FC2ブログ

水路をゆく・第二運河 31年1~3月のご案内

31_0002.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は昨年より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【更新履歴】
【3月12日更新】タイトルバック画像を更新しました。豊洲運河、豊洲橋をくぐるゴミ運搬船「すみだ1号」。31年3月9日撮影。
【2月28日更新】タイトルバック画像を更新しました。春海運河、旧都港湾局専用線・春海橋梁をくぐって。30年12月30日撮影。
【2月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。新中川、更新工事中の今井水門から、撤去迫る旧扉体の第2径間。30年12月30日撮影。
【1月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。新中川、辰巳新橋です。30年12月30日撮影。
【1月1日】あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。

3月9日のフネブネ

(『英艦「モントローズ」来航!…4』のつづき)

231046.jpg
ちょっと戻って二つほど。これもおなじみの顔ですが、宇部のクレーン下に仲良くもやう「第三豊和丸」、「第五豊和丸」の姉妹船をぐっと寄せてスナップ。

美しい塗装とともに、この種の船が見せる量感豊かなスタイル、よいものです。恐らく同型船ですが、船首だけ見てもゴムフェンダーの取り付けや、水線下に2条、斜めに走るリブの位置が異なるなど、ディテールの違いが見てとれ楽しいもの。

231047.jpg船ではないですが備忘録として。テラス工事のため、長らく豊洲運河側に仮設のポンツン桟橋を設けていた豊洲運河水上派出所。東雲運河側のテラスが竣工して、繋留設備も新たに設置されました。

今となっては、ちょっと懐かしくなるような外観で、数ある水上派出所の中でも最も「交番」らしいこの派出所にも、落ち着いた日々が戻ってきたようです。

231048.jpg相生橋で左へ舵を切り、豊洲水門をくぐろうとしたら先行船が。おお、プッシャーバージタイプのゴミ運搬船、「すみだ1号」だ! 走っているところに出くわすのは、これが初めてです。

嬉しくなって、水門と豊洲橋をくぐるしばしの間、航跡内を続航。排気の香りと橋の作る陰翳、逆光の中きらめく航跡のコントラストに陶然となり、シャッターを切ったのが3月12日からのタイトルです。

231049.jpg
橋をくぐってからは増速して、追い越しざま撮ったのが上の一枚。航行中の姿勢はご覧のとおり、2隻が「へ」の字を保ったまま。

普通なら、ピッチングで凹んだり、盛り上がったりと形の変化がみられるものですが、バージが小型なせいでしょうか。お尻の重いバージを、押船がなだめすかして進ませているようで、微笑ましいものがありました。

231050.jpg
最後は新砂水門近くで見かけた、いかにも前歴が海保船艇、といったこの艇。帰宅後「海上保安庁全船艇史」(海人社・平成15年)をひもといたところ、昭和54年に1番艇が就役した「しようこう」型灯台見回り船の後身のようですね。現在の船名は「MTS2011」、警戒船任務にでも就いているのでしょうか。

(31年3月9日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 豊洲運河 砂町運河 独航艀 清掃船 水上派出所

英艦「モントローズ」来航!…4

(『英艦「モントローズ」来航!…3』のつづき)

231041.jpg

231042.jpg
対岸、豊洲の近くまでゆっくり回頭しながら距離を取って、両艦のサイドビューを遠望。う~ん、「モントローズ」の塗色が淡い色のせいもあるのでしょうが、やはり背景の足場が架かったビルに埋もれがちだなあ。竣工後の壁面の色によっては、今後もちょっと考えてしまいそう。

この点、「むらさめ」は場所的に恵まれたのと、塗色が濃いこともあって割とくっきり撮れました。暖かくなったこともあり、少し霞がかかっていますから、真冬の鮮明さは望むべくもありません。

231043.jpg豊洲に寄せたとなれば、市場の桟橋に着けた魚介運搬船をスナップしておかなければウソというもの。

この日は前回と違って、「第一八幡丸」一隻のみでした。逆光でしたが、陽に照らされた甲板が白く浮かび上がり、いつもと異なった印象。毎回同じことをいって恐縮ですが、小型の本船って夢があるなあ。



231044.jpg「モントローズ」拝観は以上で終わり、以下は同日の道々で拾った沿岸のことどもや、フネブネの姿を垂れ流してゆきます。

砂町運河から六叉流に至り、東雲運河へ進もうとしたら、右手の豊洲運河から黒い船体色のいかつい押船が。東庄丸船団の一隻ですが、番号はわかりませんでした。一旦停止して、独特の船首波と、無骨なフォルムを堪能しつつやり過ごしました。

231045.jpg
そしておなじみ、宇部さんのダブルリンク引き込み式クレーンを、ぐっと近くからアップで。

ツートンの塗装にハンドレールの黄色が映えて、独特の外観とともに、えもいわれぬ魅力を発散していました。
撮影地点のMapion地図

(31年3月9日撮影)

