FC2ブログ

水路をゆく・第二運河 令和元年10月~12月のご案内

31_0015.jpg

【ご案内】
水路をゆく・第二運河にようこそ!
モーターボートなのになぜか艪(ろ)がついている、全長わずか21ft(約6m)の木っ端ブネに乗る道楽船頭は、川や運河をうろつくのが大好き。いにしえの水運全盛期に思いを馳せつつ、閘門・水門や橋、フネブネの姿を楽しみながら、各地の水辺や博物館、遊覧船を訪ね歩くブログです。東京とその近郊にある可航水路の、自艇航行による全線ご紹介を目指しています。

当ブログ掲載の本文、画像の無断使用はお断りいたします。
コメントが減少したため、コメント欄は昨年より閉じさせていただきました。悪しからずご了承ください。
なお、過去の記事にいただいたコメントは、管理人承認後の表示となります。また、誹謗中傷が含まれるもの、公序良俗に反するもの、当ブログの趣旨にそぐわないものなど、コメントの内容によっては、管理人の判断で予告なく削除させていただく場合があります。悪しからずご了承ください。
ボートオーナーの方へ…当ブログに掲載された水路を航行され、事故を起こされても、管理人は責任を負いかねますので、航行にあたっては、各艇長の責任で安全航行をお願いいたします。
画像は、クリックすると別窓・別タブで拡大表示できます(初期のものの中には、原寸掲載で拡大しないものもあります)。
本文中のリンクは、ここ最近のものは原則、ブログ内記事が現窓表示、外部サイト(『水路をゆく 過去ログ』を含む)が別窓・別タブ表示です。初期の記事には、すべて別窓表示のリンクが残っています。
記事検索の仕方‥‥【1】右欄「ブログ内検索」に好みの文言を入力して検索ボタンを押すと、左側に当該文言を本文に含んだ記事のリンク集が表示されます。【2】右欄「水運趣味タグ」の「全表示」をクリックした後、Ctrl+Fで河川名・水門名などを入力し、反転したタグをクリックすると、左欄にタグのついた記事が表示されます。
お問い合わせなどありましたら、右欄最下段のメールフォーム「船頭に電信を打電」よりお願いいたします。
【メールフォームよりメールをくださった皆様へ】頂戴したメールはすべて目を通しておりますが、都合により、お急ぎのご用がある方以外、原則返信はしておりません。またそのほかの理由でも、返信の可否は管理人にお任せください。大変恐縮ですが、悪しからずご了承いただければ幸いです。

当ブログは、ブログサービス「Doblog」にて作成していた、「水路をゆく」の姉妹ブログとして、20年4月6日に開設、「航行水路メモ」を主な記事にしてまいりましたが、21年2月8日以降、Doblogに障害が発生、更新が不可能になったため、本文記事をこちらで継続することとなりました。
なお、サービス終了に伴い、閉鎖されたDoblog「水路をゆく」に掲載していた記事は、FC2ブログ「水路をゆく 過去ログ」に移設しました。

【更新履歴】
【元年11月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。徳島市、今切川河口堰の堰柱です。元年9月14日撮影。
【元年10月1日更新】タイトルバック画像を更新しました。徳島県は今切川、加賀須野橋です。元年9月14日撮影。

10月27日の水路風景

(『10月27日のフネブネ…2』のつづき)

240031.jpg
27日の船以外のスナップを少し。15号地の西、木材投下泊地には、数本の鋼管杭を打った上に、RCの天端を載せた形のドルフィンが点々と設けられているんですが、ご覧のように大きく傾いたものが目に留まりました。

以前からこんな風だったかなあ‥‥。すでに使われなくなって久しいとはいえ、本船の衝突で荒廃が進むのはちょっと考えものですね。台風のときに走錨した船がぶつかったのかな。

240032.jpg
第一航路を北上中、船の科学館前にさしかかったらちょっとした衝撃が。建設中の新客船埠頭、桟橋上に建屋が立ち上がって、保存船「宗谷」はもとより、船の科学館にも大きく覆いかぶさる形になっていたのです。

こちらは「東京国際クルーズターミナル」と名付けられ、来年7月14日の竣工後は、晴海の客船ターミナルを閉鎖するとのこと。う~ん、そうでしたか‥‥。

240033.jpg隅田川に入り、勝鬨橋の跳開橋径間を見上げて。すでに紹介したように塗装のため足場がかかり、メッシュで養生されていますが、注意書きの横断幕がキレイに撮れたので掲載。

河上の船艇に向けられたメッセージ全般に弱いので、見慣れたものでも、ついカメラを向けてしまいます。


240034.jpg
これは帰港後ですが、豊洲大橋を初めて渡りました。橋脚の立ち上げから10年あまり、水上より眺め続けてきたものの、竣工後はなかなかご縁がなく、この日ようやく渡り初めができたのです。

