FC2ブログ

水路をゆく・第二運河 令和2年10~12月のご案内

32_0013.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は一昨年より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、平成20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、平成21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【タイトル画像ほかの更新履歴】
【10月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。有明南運河、旧南極観測船「宗谷」の船尾を眺めて。令和2年9月21日撮影。

9月21日のトリさんと‥‥

(『9月21日の水路風景…4』のつづき)

255066.jpg道々に出会ったトリさんたちの姿とともに、積み残し分も少々まとめてご覧に入れます。

今はもうだいぶ肌寒くなり、これから冬鳥たちの姿が期待できる時期となりましたが、先日出たときは何分まだ9月のこととて、顔ぶれは夏のそれと変わりません。

「続きを読む」をクリックしてご覧ください

続きを読む »

タグ : 砂町運河 辰巳運河 曙北運河 平久川 水辺の鳥たち

9月21日の水路風景…4

(『9月21日の水路風景…3』のつづき)

255061.jpg大島川水門をくぐったところで、右手、越中島連絡橋の橋詰近くに、機付き和船タイプの艇が。ここに艇がもやっているのは珍しいですね。護岸にハシゴが備えてある場所なので、ちょっと繋いでおくにはよさげではあります。

近くにある船宿さんの持ち舟でしょうか。船首に書かれた船名は、かすれて消えかかっており判読できず。


255062.jpg大横川に入ったのは、8月7日に陸路訪ねた、鋼桁の塗装工事をしている茂森橋を、河上からも見ておきたくなったからです。

潮位がだいぶ下がった時間帯とはいえ、道々の橋の桁下高から考えて、大横川をそのまま進むのは避け、平久川・仙台堀川経由で丁字流を目指します。


255063.jpg
まあ、陸路からとはいえ一度目にしたものですから、新鮮味はありませんが他ならぬ茂森橋、しかも希少な鋼桁塗装中のシーンとなれば、ちゃんと水上目線で記録しておきたいもの。

暗く写ってしまったので鋼桁の養生が目立たず、高欄の横断幕の他は、パッと見いつもとあんまり変わらない感じが‥‥。

255064.jpg
せっかく訪ねたので、養生された鋼桁にギリギリまで接近してみました。パネルや鋼管にくっきりと泥色の湛水線が見られ、現場として非常に厳しい環境であることが、改めてうかがい知れる角度。どうやって作業をされているのか、ご苦労話を聞いてみたくなります。

255065.jpg
ゴースターンで茂森橋から離れ、無事故の作業終了を祈りつつ転回して離脱。北側に架かる大栄橋の端正な姿を愛でながら、元来た道を戻ることにしました。
撮影地点のMapion地図

(令和2年9月21日撮影)

(『9月21日のトリさんと‥‥』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 大横川 平久川 茂森橋 江東内部河川

9月21日の水路風景…3

(『9月21日の水路風景…2』のつづき)

255056.jpg大川筋に出ると、この日はどういうわけかプレジャーの出船が多く、しかもおしなべて飛ばす艇ばかりで、引き波に翻弄されながらの遡上になりました。PWCもフリートで追い越していったりと、賑やかではあります。

浅草まで上ってくると、水辺ライン「あじさい」と行逢。この曇り空とあって、吾妻橋のディテールも黒くつぶれがちです。


255057.jpg
前方の東武線隅田川橋梁を、ちょうど電車がゆっくり渡っていくのを眺めながら、スロットルをしぼって微速に。併設されている人道橋、「すみだリバーウォーク」の供用後の姿を眺めておこうと思ったのです。

おお、ずいぶん賑わっていますね。当初は4月に供用開始の予定だったのが、延期され6月18日にオープンとなったのだそう。皆さん待ちに待っていたことでしょう。

255058.jpg
も少し近づいたところで、今度は上りの特急電車がごろんごろんと進入開始してきたので一枚。艇が接近するにつれ皆さんこちらに目が向くようになり、ずいぶん写真を撮られた気が(笑)。

この日は曇りにもかかわらず、各橋上やテラスも今までにない人出で、驚かされたことではありました。まあ、コロナ禍で長い間蟄居生活を余儀なくされていたのですから、少し自粛要請が緩んだとみれば、せめてお散歩でもしたくなるのはわかります。

255059.jpg先月に引き続いて、この日も通りがかりについ惹かれてスナップ。総武線橋梁の橋脚基礎上に鎮座した、コンクリ塊です。

位置、姿かたちとも異常なし。ああ、何でこんなものが気になってしまうんだろう‥‥。増水時に水流で移動したりしたら、色めきだってしまいそう。


255060.jpg
大島川水門の前まで下ってくると、おや、水門前に架橋中の橋、先月は注意を促す横断幕が桁側面に掲げられていたのに、取り去られたのですね。

橋詰にあった足場は撤去されていたので、第一期工事が終了して一段落、といったところでしょうか。竣工まではなお時間がかかりそうです。
撮影地点のMapion地図

(令和2年9月21日撮影)

