FC2ブログ
花畑川

花畑水門との再会

(『綾瀬川再訪…6』のつづき)●2ヵ月半ぶりの再会ながら、初めてこの目で見る、花畑水門の表側。ご覧のとおり、水門は閉鎖が常態のため、中川から入って花畑運河を走ってきても、綾瀬川には抜けられず、もちろん水門の表側を見ることはできなかったので…。大げさではなく、ちょっとした感動がありました。●私はどういうわけだか、水門の写真は、真っ正面から撮るのが好きです。陸の上からでは、はすからしか撮れないような場所にあ...(2009/03/23 Mon 20:04)

綾瀬川再訪…6

(『綾瀬川再訪…5』のつづき)●環七通りを渡す、加平橋が近づいてきました。簡素な外観の鋼桁橋とはいえ、いままで視界に入ってきたものが、全体的にグレーがかっていただけに、ウグイス色に塗り上げられた桁が、やけに美しく見えてしまいます。●その後ろに控える高速道路は、ジャンクションと見まがう規模の、加平出入口。小菅ジャンクション同様、こちらも道路が形づくった三角形の真ん中に、太い水管橋が渡されていました。快晴...(2009/03/22 Sun 19:08)

花畑川

大きな地図で見る花畑川所在地:東京都足立区六木3~足立区神明1延長:1.5km最小水深:A.P.-2.4m(メモ参照)最小桁下高:A.P.+3.2mメモ:中川(青印)と綾瀬川(赤印)を短絡し、中川上流と東京方面との舟運の便をはかるために開鑿され、昭和6年に竣工した水路で、花畑運河とも呼ばれる。中川側に六ツ木水門(青鋲印)、綾瀬川側に花畑水門(赤鋲印)があるが、六ツ木水門は常時開なのに対し、花畑水門は常時閉で、実質通り抜け...(2008/12/31 Wed 17:27)
FC2 Management