広々とした橋上と、前方に立ち並ぶタワーマンション群を眺めながら、周囲の変貌ぶりを目の当たりにして感慨深いものが。架橋後も長らく供用されず、不遇を囲っていただけにしみじみ「よかったねえ‥‥」と一人ごちたものでした。

240035.jpg「しらせ」の出港を見送った後、客船ターミナルから背後の選手村となるマンション群も一枚。こちらも水上からはつぶさに眺めていたものの、視点を変えるとまあ、信じがたいくらいの変貌ぶりが実感できました。

このあたりの地先感が大好きで、若いころからたびたび訪れたものですが、閉鎖も目前に迫ったときいては、やはり感慨胸に迫るものがあり。もう一度くらい、時間を取ってゆっくり訪れたいものです。
撮影地点のMapion地図

(元年10月27日撮影)

(この項おわり)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 東京港 隅田川 豊洲大橋

10月27日のフネブネ…2

(『10月27日のフネブネ…1』のつづき)

240026.jpg
第一航路から天王洲南運河へ。おなじみ古川組の船溜は、いつも目を引かれてしまう楽しいフネ好きスポットですが、今回も期待を裏切りませんでした。この「ふじ丸」! 一見しただけで、すっかり気に入ってしまいました。

240027.jpg日通色のような塗装もいいですが、チャームポイントはぐっと高めた船首のブルワークと、なりの割に大ぶりな操舵室でしょう。

船首に備えたユニックを守るためでしょうが、小兵ながら船首楼船のように見えるブルワークが、どこか模型のような可愛らしさを醸し出していますね。


240028.jpg芝浦西運河では、「TOKYO WATER TAXI」の一隻、ハルナンバー02と行逢。手を振りあって別れました。

後ろに立っていた方も、乗り組みさんなのでしょうか。以前取材で乗った際、バウに操舵席がある上、居住性ベースの造りでワンオペは難しそうだな、という感想を持ったのですが、船社も同様の考えにいたり、二人乗務が標準になったのかもしれません。

240029.jpg
東雲北運河、木村造船所の屋外にある船台には、通船が上架されていました。塗装やスタイルからして、芝浦通船の艇ですね。

バウに向かうにつれ船足が深くなる、和船に似た水線下形状、トランサムにぺたりと貼られたジンクや舵の羽板と、ディテールが観察できてよいものです。脚立が一つズッコケているのもご愛嬌。

240030.jpg
帰港した後、晴海に寄り道してみたら、ちょうど砕氷艦「しらせ」が出航してゆくところに出くわしました。客船ターミナルのデッキに上がり、暮れなずむ東京港を曳船に付き添われて消えゆく姿を、一眼レフを構えるファンの皆さんと一緒にお見送り。

すっかり陽が落ちるのが早くなり、急速に冷え込んでゆく空気に秋の深まりを感じる出港風景。水鳥たちの姿も増えてきたし、冬の訪れももう間もなくですね。

(元年10月27日撮影)

(『10月27日の水路風景』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 天王洲南運河 芝浦西運河 東雲北運河 通船 砕氷艦しらせ 東京港

10月27日のフネブネ…1

(『中防水路の新水門…2』のつづき)

240021.jpg新水門を訪ねた日、道々に出会ったフネブネの姿をまとめて。まずは中防に向かう前から。

辰巳埠頭、墨田川造船の浮きドック前に、二層の甲板室を持つ船がいるのを発見。トランサムの船名を見ると、何と「仁王丸」! 「7月28日の水路風景…2」のとき、墨田川造船前で艤装中だった、松島航路の旅客船ですね。

240022.jpg
客室は一層だとばかり思っていたので、倍増した姿にびっくり。橋の桁下高が低いこともあって、造船所で高さのある艤装はできませんから、こちらで残工事をというわけでしょう。

操舵室、客室とも妻をぐっと前傾させていて、全体に直線的なデザインなのも手伝い、スピード感のあるスタイルですね。

240023.jpg西へ距離を取ってから、振り返ってもう一枚。曇っているのでサエないことおびただしいのですが、立ち寄るたびに新しい出会いのある、楽しいところです。

二隻の巡視艇は、「8月11日のフネブネ」で紹介済みの「あさぎり」および「うみぎり」。位置もそのままに、引き続き艤装を進めているようですね。


240024.jpg
ここからは中防を離れた後のお話。そう、今ごろ晴れてきたんですよ‥‥。何分天の思し召しとあっては、悔しくてもいかんともしがたいのであります。

中防水路西口から第一航路をはさんで対岸、大井埠頭に珍しい巡視船が接岸しており、勇んで近づいてみました。三重県は尾鷲港からやってきた、はてるま型巡視船「すずか」。即位の礼の警備で、陸上では各地から県警の部隊が動員されたのと同様、水上でも普段見られない海保船艇が東京港に集まり、その一隻というわけです。

このサイズの巡視船としては30ktと高速で、警備に軸足を置いた船だけに、外観はまことに精悍そのもの。しかし、舷側排気の汚れが痛々しいですね‥‥。ホームセンターで市販のアルミ製ダクトを買ってきて、排気口に突っ込みダクトテープで固定しながら、マストトップあたりまでズルズル伸ばしてやりたい‥‥。そんな衝動に駆られました!

