FC2ブログ
京浜南運河

11月1日の運河風景…2

(『11月1日の運河風景…1』のつづき)●曳船がほぼ正横に来たところで一枚。チョコレート色に塗り上げられた船体が珍しく、船長は天蓋から身を乗り出して、後ろに続くクレーン船を注視していました。船名は「兄弟丸」。クレーン船、二基搭載の結構な大型…と思ったら、2隻を背中合わせに繋いであるようですね。ジブをすでに上げているところから見ると、橋のある京浜運河には入らず、干潟の澪筋をぐるりと4分の3周し、京浜南運河から...(2013/11/18 Mon 21:42)

城南島の水辺風景

●前後しますが、6月10日、第一芝浦丸(『第一芝浦丸のディテール』参照)を見た後は、城南島にある海浜公園に立ち寄ってみました。到着したのがすでに夕方といってよい時間帯で、おまけに雲行きも怪しくなってきたため、少々薄暗い空の下でのお散歩となりましたが、いつもは沖を通っているところを陸側から眺めるのはやはり面白く、短時間ながら楽しい散策でした。【▼「続きを読む」をクリックしてご覧ください】...(2012/08/13 Mon 19:36)

海老取川の水鏡

(『薄曇りの東京港で』のつづき)●城南島南岸の建材埠頭に並ぶ、イイ感じのガット船を眺めながら京浜運河へ。盛んにグラブを振り回して荷役をしているのを目にし、ああ、今日は旗日とはいえ月曜、フネブネにとっては平日なのだと、改めて気付かされました。●南側に京浜島が突き出してくるあたり、水路いっぱいにえらい数の鵜の群れが。我が艇の通過はもちろんご不満のようで、騒ぎながらいっさんに離水開始。このすぐ北には東京港...(2011/10/20 Thu 21:07)

薄曇りの東京港で

●10月10日月曜日は、山口昌彦氏にご一緒いただいて、久しぶりに横浜方面へ遠出(船頭と木っ端ブネ的には十分遠出)してみることにしました。自分の書いたものを読み返してみると、なんと20年11月1日に、新山下運河と入江川水系の一部を訪ねて以来(過去ログ『大師運河波高し…1』以下のシリーズ参照)、神奈川県の水路にはまったく出向いておらず、実質3年ぶり。9月の「新芝川足掛け7年ぶり」ほどではありませんが、ずいぶんご無沙...(2011/10/19 Wed 23:33)

4月10日の平和島運河

(『羽田の水門と船溜…5』のつづき)●羽田可動橋を見上げながら、平和島運河・京浜南運河が同居する干潟水路へ再進入。国際線ターミナルも開業し、名実ともに国際空港に返り咲いた羽田ですが、期待された可動橋の再活用は成らないのでしょうか。大型船の通航もまれとなった現在、閉じたっぱなしにしておいても、あまり問題もないような気がするのですが。●久しぶりにこちらを訪ねたのだからと、平和島運河を通ってみることにしまし...(2011/04/28 Thu 21:38)

平和島運河

大きな地図で見る平和島運河所在地:東京都大田区大森東2~大田区大森南5延長:1.8km最小水深:A.P.-1.0m最小桁下高:A.P.+4.5mメモ:ガスミオ運河(青印)を入口とし、昭和島の西、大森との間を隔てる水路と、京浜南運河(赤印)と干潟を二分し、京浜運河と海老取運河(緑印)を結ぶ南方水面に分けられる。運河の名称となった、平和島西側を通る水路は、昭和56年に埋め立てられ、後に平和の森公園が整備された。大森側に内川水門...(2008/09/23 Tue 21:38)

京浜南運河

大きな地図で見る京浜南運河所在地:東京都大田区羽田空港1~大田区羽田空港3延長:3.3km最小水深:メモ参照最小桁下高:メモ参照メモ:羽田空港北岸に沿って、京浜島との間を走る水路。東側水面には新旧の着陸誘導灯(青印・赤印)の櫓列があり、東京港側からの良い目標となっている。西側は京浜運河(緑印)、平和島運河(空色印)と接続している。航空写真でもわかるように、浅瀬・干潟が多い水路であり、特に干潮時は、赤線で...(2008/05/10 Sat 23:01)

京浜運河(東京) その3

大きな地図で見る京浜運河(東京) その3★各データは「京浜運河(東京) その1」参照メモ:全区間のメモは「京浜運河(東京) その1」参照。【「その3」の区間のメモ】西岸に勝島南運河(青印)、ガスミオ運河(赤印)が分岐している。南端で京浜南運河(緑印)に接続しており、また平和島運河(黄印)を通って、海老取運河・海老取川を経由し、多摩川に出ることができる。京浜南運河との境界部付近は、一部浅いところがあり、...(2008/05/03 Sat 21:16)

海老取運河

大きな地図で見る海老取運河所在地:東京都大田区羽田空港1延長:0.95km最小水深:A.P.-3.0m最小桁下高:記事参照メモ:京浜間内水ルートの一部を形成する、水上交通の要衝と言って良い運河。北を平和島運河・京浜南運河に接し、南は海老取川へと続く。西岸に呑川(青印)、北前堀(赤印)、南前堀(緑印)が分岐する。北端部東岸には、湾岸署の羽田水上派出所(空色印)があり、警備船艇の出入りがある。台船・曳船の船溜りもあ...(2008/04/12 Sat 00:44)
FC2 Management