(『9月21日の水路風景…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 隅田川 大島川水門 水上バス

晴れた日の水路がただ見たくて

255061_1.jpg
水路徘徊そのものはもちろん、出かけた日をあれこれ思い出して、写真とともにつづってゆくのは楽しいことなのですが、選んで並べてゆく写真がひたすら鉛色の曇り空だと、さすがにちょっと気が滅入ってくるものです(も似たようなことを書いたよなあ‥‥)。

過去の写真で恐縮ですが、ブログと気分を少しでも明るくしたくなって、抜けるような晴天の下で眺めた水路を一枚、貼らせていただきましょう。京浜運河から望んだ、鶴見つばさ橋です。次のお出かけは、まばゆさに目を細めるような晴天でありますように。

(平成31年4月13日撮影)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 京浜運河

9月21日の水路風景…2

(『9月21日の水路風景…1』のつづき)

255051.jpgお次はもうほとんどルーティン(?)になってしまった、常磐橋復元工事の進捗を観察する件であります。

屈曲を過ぎて、一本下流の常盤橋をくぐる手前でふと、「この先常磐橋工事中」の看板が、右肩下がりになってしまったのに気づかされました。もう長い間この看板を見ていますが、いつもキチンと水平に架けられていたので、ちょっと意外ではありました。

255052.jpg
前回、9月21日の状態とくらべると、袖高欄、高欄ともに養生が取り去られ、橋上がクリアになってきましたね。

側面に掲げられていた、通航の可否や航路を示す看板もなくなり、竣工がいよいよ近づいたという感じがします。この日も作業は続行しており、安全帽姿の皆さんが忙しそうに立ち働いていました。

255053.jpg
さて、くぐってみようとスロットルを投入、大好きな水切りを眺めながら左径間に進入すると‥‥う~ん、石材表面の色、ずいぶん渋くなりましたよね?

曇りのせいで、色味が暗く見えるのかしら‥‥いや、それにしても、組み上げた当初の白っぽい感じは脱して、本来の色合いに近づいてきたことは間違いないでしょう。

255054.jpg写真がブレていて恐縮ですが、今回驚いたのがこれです。アーチ内側の頂部に、何か黒い箱のようなものが取り付けられている‥‥何だろう?

近づいてみると、照明の灯器でした。なるほど、アーチの曲面を白熱色の球でほんのり照らし、夜に眺めると、アーチが水面に倒立像を映して浮かび上がる、といった趣向なのですね。

255055.jpg
きれいに洗浄し、復元した石材に穴をあけて‥‥、といった抵抗感がなくはないのですが、常磐橋が美しくライトアップされる姿も楽しみではあり、注目されることはもちろん悪いことではありません。

しかし、穴をあけたのに抵抗感がといっておきながら何ですが、周りにガードフレームを取り付けた方がいいような気もします。ただでさえ桁下(?)高が低いところへ、別付けの突起が増えたわけですから、ぶつけて壊してしまう艇が出ないとも限りません。心配しすぎでしょうか。
撮影地点のMapion地図

(令和2年9月21日撮影)

(『9月21日の水路風景…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 日本橋川 常磐橋 高架下水路

9月21日の水路風景…1

(『曇り空のフネブネめぐり…8』のつづき)

255046.jpg
引き続き曇り空なのでお見苦しく恐縮ですが、気になった水路風景を落穂拾い的に。

東雲運河の旧防波堤、3月15日に剪定されてスカスカになっていたのに気づきましたが、多雨と猛暑のおかげか、枝葉のあるところは結構な回復ぶりで、モコモコした感じがだいぶ戻ってきていました。

255047.jpg

255048.jpg珍しく、第六台場のガンギに接近して一枚。何か面白いディテールがあるかしらと期待したものの、残念ながら特になし。鵜の糞で白く染まった密林、看板で禁じられずとも、立ち入りたくありません。

帰宅してから気づいたのが、右上に石柱があり、「品川臺場 六番」と彫られていたこと。以前こちらでも触れましたが、昭和一桁、台場は公園として整備され、定期航路がありましたから、そのころ設置のものと思われます。

255049.jpg
東側の角には、ご覧のようなこんもりとした砂洲ができていました。PWCやカヤックの皆さんなら、思わず上陸したくなるような地勢ですが、もちろん上陸禁止で、おまけに岸沿いには巨石がゴロゴロしていますから、近づかないほうが無難ではあります。

255050.jpgわが艇がほんの短時間接近しただけで、現在のヌシたる鵜さんたちは大いにおかんむり。ギャアギャアと警戒の鳴き声を発しながら、水面低く飛び回る黒い影が、大量に湧き出してきました。

この数、葉の染まり具合を見ても、“台場の森”の状態は想像に難くありません。それでもあえて、秘密裏に上陸した剛の者って、いるのでしょうか?
撮影地点のMapion地図

(令和2年9月21日撮影)

(『9月21日の水路風景…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 東京港