FC2ブログ
新芝南運河

8月11日の運河風景…3

(『8月11日の運河風景…2』のつづき)●芝浦橋北詰の橋台近くをメモ的に。堆砂というより、コンクリ塊の混じったガレ場といった風情ですが、前後の護岸近くにくらべると、こんもり、といって差し障りのない盛り上がりよう。こういった底状は、干潮時に通らなければ観察できないので、一枚撮っておこうという気になるわけです。避けるべき浅瀬ですが、浸水など艇に異常があれば、擱座させて緊急避難にも使えるのですから。●東側から...(2019/09/13 Fri 12:15)

2月26日の運河風景…2

(『2月26日の運河風景…1』のつづき)●船長にお話をうかがいつつ、最前列席から眺める新芝運河。普通の部屋っぽい(?)内装の質感のせいか、大きな窓越しに流れてゆく運河風景が、何だかとても新鮮。いつもなら、行き足なりの風を顔に受けるという、感覚の先入観が新鮮さを感じさせるのでしょう。よく効いた暖房にヌクヌクしながら、川景色を見られるというだけで特別なことに思えてしまうあたり、何とも安上がりではあります。●...(2017/04/04 Tue 23:18)

6月3日の芝浦運河地帯…1

(『三菱倉庫の解体工事』のつづき)●午後は芝浦運河地帯をひとめぐりしてみようと、まずは新芝運河へ。午前中にくらべてだいぶ雲も途切れ、気温も上がってきましたが、すこし風が出てきました。この日は望の大潮の前日で、16時54分の満潮に向けて上がる一方でしたから、すでにテラスが目線より低く、いい感じです。写真は新芝運河の北口付近ですが、右側の大きな区画がフェンスで囲まれており、ビル工事の最中でした。●芝浦運河地...(2012/06/20 Wed 21:35)

「喰われるトラス」と芝浦運河地帯

(『万病に効くループ?』のつづき)●高浜西運河に入り、五色橋をくぐると、いいタイミングでモノレールが身をくねらせてお出迎え。モノレールが颯爽と高架上を滑る姿を目にすると、いかにも芝浦運河地帯に来た、という感じで、気分が盛り上がります。ともあれ本日の目玉目指して、このまま奥へと直進。●途中、マンションに挟まれながらもがんばる建材屋さん(『高浜運河に拾う…1』参照)とか、例の住宅(過去ログ『芝浦の運河めぐ...(2010/10/06 Wed 21:33)

新芝運河に拾う…4

(『新芝運河に拾う…3』のつづき)●「桁下高2.2m▼」と、珍しく桁下高表記のある藻塩橋。毎度同じことを書いて恐縮なんですが、橋や水門はオレンジとか赤とか、暖色系の方がよろしいです。特に、このようにビルに囲まれた狭水路では、視認性をよくする意味でも。これが下路式のトラスとなれば、渡る人から見て悪目立ちするから、という理由も考えられるでしょうが、道路上からは構造がまったく見えない上路式の桁橋は、すべからくア...(2010/01/24 Sun 01:03)

新芝南運河

大きな地図で見る新芝南運河所在地:東京都港区芝浦4延長:0.33km最小水深:A.P.-2.0m最小桁下高:A.P.+4.5mメモ:新芝北運河と同じく、新芝運河(青印)と芝浦西運河(赤印)を結ぶ放射線水路。親水歩道増設区間の可航幅はさらに狭く、12mしかない。八千代橋から東は、屋形船の船溜となっている。「水路をゆく 過去ログ」で新芝南運河を検索「水路をゆく・第二運河」で新芝南運河を検索にほんブログ村...(2008/06/28 Sat 22:51)

新芝運河

大きな地図で見る新芝運河所在地:東京都港区芝浦1~港区芝浦4延長:1.6km最小水深:A.P.-2.0m最小桁下高:A.P.+4.4mメモ:明治末から、大正中期にかけての埋立によって生まれた、東京でも古い運河のひとつ。旧海岸線をなぞった、独特の形をしている。両端で高浜西運河(青印)、芝浦運河(空色印)に接し、途中で新芝南運河(赤印)、新芝北運河(緑印)が分岐する。鹿島橋北側の水面は、船溜(黄印)として利用されており、釣り...(2008/06/22 Sun 18:56)
FC2 Management