! いや、梅かな? 何分1月もまだ初め、さすがに...(2024/01/30 Tue 21:26)

10月22日の水路風景…1

●10月14日に船底塗装を終えて下架し、恒例の東雲運河トライアルはその8日後、22日となりました。ほんの短時間ですが近場の徘徊もしてきたので、その際のスナップも併せて。●今回の結果は27.59kt(51.1km/h)と、令和元年8月下架直後の28.67kt(53.1km/h)には及びませんでしたが、船底塗装後としては十分に満足できる記録でした。微妙に伸びなかったのは、向かい風と潮の具合もあったでしょうから、過去の実績から見ても、おおむね...(2023/11/18 Sat 01:47)

またも"フジツボの当たり年"か?

●7月16日に出かけてからおよそ一月ぶり、8月12日は遅い時間に母港を訪れ、出港できないまでも、メンテだけでもしようと艇へ。水線付近に目をやって、まあ愕然としましたよ。ピンボケで恐縮ですが写真のとおり、すでにフジツボみっちり! そんなに長期間放置したわけでもないのにと、泣きたくなりました。お隣のH艇長も、「今年も"当たり年"みたいですねえ‥‥」と、うんざり顔です。●フジツボが我が艇を社交場にしているさまを目にし...(2023/09/23 Sat 23:23)

7月9日の水路風景…1

(『7月9日のフネブネ…5』のつづき)●7月9日の道々で目にしたもののまとめです。まずは恒例、東雲運河でのトライアル‥‥艇の健康チェックから。まあ、49日ぶりのお出かけ、桟橋上から見たかぎりでも水線下にノリがモコモコの状態で、察しはついたのですが‥‥45.9km/h、24.8ktに留まりました。帰港後、炎天下汗みずくになってスクラビスでの船底掃除に励んだのは、いうまでもありません。●京浜運河、勝島運河との丁字流もほど近い、人...(2023/07/19 Wed 20:39)

5月21日のおフネ見…5

(『5月21日のおフネ見…4』のつづき)●前後しますが、落穂ひろい的にいくつかまとめましょう。まずはおなじみの顔ぶれから。東雲運河といえば、宇部さん通いの独航艀たち。この日は「第一豊和丸」「第二豊和丸」がもやっていました。いつも同じことを繰り返し恐縮ですが、バラにを扱う仕事とは思えないくらい、船体の塗装がきれいですよね。肥えた船型もあって、舷側を接するさまが丸い動物が肩を寄せ合っているようで、どこか可愛...(2023/06/04 Sun 21:28)

2月18日の水路風景…1

(『2月18日の巡視艇』のつづき)●以下、道々に拾った風景を垂れ流しに及びます。毎度おなじみのエンジンの健康管理、最近はそれに船底清掃具「スクラビス」の効果検証も兼ねるようになりましたが、東雲運河でデッドフルのトライアルです。結果は51.6km/h‥‥約27.9ktと、じゅうぶん満足できるレコードでありました。これから水温も上がり、海苔も付きやすくなる季節、せいぜいサボらずにお手入れに励みたいと思います。●しかし、風...(2023/03/22 Wed 18:22)

12月28日のフネブネ…3

(『12月28日のフネブネ…2』のつづき)●陽射しを浴びつつ快適に下航し、隅田川派川まで下ってきたところで、警備艇「いそちどり」と行逢。対岸近くに寄せて、清掃船「建河清 第1号」も作業中で、明るい川面の上で働く船のツーショットがはからずもものでき、よい気分で港内へ出たわけです。●東雲運河でのデッドフルを楽しんだ直後。東雲橋の手前まで来ると、向こうの宇部さんの岸壁から解攬したのでしょう、黒い独航艀が流路を塞い...(2023/02/14 Tue 18:09)

令和4年度川走り納め・運河地帯

(『令和4年度川走り納め・晴海ターミナル』のつづき)●フネブネの紹介に移る前に、落穂ひろい的にまとめてみましょう。恒例の東雲運河トライアルでデッドフル。いつもと逆、港内から入って上航するかたちで飛ばしましたが‥‥結果は50.7km/h、27.4ktで、11月13日に走ったときと同じでした。スクラビスでの清掃が効いているようですね。●東雲北運河の桟橋上で、羽繕いをしながらくつろぐ鴨さん。朝よりだいぶ暖かくなって、羽もゆる...(2023/02/08 Wed 00:03)

「もがみ」型護衛艦来航…1

●11月13日日曜日は、新型護衛艦の東京来航があり、国際クルーズターミナルに出かけました。海上自衛隊の国際観艦式をはさんだ「フリートウィーク」で、湾岸各地で各国艦艇の公開が行われましたが、その最終日に当たります。午後から天気が崩れるとの予報を受けて、早めに出航しようと7時前に解纜。朝日を浴びた廃煙突、背後にクレーンが‥‥いよいよ解体が始まるのかしら。●まだ凪いでいる時間帯でしたが、昼ごろから南風の強風が入...(2022/11/15 Tue 23:15)

「Scrubbis」で船底清掃!

●船底に付着するノリや貝類が、木っ端ブネを養う身にとって悩みの種なのは、これまでもたびたびお話ししたとおり。付着物による抵抗と重さでスピードが出なくなり、燃料消費も悪化するしといいことがありません。繋留保管艇の宿命でもあります。付着を防ぐ方法は、まめに動かして剥離を促すくらいしかなく、出航間隔が空けばてきめんに付着が進み、上架→船底清掃のお世話になってきたわけです。以前から、自分である程度の手入れが...(2022/10/10 Mon 23:40)
FC2 Management