240025.jpg
船橋から船首周りを見て。滑走船型を思わせる船首から舷側にかけてのライン、甲板上には放水砲と30㎜機関砲が縦列に並び、後傾した船橋と併せて、実に剽悍な印象。

この数日前、仕事で「ヴァンテアン」に乗った際、第一航路の防波堤外に、複数のヘリ巡視船や消防艇が漂泊していたのを目にし、さすが即位の礼、警備の厳重さはけた違いだなと感心したものです。この日もそれを期待したのですが、さすがにヘリ巡視船は姿を消しており、残ってくれていた「すずか」をありがたく拝見したというわけです。
撮影地点のMapion地図

(元年10月27日撮影)

(『10月27日のフネブネ…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 巡視艇 巡視船 東京港

中防水路の新水門…2

(『中防水路の新水門…1』のつづき)

240016.jpg第二航路を迂回して、中防水路西口に到着。全長200mの締切堤に、ぽつりと水門が配されているのは同様ですが、こちらは片勾配でなく、水門の管理橋を目指して盛り上がった形のため、見た目にも安定感があります。

締切堤越しに青い桁橋、中防大橋(『6月14日の中防水路…2』参照)や、左手には環境局の中防合同庁舎ほか、ビル群が顔を出しているので、東側ほど寂しい感じはしません。

240017.jpg
西側水門に右手から迫って。東側との大きな違いは一目瞭然、巻上機室の上屋を備えていないこと。もっとも、前回参照したPDFで、東側水門には「水門操作室」とありましたから、東西ゲート・揚排水機場とも東側で集中管理するのかもしれません。

排水機場の径間や、電光掲示板・信号のレイアウトは左右逆となったほかは、おおむね東側と略同でしょうか。いや、こちらの方がよりどっしりとした感じだな‥‥。

240018.jpg
正面から。どっしりとした感じ、違いがわかりました。堰柱の水面近く、扉体より手前の部分が、ちょうどスフィンクスの前足みたいに、ぐっと張り出しているのですね。

これは東側も同様ですが、角にはゴム製、側壁には木製のフェンダーがそれぞれ備えられ、船舶の通航を前提としたつくりになっているのです。一般艇が通航できるかはともかく、仮にメンテナンス船艇の出入り時程度にせよ、やはりいずれは開いて「通行可」の表示になることは、間違いないようです。

240019.jpg左手から見て。排水機場径間には、吐口の太いパイプがのぞけているのも、東側水門との違い。

日常風波にさらされる、沖合の埋立地という土地柄のせいか、構造も骨太で実に堅牢な感じがします。上屋を略したのは、人目に触れる頻度が低いからかしら、とも考えましたが、この点どちらもあまり変わりはないはずで、単なる操作室の有無なのかもしれませんね。
撮影地点のMapion地図

240020.jpg
中防水路を出て左手、第一航路に面した上組のバースをふと見てみたら、おお、クレーンがずいぶん増えていますね。

前回(『8月13日の川景色…3』参照)見たのがもう3年も前なので、当然ではありますが。背後に何もない、地先感満点の風景に屹立するスレンダーなクレーン群は、独特の魅力があって惹かれます。

(元年10月27日撮影)

(『10月27日のフネブネ…1』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中防水路 西側水門 東京港

中防水路の新水門…1

240011.jpg
徳島のお話をいったん休ませていただき、10月27日に訪ねた、中防水路の新しい水門ほかを垂れ流させていただきます。フネブネや道々の物件については後ほどまとめて、まずは水門から。

都内で最も沖合に位置する水路、中防水路(私が勝手に名付けました、はい)が「海の森水上競技場」に転用され、一般船艇の入れない閉塞水面となってしまったのは、「ゲートブリッジをお散歩…3」、「中防水路西口の様子」ですでに触れました。

出入りができないとなれば、自然に足が遠のいてしまうのが人情とはいうものの、閉塞工事もだいぶ前に終わり、なおかつ締切堤には水門が設けられたとのこと。都内でもっとも新しい水門の表情は如何と、久しぶりに訪問してみる気になったのです。