(『3月9日のフネブネ』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 春海運河 護衛艦 軍艦

英艦「モントローズ」来航!…3

(『英艦「モントローズ」来航!…2』のつづき)

231036.jpg艦橋構造物をほぼ正横から。壁面に取り付けられたさまざまな装備品が、陽光でディテールをくっきり浮かび上がらせています。

「むらさめ」のそれにくらべて、構造物がこじんまりとまとまっている分、装備品の密度が濃い感じがします。しかし、背後に林立するクレーンがどうも‥‥。クレーン群のみで眺めたら、青空に紅白のジブがきれいなのでしょうが。

231037.jpg
目を引いたのが、この煙突に取り付けられた王冠と紋章らしきもの。ハシゴとハンドレール、足場が周りに見えることから、常時掲げているのではなく、今回の入港時のような儀礼的な必要があるときに限って、取り付けられるのかもしれません。

23型フリゲートは、各艦とも公爵家に由来した艦名をつけているそうで(Wikipedia『23型フリゲート』)、下の紋章はモントローズ公爵家の紋章、薔薇であることはわかったのですが、王冠についてはわかりませんでした。しかし、グレー一色の中でよく映えて、デザインも品がよくきれいですね。

231038.jpg
左舷後方から。賑やかな艦橋と前部マスト周りにくらべて、後半はだいぶシンプル。そのせいでヘリコプター格納庫の、上すぼまりなエッジが立った外形が見てとれ、軽快な印象を受けました。

興味を惹かれたのは、船尾周りの開口部がすべて、網状の何かで塞がれていたこと。ヘリ甲板のそれと合わせると、船尾が網だらけといった感じでしたが、何か運用上の理由があるのでしょうね。

231039.jpg少し戻って、先ほどから気になっていた横付け中のバージも少し。

船名は「1×1八洲丸」、真ん中の数字が錆で読めませんね。舷側も汚れて、だいぶくたびれた感じです。ホールドにはシートがかかり、何か荷役をしているわけでもなさそう。船尾側から見てみると‥‥。


231040.jpg
座っていた乗り組みさんがやおら立ち上がり、仁王立ちでにらまれてしまった(笑)。まあ、不審船接近ともなれば、監視せずにはおられますまい。ご心配をおかけしてすみませんでした。

舵の座には発電機が置かれ、右を見ると「モントローズ」との間に、黒い電線かホースのようなものが渡されています。停泊中の電源を供給しているとは考えづらいし、ビルジを抜くホースとしては細過ぎるし‥‥と、こちらも何をしていたのかわからずじまい。

(31年3月9日撮影)

(『英艦「モントローズ」来航!…4』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 護衛艦 軍艦

英艦「モントローズ」来航!…2

(『英艦「モントローズ」来航!…1』のつづき)

231031.jpgこうして不審船がのほほんと眺めている間にも、乗り組みの皆さんはきびきびと立ち働いており、甲板掃除をしたり、ものを運んだりとお忙しそう。何か申しわけないような気持ちになります‥‥。

写真のように、大きなパレットを降ろしている隊員さんも。一般公開の準備もあるのでしょうね。


231032.jpg
さて、「モントローズ」拝見とまいりましょう。艦橋の高さを抑えてあるせいか、重心の低い、しかも引き締まった精悍な印象。陽射しを反射する明灰色の塗装が、英艦らしさを感じさせてよいものです。おや、バージが左舷に着いていますね。これは後ほど見てみることにしましょう。

231033.jpg英艦といえば、興味の注がれるのがマスト周り。6年前の「デアリング」には及びますまいが、こちらも劣らず強烈な印象です。

詳しくないので、造形を愛でるに留まっていますが、例のトゲトゲやヤードの複雑な形、あと、何より目線を吸い寄せられたのは、手前に張り出したプラットフォーム上にゴロリと乗った、うつろな顔の丸坊主‥‥。

231034.jpg
艦首周りをほぼ正横から。緩やかな曲線で構成された艦首や上甲板のライン、無骨な上部構造物とは対照的な、ステルス仕様の砲ケーシングと目線を移しつつ堪能。ううん、艦首舷側にハルナンバーがないのって、やはり寂しい気がして、なかなか慣れません。

231035.jpg
艦橋付近に目を移して、気になったのはウィング直下に2本並んでいたこれ。短魚雷発射管でもなし、何だろうと検索してみたら、Mk.59なるデコイのランチャーなのだそう。

発射されると多面体の風船(?)がボッとふくらんで水面に浮き、低空を突進してくる対艦ミサイルをおびき寄せる働きをするのだとか。なるほど、レーダーリフレクターをおとりにして、ミサイルを逸らせるための兵器なのですね。