240012.jpg当日はあいにくの曇りで、水面は穏やかではあるものの、ゲートブリッジも背景に溶け込みそうな、重苦しいグレー一色。

中央防波堤の東端を回り込むと、凹凸の乏しい風景の奥にぽつりと、水門が見えてきました。空模様も手伝ってか、どこか寒々とした、寂しそうな感じが第一印象でした。

240013.jpg
微速で水門に近づきながら、正対する位置に艇を持ってきて、まず初対面の一枚。締切堤が左上がりで勾配がついているため、水平感覚がおかしくなりそうですね。

右に併設された2径間のこれは、塵芥除けの格子を備えていることから、揚水機の呑口でしょうか。全閉された扉体は堤防高より低いことから、高潮を防ぐなど防潮の用途はなく、単に競技場の内水面を一定に保つためとわかります。巻上機室は、堰柱と同様直線的なデザインですが、明るいグレーの塗色とともに、中央に大きな明り取りを配した姿は引きしまった印象で、悪くありません。

240014.jpg一見して何より気になったのは、この信号と電光掲示板の表示。

通行止」って‥‥。もしかしてこれ、信号が青を現示して、電光掲示板が「通行可」になるときが来るということでしょうか? 競技がないときは、内水を代謝させるため開放されることもあるのかしら、と余計な期待を抱かせてしまう罪作りな表示。

う~ん、閉塞され一般船艇とは無縁の存在となったと思っていたが、中防水路はまだ死んだわけではないのか? 年にほんの数日でも、自由通航が許される“開放日”もありうるのか? などなど、あれこれ栓のない妄想をしてしまいます。

240015.jpg
北側から見たところ。水門、揚水機場とも結構な厚みがあって、視点によっては大きく印象が変わりますね。いずれ背後に見えるゲートブリッジのシャフトから降りてきて、水門を眺めながら締切堤を渡れるようになるのでしょうか。

ところで、この水門の名前が気になりますよね。検索しても名前はヒットしなかったのですが、「海の森水上競技場整備工事」(PDF)のパース画によれば、キャプションに「水門、揚水施設 水門操作室」「東側水門」とありました。ここでは仮に「東側水門」としておき、正しい名称がわかったら、タグともども追記訂正させていただきましょう。

水門に併設されたあれは、揚水機場で正しかったようです。西側水門には排水機場が設けられているようなので、東西で機能を分担しているのですね。
撮影地点のMapion地図

(元年10月27日撮影)

(『中防水路の新水門…2』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 中防水路 東側水門 東京ゲートブリッジ 東京港臨海大橋

ひょうたん島周遊船…6

(『ひょうたん島周遊船…5』のつづき)

239176.jpg
南岸、城山の山裾をアップで。ご当地特産、青石の石垣の積み方が豪快というか、野趣にあふれた滋味があって、珍しく見入りました。船長の説明では、この「く」の字を縦に重ねたようなパターンが、江戸時代の古い石垣なのだとか。

阿波青石は節理の関係で、板状に割れやすい性質を持っているそうです。石垣にはいま一つ適していないように思えますが、この護岸はその性質をうまく利用したものなのですね。

239177.jpg城山の対岸、こちらのパターンは最近の施工によるもの。芯はコンクリート堤防でしょうから、石垣というより化粧板ですね。

汽水域なので湛水線付近には貝がつくのですが、石材の質感や積み方がよいせいでしょうか、かえって味わいがあるくらいです。


239178.jpg
南岸に視線を戻すと、城山の山裾が途切れて平地が見えたあたり、桟橋状のテラスに挟まれて、広々とした間口の雁木(階段)が。

往時のものではないのでしょうが、気軽に水面まで降りられる場所があるのってよいものです。カヤックなどのエントリーにもよさそうですね。

239179.jpg
公園の東は助任橋、国道11号線の新助任橋が隣接して架かっているのですが、どちらもまあ低いこと。すり抜け好きな性癖がくすぐられますだ。

写真は新助任橋で、幅があるだけにその圧迫感もひとしお。船長の「頭を下げてください!」との声を聞きながら、脳内では「うひょひょひょ」と一人盛り上がっておりました。

239180.jpg橋桁が頭上低く飛び去って顔を上げると、針路中央にマンションが一つそびえる他は、青空が広がる爽快な川景色。

テラスはふたたび途切れたものの、堤防の一面に青石の化粧板が施され、よい雰囲気です。マンションのあるあたりはちょうど二又になっていて、左からくる大岡川との合流点。船は右に舵を切って、ひょうたん島の東端部を南下します。
撮影地点のMapion地図

(元年9月14日撮影)

(『ひょうたん島周遊船…7』につづく)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ
にほんブログ村

タグ : 助任川 ひょうたん島周遊船 徳島市