(31年3月9日撮影)

(『英艦「モントローズ」来航!…3』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 春海運河 護衛艦 軍艦

英艦「モントローズ」来航!…1

231026.jpg3月9日土曜日は、晴海埠頭に英艦来航との報を受け、午前中のごく短時間ですが出かけてきました。昼には戻らないといけないので、ちょっと慌ただしかったのですが、いいタイミングでマリーナでの用足しもあったため、早起きして朝の軍艦見物と相成ったのです。

パターンではありますが、東雲運河をデッドフルで気持ちよく飛ばし、エンジンの健康管理を兼ねつつ急行。

231027.jpgいや、朝凪の油を流したように滑らかな水面は、プレーニングしていても爽快でいいものです。豊洲の先端をかわすと、いつものとおり埠頭に横付けするホストシップの護衛艦と、英艦が見えてきました。

‥‥しかし、オリンピック選手村ですか、大きな建物群の工事が急ピッチで進んでおり、沖からの眺めも一変した感が。船を撮っても埋もれてしまいそうですね。

231028.jpg
近づいて減速、堪能モードに。ホストシップは護衛艦「むらさめ」、英艦は23型フリゲート「モントローズ」。こうして英海軍艦艇の来航が相次ぐのを見ると、両国海軍の交流が緊密になってきたのを感じさせます。

231029.jpg
まずは「むらさめ」から。これも毎度のパターンで恐縮ですが、正面から一枚ものしようと微速で航過しつつパシャパシャ。

ああ、きれいにど真ん中がきまらず、わずかにズレてしまった‥‥。影になった左側、右舷のハルナンバーのみ、くっきり浮かび上がっているのが印象的です。岸壁上には、艦名の横断幕が張られた舷梯が渡されているのがわかります。今日は間もなく一般公開されて、両艦とも多くの見学者で賑わうことでしょうね。

231030.jpg
左舷に回って、艦橋周りから艦首を。ゆるやかな波形を描く、上甲板のラインが素敵。しかし、舷側方向から眺めると案の定、クレーン群や足場で囲まれた建物が背景を埋めて、特に大型艦の上部構造物のディテールを観察するには、具合のよくない状態です。

工事が終われば、今よりだいぶすっきりすることと思いますが、バックに建物が連なれば、以前のように心おきなく、というのは望むべくもなくなりそうではあります。慣れたらこれも、一つの変化として楽しめるようになるのかもしれませんが。

(31年3月9日撮影)

(『英艦「モントローズ」来航!…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東雲運河 春海運河 護衛艦 軍艦

2月10日の水路風景…5

(『2月10日の水路風景…4』のつづき)

231021.jpg
隅田川を横断して、月島川に入ろうと月島川水門をくぐって。

改修前は巻上機室、堰柱とも丸みを帯びたデザインで揃えられ、優しげな印象でしたが、今はご覧のとおり補強の筋交が目立ち、巻上機室も角ばったものが載り、一変していかついイメージに。

231022.jpg以前から気になっていた船、「鶴吉丸」。通船‥‥と呼んでよいのでしょうか。

船体は一本ミヨシの和船タイプながら、甲板室、操舵室、船尾のベンチと後付け感がありありとうかがえ、さらに船体はバルジ様の増幅を図ったように見えますね。装載艇? も伏せられていて、「全部載せ」といった賑やかさです。

231023.jpg
「鶴吉丸」の少し先、角材を組んだ桟橋状では、赤い頭のホシハジロ君たちがお出迎え。

平たくツブれてくつろいでいる可愛らしい姿、手前の数羽が一様にこちらを向いて座っていて、どこか審査員のようで微笑ましいものがありました。前を通るフネブネの品評会をしているのでしょうか、よい評価をいただけるように、スロットルを一杯にしぼって、行儀よく通りましょう。

231024.jpg朝潮運河に出てから右へ折れれば、おなじみ臨港消防署。新造船「おおえど」をはじめ、庁舎前にもやう消防船艇の船体色は、いつ見ても鮮やかできれいですね。

オリンピックに備えて急ピッチでビルの建設が進み、晴海埠頭は今や工事たけなわ。臨港署もしばらく落ち着かない日々が続きそうです。

231025.jpg
最後は墨田川造船前を訪ね、艤装中の巡視艇「うみぎり」の進捗を眺めてゆくことに。

12月30日に見てから1ヶ月と11日余り、外見はほとんど変化がないように感じられましたが、きっと内部の工作をされているのだろうと、勝手に解釈。ウォータージェットのノズル周りがこんな間近で見られることは、艤装中を置いて他にないでしょうから、貴重な機会だと思い、接近して堪能させていただきました。

(31年2月10日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 月島川 朝潮運河 東雲北運河 月島川水門 消防艇 巡視艇